17心理学



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


85件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[85] Re: 第3回 心理学概説 学習心理学

投稿者: 管理人 投稿日:2017年10月25日(水)07時00分53秒 g133.61-125-37.ppp.wakwak.ne.jp  通報   返信・引用 > No.84[元記事へ]

> 課題1-③)負の強化刺激は、負の強化子(不快な刺激)を取り除くことで、反応(行動)の出現頻度を増大させるものである。
> 例)寂しいという負の強化子を友達に連絡するという手段(反応)で取り除いた。以来、寂しくなったときは友達に連絡するようになった。
>
> 嫌悪刺激(悪いこと)は、与えられることで反応の出現頻度が低下するものである。
>
> 両者は異なるものなので、③の説明は間違っている。


どうですか? みなさんのコメント求む。みんなで作り上げよう。




[84] 第3回 心理学概説 学習心理学

投稿者: ギブソン 投稿日:2017年10月18日(水)16時12分28秒 178.178.138.210.rev.vmobile.jp  通報   返信・引用

課題1-③)負の強化刺激は、負の強化子(不快な刺激)を取り除くことで、反応(行動)の出現頻度を増大させるものである。
例)寂しいという負の強化子を友達に連絡するという手段(反応)で取り除いた。以来、寂しくなったときは友達に連絡するようになった。

嫌悪刺激(悪いこと)は、与えられることで反応の出現頻度が低下するものである。

両者は異なるものなので、③の説明は間違っている。



[83] [心理学(4)、心理学概説] 投稿お待ちします

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 9月28日(木)21時46分59秒 g149.115-65-248.ppp.wakwak.ne.jp  通報   返信・引用

「心理学(4)」「心理学概説」を受講の皆さん、掲示板へようこそ。授業に関する質問、意見、相談などに活用してください。受講生同士の意見交換も歓迎します。一学期間、どうぞよろしくお願いします。この半年で、大きく成長しましょう。



[82] 念のため

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 7月31日(月)15時52分35秒 sgulcp.sgu.ac.jp  通報   返信・引用

さっきの投稿のオペラントの「望ましい説明」に、「私は選んで行なっている」という表現がありました。自発することを言いたいのですが、これは「意識してやっている」ことを必ずしも意味しません。むしろ意識なくやっていることがほとんど。何かがあったとき、それに対して可能なオペラントが、それぞれのオペラント水準に基づいた生起頻度で発生します。このうちで「強化」されたものは、発生頻度を増していきます。強化され続けていると、ほとんどいつもそのオペラントが発生するようになります。このとき、当人(動物の場合もあり)は意識せずやっています。「ドアをノックする」行動も、皆さん意識してやっていないでしょ。ついやってしまっているのです。解答例中の「選んでいる」は、いくつかの行動が可能であるが、そのうちから一つが選ばれて行なわれている、という意味にとってください。オペラント条件づけに意識は必要ではありません。



[81] こういう「説明」は説明ではない

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 7月31日(月)14時05分50秒 sgulcp.sgu.ac.jp  通報   返信・引用

「説明したつもりでも説明になっていない」解答にならないよう、これまで注意を促してきました。念のため、よくない例を一つ記します。どうしてよくない説明なのかがわかるように、そしてこういう「説明」をしないようにしてください。

[問題]
あなたが日常行なっている「オペラント」を一つ挙げなさい。どうしてそれが「オペラント」と言えるのか、説明をあわせて書くこと。

[おかしい解答例]
 先生の研究室に入室するときに「扉をノックする」という行動がオペラントである。
 人間の行動はオペラントとレスポンデントに分けられる。このうちのオペラントとは、何によって引き出されるかがあらかじめ決まっておらず、自発される行動である。
 「扉をノックする」行動は、何によって引き出されるかがあらかじめ決まっておらず、自発される行動だからオペラントである。


 どこがおかしいかわかりますか。第一段落、第二段落はよいのですが、最後の段落が説明になっていませんね。「扉をノックする」行動が、本当に「何によって引き出されるかがあらかじめ決まっておらず、自発する」行動であるかが記されていません。これだと、確かに事例として該当していることがわかりませんよね。
 本来次のように書くのが適切な説明です。


[望ましい解答例]
 先生の研究室に入室するときに「扉をノックする」という行動がオペラントである。
 人間の行動はオペラントとレスポンデントに分けられる。このうちのオペラントとは、何によって引き出されるかがあらかじめ決まっておらず、自発される行動である。
 先生の研究室の「扉をノックする」行動は、扉を前にした行動として決められたものではない。なぜなら、扉に対しては「なでる」「蹴る」といったオペラントも可能であり、どうしても「ノック」しなければならないものではないからである。そして、それら可能な行動から「ノックする」ことを、私は選んで行動している。したがって、先生の研究室に入室するときに私が行なっている「扉をノックする」行動はオペラントと言うことができる。


適切な説明ができるようになることを期待します。



[80] 祝・課題達成!

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 7月20日(木)14時50分21秒 sgulcp.sgu.ac.jp  通報   返信・引用

本日の授業、めでたくも課題達成したグループが出ました。惜しくも途中で終わってしまった人は、参考にさせてもらおう。今までの積み残しについても、掲示板やツイッターを利用して、達成してしまいましょう。期末テストまであと2週間です。



[79] 試験対策

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 7月14日(金)20時11分23秒 g124.115-65-235.ppp.wakwak.ne.jp  通報   返信・引用

「試験に備えた勉強の仕方がわからない」という声が、あちこちで上がっています。

まずこの授業が、どういう学習を想定していたかを話します。

(1) 教科書を読んで、その章で、各節で何が言われているかを理解する。当然、専門用語の定義も理解してもらう(しないと何を言っているのかわからないはず)。理解を助けるために、講義動画を視聴することも可。
(2) 課題を解いてみる。わからないことは、メモ等しておく。

ここまでが予習として期待されること。そうしないと、授業中の課題達成は難しい。

(3) 授業中に、課題に対する解答をホワイトボードに書く、あるいはそれを巡って話し合う。
(4) 妥当な解答になるよう話し合う。ホワイトボードを見合って、意見を出し合う。補助員や教員を利用して、妥当な解答と言えるかをチェックする。
(5) 時間切れになった場合は、ホワイトボードを撮影するなりする。

ここまでが授業中。

(6) 自分の解答を掲示板に投稿する。
(7) 掲示板上で議論して、妥当な解答を作り上げる。わからない場合は質問する。

ここまでが授業後のフォロー。

以上を毎回繰り返す。

 このようなサイクルで、課題に対して妥当な解答を与えられるようにならないといけない。これがテスト勉強の基本。これをやると「説明」ができるようになる。課題の多くは「説明しなさい」形式だったよね。事例を出して説明するというのもあったよね。
 シラバスにこの授業の「到達目標」が書いてありました。何度も「読んどいて」って言ったと思う。到達目標っていうのは、「このレベルまでできるようになって下さいね」というもの。以下に再掲します。

[履修者が到達すべき目標]
 各回の心理学的トピックについて、まず教科書の内容を理解し、他の受講生に説明できるようになる。さらに、自分の身近から該当事例を見つけ出し、それが適切な事例であることを他の人に説得的に説明できるようになる。他の人が提示する事例とその説明が適切であるかを判断でき、もし不適切である場合は、そのことを相手に説得的に説明できるようになる。(知識・技能、思考力・判断力・表現力の獲得)
 課題達成できていない人を発見し、その人の個性にあった適切な関わり方をもって、その人の課題達成に貢献することができる。逆に、関わられる人は、関わってきた人に自身の状況を伝え、双方が折り合いのつく態勢をとれるようになる。そして、どういう人であっても、チームの一員として折り合いをつけて付き合えるようになる。(主体性・多様性・協調性の獲得)
 自分にとって最適な学習環境を発見し、実現できる。そのために、どのように他者と関わればよいかを発見する。効果的なノートの取り方、学習法などの学習スキルを修得する。(主体性の獲得)

で、この目標に達しているかをみるのが期末テストというわけ。下に再掲します。

[成績評価方法]
 試験とは「到達すべき目標」に達したかどうかを評価するものなので、試験問題は自ずから、「到達すべき目標」への到達度を測定するものとなる。すなわち、「各回の心理学的トピックについて、教科書の内容を理解する」、「自分の身近からトピックに関係する事例を見つけ出し、それが適切な事例であることを他の人に説得的に説明できるようになる」、「他の人が提示する事例とその説明が適切であるかを判断でき、もし不適切である場合は、そのことを相手に説得的に説明できるようになる」ことを評価する問題となる。

 この授業で皆さんに期待していた学習をすること。そしてその上で、課題に対して妥当な解答を与えられるようになること。これがテスト対策であります。



[78] Re: 予想問題その2

投稿者: (っ'ヮ'c) 投稿日:2017年 7月13日(木)13時12分23秒 i118-21-45-123.s41.a001.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

> 人間、その他の動物にかかわらず、個体間の水平伝播を生じさせる活動として、「模倣」「観察学習」を挙げることができる。それらの具体的な事例を、一つずつあげよ。「模倣」「観察学習」であることがわかるように書くこと。

観察学習の例は、「授業中に私語をして怒られた人を見て、自分も私語をしないようにする」だと考える。
他者の行動を観察することで学び、獲得する行動だと考えたためである。
模倣の例は、「幼稚園児がお店やさんごっこをする」だと考える。
他者の意図や感覚といった心の状況を抜きに、見かけの行動のみをコピーしているような行動だと考えたためである。



[77] Re: 感情心理学課題

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 6月28日(水)23時29分34秒 g20.61-45-51.ppp.wakwak.ne.jp  通報   返信・引用 > No.75[元記事へ]

> 課題1)興奮という感情は、「快-不快」の次元では中間ぐらい、「覚醒-睡眠」の次元では覚醒が最大なあたりに位置づくと思われる。なぜなら、興奮とはとてもはっきりした強い感情だが、快・不快のどちらの時も起こりうるからである。

「興奮」って感情だっけか? 感情を規定する次元の一つの軸の極「覚醒」とどう違うのかな?

>
> 課題2)映画を観て泣いている時、それが感動して泣いているのか、悲しくて泣いているのかは映画の内容による。なので、泣いた時の前後の場面がわからなくては、感動して泣いているのか、悲しくて泣いているのかはわからない。

感動している表情なのか、悲しんでいる表情なのか、「泣き顔」だけではわからない、「泣き顔」が生起した文脈情報である映画の筋を参照しないとわからないということですね。

>
> 課題3)小説の内容について、自分が好き、面白いと思う場面は、セリフなどの細かい部分まで覚えているが、他人が好きと言った場面でも自分が良いと思わなかった所はストーリーの概要しか覚えていない

こういう研究なかったっけか?

>
> 課題4)ネガティビティ・バイアスは社会的環境に対して適応的であると言える。なぜなら、自分が恐怖や嫌悪を感じる相手は社会的にも悪く思われている場合があり、そのような人物との関係を調節することは、自分自身が社会的に悪く思われることを回避することに繋がるからである。

ちゃんと説明の文体になっているところはよいと思います。

ネガテイビティ・バイアスってどういうものだったっけ? まずそれが正しく取れているか確認してほしいと思います。



[76] 感情心理学課題

投稿者: coo 投稿日:2017年 6月28日(水)08時53分4秒 pw126245068012.16.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

課題2の後半の一文は不要でしたか?


レンタル掲示板
85件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.