teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


この掲示板を終了します

 投稿者:セキド  投稿日:2009年 9月24日(木)17時31分1秒
   当方の都合により、インターネットの使用を9月30日で終了することにしました。

 以後、メールによる関戸への連絡や関戸のホームページの閲覧はできなくなります。

 以後の連絡は、電話にてお願いします。


〒923-0935 石川県小松市上寺町41
 ℡ 0761-22-8286
  関戸整体院 院長 関戸秀臣

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 
 

ご覧になった皆様へ

 投稿者:セキド  投稿日:2009年 6月12日(金)14時19分47秒
  関戸整体院のホームページに、新に「脳卒中奮闘記」を追加しました。

 これは、私、関戸秀臣が実際に経験したことを、エッセーにしたものです。

・こんなことでも脳卒中が起こる。
・脳卒中の後遺症とは。
・脳卒中のリハビリには、こんなやりかたもある。
など、参考にして下さい。

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

新コース開設!

 投稿者:セキド  投稿日:2009年 4月28日(火)14時44分20秒
   関戸整体院は、新コースを開設しました。

  整体コース   50分 5.000円

 肩コリ、五十肩、腰痛、ギックリ腰、ひざ痛、事故の後遺症、スポーツ障害、元気が出ない、疲れがたまる、骨格の曲がりやズレによる自律神経失調症や手足のシビレ、脳卒中の後遺症による手の引きつりや足の引きずり、その他の体の痛みや違和感など


 疲労回復コース   30分 2.000円

 手足のツボを低周波治療器で心地好く刺激することにより、全身の緊張がゆるみ、深いリラックス状態に・・・ 温泉気分でキモチイイ!
 あんまりキモチイイので、途中で眠ってしまう人、続出
 ちょっとした肩コリ、腰痛、ひざ痛もラクラクに
 子育てママさん、疲れをためてウツになりませんように
 社長さん、首が回らなくなったらお気軽に


 病気快癒コース   30分 2.000円

 はり灸などのツボ療法は2千年以上の歴史を持ち、あらゆる病気を治してきました。同様に、手足のツボを低周波治療器で心地好く刺激することにより、さまざまなストレスによって長い間偏ってしまっていた自律神経のバランスが整い、あなた本来の免疫力と自然治癒力が蘇ります! そしてさまざまな病気が快癒していきます。

・1回で快癒 - インフルエンザやカゼによる発熱・セキ・鼻水、など
・1~3回で快癒 - リューマチの痛みとむくみ、など
・その都度改善 - 高血圧・動悸・耳鳴り=(脳卒中・心筋梗塞・ガン予防)、
          低血圧、冷え性、むくみ、アトピー、喘息、花粉症、など
 快癒した後も、予防のため月に一度など、定期的に行いましょう。

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

脳卒中の後遺症でお悩みの方へ!

 投稿者:セキド  投稿日:2008年12月24日(水)17時38分4秒
   脳卒中の後遺症による下記の症状は、手技による整体施術と井穴電器刺激療法を併用することで快癒します。


・手の引きつり - 箸が持ちにくい。字が書きにくい。など

・足の引きつり - 歩くと足を引きずる。早く歩けない。など


 このような症状でお悩みの方は、関戸整体院へご連絡下さい。

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

井穴電器刺激療法始めました!

 投稿者:セキド  投稿日:2008年10月30日(木)22時59分22秒
編集済
   井穴(せいけつ)とは「爪もみ健康法」でおなじみの、手足の指の爪のはえぎわにあるつぼのことです。

井穴電器刺激療法とは、この井穴を低周波電器治療器で刺激し、全身に「気」をめぐらせます。これにより自律神経のバランスが整い、さまざまな病気の快癒につながります。


 皆さんもぜひ一度、この井穴電気刺激療法を試しに来て下さい!

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

東京のIさんからのメール

 投稿者:セキド  投稿日:2008年 4月 1日(火)23時03分21秒
  関 戸 秀 臣 先生

早速、有難うございました。
S氏宛て、早速連絡してみます、薬漬けで、入退院を繰り返している状態とのことで、これで、少しでも希望が湧いてきて、改善への突破口が開ければと、祈りつつ・・・・感謝・感謝。

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

東京のIさんへ

 投稿者:セキド  投稿日:2008年 3月31日(月)22時20分10秒
    I 様



  Iさん、お元気そうで何よりです。



>この快調さが、本当にこのまま続いてくれるものだろうか、贅沢にも、疑り深げにしたり、しております。

 これは体が調子がいいことに対する、地獄を見てきた心の正常な反応です。私にもこの不安の経験がありますが、私に起こったさまざまな症状も、水を飲む、歩くことを続けている限り再発していません。もちろんトラブルが連続したときは一過性の軽い便秘などにはなりますが、これはしょうがないですよねぇ。

 Iさんも「水を飲む」「散歩」「登山」「ゴルフ」などを気持ちよく続けていかれたら、自然と不安な気持ちは解消しますよ。



 さて、私のホームページに記載しました下記の文章を、S 氏に見せてあげてもらえませんか。

 断食にも水!

 大阪府八尾市にある甲田医院の甲田光雄医学博士は、故・西勝造先生の医学体系を継承し、便秘や宿便、背骨の歪みは万病の元であると喝破され、ガンを含めたあらゆる難病患者を、西式健康法である整体体操と水飲み断食療法や食事療法などで根治させていらっしゃいます。そして健常者には、水飲み小食健康法を推奨されています。(1 断食小食健康法 春秋社)

 そして水飲み断食を行い、その中で大量の宿便が排泄され、その排泄を合図に、胃下垂、痩せ過ぎ、冷え性、虚弱体質、慢性頭痛、アレルギー鼻炎(花粉症)、アトピー性皮膚炎、喘息、リュウマチ、などは当たり前で、腎炎、肝炎、神経痛、脳梗塞、パーキンソン病、筋無力症、筋ジストロフィ、その他の膠原病や難病など、奇跡的な難病治癒が劇的に始まるという事を、甲田先生は数多く症例報告されています。(1)(2 断食療法の科学 春秋社) まさに便秘と宿便、そしてそれらにより体内に溜まった毒素は、万病の元です!



 これが参考になれば、幸いです。

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

東京のIさんからのメール

 投稿者:セキド  投稿日:2008年 3月31日(月)22時16分30秒
   関戸 秀臣 先生 へ

その後、お変わりなく、益々のご活躍の事と拝察いたします。
当方も、お蔭様で順調な毎日です。 この快調さが、本当にこのまま続いてくれるものだろうか、贅沢にも、疑り深げにしたり、しております。

さて、小生の若い頃からの友人でスポーツマンのS氏が進行度合いの浅いパーキンソン病を患っております。
当方の近況として、腸閉塞の快癒状況等を話しましたところ、大変勇気付けられたと言っておりましたが、この病でも整体療法で改善する事があるものでしょうか、お尋ね致します。
お暇を見てご教授ください。

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

東京のIさんへ

 投稿者:セキド  投稿日:2008年 2月19日(火)23時48分22秒
   この10年間、よくご研鑽なされましたねぇ! そして腸閉塞の快癒、本当におめでとうございます。


>  骨盤の骨そのものには異常はないのですが、「左手が左に下がっている」の 指摘を得て、その修正のストレッチを始め、全く驚きで、何回も入退院を繰り返した 腸の癒着(癒着性腸閉塞)が解消されて
> きたようです。

 これは例の右足の痩せなどを含めて、最初の原因はわかりませんが若い頃の右足の捻挫か何かで体全体のバランスが大きく崩れてしまい、歩くために股関節、骨盤、背骨などが全体的にねじれてこのバランスをとろおうとし、背骨が左凸側湾を起こしていたことが推察されます。大腸に関係する自律神経は、腰椎の3~5番が関与しており、それがこの修正ストレッチで解消されたものと思われます。

 このストレッチと登山やゴルフなどを続けられれば、右足も本来の状態に戻りますので、ぜひともお続けください。

 しかし水もそうですが、例の「Iさんスペシャル」ドリンクがきいたのかもしれませんねぇ~!(笑)

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

東京のIさんからのメール

 投稿者:セキド  投稿日:2008年 2月19日(火)23時45分7秒
   大変ご無沙汰いたしております。 お元気でご活躍のことでしょうか。
 昨年報告して約一年余になりまして、なんとか状況が固まりましたので、改めてそ
の後の様子を報告させて頂きます。
                    記
「骨盤がゆがみ、内臓を圧迫し、腸の癒着を招いている」と指摘されて、先生の
アドバイスも頂き、昨年、2月に、行きつけの病院の整形外科で診断、同院内のリハ
ビリセンターの理学療養士の指導を受け、以来、腸の癒着が解消して内容物の流れが
良くなり、、毎日注意はしていますが、今までのような違和感が全くなくなりまし
た。
 しかし、この快調も一時的なものであっては、と先生に報告をしないでいました
が、一年余の実績をもって、やっと、自信を持って、その気になりました、お含みく
ださいませ。

 骨盤の骨そのものには異常はないのですが、「左手が左に下がっている」の
指摘を得て、その修正のストレッチを始め、全く驚きで、何回も入退院を繰り返した
腸の癒着(癒着性腸閉塞)が解消されてきたようです。  不思議・不思議・・・・

 入院を繰り返し、担当医からは、3回に1回は再発を覚悟で手術を、と勧め
られたりしていたものが、これで、治るとは、不思議で仕様がありません。
 そう言えば、、若いときから、家に来る洋服屋サンが、「左右の手の長さが違う」
と言われたり、カラオケ教室で、「左肩が下がっている」と言われた事を思い出しま
した。   昔から歪んでいたのでしょうか・・・・・・・

 発症(兎に角猛烈に痛みます)から10年ほど経て、この病を克服したようです、
今では検診に行っても、消化器外科の担当医は調子が良いので、顔を見る
だけで、触診もせずに、良好と言って終わります。  薬も飲んでいません。
 なんと不思議なことかと、首を捻りながら、大変喜んでいます。

 先ずは、出会う方々はもちろん、電話などでも、元気ですねと言われます、話す声
が大きく、ハッキリとしてきているのでしょうか?
 先生の仰る、体の歪みを解消する整体(ストレッチですが)の成果だと思えます。
もちろん、水は続けていますので、風邪などは全く引きません。
 それに、レモン入りの焼酎のお湯割り、キャベツ・人参・セロリ・りんごの生野菜
ジュース等は欠かせずにいます。
感謝・感謝の毎日です。   以上お礼かたがた報告といたします

http://www4.ocn.ne.jp/~h.sekido/index.html

 

レンタル掲示板
/10