秋場ホーム

自由に近況報告や、お知らせをアップして下さい。大きな画像は貼れません。皆さんに簡単に見てもらうためパスワードは設定していません。 ※URLがわかれば誰でも閲覧可能なので個人情報などの扱いはご注意願います。




163件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[167] 不正な投稿について

投稿者: 山崎 投稿日:2018年 7月12日(木)10時32分51秒 h175-177-005-155.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

昨夜、投稿のお知らせメールが届いた方がいると思います。投稿者不明かつ不正なものと判断しましたので表示されないようになっております。これからも不正なものを発見しましたら個別に対応してまいります。
今後、頻度は少ないと思いますが不正な投稿であってもお知らせメールは届いてしまうかもしれません。システム上対応は難しいようなので、ご容赦下さい。
m(_ _)m

さて、いよいよ夏本番、皆さんの夏便り投稿を期待しております。のりのりさんいつも素敵な投稿ありがとうございます。
まもなく8月、11月の同窓会の連絡が、幹事さんから届くと思います。是非お会いしたいと思っております。暑い日々が続きます。どうぞ皆さん御自愛下さい!では!!




[165] 大雨

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 7月 8日(日)18時14分59秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

○梅雨の停滞による線条降雨が、西日本に甚大な被害を及ぼしています。関係する方がいらっしゃるときは、心からお見舞い申し上げます。
○私の父の実家は、一族が350年住み着いていたところですが、昭和36年、伊那谷を襲った集中豪雨で、一村20数軒が谷川の激流に飲まれ、なくなりました。
○幸い、同族同士がほとんどで、見たことも聞いたこともないような、雨の降り方、川の異常に、高いところに避難しようと声を掛け合い、全員無事命を長らえました。
○そんな折、不謹慎かも知れませんが、ハスの名所に出かけてきましたので、その写真をお届けします。栃木市都賀の里蓮池です。7月7日。
○ここから車で15分のところに、湯楽の里栃木温泉という、高濃度の炭酸泉掛け流し温泉があります。体の新陳代謝をすすめるという、いい温泉です。
○今回の大雨関連では、少しずつ節約をし、災害復興の募金には応じなければいけないなと考えています。有志の皆さんもいかがでしょうか。
 



[164] 先人の知恵を生かしていれば

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 7月 1日(日)11時23分32秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

○大阪高槻市で小学校の塀が倒れ、9歳の女児が亡くなったニュースは、まだ記憶に新しいことと思います。
○いりさんが提供してくれている各地の写真「栃木県内見て歩る記 6月27日」で名古屋城の写真が出ていました。いつもあるときは楽しく、あるときは感銘を受けながら見させていただいているのですが、今回は石垣の積み方に目が行きました。
○名古屋城の石垣の角は「算木(さんぎ)積み」という、強固な石の積み方でできています。算木とは、昔の算術で使った道具です。算木積みは、直方体に切り出した石の長辺と短辺を交互に積む建築方法です。
○宇都宮の大谷石文化が5月24日国の「日本遺産」として認定されたことは、以前ご報告しましたが、ただ大谷石を使ってあるというところは指定外です。高い文化的・景観的要素、巧みな使われ方がなされているところが指定されました。
○例えば、松が峰協会、大谷の地下大空間、御止岩(おとめいわ。大谷寺のある神聖な山で、馬で登ってはいけないという馬を止めるという意味の岩山)、そして国指定文化財の旧篠原家住宅です。
○旧篠原家住宅の門や塀の角は、名古屋城と同じ算木積みでできています。大谷石の厚みも、普通の塀の2倍の厚さがあります。堅牢で、震度6弱の東日本大震災でもびくともしませんでした。
○現代の塀にもこのような先人の知恵が生かされていればいいなと思います。拙宅には算木積みはありませんが、塀には、太い芯を入れ、支えの小塀を備えてあります。35年ほど前に、宇都宮で大谷石の塀を登った中学生が、崩れた石に頭を打って亡くなったニュースを覚えていたからです。
○旅先でただぼーっと見るだけでなく、「先人の知恵に気付くものの見方をしよう。」そんなことをいりさんの名古屋城の写真から考えさせられました。



[163] 雲巌寺 黒羽に芭蕉が13泊14日

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 6月28日(木)20時23分59秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

○JR東日本のデスティネーションキャンペーンで、吉永小百合がポスターに出ている雲巌寺に久しぶりに行ってきました。那須大関氏の菩提寺大雄寺(だいおじ)や黒羽城址で今年最後のアジサイを見た帰りでした。
○雲巌寺には俳聖 松尾芭蕉も行き、句を詠んでいます。「啄木も 庵は破らず 夏木立(きつつきも いおはやぶらず なつこだち)」。後嵯峨天皇の皇子で多くの名僧を育てた仏国国師の開山なので、啄木も畏れ多いと思い、庵をくちばしで突っつくようなことはしなかったという、芭蕉にしては珍しく、ちょっとユーモラスな俳句です。
○今は、大田原市になりましたが、黒羽地区に芭蕉は、13泊14日滞在と、奥の細道で一番長く滞在しています。自然、歴史、人が、彼の気持ちに合ったのでしょう。
○矢板インターから、少し一般道を走らなくてはいけませんが、大雄寺(迫力ある16羅漢の石像や絵画があります)や五峰の湯などと組にして行けば、行く価値は十二分にあります。いいところで、お薦めできるところだと思いました。
○夕方、4時近くだったせいもあり、誰もいませんでした。40分ほど掛け、ゆっくりと見て回りましたが、実にパワースポット。鬱蒼とした森の木々や、谷川の流れ、薄い茶褐色の柱や板壁が、深山の大寺を感じさせてくれました。



[162] Re: 宇大附属中公開研究会

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 6月25日(月)21時29分1秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用 > No.161[元記事へ]

○ moriさんへ 宇大附属中の写真を見ていただきありがとうございます。
○ 校内の見学や10年回の内容にについては、6月24日、該当10年会、年次委員会が附中で行われたことと思いますので、中根さんか、入内澤さんが情報を持っていることと思います。>
○ 写真中の生徒の服装は、私もかわいらしく思えました。女の子の大きなリボンは、AKB等の影響でしょうか?最近の流行です。が、制服ではありません。附属中は男女とも制服はなくなり、自由服です。女子は4割くらいの子が、この大きなリボンを付けていました。学年やクラスにより差があり、このあとの3年生のクラスの授業では、大きなリボンを付けていたのは4,5名でした。
○ 男子のネクタイは、2,3名でした。おそらく、きちんとした服装で来なさいとの指導があり、入学式で着たものを着用していたのでしょう。1年生は、素直ですね。
○ 当日撮った写真を少し追加します。1枚目は、教官室前、ちばてつや先生のかかれた「明日のジョー」の大作が飾られています。
○2枚目は旧3年4組廊下から見た中庭、3枚目は1号館を撮った写真です。どこだか思い出してしまいますね。


>



[161] Re: 宇大附属中公開研究会

投稿者: MORI 投稿日:2018年 6月25日(月)18時09分19秒 i153-145-12-161.s42.a013.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用 > No.160[元記事へ]

のりのりさん

懐かしく貴重な写真の投稿ありがとうございます。
11月の10年会では校内を見学出来るのですよね。
出来れば参加したいと思っています。

制服も、男子はネクタイ、女子は大きなリボンと、
なかなか可愛いですね。





[160] 宇大附属中公開研究会

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 6月25日(月)12時00分30秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

○ここ5年、宇大附属中の公開研究会に参加しています。後輩たちが昼弁当付きで、招待してくれます。参加料3000円も免除してくれます。さすがに、これでは申し訳ないので、同額程度の煎餅を差し入れしています。煎餅をかじりながら、研究している姿が目に浮かびます。
○最初の写真は、ポスターセッションという発表方法です。課題について調べたことを、ポスターにまとめ説明し、質問に答えるという学習方法です。
○来年から中学校も新学習指導要領になりますが、「主体的で、対話的で、深い学び」という学習方法がメインになります。その一つの形がポスターセッションです。宇大附属中のよいところは、発表させっぱなしにしないで、板書で可視化し、生徒の意見を比較したり、関連付けたり、まとめたりして、よりよく思考を深めていくところです。
○2枚目、3枚目の写真を見ると、校舎の内外が奇麗なことがお分かりかと思います。耐震化し、内外装を塗り替えました。とても奇麗です。1号館(南校舎)の東端は、3年のとき増設された集団反応測定室ですが、現在は、教官研究室と社会科学習室になっています。体育館の東に武道館ができたこと、旧3年4組と家庭科室の間に、英語学習棟ができたことが、大きく変わったことです。
○校章のついた昇降口、体育館、校舎、皆、懐かしいですね。



[159] 鎌倉のアジサイ名所 長谷寺 明月院

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 6月21日(木)19時08分13秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

○宇都宮から乗り換えなしで鎌倉に行けるようになりました。4時間かかりますが、快速なら3時間45分くらいです。もちろん普通電車、お金がなくても時間がある私たちにもってこいの電車です。
○アジサイ一番人気の長谷寺は、5年前に行ったときは3時間待ちで、アジサイ散策路に行くのを諦めました。今回は、そのリベンジで、鎌倉駅から徒歩1分のホテルmoriに前泊し、長谷寺には朝、8時25分に行きました。すいていて、写真も思う存分とれました。
○訪れた、長谷寺、明月院、東慶寺(ここはハナショウブ)を載せます。



[158] 栃木のアジサイ名所2磯山神社

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 6月21日(木)17時39分33秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

○ネットでアジサイが満開になりましたとの情報を得て、鹿沼市磯66番地の磯上神社に行ってきました。県内では穴場的なアジサイの名所です。鹿沼インターからだと10分~15分ほどでいけます。
○3回目の訪問ですが、今までで一番アジサイの色が奇麗で、花もしっかりとしていました。ここの特徴は、花が間近で見えることと、人の多くないことです。



[157] 栃木県アジサイ名所 太平山アジサイ坂

投稿者: のりのり 投稿日:2018年 6月21日(木)17時10分34秒 FL1-220-102-216-196.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

○栃木県のアジサイ名所をお届けします。
○昔からのアジサイの名所です。約1000段の坂の両側に、2500株以上のアジサイが咲いています。ちょうど見頃でした。登り初めてすぐ、円仁ゆかりの六角堂があります。途中に茶店もあり、休むことができます。
○太平山は城跡でもあり、坂の後半には城の石垣が見られました。
○登り切ったところが太平山神社です。50mほど右の方に行くと、展望台が有り、店があります。眼下に栃木市、遠くに筑波山が眺められます。
○お車で行くときは、ナビにアジサイ坂入り口の店福松屋さんの住所か電話番号を入れると分かりやすいです。栃木県栃木市平井町681 TEL 0282-22-1827 バスのときは、栃木駅から國學院前行きで終点までです。約220円です。


レンタル掲示板
163件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.