teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(1655)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:83/333 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

265

 投稿者:今後  投稿日:2015年 1月30日(金)17時59分54秒
  通報
  今後の地球世界の予定 その265


言葉は伝わらなければ無いのと同じだし、道具は使えなければ無いのと
同じだ。 本当の本当に身も蓋もない事を言えば、これら精神世界と
言われる分野から発信される情報を「 信じて下さい」だの、
「 何故分からないのですか」だの叫びたいのではない。

もう、そんな段階はとうに過ぎた。

今まで展開してきた情報が真実だ、として、

今後5年内に、沢山の人が自殺だの他殺だの、事故や天変地異などに
巻き込まれて死亡するのだ、という「 それら現象の背景を考察」
する、というのでもない。( しかし、世界平和の祈りの部分はどうあ
っても理解して欲しい。)

最大の問題は、陥没現象が開始された時に、2、3ヶ月続く混乱期、
インフラの崩壊、つまり、電気ガス水道、下水道、そして物流の停止
などの期間の間に、

どうやって生き延びるのか、この一点だ。

( それらの混乱期は、インフラが少しずつ回復していっても、即座に
陥没以前の状態に戻るというものではないのだから、半年だとか1年だ
とかの期間で考えていかなければならない。略奪を含めた、あらゆる
犯罪が猛威を振るうだろう。先ず自分を、そして女子供、老人など弱者
を守らなければならない。)

本当はもっと広い世界( 精神世界的な)を知って欲しいという意味で
キイは打ち込まれ、そして、それらが極わずかな人数であろうが
理解され、結実する…という流れになれば幸いなのだろう。

しかし、現実はそんなに甘くない。 現実とはもっと冷たくて厳しくて
粗く、粗雑なものだ。人々は自分の生活を守る以上の事など、ほとんど
出来ない。関心がない。

勿論、これらの情報が全くの間違いで、偽で、ガセで、これを読んで
いるアナタを騙しにかかるものだった、として、崩壊後の2、3ヶ月の
為に様々なモノを備蓄し、準備し身構えて待っていたのに、

しかし、結果として何も起こらなかったのだ、とする。

つまり、アナタの詰まらない日常の繰り返しは、その後も無意味に続く
のだが、それでもそれはアナタにとっては、

「 あー良かった、陥没現象も、天変地異も何も起きなかった。」

というだけの事で収束して、大きな損害にもならないだろう。
だから、少しで良いから耳を傾け、出来る範囲で受け止め、
そして、その日の為に備えと心構え、体構えをして欲しい。

備蓄食糧を買ったり、水の確保の為に井戸を掘ったり、太陽電池
パネルを家に据え付けたりして、だが、これらの災害が起きなかったと
しても、それは全くの損害、損益になるものではないではないか。

そう、これらの文章は、どうしようもない86%に向けて打ち込まれて
いる。( キイを叩いている存在としての私は、ではそんなに上等な
ものなのか、と言えばそんな自覚は全くない。アナタと変わらない。)

現象を人間の五感でしか追えない。現実の世界で起きている事柄を、
今までの常識の中での理解、でしか認識出来ない…

ーーー

ごかん【五感】
[名]
外界の事物を認識する五つの感覚。視覚・聴覚・嗅覚(きゅうかく)・味覚・触覚の総称。

ーーー

…そういう人たちに言葉を届けるにはどうするか。

利益を説く以外なにもない。 そこから入ってもらう以外無い。
だから、答えから入って丸暗記して下さいという乱暴な言い方になる。

これらの情報を知っておけば生き延びられますよ、とかの本当に
下卑た(げびた)やり方だ。 しかし、入って貰わなければ何も始まら
ないので、それをやる。


だが、ここではっきりと言っておく。

これらの世界の混乱、そして天変地異的な事柄、社会の激変などは、
「 起きる」

本当は「 必ず起きる」と打ち込んでおきたいが、その言葉を見た
途端に離れてゆく人たちの数が増えるに違いないので、そうはしない。

私は、リーマンショックが起きる( 起こされる)
「 前に」

これらの出来事が発生する、その予定で物事を進めているのだ、という
一連のやり取りをリアルタイムで目撃している。

あの時は確か「 半分だけ介入する」という言い方だった。

そして、2014年の冬至を皮切りに、夏至→冬至→夏至、という風に
半年ごとに大きな転換が発生するという、その通りに事態が進むのなら
2014年の夏至を越えてから、

リーマンショックを更に越えた、大規模な金融空間の大破壊が起きる、
という事になる。

陰始勢力と言われる者達の力が、半年ごとにごっそりとそぎ落とされて
ゆく流れの中で、2014年12月22日の冬至を皮切りに開始され
た、彼ら勢力への追落としの動きが加速するのなら、

この陰始勢力の地上での配下達が( いわゆる支配層集団が)、この
現実世界=現象世界という領域で一番の武器として使い回している
通貨、マネーの部分が大きく破壊される事になる。

それが起きるのであれば、確かに世界はどうあっても変わる。
変わりたくなかろうが、どうだろうが、今の世界の形は変わる。

そして、現実の世界は、そういう兆候を見せながら、それら秋口に
起きるのであろう第二次リーマンショックに向けて突き進んでいる。

次にこれらの金融空間大破壊が起きれば、その後は雪崩を打つように、
今までの世界を形作っていた制度や常識などが崩れてゆく。

どうであろうと無かろうと世界は変わる。

だから、その変わった世界、全く新しい世界の大地の下で生きてゆく人
が多ければ多いほど、それは楽しいだろう。 そう言う。

86%に所属する人々だから、消えなければならないのだ…とは私は
言わない。 阿呆で愚かな人間であったのだとしても、誰かに引き上げ
て貰えば、それは助かるかもしれない。 助かれば、生き延びられれば
人は変わる。

生き延びようと強く思うのなら、そして生き抜いてゆけば、事態は必ず
変わる。

生まれ変わった新しい地球世界を私は見たい。強く見たい。
それは信じられない程にわくわくする世界だ。

だから、アナタにもそれを見て欲しい、そう思う。

ーーー

下に、宇宙全史の掲示板からの抜粋を幾つか書き連ねる。
気になる人は自分で直接見て欲しい。

原文を張り付ければ簡単なのだが、取り敢えずはそうしない。
何故か。

この掲示板に出入りする人たちの文章は、それそのものが86%の人々
には受け入れ難い文脈によって構成されている。 書いている当人達に
それらの自覚があればいいのだが、恐らくそういう事を考えたことが
ない人達だ。

しかし、彼らは彼らで、自らの背負ってきた重い人生を、何とかして
解決出来ないものか、という事で、この宇宙全史のワークというものに
たどり着いた人々でもあるのだから、それらの訴えを、疑問質問を、
最初の色眼鏡の第一判定で、全てを見切った気分になってしまう事は、
これはすべきではない。

今までに与えられた、既存の常識から構成される解答、の積み重ねだけ
ではどうにも出来なくなる事態が、これから起こってくるからです。


〓〓〓〓〓〓〓〓 ↓ この下から、その265  〓〓〓


622・【 宇宙全史掲示板からの補足事項 】 ( その1 )


2014年7月23日( 虚空蔵55)

覚醒した地球に残れる人々は、自己の自由性を認識した者のみ、の補足

基本、性格が良いというか、地球原人の様なタイプの人が生き残る。
「 生きていたい!」という思いの強い人。

心の根本まで「 生きていたい!」という想いの強い人は、そもそも
害になる事が出来ない。 何故ならば、生き続けたいから。

この地球上では( 覚醒した地球上でも)、生き続けるのは1人の命で
は無理。 命のつながりがないと出来ない。 他のものとの繋がり(つ
ながり)を断つ…という事は、この地上では生きてゆけないという事。

これからの移行期には、様々な大混乱が噴出する。

しかし、この中での「 生き残りたい人」「 そうでない人」の選択
は、自分の命も含めて全ての命を大切に扱う人だけが生き残れる。

自分さえよければいい、という存在は生き残れない。

地球がそれを決めた。


〓〓〓〓 ここまで 〓〓〓〓


混乱期、つまり、インフラの崩壊に伴う、既存の行政機構が壊滅する
という事は、一時的に秩序が無い状態になる訳ですから、略奪を含める
あらゆる犯罪が噴出する、という事です。

そういう中で、人と人との繋がりがない、関わりを持たない、大切に
しようとしない人達が、どうやってその混乱期、水や食料を分けてもら
うのか、という風に考えを巡らせれば、それは自ずと明らかです。


その265終わり、266へ続きます。

 
 
》記事一覧表示

新着順:83/333 《前のページ | 次のページ》
/333