投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [1605]
  • 1602

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2019年 8月25日(日)18時13分38秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2019・8・25日曜日 ( 令和元年)

――――――――――


□──────────────■
下の記事は 各種 冒頭抜粋
●───( ↓記事転載ここから)───○


原油先物が下落、中国が対米追加関税発表
8/24(土) 4:49配信 ロイター

 [ニューヨーク 23日 ロイター] ? 23日の原油先物相場は下落。中国が対米追加関税を発表したことで米中貿易摩擦が激化するという懸念が強まった。

 清算値は北海ブレント原油先物<LCOc1>が0.58ドル(1%)安の59.34ドル。米国原油の指標であるWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物<CLc1>は1.18ドル(2.1%)安の54.17ドル。週間では北海ブレントが1.3%安、WTIが1.2%高。

 中国商務省は23日、対米報復関税を発動すると発表した。米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課す。一部製品に対する追加関税は9月1日、残りは12月15日に発動する。


ーーー


米大統領、対中関税の5%引き上げ発表 中国の報復措置に対抗
8/24(土) 7:07配信 ロイター

 [ワシントン 23日 ロイター] ??トランプ米大統領は23日、中国の輸入品に追加で5%の関税を課すと明らかにした。中国による対米報復関税に対抗する。

 トランプ大統領はツイッターへの投稿で「残念なことに、これまでの政権は中国が公正かつバランスの取れた貿易を出し抜くことを許し、これが米国の納税者の負担となってきた」と指摘。「大統領としてもはや許すことはできない!」と述べた。

 トランプ氏によると、2500億ドル相当の中国の輸入品に対する関税を現在の25%から30%に引き上げる。10月1日から適用する。

 また、中国からの輸入品3000億ドルに課す追加関税第4弾の税率を10%から15%に引き上げる。第4弾の発動時期は一部品目が9月1日からだが、全体の半分近くの品目は9月1日から12月15日に延期されている。


ーーー


トランプ氏が対中関税引き上げ、報復に対抗 米企業に中国撤退も
8/24(土) 6:50配信 ロイター

 [ワシントン 23日 ロイター] ? 中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は23日、対中関税の新たな引き上げを発表した。さらに米企業に対し中国からの事業撤退も要求した。通商問題を巡る米中の対立は深まる一方となっている。

 中国商務省は同日、米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課すと発表。米国が9月1日から発動を予定する対中制裁関税「第4弾」に対する報復措置とみられる。一部製品に対する追加関税は9月1日、残りは12月15日に発動する。対象となるのは、米国から輸入する大豆や牛肉、豚肉を含む農産物や小型航空機など計5078品目。自動車・部品に対する関税も復活する。

(中略)

 トランプ氏はツイッターへの投稿で「残念なことに、これまでの政権は中国が公正かつバランスの取れた貿易を出し抜くことを許し、これが米国の納税者の負担となってきた」と指摘。「大統領としてもはや許すことはできない!」と述べた。

 またこれに先立ち「偉大な米企業に対し、中国の代替先を即時に模索するよう命じる。事業を米国に戻し、米国内で生産することも含まれる」とし、「われわれに中国は必要ない。率直に言えば、中国がいない方が状況はましだろう」とも投稿した。

 トランプ大統領による中国からの撤退命令に法的拘束力はなく、実際にどのように米企業を中国から撤退させるかは不明。専門家は、税制の変更や制裁などを通じ、中国における米事業を制限、縮小させることができるものの、プロセスは長期間を要する可能性があるほか、両国の経済に深刻な影響が及ぶ恐れもあるとした。

 中国の締め出しについては、同国で事業を展開する米企業からの連邦政府調達を制限することが最も効果的な選択肢となり得る。ただしボーイング<BA.N>やアップル<AAPL.O>、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>など、連邦政府の大型調達先で中国で幅広く事業を展開する企業が大きな痛手を被ることになるとみられる。


===( 記事ここまで)


9月に米中の貿易協議が予定されていたにもかかわらず、今回は中国の方から退行関税を仕掛けるという頓珍漢な事をしている。 今の中国のマクロ経済の音頭をとっているのは二人いるとされるが、それらが二人共中国民族優秀主義者にして毛沢東主義であり、更に米国があと10年もしないうちに今の帝国の座から滑り堕ちるので、そこまで頑張れば自動的に中国が世界の派遣国になると主張するキャラであり、それらが習近平主席にこれからの中国をどのように操縦していけばいいのかと耳打ちしているのである。

つまりこの二人ともかどちらか一人だけでも、その潜在意識を支配下におくコントロールの中に入れ込んでしまえば、独裁国である中国は自由主義諸国よりは簡単に乗っ取りが可能だとなる。

中国の今回の唐突とでも言える、かつ理不尽な報復関税は、これら吹き込みキャラを動かした背後の存在がいるのではないかと勝手に考えている。 非合理だからだ。

そして今カナダに拘束されているファーウェイの副会長のバンモウシュウさんは、カナダ当局の取り調べにおいてどうやら「 安保理決議違反になる、イラン国内に支社を作って経済活動をしていた」 という事をゲロったようだ。 だから中国に対しての制裁は、昨今のイランからの石油の密輸入のケース含めて、おそらく金融面における、一見制裁に見えない形での締め上げで攻撃されると捉える。

中韓は直近の人類の敵として設定され、これを叩き、スクラップアンドビルドを行って、そこから利回りをあげようという勢力がいるのが見えてきた。 だからこの動きは大きくは変更なく進む。 その後どうなるか。

台湾を国家承認していく流れのその後でどうなるか。 うーん、100年前の因果応報の精算のためにも、最後にはロシアが出てくるのかなあといろいろと考えるわたしなのであった。


----
終了
----

カイカイ反応


韓国人の男が、国内で日本人女性を暴行する姿が映った映像がオンライン上で拡散する中、警察が映像の中の男の身柄を確保した。ソウル麻浦警察署は「日本人女性暴行事件に関する情報提供を受け付けた後、厳重な事案と判断して、速やかに(捜査に)着手して(映像の中の男の)身柄を確保し、事件の経緯と事実関係などについて徹底的に調査する予定だ」と24日、発表した。?

前日、SNSに公開された映像を見ると、その男が路上で映像撮影者を脅迫的に追い回し、日本人女性を侮辱する暴言と悪口をする姿が映し出されていたこの男が女性と見られる被害者を暴行する写真も一緒に上がってきた。韓国人の男が23日、ソウル弘大近くで日本人女性を脅かして暴行する状況を写した写真。?

被害者は、一緒に遊ぼうと声をかける男を無視すると、暴言を浴びせられ、怖くなって動画を撮ろうとしたところ暴行が始まったと主張した。写真を投稿したツイッターの利用者は、日本語で「韓国人が暴言を言ってきて差別的な言葉を言われ続けた」とし、「動画を撮影すると突然走ってきて、髪を引っ張られ暴行された」と述べた。?


ーーー


news.v.daum.net


日本女性暴行映像の男性を調査..「操作された」と主張
オンライン上で人気があった日本人女性の脅威・暴行映像や写真に登場する男性が24日午後、 ソウル麻浦警察署で調査を終えて警察署を出ている。

オンライン上で人気があった日本人女性の脅威・暴行映像や写真に登場する 男性が警察に出席して調査を受けた。この男性は、操作を主張し暴行を否定した。 ソウル麻浦警察署は24日午後、日本人女性暴行映像・写真事件関係者を 相手に事実関係と事件の経緯を調査した。韓国男性が日本の女性を暴行したという趣旨で、 オンライン上に広がった16秒の映像と写真4枚の中の人物などが対象である。問題の映像は、紫色のTシャツを着た韓国人男性が日本人卑下発言と 一緒に悪口など暴言をする場面が盛られ、写真は類似している服の男性が 女性を攻撃するような姿がある。黒いTシャツにマスクと帽子で顔を隠した映像の中の男性は、調査を終え、 午後3時40分頃、警察署を出て、「暴行したことを認めるか」という質問に 「暴行したことがない」と述べた。?

また、「写真が撮れたが、被害者に言いたいことがないか」という質問に、「操作されたものであり、暴行したことはない」と改めて発言した。警察は、男性とは別の場所で被害を主張する日本人などの対面調査も行った。 日本人側午後1時52分頃、警察署に到着し、「調査の後、言われたい」という言葉を残し庁舎に入った。日本人アカウントは前日、「韓国人に暴行された」という趣旨で、 Twitterに写真と映像を公開した。暴行を主張する方は韓国人と 一緒にYoutube活動をしていることが分かった。警察は、映像と写真に関する申告を受けて捜査に着手し、 この日の関係者の身柄を確保した。警察は、事件が23日午前6時頃、ソウル麻浦区弘益大近くの距離で発生したものとみて調べを続けている。警察関係者は、「情報提供を受けた後、厳重な事案と判断して、 速やかに捜査に着手して身柄を確保した」とし「事件の経緯と 事実関係などについて徹底的に調査する」と話した。


ーーー

ゴゴ通


ソウル麻浦警察署は8月24日午後、日本人女性暴行映像事件の関係者を相手に事実関係と事件の経緯を調べている。韓国男性が日本の女性を暴行したというオンライン上に広がった16秒分の映像と写真4枚の中の人物などを調査。?

問題の映像は、紫色のTシャツを着た韓国人男性が日本人女性を差別的な発言を浴びせ追いかけ挙げ句の果てには髪を引っ張るなどの暴行を加えた。暴行シーンの映像は無いが、写真として証拠がSNSに投稿されている。?

2019年8月24日加害者男性が拘束され、取り調べをうけるも、暴行を行った男性は「(SNSに投稿された)映像は捏造されたもの」という主張。?

引き続きソウル麻浦警察署が捜査を行い「SNSを介して拡散された日本人女性への暴行映像と写真は捏造ではなかった」と述べた。続いて「一部で提起している捏造疑惑は、被害者側が提出した資料と、警察側で確保した監視カメラ映像を分析した結果、捏造ではなかった」と24日午後明らかにした。?

韓国ネットユーザーも「捏造だ!」という意見が多かったが、警察の捏造否定発表後は「女性のユーチューブ稼ぎだ」と主張が変わっている。?

※動画あり?
ttps://gogotsu.com/archives/53465?


ーーー

夕刊フジ



文政権の裏切りに米国激怒! GSOMIA破棄で韓国が突き進む「赤化統一」、朝鮮半島に『反日』巨大国家誕生か

8/24(土) 16:56配信

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の裏切りに、ドナルド・トランプ米政権が激高している。米国側の警告を無視して、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したからだ。日米両国はこれまで、文政権の突出した「反日・離米・従北・親中」姿勢を危惧してきたが、隣国は「最悪のカード」を切った。文大統領は8月15日の「光復節」での演説で明言したように、北朝鮮との「赤化統一」に突き進む可能性が高い。自由主義陣営から離脱すれば、地獄を見るのは韓国国民ではないのか。東アジアの安全保障環境も激変しそうだ。

 ■「赤化統一」に突き進む

 「失望している」「(日韓が)、元の正しい関係に戻るための取り組みを始めることを望む」

 マイク・ポンペオ米国務長官は22日、訪問先のカナダで、韓国によるGSOMIA破棄の決定について、こう語った。

 米国防総省も「韓国の方針に『強い懸念と失望』を表明する」との声明を発表した。米国が、同盟国に「強い失望」を表明するのは極めて異例。それだけ、トランプ政権が文政権の暴走に怒りを抱えているようだ。

 安倍晋三首相は23日、「日本は、北東アジアの安全保障環境に照らし、『日米韓の協力に影響を与えてはならない』という観点から対応してきた」といい、韓国には「信頼関係を回復し、約束を守ってもらいたい」と通告した。

 これまで韓国に融和的だった岩屋毅防衛相も同日、「失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ。現在の安全保障環境を完全に見誤っている」と批判した。

 韓国大統領府国家安保室の金有根(キム・ユグン)第1次長は22日、GSOMIA破棄について、日本政府が貿易上の優遇措置を適用する「グループA(『ホワイト国』から改称)」から韓国を除外したことを挙げて、「両国間の安保協力環境に重大な変化をもたらした」「(協定維持が)『われわれの国益』にそぐわない」と主張したが、おかしい。

 日本は、大量破壊兵器に転用可能な戦略物資の輸出管理に疑わしい事案が続出したため、韓国向けの輸出管理を厳格化しただけである。経済制裁ではない。

 ところが、文政権は事実上の報復としてGSOMIA破棄を決め、安保上の日米韓協力体制を瓦解(がかい)させかねない一線を越えた。

 GSOMIA破棄は、韓国にとってダメージが大きい。偵察衛星を7基運用し、北朝鮮の電波情報を収集している日本の情報を得られなくなるうえ、協定延長を要求した米国を裏切るからだ。

 官邸周辺も「愚かだ。文政権内に冷静に物事を判断できる人物がいないことが明確になった。ただ、文政権中枢は『確信犯』として、日米韓協力体制からの離脱を図った可能性もある」といい、続けた。

 「文氏は15日、日本の朝鮮半島統治から解放記念日『光復節』の演説で、『任期内に(南北)統一に向けて歩む』『2032年にはソウル-平壌共同五輪を成功開催し、45年には1つになった国(One Korea)として世界に位置づけられる』と宣言した。この目標のため、日本に責任を押し付けて『日米韓協力体制離脱』を狙った形跡がある。それが文政権の国益ではないのか」

 確かに、文政権は昨年以降、韓国国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」や、いわゆる『元徴用工』の異常裁判、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件など、日韓の軋轢(あつれき)をつくり出して放置してきた。

 こうした現状を喜んでいるのは、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮や、習近平国家主席率いる中国だろう。

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は22日、GSOMIA破棄について、「韓日間の信頼問題」に起因した決定で「韓米同盟とは別の懸案だ」と記者団に語ったが、トランプ政権の本音はやや違うようだ。

 日米情報当局関係者は「トランプ政権内には、以前から『韓国の左派政権(文政権)とは距離を置くべきだ』という意見があった。北朝鮮は戦略的な敵だが、韓国の文政権は、(1)信用できない(2)朝鮮半島情勢を悪化させる(3)中国にすり寄っている-として、『もっと問題だ』という指摘だ。このため、米朝協議から文政権を引きはがした」と明かす。

 ■「反日」巨大国家が誕生か

 今年6月30日、非武装地帯の板門店(パンムンジョム)で、3度目となる米朝首脳会談が行われたが、文氏の存在感は極めて低かった。今後、在韓米軍の縮小や、米韓同盟の見直しにつながる可能性がある。

 文政権の今回の決断は、韓国経済にもダメージがありそうだ。

 韓国では現在、「ウォン安」が止まらず、1ドル=1200ウォンという「危険水域」を超えており、いつ通貨や株式の投げ売りが始まるか分からない。頼みの綱である「日韓通貨スワップ」も絶望的のうえ、「ホワイト国」への復活も厳しくなった。「もはや崩壊を待つしかないのではないか」という識者もいる。

 河野太郎外相は22日、談話を発表して「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と韓国を批判した。

 前出の官邸周辺は「文政権が『南北統一』で突き進めば、朝鮮半島情勢は激変する。『反日』の巨大国家が誕生し、38度線が対馬海峡まで下がる。憲法改正も含めて、日本の覚悟が求められる」と語っている。


====
コメント


韓国が日米から外れていくと、今も韓国内部の凶暴化する勢力が、公然と日本人に対して破壊活動をしかけるという流れに入る。 韓国内部の日本人に、そしてわざわざ日本にやってきて日本全体に対して、彼らはテロをしかける。

韓国男性における、現地を訪れた日本人女性への徹底した暴力の動画、あなたもあれを見ただろう。 韓国の兵役というのはこうした 弱いものを徹底的にいじめる、いたぶる、痛めつける という存在を量産するシステムになっている。

そしてこの韓国男性は、全ての行為が動画に記録されているにもかかわらず、自分はやっていない、自分には何の責任もないと開き直っている。 つまり大筋ではこの様な心の形をもった人間の器が日本人に対して明確に攻撃と奪い盗りを仕掛けてくるということだ。 この事に対しての備えをしなければならない。

官邸メールなどを送ることによって、ビザの復活厳格化を今年中に、しかも早い段階で行わなければ、おそらく今年中に国内景気墜落、通貨暴落が待っている韓国から、山ほどこれら動画に記録されたタイプの韓国人達が日本にやってくる。

もうギャハハハだとか、ネトウヨガー、とかと言っている段階は本当に終わったのだ。 我々は立ち向かわなければならないし、これを弾き返して無効化しなければこちらが本当にやられてしまうのである。

----
終了
----




スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(1655)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成