投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [1606]
  • 1603

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2019年 8月26日(月)19時39分44秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2019・8・26月曜日 ( 令和元年)

――――――――――


□──────────────■
下の記事は 各種 冒頭抜粋
●───( ↓記事転載ここから)───○

韓国軍、竹島周辺で防衛訓練を開始 例年より規模拡大か

8/25(日) 11:16配信


 韓国海軍は25日、日韓が領有権を争う島根県の竹島(韓国名・独島)を含む日本海の島々の防衛を目的とする軍事訓練を同日朝から始めたと明らかにした。同様の訓練は昨年は6月と12月に実施され、今年も6月ごろに予定していたが、日韓関係への影響を考慮して先送りされていた。日本政府は抗議し、中止を求めた。

 訓練は「東海(日本海の韓国名)領土守護訓練」と称し、26日まで、海軍や海洋警察の艦艇のほか、海・空軍の航空機や陸軍、海兵隊の兵力も動員して行う。

 韓国メディアは「訓練規模は例年より大きくなった」とする軍関係者の話を伝えている。

 先送りされていた訓練は、今月2日に日本政府が輸出手続きを簡略化できる輸出優遇国のリストから韓国を外す閣議決定をしたことを受け、あらためて実施が検討されていた。日本政府が28日に輸出優遇国から韓国を除外する政令を施行する方針であることを踏まえ、対抗カードとして実施時期を決めたとの見方も出ている。

 日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は25日午前、在日韓国大使館の金敬翰(キムギョンハン)次席公使に電話で抗議した。「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかに日本固有の領土だ」と強調。軍事訓練は「到底受け入れられず、極めて遺憾だ」として強く中止を求めた。ソウルの日本大使館からも韓国外交省へ同様に抗議した。(武田肇=ソウル、鬼原民幸)

朝日新聞社


ーーー


北朝鮮「超大型ロケット砲」試射 金正恩氏、兵器開発の継続強調

8/25(日) 6:30配信

24日、「ロケット砲」の試射を指導する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、金正恩朝鮮労働党委員長立ち会いの下、新たに開発した「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の初の発射実験が24日行われ、成功したと伝えた。24日朝に同国東部から日本海に向けて発射した飛翔体2発を指すとみられる。日韓は短距離弾道ミサイルだと推定していた。さらに分析を進める。

 金氏は「敵対勢力の軍事的脅威と圧力攻勢を断固粉砕する戦略・戦術兵器開発を力強く推し進めなければならない」と強調。今後も兵器実験を繰り返す恐れがある。


ーーー


実は利点も 日韓軍事情報協定破棄の真実?
編集委員 高坂哲郎

日韓対立?ニュースこう読む?朝鮮半島2019/8/23 23:00日本経済新聞 電子版

日韓GSOMIAの破棄や米韓軍事演習の中止を訴える韓国のデモ参加者=AP

韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しないと決めたことに日本や米国で困惑や失望が広がっている。ただ、日本の安全保障関係者の間では事態を静観する向きが多い。日本が提供した機密情報が韓国経由で中国などに漏れるリスクが減ることなど「今回の失効決定には利点もある」(日本の安保情報関係者)との指摘さえ聞かれる。

【関連記事】「韓国、政治的に引けず」「影響は軽微」 軍事協定破棄、専門家の見方

■韓国経由の機密漏洩を恐れていた日米

「韓国の情報機関、国家情報院の幹部が定期的に北京を訪れ、日本や米国が提供した機密情報を中国に漏らしているようだ」――。別の安保関係者は以前、米国防総省高官からこう告げられ、…


ーーー


高田@ekuchann

私のLEDの特許を、韓国のサムスンが使用したいと言ってきたが断りました。周辺の人は、断って良かった。技術だけ盗まれて金はくれないぞ。と言っていました。 ttps://twitter.com/ishiitakaaki/status/1165155068296876033?…

石井孝明(Ishii Takaaki)@ishiitakaaki

ある重電の幹部に「韓国を批判するとヘイトだと言われるが、今までどれだけ韓国企業が汚いことをしたか知ってていっているのか。それでも韓国をかばう日本人は気味が悪い。この怒りは正常化だ」と言われました。同感です。暴韓膺懲

11,429

16:10 - 2019年8月24日

Twitter広告の情報とプライバシー

4,997人がこの話題について話しています


====
コメント

韓国は官民、軍隊を上げてこれらの特許を強奪したり、一方的な契約を結ばせたり、場合によっては殺害して所々の権利や不動産の名義を勝手に書き換えるなどということをしていた。 地方の企業オーナー、中小会社の社長などが韓国の済州島などに歓待という名目で呼び出されて、そこで心臓麻痺を起こされたり、または軍隊が銃を突きつけて韓国にとってだけ都合のいい譲渡契約を結ばせたりとやりたい放題をしていた。 それらの関連書籍は昭和の時代にはまだあった。 平成のときに相当消えた。 いろいろ探して見られるがいい。 一応その様に聞いている、と言い添えておく。


ーーー


G7首脳、ロシアの復帰は時期尚早との考え 外交筋

8/25(日) 17:58配信

フランス南西部ビアリッツで開催されている先進7か国首脳会議に臨む、参加国の首脳ら(2019年8月25日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】フランス南西部ビアリッツ(Biarritz)で開催されている先進7か国(G7)首脳会議(サミット)の参加国の首脳らが、2014年にグループから除外されたロシアを復帰させて主要8か国(G8)に戻すのは時期尚早と考えていることが分かった。外交筋が25日、明らかにした。

【関連写真】トランプ大統領の隣に座った安倍首相

 匿名を求めたこの外交筋は、「G7の首脳らはロシアとの協調を強化してくことには賛成しているものの、復帰は時期尚早だ」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


ーーー


ロシア復帰を協議=イラン核保有認めず-G7開幕、2日目は世界経済

8/25(日) 3:37配信

ロシアのプーチン大統領=22日、モスクワ(AFP時事)

 【ビアリッツ(仏南西部)時事】日米欧の先進7カ国首脳会議(G7サミット)が24日夜(日本時間25日未明)、フランス南西部ビアリッツで開幕した。

 初日はロシアのサミット復帰をめぐり議論したが、結論は出なかったもよう。米国と緊張が続くイランの核保有を認めないことで一致した。2日目は世界経済について討議。米国が中国と報復関税の応酬を繰り広げる中、G7として協調したメッセージを打ち出せるかが焦点となる。

 米中両国政府は23日、相手国の追加関税への報復措置を発表。両国が互いにほぼ全ての輸入品に制裁を科す事態に突入し、世界経済の後退懸念が強まっている。安倍晋三首相や欧州各国首脳は自由貿易の重要性を訴える構えだが、トランプ米大統領が保護主義的な姿勢を改める可能性は乏しいとみられる。

 英国の欧州連合(EU)からの離脱問題も影を落とす。サミット初出席のジョンソン英首相は「合意なき離脱」も辞さない考えだが、世界経済の混乱につながる恐れがある。


===( 記事ここまで)


韓国はジーソミアのシステムを使って、合法的に日米の軍事情報を中国に流していた。 中国に流れれれば上海協力機構の関係から何割かが更にロシアに流れる。

だから立憲民主の蓮舫が、このジーソミア廃棄に対して怒っていたのは、合法的に彼女の本当の母国である中国共産党に情報を流せなくなったので、彼女は中国大使館の命令を受けたか、中国に対して忖度(そんたく)したかでポーズをとったとよく分かる。

韓国は明確に日本の敵だ。 日本の敵ということは、これから地球人類全てを率先して牽引していく役割を自ら背負った日本の敵ということは、地球人類にとっての敵なのである。 だからわたしは中韓が人類の裏切り者としてレッテルを貼られて処分される動きが行われる流れで、それらの精神エネルギー採掘事業計画とでも言えるもので飯を食っている連中の計画通りに事態が概ね進められているというのだ。

韓国はだから中国が生贄に差し出すことによって、内部のサムスンなどは完全に分解買収の形でその形跡が全くなくなっていくだろうとわたしは捉える。 ジーソミアから抜けたということは、日米の軍事の協力ネットワークには協力しないということだから、そういう勢力に対して便宜を与えることはない。

だから経済的に制裁を受けることになるのは当たり前だ。 そしてそれはもう始まっているが、これから苛烈になる。 そしてムンジェインという男は、北朝鮮との統一国家のためには今の韓国国家体制が更に弱体化して貧窮化しなければとどうやら本当に思っているので、これから彼らは経済政策をとるフリはするが、結果失敗するということになっていく。 韓国国民が気づいたときには全てが終わっている。

彼らは赤化統一ということの本当の意味を全く理解していない。 沢山の韓国国民が生贄となって殺されていくだろう。 ソ連がそうだったのだから。

そしてそのソ連=ロシアを、対中包囲網のために切り離しをしなければならないという思惑で米国はg7に入れようと動く。 しかし実際にロシアの=ソ連の驚異にさらされている欧州各国は強い拒否反応を示す。 だからまとまらないだろう。

ロシアにしても本当は漁夫の利を得たいのだし、火事場泥棒をしたい。 そして彼らはこれ以上中国に自国内部とその勢力圏を荒らされることは望んでいない。 さまざまな思惑が交差する。

この辺はなにかが決まる前に陥没現象が始まってチャラになるんじゃないかなと読んでいるわたしなのだった。 問題は、今の直近の問題は中韓なのである。


----
終了
----



香港で再び衝突 英総領事館職員は釈放
8/24(土) 20:17配信 産経新聞

 【香港】逃亡犯条例の改正問題をめぐり混乱が続く香港で24日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする改正案の撤回などを要求する若者たちが反政府デモを行い、九竜地区の警察署の前で監視カメラなどを破壊した。警察側は催涙弾などを発射し、強制排除に乗り出した。

 18日の「170万人」(主催者発表)デモは平和裏に終わったが、この日は若者らが警官隊と激しく衝突した。

 こうした中、混乱収拾のため対話の場を設けることを表明していた香港政府トップの林鄭(りんてい)月娥(げつが)行政長官は24日、対話の場の構築に向けて各界の専門家と初の協議を行った。

 一方、香港の英国総領事館職員が広東省深●(=土へんに川)の警察当局に拘束された事件で、AFP通信などは24日、同職員が釈放され、香港に戻ったと伝えた。


====
コメント

9月11日に一帯一路サミットが予定されている。 そのときまでに中国は軍事介入するとされている。 どうなるか。


ーーーーー

G7サミット=主要7か国首脳会議に出席するためフランスを訪れている安倍総理大臣は、午後6時半ごろからおよそ1時間、アメリカのトランプ大統領と会談しました。冒頭、トランプ大統領は日米の貿易交渉について「この会談のあとに発表できるかもしれない」と述べました。?

安倍総理大臣とアメリカのトランプ大統領との会談は日本時間の午後6時半ごろからおよそ1時間行われました。会談の冒頭、安倍総理大臣は「同盟の深化や、北朝鮮やイランなどの地域情勢のほか、日米の貿易・経済について実りある議論をしたい」と述べました。これに対しトランプ大統領は日米の貿易交渉について「大きな取り引きだ。この会談のあとに発表できるかもしれない」と述べました。?

また北朝鮮が短距離弾道ミサイルなどの発射を続けていることについて、トランプ大統領が「喜ばしくはないが合意の違反はしていない。われわれは会話を続けている。先週キム委員長からとてもすばらしい手紙をもらったが、その中で彼は『韓国が戦争ゲームしている』と不満を示していた。私も米韓合同軍事演習は不必要だと考えている」と述べました。?

これに対し安倍総理大臣は「日本は短距離弾道ミサイルも国連決議違反だと思っている」と指摘したうえで、北朝鮮の非核化をめぐる米朝協議について「トランプ大統領とは緊密に連携している。日本は全面的に支持している」と述べました。両首脳の会談はことし6月のG20大阪サミットに合わせて行われて以来で、今回で13回目となります。?

会談の内容は明らかになっていませんが、日米の貿易交渉をめぐり、先に行われた閣僚協議で、アメリカが求めていた農産品の市場開放はTPP協定の水準を限度とすることなどで事実上の大枠合意に達したことを踏まえ、その内容を確認するとともに、妥結の時期などをめぐり意見を交わしたものとみられます。?

また、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮への対応や、中東のホルムズ海峡の安全確保のため、アメリカが結成を目指している有志連合への参加などをめぐっても意見を交わしたものとみられます。さらに、韓国が日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの破棄を通告したことを受けて、両首脳の間でどのようなやり取りが行われたのかも注目されます。?

ソース NHK?

ーーー


“仮想脅威”は韓国! 日米合同軍事演習で描かれた衝撃のシナリオ
8/21(水) 5:30配信 文春オンライン

 韓国の文在寅大統領は8月15日の「光復節」の式典で、「今からでも日本が対話と協力の道へと出るのであれば、われわれは快くその手を握るはずです。公正に貿易して協力する東アジアを一緒に作っていきます」と発言し、日本への一定の“配慮”を見せた。
・・・

日米両国の“仮想脅威”として韓国の名が

 こうした韓国の動きを懸念しているのは、日本政府だけではない。アメリカ政府もまた、事態を注視しているのである。

 言うまでもなく、アメリカにとって韓国は東アジアにおける重要な同盟国と位置づけられてきた。北朝鮮という脅威を抑え込むためには、日米韓のパートナーシップが欠かせない。

 ところが今年、日米両国の軍事当局は、大規模軍事演習のシナリオを作成するにあたって、ある大きな決断を下したという。

 作家の麻生幾氏が指摘する。

 「陸上自衛隊とアメリカ陸軍が共同して行う大規模軍事演習の“仮想脅威”として、『韓国』の名前がimply(暗示)されたのです」

 本番の戦争ではなく「演習」であるとはいえ、日米両国の仮想脅威として、「韓国」の名がエントリーされたというのである。

 ではいったい、なぜ韓国は日米合同軍事演習の仮想脅威にされたのか?

アメリカが想定する「日米同盟vs.統一朝鮮」

 日本が韓国を「ホワイト国」から外した後、8月5日に文在寅大統領は青瓦台(大統領府)で開いた首席秘書官・補佐官会議で「南北共闘」を打ち出した。「北朝鮮との経済協力で平和経済が実現すれば、一気に日本の優位に追いつける」と強調した。

 8月15日の「光復節」の式典では「2045年までに朝鮮半島の南北統一を実現する」との構想をぶち上げた。ソウルと平壌で2032年の五輪共催をめざすとも宣言した。

 こうした文在寅大統領の言動が、アメリカをはじめとする西側陣営の警戒感を喚起したことは、容易に想像できる。

 北朝鮮は核を保有し、ミサイル発射などの恫喝を続けている。そのため、国連安保理は北朝鮮に対する経済制裁を段階的に強化してきている。

 文在寅大統領が希求する「南北統一」は、まさに国際社会の動きに逆行したものであるのだ。

 あるアメリカ軍関係者は、「演習のシナリオで、仮想脅威を『統一朝鮮国』とする案も飛び出している」と証言する。


====
コメント

北朝鮮を西側に引きずり込んで、中韓の一体勢力をまとめて攻撃する、または中韓北朝鮮をまとめて攻撃するという複数のプランが走っている。

我々日本人は民主党政権の時代に中国が実際に尖閣諸島を侵略する計画とその直前の準備と、そして中国国民たちを一気に軍属にする法制度の改正が行われた事を知らないし、それと全く時期を同じくして韓国が同様の動きを対馬に対しての侵略及び国内と在日に対しての動員法の改定を行ったことを知らない。

今彼ら韓国内部のファシズム勢力は、中国内部の権力闘争による日本との正面対立を一歩ひいた状態をチラチラと見ながら、独自の日本侵略計画を本当に立てている。 行動を開始した。 何故対馬から一気に観光客が減ったのか。 あれら対馬にやってきていたのもののなかに現役とOBの軍属佃煮のように入っていた。 これを日韓の関係が冷却したということで撤退させている。 準備に入った。

韓国の軍部が定期的にジーソミアの情報を中国に流していた。 そして北朝鮮は今の流れのままだと年内で壊れる。 今の食料事情で何処からも支援がないのなら、世界中から帰国してくる奴隷労働者を食わせるあてがない。

そのときに南を攻撃する可能性がある。 そしてそのときこそ、韓国の連中は、対馬、佐渡ヶ島、能登半島の先端、そして九州の北部からの全域、などを本当に侵略する。 そしてその侵略部分を 朝鮮の領土 として宣言して一方的に新統一朝鮮建国という従来から持っていたシナリオ、李承晩の時代からあったそれを実行に移す。 もうそれしか彼らの中のファシズム勢力が組織体として生き延びるすべがない。 だからこれからの流れ次第においては南北同時空爆ということすらある。

そのときに日本国内の在日勢力の中の、更に破壊工作員たちは、日本の中で京アニテロのような事を同時多発で行い、それを彼らの犬ころのNHKなどが、マスコミなどが、取材と称して日本中の細かいデーターを持っていたそれを、彼らテロリストに提供する。

例えばぽつんと一軒家という番組がある。 あれなどはわたしから見ると、日本の資源及び水源探査、そして何処にゲリラ拠点を構築すれば効果的かということの、中韓北朝鮮における事前調査にしか見えていない。 あれらの一軒家の住人を殺害してそこを彼ら破壊工作員が拠点にするというのは実に簡単な橋頭堡づくりになるという視点が今の日本人には全くない。

わたしの言うことなどエゴだらけの思い込みだらけの間違いだらけなので、貴方はあなたで色々とお調べになることだと言っておく。 ネットの中にはそれら系統の情報が山ほどある。 しかし全体の方向性としては、韓国は中国の先兵となって日本侵略をいつも考えていた、というのが今の時点のわたしの見え方になっている。


ーーーーー


「地球の肺」に最悪危機=アマゾン熱帯雨林で大火災-ブラジル

8/25(日) 7:19配信

火災が続くアマゾン熱帯雨林=23日、ブラジル・ロンドニア州(AFP時事)

 【サンパウロ時事】世界の原生林の3分の1を占め「地球の肺」と称されるアマゾン熱帯雨林が、続発する火災で過去最悪とも言われる危機にさらされている。

【関連写真】アマゾン熱帯雨林で大火災

 アマゾンの開墾・開発に前向きなブラジルのボルソナロ政権の対応は後手に回っており、環境NGOのみならず、国際社会からの批判が高まっている。

 地元の環境NGO「IPAM」などによると、今年1月から8月半ばまでのアマゾンの火災は、過去3年平均の6割増の3万2728件。乾期に当たり、農地や鉱山を開くため人為的に起こされた疑いがあるものも多い。

 ボルソナロ大統領は当初「私や政府への反発を招こうとするNGO関係者の仕業とみられる」と主張。火災は政府の支援打ち切りで資金難に陥るNGOによる「放火」と決め付け、予算不足などを理由に対応に後ろ向きな姿勢を見せた。しかし、かねて同氏の環境保護軽視に不信感を抱いていた欧州諸国は厳しく反応し、一気に国際問題に発展した。

 フランスやドイツなどは「私たちの家が燃えている」(マクロン仏大統領)と憂慮。マクロン氏はフランスでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)でアマゾンの火災を議題にする方針を表明した。欧州連合(EU)内では、6月に妥結した南米南部共同市場(メルコスル)との自由貿易協定(FTA)の批准阻止や、ブラジル産品の禁輸を求める声まで上がり始めた。

 「盟友」トランプ米大統領からも支援の申し出を受けるなど、予想外の事態に慌てたボルソナロ氏は23日、火災の背景に「異常な乾燥」があると方向転換。「国民には生活向上の機会を与えなければならないが、環境への犯罪は許されない」として、軍を投入して消火と焼き畑などの防止に当たると宣言した。

 ただ、広大なアマゾンで軍に消火活動をさせても、効果があるかは不明。鎮火には国際社会の人的・物的支援が必要な情勢となっている。


====
コメント

自分たちが愚かな存在であるという事に気づこうともしない人間が、勝手に植物の学びを一方的にうばうという行動を今後の地球は許さない。 これら南米アマゾンへの人為的な放火に関しては( おそらくそう。 過去にも沢山継続的にあった。 今回はそれが広がっただけというにすぎない) 、地球はブラジルで謎の奇病を大発生させることによってこれらの人間を始末するのではないかとわたしは捉える。 その様なおかしな症状とでも言える風邪の様な腹痛のような、なんだかわからないものが蔓延しているのを、わたしは現地の人のサイトでちらりとみた。


----
終了
----




スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(1655)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成