投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [19]
  • 19

  • 投稿者:今後
  • 投稿日:2015年 5月14日(木)16時19分21秒
 
《 米国列車脱線 後追い記事他》

平成27年・5・14木曜日

米国における列車脱線事故は、公式にはスピードの出しすぎという
方向で決まりそうだ。 実はテロだったとか、裏にはインボーが、とい
う様な論調が好きな人は、そういう専門のブログへ飛んでください。

彼等は目の前の石ころを蹴っ飛ばしただけでも、それは何ちゃらの
インボーだと発信するのに忙しい方々だから、これらの列車事故が
本当に事故だったとしても、それでもテロがどうしたと、先ず真っ先に
そこから入るだろう。

私はこれらの出来事をテロではない、と断言はしない。しかし、
消去法で引いていったら最後に残ったものが、そうとしか考えられ
ない、というやり方ではなく、アタマ一発でテロだった、と入るのは
どうなのか、と言っているだけだ。


○━━━━━━━( ↓記事転載貼り付けここから)━━━━━━━●

米フィラデルフィアで列車脱線 カーブが原因か、過去にも事故
フジテレビ系(FNN) 5月13日(水)19時20分配信

アメリカ・ニューヨーク行きの長距離列車「アムトラック」が脱線・横転する事故があり、多数の死傷者が出ている。
事故から7時間ほどがたった現場では、現地時間13日午前5時現在も捜索活動が続いている。

焦点の事故原因は、捜査当局は「テロの兆候はない」としているが、はっきりとした原因は現時点でわからないと繰り返している。
現地メディアのインタビューに、乗客は「スピードが速すぎたと感じた」と答えている。
実は、72年前にまさに、この同じカーブで脱線事故が起き、79人が亡くなっている。

今回の脱線の原因も、このカーブが関係していると考えるのが自然となっている。
アメリカでは、このところ、毎月のように列車事故が起きていて、2015年2月には、踏切で車と列車が衝突して、6人が死亡している。
飛行機と自動車が有力な交通手段であるアメリカでは、安全面も含め、電車が先進国の中でも遅れているといわれていて、まさにそれを今回の事故で実感されるところ。

●━━━━━━━( ↑記事転載貼り付けここまで)━━━━━━━○

米国における「 公共空間」は、カネの周りが悪くなるにつれて、どん
どん劣化していっているというのが見える。 公務員に対しての月給
の支払いが止まったとしたら( これは議員なども含む)、果たして
社会がどの辺りの線までガタガタに落ちてゆくのか、だ。

列車事故の後追いは、今後の情報発信次第だ。しかし恐らくは本当
の事故だったと私には感じられるので、後は淡々と報告書が出て、
関係者の後始末が続くのだと思う。

---

下の記事で私が気になったのは、公明党という政治集団が、今は
もう自分達の組織、つまり配下に抱える事務員や営業や運転手など
に支払う「 月給の確保」 の為に、それまでの親・大陸勢力の看板
を「 一部の人達が勝手に下ろして」

その一部の人たちが、「 これまでの組織の上層部の人たち」の
意向を切り捨ててでも、自分たち集団、組織の生き残りの為に動き
出した。

大きな方針転換をした。 「 お前はどっちの味方なのだ」と最後
通牒を入れられて、「 旗の色を変えて明確にした」 のではないか
というそれだ。

つまりそれは、この政治集団とこれを下から支える事務方と、そして
実質この政治集団に献金という形でこれを支えてきた宗教団体の
内部において、恐らく、という表現を私は使うが、

「 日本国籍派」と「 国籍が曖昧な人たち」との間で、パッキリと
分断線が出来て、それが板チョコレートを真っ二つにパキンと割る様
に分かれているのではないか、という推測だ。

勿論大きな組織体だから、これらは外側からはうかがい知れない。
しかし、この組織体の頂点において、諸外国勢力からの後押しの元
にその「 座につけてもらった」 高齢の人物は、今は自力で生活が
出来ない状態だという。

はっきり言えば、管だらけになっている状態で、それを生きていると
言うのなら生きている、になるが、影響力はない。
この高齢の人物の側近中の側近「 以外は」

次からどうやってメシを食っていくかという事をヒソヒソと囁きだした
という話が数年前から聞こえていた。

だからこれらの問題は、下手な扱いをすれば7月9日移行問題に
おいて「 切り捨てられた側の無国籍派」 の方々の、
「 日本国籍派」 に対しての、壮絶な復讐が開始される可能性が
ある。

リーマンの時と同じだ。 小口の保険金を勝手にかけて、薬などで
始末し、自然死認定させてカネを得るという事の繰り返しが起きる
可能性がある。( 今からそれを指摘しておく)

この組織体は、これを支える構成員達は、物凄い勢いで大量に消え
てゆく、との示唆があった。ということは、病死だけでは済まない
何かが発生するのだ、と身構えている必要がある。


--------------------
下はNHKニュース5・14
○━━━━━━━( ↓記事転載貼り付けここから)━━━━━━━●

首相「安保法制関連法案を丁寧に説明」
5月14日 13時04分

安倍総理大臣は安全保障法制の整備に向けた与党協議を進めてきた自民党の高村副総裁、公明党の北側副代表と会談し、安全保障法制の関連法案に国民の理解を得ていくため、今後の国会審議で、法案の内容を丁寧に説明していく考えを示しました。

14日午前開かれた与党協議で、安全保障法制の関連法案が最終的に了承されたことを受けて、与党協議の座長を務める自民党の高村副総裁と、座長代理を務める公明党の北側副代表が総理大臣官邸を訪れ、安倍総理大臣と会談しました。

この中で、高村・北側両氏は「自民・公明両党の党内での議論も含め、与党で関連法案を了承したので、報告する。政府側には今後の国会審議で、丁寧な説明をお願いしたい」などと述べました。これに対して、安倍総理大臣は、「与党で、25回も協議を重ねて法案をつくったのは過去に例がなく、苦労をかけた」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「今回の法整備はアメリカをはじめ、多くの国から評価されている。今後の国会審議で、法案の中身の丁寧な説明を果たしていきたい」と述べ、関連法案に国民の理解を得ていくため、今後の国会審議で、法案の内容を丁寧に説明していく考えを示しました。

政府は与党の最終的な了承が得られたことを受けて、14日夕方、臨時閣議を開き、安全保障法制の関連法案を閣議決定することにしています。

●━━━━━━━( ↑記事転載貼り付けここまで)━━━━━━━○

何をどうしても、米国は大陸から撤退する。代わりに日本を最前線に
して、ここに管理機能だけをおいて、実際の戦闘は日本に肩代わりさ
せる、という大きな体制の構築に向けて、全体が動いている。

それをシミンとやらの視点で批判するのは結構だ。 しかし、本当に
不思議なのは、どうしてこれらシミンやら左派やらの人たちは、この、
本当に大事な大事な、

朝鮮半島からの米軍の撤退が規定コースにあり、そこに軍事力の
空白が生まれることの意味、を正直言ってから、その上でシミンの
視点での意見の表明を言わないのか。

綺麗な事、理想的な事を言うなとは言わない。人間の脳の中には
そういう「 夢を見続けていないと正気でいられない」 という部分が
あり、そういう成分比率が多い人が居る、というのも現実だ。

---

核爆弾の時代に、大規模世界戦争は無い。 しかし、少しずつ染み出
してくる様に、他国の領土を奪い、他国の法制度の中に侵食し、
他国の人間の意思をコントロールし、

その他国の人間の生産活力を「 ドロボウしようと」躍起になる存在は
居る。 我々日本人は、自分で稼いだお金を自分で使うなという風に
決め付けられて生きてきた。大部分はそうだ。

今の富裕層とやらと紹介されている人たちは、どうせ裏がある。

まともに生活している人間が大多数だ。 これらの集団から盗む事し
か考えていない人たちが居る、という冷徹な事実、冷たい現実が
ある。

そういう人たちの事をきちんと正直に説明しないままに、だが、大陸
勢力とは無条件で仲良くしなければならない、そこに「 しか」 日本
の活路はない、という風に説く人は、私の判定だが、

そういったネットワークの協力の下に自らの収入確保を行っている
か、又は政府系のお仕事として「 大陸勢力を油断させる為に」
それらの活動をしているか、のどちらかに大別出来る。

私には戦勝国とやらを名乗る領域と、その周辺は「 同じものにし
か見えない」 ので、もっと正直にコトバを造ればいいのだといつも
思う。

どんなに粋がっても、軍事力の圧倒的の差の前に、反抗する者は
全て殺されるのだ、なぎ倒されるのだ。 自分の代では何も出来な
いだろうが、しかしこの事を次の世代に正確に伝えて、その上で
生き残りの道を模索してゆくしかないのだ、とどうして言わないのか。

街に出てみろ。佃煮の様に人が蠢いている。それらの人の脳を
自分の言説でコントロール出来るのだ、といわないばかりの傲慢な
姿勢で言論活動をしても食ってはいけないぞ、とだけ言う。

最後にこっそりと書く。私はこれからの7月9日以降問題において、
子供たちが通う学校やバスなどを占拠して、自らの要求を一方的
に言い放つ凶悪な人間が出てくるのではないかと、強い危惧を抱い
ている。 あまり油断して毎日を過ごさないで欲しい。

----
終了
----
今後さん
追記 平成27年・5・15金曜日

---( ↓ 記事転載貼り付け始め)

新疆ウイグル自治区で連日の自爆攻撃、6人死亡
2015.5.14  産経新聞

【北京=川越一】米政府系放送局ラジオ自由アジアは14日までに、中国新疆ウイグル自治区ホータン地区ロプ県の保安検査所で、自爆事件が2日続けて発生し、容疑者3人と警官3人の計6人が死亡、警官4人が負傷したと伝えた。

同ラジオによると、11日午後9時(日本時間同10時)ごろ、容疑者1人が同県の拘置所前の保安検査所に手製の爆発物を投げ込んだ。これを受けて警戒態勢が強化される中、12日午前8時(同9時)ごろ、体に爆発物を巻き付けた容疑者2人が同じ検査所を襲撃し、自爆した。

容疑者3人はいずれも18~20歳の地元住民とみられ、地元警察は同ラジオに対し、スカーフなどの規制に対する不満が原因との見方を示している。

---( ↑ここまで)

1年程前であれば、これらウイグル自治区で発生するテロといわれ
るものの背後には、米国内部の戦争利権屋集団とイスラエルの
戦争利権屋集団の合体勢力が、これらの動きの支援を行っていた
とされる。 しかし、今は中国内部における、これら他国に戦争させ
れば自分たちは儲かる勢力の受け皿であった、江沢民勢力が
殆ど追い落とされたので、中々内部で大きな騒動は起こせない、
となった。

それでも時たまこういう事態が発生するという事は、後は単純に
スタン諸国などから武器が流れているのだろうと思う。断言は
しないが。 中国は内部に階層構造を構築しないと一国でいられ
ない、という現実がある。 という事はこれからの20年で大きく
壊れてゆくというのが必然だというのが分かる。

恐らく今の中国というのは、戦前の日本の国家主義よりも相当
内部がしまっていて、そのしまっている部分の間に、カネという
潤滑油を強制的に、圧をかけて流しているから、全体がきしみな
がらもまだ動いているのではないか、と思う。

しかし、本当の大衆庶民階級の暮らしを向上させようという意思
はあまり無い風に見える。 全ては国家の為に、というのと、
中国は世界覇権国になるのだからガマンしろ、というのが、錯綜
してこの国家の内部を飛び交っているのが見える。

この地域で消える人間は、半分では済まないのではないか。
そんな気がしてならない。

----
終了
----


スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(1655)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成