投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [773]
  • 773

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 5月23日(火)19時40分50秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・5・23火曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

中国で日本人6人拘束 温泉探査の仕事で訪問
5月22日 20時38分
中国企業の依頼を受けて現地を温泉探査の仕事で訪れた日本人合わせて6人が中国当局に拘束されていることがわかりました。「国家の安全に危害を与えた疑い」が持たれているということで、現地の日本大使館や総領事館が対応しています。
日本の外務省によりますと、ことし3月、中国を訪れている日本人6人を拘束したと、中国の当局から連絡があったということです。

関係者によりますと、この6人は全員、中国の企業から温泉探査の依頼を受けて現地を訪れていたということですが、中国の海南島三亜と山東省煙台でそれぞれ3人ずつ、拘束されたということです。

このうち海南島では、20代から50代までの日本人男性3人が現地を訪れたところ、3月末に地元の国家安全局に「国家の安全に危害を与えた疑い」で拘束されたということです。6人の名前などは明らかになっていませんが、現在も拘束されているということです。

6人のうち4人は、地下水や地盤の調査を行う千葉県船橋市にある「日本地下探査」から現地へ派遣されたということです。

中国政府は3年前の2014年に反スパイ法を施行し、海外の組織や個人が国家の秘密や情報を盗んだり探ったりすれば、スパイ行為にあたると定めるなど、外国人の活動への監視を強めています。

中国ではおととしから去年にかけて、日本人の男女5人が「国家の安全に危害を与えた疑い」で当局に拘束されていて、今回、拘束された6人についても、現地の日本大使館や総領事館が対応しています。
4人派遣の会社「違法なことをした認識はない」
拘束された日本人6人のうち4人を中国に派遣した千葉県船橋市に本社を置く「日本地下探査」は、22日夕方に記者会見を開き、従業員の早期帰国を訴えました。

船橋市にある「日本地下探査」の本社では、佐々木吾郎社長ら3人が午後6時から記者会見しました。会社側の説明によりますと、中国での温泉開発に向けた事前調査のため、現地の企業から技術指導の依頼を受け、ことし3月下旬に山東省蓬莱市に3人、海南省五指山市に1人の従業員を派遣しました。

4人は、年齢が20代から70代の男性で、いずれも4月1日に帰国する予定でしたが、数日後には連絡が取れなくなり、外務省に確認を依頼したところ、現地の当局に拘束されていることがわかったということです。

会社側によりますと、現地の日本総領事館の担当者がこれまでに4人全員と面談した結果、体調や健康面に問題はなく、非人道的な扱いは受けていないという連絡があったということです。4人はいずれも、これまでに中国で同じような業務を複数回行っていて、トラブルなどはなかったということです。

佐々木社長は、「会社としては、違法なことをした認識はない。これまでも中国で温泉開発の手伝いをしていたが、このようなことになり困惑している。早く誤解が解けて、拘束された従業員4人を含む6人が早期に帰国できるよう、外務省を通じて働きかけていきたい」と述べました。
官房長官「適切な支援している」
菅官房長官は午後の記者会見で、「本年3月に、山東省および海南省で、それぞれ日本人男性3人、計6人が中国当局に拘束された旨、中国側から通報があった。政府としては6人が中国国内法違反があったとして、当局に拘束されたと通報を受けているが、それ以上の詳細については事柄の性質上、控えたい。いずれにしろ日本政府としては、邦人保護の観点から、在外公館等を通じて、適切な支援をしている」と述べました。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はフジ 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

中国で日本人6人拘束 所属会社が会見
フジテレビ系(FNN)?5/22(月) 20:02配信
中国当局が、現地で温泉開発に携わっていた日本人6人を拘束した問題で、22日午後、4人が所属する会社が解放を訴えた。
中国の外務省は定例会見で、「違法活動を行った疑いのある日本人6人を取り調べている」ことを認めた。
日本地下探査の佐々木吾郎社長は、「早く中国当局の誤解が解けて」、「(早期に)帰国してくれるように、引き続き外務省を通して、働きかけを行っていきたい」などと述べた。
6人のうち、4人が社員として所属している「日本地下探査」が、22日午後、千葉県内で取材に応じた。
6人は、現地で温泉開発の調査などにあたっていて、3人が山東省、3人が海南省で、3月末に相次いで拘束されたが、日本の外務省から「元気でいる」との連絡があったという。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

外相 日本人拘束で規制される行為不明確と中国に懸念伝える
5月23日 11時16分
岸田外務大臣は、ことし3月、中国を訪れていた日本人6人が中国当局から拘束されたことを受けて、中国側に対し、規制される行為が明らかではないことへの懸念を伝えたうえで、日本人の権利を適切に守り、公平公正に取り扱うよう申し入れたことを明らかにしました。
ことし3月、中国企業の依頼を受けて海南島と山東省を温泉探査の仕事で訪れた日本人合わせて6人が、中国当局に拘束され、関係者によりますと、このうち海南島では、地元の国家安全局に「国家の安全に危害を与えた疑い」で拘束されたということです。

これについて、岸田外務大臣は閣議のあと、記者団に対し「中国当局が国家の安全に危害を加える者として邦人を拘束する場合に、いかなる行為が規制されるのかが必ずしも明らかではないことを懸念していること、また、司法プロセスで邦人の権利が適切に守られ、公平公正に取り扱われること、そして、領事面会の実施など日中領事協定に基づいた対応が引き続き確保されることについて、厳正に申し入れを行っている。引き続き政府として、邦人保護の観点から適切な対応を続けたい」と述べました。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

私は最初の第一報を聞いた時は、日本人を中国からこれ以上逃さない為に、見せしめの為に冤罪逮捕したか、本当のスパイだったかのどちらかだろうなあと思っていた。 ところが記事を読むと、これらの日本人技師は中国の側の、恐らくは開発事業を中央から受けた( 又は自分達の収益拡大を求めた) 地方共産党、そしてそれらの人間勢力と合体した現地企業からの「 依頼、招待によって現地に訪れた」 とあったので、この一連の報道が事実を伝えているのだとするのなら、日本政府がスパイを中国に送り込んだという見方は可能性としては薄いという事に成る。

無理矢理に言うのなら、中国の公安がこれら日本の地質会社の社員を日本のスパイだと彼らが判定し、これを罠にハメて中国におびき出して逮捕した・・・という物語も作れないではないが、流石に無理筋だと思う。 恐らくフツーのち質会社であり、勤務している人もフツーの日本人だと判定する。

となると中国の側の「 今この瞬間も物凄い勢いで中国から離れて帰国しようとする日本人( 企業関係者、そしてその家族など) を引き止めるために」 こうした日本人向けスパイ罪の貼り付けによって、その勢いを止めようとしている風にしか私は見えない。

後は現場の中国公安が勇み足で逮捕したという事もあるが、今の中国は自分勝手な動きを行うと、後でその動きの責任追及を強くされて、クビ、場合によっては牢獄一直線という大きな権力闘争の渦中にあるので( 習近平主席vsその他) 自分の組織の長が余程中央に近くないと、習近平主席に近くないと大胆な行動は取れないし、取らない。 私の記憶違いでなければ、あれだけ法輪講潰しを中央の命令の通りに行っていた周永康が失脚してから、中国内部の安全保障に関わる部署の士気はガタガタだ。 それでもこうした動きが起きているというのは、うーんと私は唸ってちょっとだけ考えた。

やっぱり中国内部の政争に日本人が利用されたというのと、前述の日本人を中国の中から出さない、逃さない( 人質外交の為に使う) 為に、今回の事件が中国の当局によって造られたのかなあ、だ。

安全を願う。 無事に帰国して欲しい。 今はそれだけだ。


----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(1655)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成