投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [804]
  • 804

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 6月23日(金)20時17分7秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・6・23金曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は総合 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

韓国高官 北朝鮮核問題で「柔軟性必要」=米での発言は釈明
6/22(木) 23:13配信

現地時間16日、ワシントンで演説する大統領統一・外交・安保特別補佐官の文正仁氏=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官(延世大名誉特任教授)は22日、聯合ニュースTVの番組に出演し、北朝鮮核問題について「少し柔軟になる必要がある」と述べ持論を展開した。北朝鮮が核・ミサイル開発を続けるのは脅威を感じているからだとして、「韓米合同軍事演習の規模を少し下方調整し、米国の戦略兵器を前方展開しなければ緊張が緩和され北も挑発しないだろう」との考えを示した。

 また、「北の非核化と朝鮮半島の平和体制(構築)を同時に進める必要がある」と主張。「非核化しなければ対話しないというのは非現実」として、「北が核・ミサイルを凍結すれば対話し、インセンティブを与えるというように現実的になる必要がある」と述べた。

 文氏が米国での演説などで、北朝鮮が核・ミサイル開発を中断すれば「米国の戦略兵器の朝鮮半島配備と韓米合同軍事演習を縮小できる」と発言し、物議を醸している問題については、「断定的に話したものではなく、北が核・ミサイルを凍結すれば韓米合同軍事演習の中で戦略兵器の前方展開の下方調整を米国と協議できると話したもの」と釈明した。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

この文ナントカというキャラがどの様な政治思想を持ち、どの様な立場で自らの発言を行っているのかは分からない。 しかし彼は今のアカのムンジェイン政権において、ムンジェイン大統領の権威を傷つけない様に、彼の代わりに過激な発言を代弁し、その事により内外の反応見るという、今の日本の政治領域における表現で言ったら「 忖度(そんたく)キャラ」 という言い方になる。

現実の問題としてでは韓国から米国の軍事力が本当に抜けてしまうと、では彼ら韓国支配層は自分達の力だけ自分を守りきれると思っているのだろうか。 勿論思っていない。 だから代々の韓国政権支配層達は、戦時統帥権を戻してくれとは絶対に言わなかった。 ノムヒョンがこれを言ったのは勿論彼の背後でブレーンとなっていたムンジェインやその他キャラだともう分かっている。 だからやっぱり何処かの時点でムンジェイン大統領はその様な主張を行わざるを得ない引くに引けない状況に自らを追い込んでしまうかもしれないなあと漠然と予測する。

統帥権を返還してくれとムンジェインが主張する時は、韓国が完全に中国の属国に戻ってしまっている時だ。 そして彼は南北統一を韓国主導で成し遂げて、その初代大統領になる事を最終目的として持っているキャラなので( しかしその韓国側のスタッフは北朝鮮勢力に支配されているので、実質は北朝鮮が韓国を呑み込む形になる) 、その自分の野望が実現化されるまでの段階においては、北朝鮮が保有する軍事力と釣り合いを持たせる為に、米軍の軍事力を彼は強く必要とする。 米軍を利用することしか考えていない、それが韓国支配層であり韓国人だ。 日本を経済的に利用することしか考えていないと全く同じです。

そうした傲慢の構造が今は本当に壊れて来てしまっているという事を、彼ら韓国国民の大多数がどの時点で気づくか。 気づいた時は既に韓国は北朝鮮中国という共産圏に併呑され、それまであった自由な発言やら私的財産やら人権やら、何から何まで失った後かもしれないが、まあ今の時点における、更に日本人の私にしたら全く関係のない話だ。

彼らはそうした変化の流れの中で、大河の中で流される木っ端の様な彼らは、日本からの奪い盗りの動きを激化させていく。 実際の泥棒行動を大きくしていく。 その事に対する覚悟、構え、そして明確な対抗の措置を採っていかなくてはならないのです。 油断すんな、やつらは奪い盗りに来るぞ。 だ。


----
終了
----




スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(1655)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成