投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [830]
  • 830

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 7月19日(水)20時41分25秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・7・19水曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

民進 党内に執行部刷新求める意見 幹事長人事が焦点に
7月18日 4時39分
民進党内では、東京都議会議員選挙で議席を減らしたことを受け、執行部の大幅な刷新を求める意見も出ていて、蓮舫代表が秋の臨時国会の前に行う方針の役員人事は、党運営の要となる幹事長人事などが焦点になる見通しです。
民進党は、先の東京都議会議員選挙で選挙前より2議席減らして5議席にとどまったことを受け、今月11日から、地域ごとに党所属の国会議員らを集めて選挙結果を総括するための会合を重ねています。

これまでの会合では、党勢の回復に向けて結束を求める意見が出される一方、野田幹事長をはじめ執行部の大幅な刷新を求める意見も出ていて、執行部はこうした意見も踏まえて総括の案を作成し、今月下旬にも開く両院議員懇談会で取りまとめを行いたい考えです。

このように、執行部に対する党内の不満が表面化する中、蓮舫代表は、秋の臨時国会の前に役員人事を行う方針で、党運営の実務を取りしきって要となる幹事長の人事などが焦点になる見通しです。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

私は民進党は年内一杯は辛うじて保つのかなあと思っていたが、彼らの背後の連合が明確に民進を切り捨てる動きを大きくし、それにも関わらずレンホーさんは共産党との接近を全く止めず、更にこれを深め( お里が知れるというものだ。 どうせ深い所で指示が出ているのだろう) 、支援者の連合とのつながりを自ら切断しようとしているのだし、更にその流れの中で都民ファーストが国民ファーストの会という名称で( 恐らくそうなる) 国政に参加するというコアとの明言をしているので、民進党内部の保守勢力と中間層は、こぞって国民ファーストに流れる。

内部の左派における「 韓国と日本との二重国籍を曖昧にしたままの議員」 はこれからの国内の大きな流れにおいてそういう動きが取れるかどうか微妙だ。 勿論この二重国籍議員は、保守勢力の中にいるだろう。 だから何というか、レンホーさん戸籍謄本どうせ公開しない問題から以降の動きとして、その様な曖昧の、国籍が灰色の議員に、何故我々税金を使うのだ、という世論は、どれだけ押さえつけても下から湧き上がってくるので、まあ、生き残りは難しいのかもなあ。 上の記事においては執行部の生き残りがどうしたとやっているが、もうそういう段階は終わった。 今は民進党という勢力があるフリを続けながら、内部の議員は「 次の就職先を何処にしようかと真剣に模索している段階」 に突入してしまっている。 民進党は消滅するだろう。 いや、社民党の様に5人だとか残った程度で残存するかもしれないが、最早それは殆どいないのと同じだ。


■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

自由 小沢代表 「オリーブの木構想」実現を
7月17日 14時07分
自由党の小沢代表は、東京都内で講演し、次の衆議院選挙について、自民党に対する批判の受け皿を作るため、野党勢力が結集して、小選挙区で候補者を一本化するとともに、比例代表では統一名簿を作成すべきだという考えを示しました。
この中で、小沢代表は、先の東京都議会議員選挙について、「自民党の都政に対する不満がうっせきしている中で、小池知事がチャンスをつかみ、都議選でも圧勝した。国民が『自民党に代わる受け皿になりうる』と思ったとたん、自民党をはるかにりょうがする支持票が集まることが立証された」と述べました。

そのうえで、小沢氏は、次の衆議院選挙について、「新しい政党を作るのがベストだが、既存の政党が1つの傘のもとでやる『オリーブの木』しかない。そうなった時点で圧勝だ」と述べ、自民党に対する批判の受け皿を作るため、野党勢力が結集して、小選挙区で候補者を一本化するとともに、比例代表で統一名簿を作成する、いわゆる「オリーブの木構想」を実現すべきだという考えを示しました。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

そういうこれからの民進党の分裂解体を見越して、再び小沢一郎氏が動く。 まあ動くのは勝手だが、もう小沢神話というものは通じない。 誰も相手にしない。 特に今の18才から上の30才くらいまでの若い人に、小沢神話がどうしたと勝手に語る痛々しい人は、一体自分の人生の中心を、どの辺の記憶領域に置いてきたのだろうかね、と私などは冷たい目線でそれを見る。

今の自由党に野党勢力が結集する前に、国民ファーストの会が出てきて、これらの落ちこぼれ組をさらっていく。 更にこの国民ファーストは自前の議員も発掘して国政に進出させるだろうから、既存のこの左側系列に所属している多くの議員は、来年の8月に予定されてるとされる衆議院選挙で数多く失職していく。

その動きを通じて、日本国内に存在している大陸勢力と深く繋がったキャラ、政治家を退場させる。 中国や韓国とつながり、これらの企業を地方に誘致する事で、しかし結果として日本の安全保障を大きく損ねている中韓の利益代理人・工作員勢力を追い落とす。 それが大きな意味で今の日米が考えて実際に行動していることなのだろうなと私は見る。

極東から米軍は相当数撤退していく。 しかし日本の米軍基地は、米国にとっても相当の優良資産なのだから、これを手放すことはない。 それらの維持を行える兵員は残す。 だが大部分を日本の自衛隊に代わってもらう事になるのだから、それを考えると日本国内から明らかに敵性の中国韓国北朝鮮勢力を、それらの利益代理人たちを引き剥がす作業が必須になる。 彼らは奪い盗り、破壊工作を仕掛けるからだ。 軍事的にも諜報でも経済でも文化でもなんでもかんでも。

だから今日本国内で起きているのは明確に大陸勢力と海洋勢力の衝突だ。 そういう認識の仕方で全体の動きを再び見返す事も出来る。 何れにせよ、今この瞬間における野党勢力というのは恐らく全部消える方向に蹴っ飛ばされていく。 彼らは大陸勢力と異常接近することこそ日本の繁栄に繋がるという政治思想の持ち主だからだ。 勿論、それもどうせそういう風に自分を演出しているだけ、使っているだけに過ぎないが。

あらゆるネタバレが国民に示されながら、壊れながら、既存の社会はやっとのことで進んでいく。 しかしずっとそれを続ける事は出来ない。 それは本当に近い時点でがっくりと膝を落とす。 どうっと倒れるとは言わないが、しかしそれぐらいのことはする。 そこからは個人の裁量が相当求められていくことになるが、今はその導入部だけを伝えておく。



----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成