投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [834]
  • 834

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 7月23日(日)20時19分46秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・7・23日曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は時事 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

金委員長排除狙う可能性も=北朝鮮問題でCIA長官―米
7/22(土) 14:42配信
 【ワシントン時事】北朝鮮の核・ミサイル開発に関連し、米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が、金正恩朝鮮労働党委員長の排除を目指す可能性を示唆した。

 「体制転換を求めない」(ティラーソン米国務長官)と表明してきたトランプ政権の従来の方針から、一歩踏み込んだとも言える。

 米メディアによると、ポンペオ長官は20日夜、コロラド州アスペンで開かれた安全保障フォーラムで「朝鮮半島が非核化すれば素晴らしいが、最も危険なのは(核兵器を)支配している人物だ」と発言。「最も重要なのは、そうした(核)能力から(使用の)意図を持つであろう者を分離することだ」と主張した。

 CNNテレビによれば、長官は講演後の質疑応答で、金委員長の排除を「紛れもなく正しいこと」とは見なさないと述べ、必ずしも体制転換を追求するわけではないと説明した。一方で「北朝鮮国民は、彼が去るのを切望しているはずだ」と語り、トップ交代への期待も表明した。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

今近い未来における勝利者は北朝鮮だ。 この硬直化した状況において、日本の地方都市に一発通常弾頭のミサイルを着弾させても恐らく日米は何も出来ない。 現実に金正恩というキャラがそこまでの動きをするかは不明だが、今この瞬間に於いては日米は北朝鮮に対しての武力を使った反撃が出来ない。

それは日本海に米国が空母を派遣して、実際の脅しとして圧力はかけたが、それでも何もしなかった・出来なかった所から分かる。 北朝鮮は大量のロケット砲で韓国のソウルを一瞬で壊滅できる。 これは現実だ。 その攻撃の時に米国軍人が死んでも米国はまた容認するが、それらの家族である民間人、そしてビジネスなどで韓国に渡っている米国人民間人が死ぬと、これはさすがにトランプ大統領でも保たない。 だから金正恩委員長とその周辺の官僚勢力は、その辺りを見切っている部分はある。 しかし同時に「 米国は本気になってくるかもしれない」 という葛藤と恐怖と焦燥、これは強く抱え持っている。 精神エネルギーを食料とする生命存在がいるのだとするのなら、今の状況は丁度彼らの収穫期にあたるという言い方がぴったりだ。

中国もロシアも、この北朝鮮を暴れさせて米国の太平洋における影響力を弱体化させようと仕掛けているのは見え見えなのだが、彼らにしても、特に中国にしたら、これ以上北朝鮮が自前の軍事力としての核ミサイル戦力を強化する動きは許容出来ない、そういう時点が必ずやってくる。 今この瞬間においても北朝鮮の核ミサイルは日本の米軍基地と中国の北京に向いている、これが大々的に中国の各都市と生産施設に向けられるとどうなるか。 それは中国にしたら看過出来ないものとして映る。

だからそういう意味においては、何処かの時点で米中露が握る可能性、これがある。 そしてそれらの三カ国が先ず考えることは、金正恩の暗殺だ。 出来なければ亡命だ。 兎に角北朝鮮の意思決定から金正恩を外すという方向で全体がまず進められる。 しかし、その動きも失敗したら、そうだなぁ~、中露は米国と話し合って、破壊していい場所とそうでない場所を北朝鮮の思惑を無視して勝手に頭越しに決めて、それを米国の空爆によって行うかもなあ、と私は言う。

しかしそれらの動きの前に、米国はテロ国家再指定を行い、北朝鮮の国家の血液を止めるという事をしかける。 その主戦場は日本になる。 マイナンバーの制度はあれは日米合作のものだ。 もっと言えば、日本版国家安全保障局が設置されたあたりから、今の長期計画の台本が練られていたのだろう、と私は過去を振り返ってそれを判定する。

下半期を越えて世界の様相が本当に大きく変わるのを、我々は目撃する。


----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成