投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [836]
  • 836

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 7月25日(火)20時24分28秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・7・25火曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

衆院予算委 日本獣医師会の関係者は出席せず
7月24日 9時27分
衆議院予算委員会は、24日の閉会中審査に日本獣医師会の関係者を参考人として招致することで与野党が合意していましたが、獣医師会側から「都合がつかないので、出席できない」と連絡があったということです。
参考人招致は、正当な理由がないかぎり、出頭などを拒むことができない証人喚問とは異なり、国会から出席を強制されることはありません。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

左派系メディアなどの倒閣運動をまともに信じているのは、ネット空間に接続していない65歳以上の団塊の世代以降が殆どだ。 それ以外の国民はこれらのモリトモやらカケやらの問題はそもそも問題ですらないと理解しているから黙っているだけであり、その黙っている状態が左派系の主張に賛同しているものでは毛頭あり得ないという視点を、これら文章生産農家の方々は考えない。 正確に言えばそういう事は考えるし、分かってもいるが、そういう下々の多くの脳は「 無いと決めて勝手にやる」 のです。

そして上の記事においては「 加戸元愛媛県知事の証言において、真実が暴露されて以降、今までのような嘘を前提にして自分達の既得権益を死守する事が困難になった獣医師界」 が、今度は個別に、個人個人の利益を死守するために、危険な領域には一切近づかないと自己防衛の動きを開始したという事の報告になっている。 実に分かりやすい人達だ。

今の日本はこんな分かりやすい人達だけの利益を確保してやる外的条件にはない。


■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

中印国境地帯でにらみ合い 中国国防省 印軍の即時撤退主張
7月24日 19時07分
中国とインドの国境地帯で、中国が進める道路建設をめぐって両軍が対じし、緊張した状況が1か月以上続いていることについて、中国国防省は、「インド軍が即時撤退することが事態解決の前提だ」と主張し、この問題で妥協しない姿勢を強調しました。
中国は先月中旬、中国とブータンの係争地で、インドの国境地帯でもある場所で道路建設を進め、これを阻止しようと、ブータンと関係が緊密なインドが軍を展開し、両軍のにらみ合いが1か月たった今も続いています。

これについて、中国国防省の呉謙報道官は、24日の記者会見で、インド軍が中国の主権を侵害したと非難したうえで「中国は、境界を越えたインド軍が即時撤退するよう強く要求する。これが事態解決の前提と基礎だ」と主張しました。

そのうえで、「われわれは、国家の主権と領土を守るための能力と手段を絶えず増強させており、この意志は決して揺らぐことはない」と述べ、この問題で妥協しない姿勢を強調しました。

一方で中国は、中国やインドなどBRICSと呼ばれる、新興5か国の首脳会議をことし9月に福建省で開くことなどから、会議を前にインドとの対立が深まることは望んでおらず、今週から北京に派遣されるインド政府の安全保障担当の補佐官と協議して、事態の打開に向けた糸口を探るものと見られます。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

150年遅れてやってきた中華人民共和国は、自分のその姿、公然として帝国主義国家を続けるその姿、を止めるつもりは毛頭ない。 だから彼らはこれから本当にどんどんと「 武力、諜報、調略、脅し、強請り、なんでもかんでも」 を使って、対象国家から奪い盗るという動きを続けるし、それを強める。

中国の内部のカネの流れがおかしくなっているのは私が説明するまでもない。 私は中国商人、中国華僑という連中は、もう少し利益確保計算が出来る連中だと思っていたが、共生の思想がその根底に少しはあると思っていたが、どうも現代中国人はそうではないようだ。 私は彼らの思想に韓国人商売人などが殆ど皆抱え持っている「 最初の契約で互いが儲かっている状態が我慢が出来なくて、後から契約の改定を勝手に宣言し、それを押し付けようとし、相手にもたらされている利益を更に自分達の方にぶんどる、強奪する再契約をゴリ押しする」 この精神が伝染してしまったのだろうな、と勝手に考えている。

この韓国人の根性が、今の慰安婦の不可逆の、最終の合意の韓国側の一方的な動きとして表現されている。 それは韓国人と少しでも商売の動きをした人間は実感として分かる。 そういう意味では忠実な動きなのだ。

さてこの中国とインドの衝突は、インドの側としては引くことは出来ない。 その態度は結果として「 一帯一路という中国のユーラシア大陸からアフリカ大陸にかけての地域への公然たる侵略を認める」 という国家としての動きにつながるのだから、インドは自ら引き下がることはない。

だからそこで中国からの調略の動きが開始されることになる。 しかし小ネタになるが、中国人が一番嫌うのが、インド人商人だ。 インド人商人の、更に強欲ごうつく商人は、あの中国商人でさえ手こずる存在としてある。 そしてインドは核ミサイルを持っており、これをパキスタンと中国にキチンと向けていつでも発射出来る体制にしている。 そしてインド人は恐らく、世界で唯一といっていいだろう、中国に対して核ミサイルを使うのに何の躊躇もしない国家なのだ。

全面的な戦争になるとは私は言わない。 しかしこれからこうしたインドと中国との衝突は起きる。 それらの余波は必ず日本に届く。 というか今はもうそれが届いている。 カケ問題とやらの偽造問題をやってる場合ではない。 そして、ヘーワ憲法とやらの既存の体制の状態で不労所得を散々得ている人々の便宜を図っていたら、日本国家そのものが消滅する可能性を自ら引き寄せる外的環境に「 本当になっていくのだという流れにある」 のだという事を最後に言っておく。


----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成