投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [839]
  • 839

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 7月28日(金)20時12分33秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・7・28金曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は朝日 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

2017年7月27日13時50分

民進党の蓮舫代表は27日、臨時役員会を開き、代表を辞任する意向を表明した。都議選で惨敗を喫し、野田佳彦幹事長の交代を含む執行部人事を行う意向だったが、批判がおさまらず、辞任は避けられないと判断したものとみられる。

昨年9月に代表に就任した蓮舫氏は、10月の衆院2補選で大敗。「提案路線」を掲げ、原発稼働を2030年にゼロにするとの目標表明を主導したが、党内外の反発を受けて断念した。都議選は地元でもあり、求心力回復の試金石だったものの、公認候補の離党が相次ぎ、安倍政権批判の受け皿ともなり得なかった。

後任選びは、昨年の代表選で敗れた保守派の前原誠司元外相と、リベラル派から待望論のある枝野幸男元官房長官らが軸になる可能性が高い。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

中国の邦人拘束 残る2人は反スパイ法違反容疑で取り調べ
7月27日 19時22分
中国で、ことし3月、温泉探査の仕事で現地を訪れ、中国当局に相次いで拘束された日本人6人のうち27日までに4人が解放され、中国共産党系のメディアは、残る2人について、無許可で探査活動を行い国家機密を盗んだ反スパイ法違反などの疑いで当局が取り調べていると伝えました。
中国では、ことし3月、中国企業の依頼を受けて温泉探査の仕事で訪れた日本人が東部の山東省で3人、南部の海南島で3人、相次いで中国当局に拘束され、このうち山東省の2人と海南島の2人が27日までに解放され、日本に帰国しました。

これについて、中国共産党系のメディア「環球時報」の電子版は27日、拘束された日本人を派遣したのは2つの会社で、この10年間に当局の許可なく違法な探査活動を30回以上行ってきたと指摘しました。

そして、今も拘束されている2人はそれぞれの会社の責任者で、国家機密を盗み、反スパイ法違反などの疑いで当局が取り調べていると伝えました。
そのうえで、専門家の話として、国家の基礎的な地理の情報を違法に盗む行為やそれに関わるスパイ活動については、積極的に通報するよう市民に呼びかけています。

一方、中国外務省の陸慷報道官は、27日の記者会見で、この問題について「最新の状況については知らない」と述べるにとどまりました。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

私は蓮舫というキャラを発掘した人物は鳩山ポッポだとわかった時点で、恐らくはこの女性は日中の架け橋のつもりで選んだという思惑、そういう名称の船であり、その上に日本の側と中国の側は全く違った方を向いている……そんなイメージで全体を見ていた。

鳩山ポッポは欧州の支配層の日本における利益代理人という見方を私はする。 そしてそのポッポを背後からコントロールしていたのが、当時の小沢一郎氏であり、彼は中国の李克強とつながっている人物だ。 だから私は蓮舫は中国が日本に対して送り込んだ、李克強の側の、共青団側のキャラだと思っていた。

彼女の息子は中国の大学に留学しているそうだが、流れている情報の通りに中国の共産党の幹部候補生としての教育とキャリアの形成を今やっているのだとするのなら、それは李克強側の口添えで無試験で入っていたという事なのだろうという理解を私は今持っている。

そして2本目の記事においてだが、この日本の地質会社の社員の拘束は、明らかに中国の側の勇み足か恣意的な動きであり、彼ら6名がスパイであったとは考えにくい。 この6名を召喚した地方の共産党幹部が、習近平側なのか、李克強側なのか、私はまずそこから入るべきだと思う。 ただそういう見え方は別として、今中国においては9月の共産党大会以降に「 中国版CIAと中国版FBIの創設」 が決定されており、それら新部署の、つまり国家から公金を合法的に取れるそういう組織の主導権を、どの部署が奪えるかという事で激しい点数稼ぎの動きが国内で起きている。 スパイ狩りだ。

そんな内部での権力闘争が行われているさなかにおいて、日中は政府官協議を行い、実務者会談をずっと行ってきた。 日本との関係改善を通じて、特に環境及び治水などのノウハウを緊急に欲しがっている中国は、この日本人解放に応じた。 こういう見方をするのなら、今の日本政府の中枢上層部は習近側に急速に接近した事になる。

すると私の見立てとしては李克強の側の蓮舫としては「 国外の強い後ろ盾をなくした糸の切れた凧」 となる訳だから、国内の民進党内部における権力闘争の動きをまともに受けて、それを自分独自の単独の力ではねのける必要に迫られるる。 しかし彼女にはそもそもそんな実力は最初から無い。 議員になる前からそういう力のなかった人間が、今この瞬間にそうした大きな力と力のぶつかり合いの中をうまく泳ぎきれる訳がない。

だから彼女は、新執行部に誰も手を上げてくれなかった、力を貸してやろうと誰も言わなかった大きな現実の前に、表面上はともかく打倒され、そして敗走、遁走を開始したのだろうな、というのが唐突な辞任発表だったのだと私は見ている。 自民党にすれば蓮舫が党首であった方が実に都合が良かっただろう。

まあ、私が勝手に考えてるだけであって、フタを開けたらもっとくだらない理由で彼女は党首の座から遁走しただけかもしれないけどね。


----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成