投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [844]
  • 844

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 8月 2日(水)20時31分5秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・8・2水曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はNHK 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

北朝鮮のICBM アメリカの専門家「再突入技術は未確立」
8月1日 7時34分
北朝鮮が2回目のICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表したことをめぐり、アメリカの専門家は、NHKのカメラが捉えた映像の詳細な分析から、最終的に弾頭部分を含む再突入体が分解した可能性があるとして、技術を確立させていないとする見解を明らかにしました。
北朝鮮は先月28日、2回目のICBMの発射実験に成功したと発表しました。ミサイルは北海道の西方の日本海に落下したと推定されていますが、NHKが道内に設置している複数のカメラが、落下推定時刻とほぼ同じ時刻にせん光のような映像を捉えていました。

このせん光について、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究グループに参加するロケット技術の専門家、マイケル・エルマン氏は31日、詳しい分析結果を公表し、北朝鮮が発射したミサイルの弾頭部分を含む再突入体と見られると改めて指摘しました。

そのうえで、映像では上空20キロの辺りで摩擦熱などにより発光し、4秒ほど光を発し続けたあと、りょう線に隠れる手前の4キロから3キロ辺りで、その光がかすんで消えていったように見えるということです。

これについて、エルマン氏は「この物体が最終的に突入の負荷に耐えきれず、分解した可能性を示している」として、大気圏への再突入の技術を確立させていないという見解を明らかにしました。

そのうえで、技術の確立にはあと数回の発射実験を必要とするとして、北朝鮮が今後も発射実験を継続させるだろうという見通しを示しました。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

28日に行われた北朝鮮のICBMは、その弾頭が大気圏再突入に成功したと当初は発表された。 そしてそれは恐らくはその通りだ。 しかし1本目の記事においては実はそうではない的な論調が流されている。 私はこれらは軍事の情報戦における嘘の発表を行う事によって、関係者各位にメッセージを流す手法を使ったという風に見ている。 普通にある。 それは、米国は基本的には北朝鮮を攻撃する方向に全体を進めたが、その準備の為に時間が必要だ、という事の表明だ。

多大な被害を出してもいいというのなら、今直ぐ米軍は北朝鮮を攻撃する。 北朝鮮は当然反撃するが、勝てる見込みはゼロだ。 イラクに侵攻した米軍の、あの時の形になる。 ただし北朝鮮の場合は日本国内に5~20万人の破壊工作員とその同調者のネットワークを形成していると言われるので、米軍が北朝鮮を攻撃した途端に、それらの連中が日本国内で破壊工作を起こすのと、北朝鮮の金正恩委員長が殺害され排除されても、これらの残党勢力は日本国内でテロを起こす。 抵抗運動としてのテロであり、国家体制が転覆された北朝鮮が、今後の生き残りの為の条件闘争の流れとして、有利な条件を日米から引き出すためにそれを行う。

日本が敗戦を受け入れた時に、国内のこうした勢力が自分達の力を米国に見せつけたから、あの程度の講和条約内容で収まった。 この現実がある。 表の戦争が終わって、母国が降伏しても、それでも戦争は続く。 戦争は政治の表現形態の一つでしかないからだ。 政治とは「 自分に有利な条件を引き寄せてそれを独占する構造が基本にある」 ものだ。 その目的達成の中に殺し合い、破壊活動が入っている。 だから米国が北朝鮮を先制攻撃したシナリオが起動した場合、勿論短期的には米国の勝利なるのだが、その後の事を我々日本人は構えて準備しておく必要がある。

難民に偽装して大量の破壊工作員が日本の国内に入り込もうとする。 必ずそうなる。 だからこれらを水際で船舶もろとも撃沈し、非武装であろうが何だろうが、これらの人間を日本に入り込ませない強い覚悟が求められる。

だから米国は韓国にいる自国の国民の脱出に、半年くらいを見ているのだと私は捉える。 ビジネスをきちんと手仕舞い、中断するにもそれくらいはかかる。 だから今は8月アタマだから2月を越えた辺りで世界の情勢が( 節分を越えたあたりで) そんなに大きな変動なく進んでいるのなら、3月を越えて4月の新年度をまたぎ、予算の確定配分作業が終わった時点で、全体が動き出すと捉える。

なので日本政府は米国の行う「 韓国からの米国市民脱出の動き」 に連動して、少しずつ韓国に人質に取られている日本企業の関係者を脱出させるかどうか、この動きを見ているべきだ。 徴用工がどうしたの動きを人造的に大きくさせる事によって韓国政府は自国の日本人を国外脱出不可、つまり裁判の重要参考人だとかスパイ罪だとかなんでも理屈をつけて「 日本人の人間の盾」 を形成しようと必死になる。 韓国を今コントロールしている北朝鮮も、韓国の中に日本人の人質を置いておけば、米軍が攻撃しにくいと見てそれをさせる。

米軍がそんなに甘いタマかよ、とは私は言う。 彼らはやるときはやるのだ。 だからそうした大きな被害を出す先制攻撃を決断するその前に、金正恩委員長に対しての暗殺の動きが米中どちらかか、両方かそれは分からないが起きる。 そしてそれも不可能だと見るのなら、私は米軍は核バンカーバスターを使って、今この瞬間北朝鮮の幾つかの地下トンネル本部の中に隠れている金正委員長を、その山の地形が変わる程攻撃して丸ごと抹殺するという動きを開始するのではないか、それらのシナリオに移行するのではないかと見ている。

こうした物騒な話は、まず北朝鮮に対してのテロ国家再指定の動きのその後だ。 しかし再指定を行っても、どうせ経済的に中国はこれを助ける。 だからやっぱり穏便に、という風にはならないだろうなというのが私の見え方だ。


----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成