投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [852]
  • 852

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 8月10日(木)20時37分21秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・8・10木曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はウオールストリートジャーナル 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

2017年 8月 7日
North Korea Says It Would Use Nukes Only Against U.S.
北朝鮮「核攻撃の対象はアメリカだけ」
Aug. 7, 2017

Mr Ri’s statement rejected assertions by some Security Council members that North Korea’s military programs constituted a global threat and said they were instead a legitimate option for self-defence “in the face of a clear and real nuclear threat posed by the US”
北朝鮮の李外相は国連安保理の「北朝鮮の軍事政策は世界的な脅威」との主張を否定し、アメリカの核の脅威に対する正当な自衛手段だと述べた。

If the US attacks North Korea, the country “is ready to teach the US a severe lesson with its nuclear strategic force,” the statement said. Other countries were not being threatened unless they joined the US in a military attack, it said.
李外相は、もしアメリカが北朝鮮を攻撃すれば「戦略核兵器によってアメリカに厳しい教訓を与える」とし、他の国々はアメリカによる攻撃に参加しない限り、この威嚇の対象ではないとも述べている。
・・・

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は産経 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

北朝鮮が「グアム周辺に火星12を発射」と米トランプ政権に警告 小野寺防衛相名指しで「日本列島を焦土化できる」
8/9(水) 11:33配信
 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍は、北朝鮮に対するトランプ米政権の軍事的圧迫を非難し、中長距離弾道ミサイルと称する「火星12」で「グアム島周辺への包囲射撃を断行する作戦案を慎重に検討している」と警告する報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が9日、伝えた。

 声明は、作戦案が間もなく最高司令部に報告され、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が決断を下せば「任意の時刻に同時多発的、連発的に実行されるだろう」と主張。米国に「正しい選択」をし「軍事的挑発行為を直ちにやめるべきだ」と迫った。

 トランプ政権が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行ったり、戦略爆撃機を韓国に飛来させたりしていることに反発したもので、爆撃機の出撃基地のあるグアムをけん制して警告を送るためだとしている。火星12は、5月に試射され、グアムに届く5千キロ前後の射程があると推測されている。

 朝鮮中央通信は9日、「敵基地攻撃能力」保有の検討に言及した小野寺五典防衛相や、安倍晋三首相を名指しで非難し、「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と威嚇する記事も報じた。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事はAFP 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

北朝鮮、核弾頭の小型化に成功 米紙報道
2017年08月09日 04:32

【8月9日 AFP】(更新)米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)は8日、北朝鮮がミサイルへの搭載が可能なまでに小型化した核弾頭の製造に成功したと報じた。事実ならば大幅な技術進歩となり、同国をめぐる緊張が高まることは必至だ。

同紙は米国防情報局(DIA)による分析結果の一部を引用し、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を含む「弾道ミサイル発射向け核兵器」を保持しているとの見解に情報当局が至ったと報道。

この結論の概要については、米当局の関係者2人も事実と確認したという。米国防総省は今のところ、本件に関する問い合わせに返答していない。

北朝鮮は昨年、小型弾頭の実験に成功したと主張していたが、同紙は実験が成功したかどうかは分からないとしている。

さらに同紙は、北朝鮮が現在保有する核兵器数はこれまでの推定数より多い最大60個だとする米当局の分析結果も報じた。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

北朝鮮はアッセンブリー組み立て国家なのであり、原材料をイチから冶金して、金型に落として、プレスやら切り出しやら様々な加工を行った末に、各種の最先端兵器を自前で生産する国力は持っていない。 必ず彼らに「 完成品の部品各種を密輸出している存在」 がいる。 ICBMだったら、例えば「 ミサイルの誘導に必須のGPSシステムから発射される、スクランブルのかかった電波情報を、解読して使わせる為のセキリュティチップの完成品部品の現物」 だたり、核爆弾だったら「 核反応を起こす為に必須の爆縮レンズ」 などになる。 勿論他にも沢山あるが。

なのでそれら根幹の必須部品が北朝鮮において何処から入ってくるか。 それは海か、中国からかロシアからか、そして韓国からか、しかあり得ない。 だから、この北朝鮮のICBMやら核実験の現象化がいつまでたっても続くのは、ここれら周辺各国が公然と裏で支援しているからという理解に当然成る。

だからこのトランプ大統領の過激な発言は誰に対して向けられているのかというと、朝鮮半島をまるごと頭越しに飛び越えて「 9月に権力の代替わりが行われる予定の、中国の習近平主席に対して言っている動きに成る」 勿論、その横で聞いているプーチン大統領に向けてもだが、今の段階ではまだロシアは大々的にこの北朝鮮問題に介入していこうとう積極的思惑がない。 ウクライナに成立させる緩衝地域と中東のプレゼンスの方が忙しいのだろう。

9月の共産党大会が終了すると、習近平主席の権限は更に強まり、独裁化する。 つまり、今以上になんでもかんでも勝手に決めて勝手に行える様に成る。 そういう状況になったにも関わらず、北朝鮮に対して本当に何もしないのなら、米国は恐らく9月を回って北朝鮮に対して対テロ国家への再指定を行い、そして関連の中国企業に大々的に制裁を行い、更に中国に対して為替操作国指定などのあらゆる制裁を開始する。

中国の経済は、今は自分が強いふりを演出するのに必死だ。 その状況下で米国がマジモンの経済制裁を連続してしかけていくと、強いフリなど不可能に成る。 それは中国に外から入ってくる投資の流れが一気に変わるという事でもあるので、そうした事態になってから初めて中国は、金正恩委員長への排除の動きを加速させていくかもしれないが、

しれないのだが、それでも事態がどうなるかちょっと分からない相当の変動の期間に入ってしまったのが今なんだろうなあ、というのが私の見方だ。


----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成