投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [886]
  • 886

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年 9月13日(水)20時35分55秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・9・13水曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は朝日 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

北朝鮮の輸出産業、9割が制裁対象に 国連安保理決議
9/12(火) 23:15配信

北朝鮮への制裁決議
 国連安全保障理事会が11日に採択した対北朝鮮制裁決議は、北朝鮮への石油輸出を3割減らすほか、主要な外貨収入源である同国製繊維製品の輸出禁止も盛り込んだ。これで北朝鮮の輸出産業の9割が制裁対象となった。米国は当初示した案から譲歩したものの、核実験から8日後の採択という迅速さを重視。中国も北朝鮮の体制が揺らがない線を守りつつ、石油の輸出制限も受け入れた。

 北朝鮮に対する安保理制裁決議は8月に続き、9回目。制裁強化に慎重だった中国とロシアも賛成し、全会一致だった。米国のヘイリー国連大使は「核を保有する北朝鮮を決して認めない。これまでよりはるかに強い決議だ」と語り、北朝鮮が核とミサイル開発に不可欠な石油と資金を遮断するとの狙いを説明した。

 米国は「石油は核兵器の製造、運搬の原動力」(ヘイリー氏)として、石油禁輸を重視していた。6日に示した当初案では全面禁輸としていたが、北朝鮮の体制が揺らぐことに反対の中国との調整を経て譲歩。ガソリンや軽油などの石油精製品は200万バレル、原油は現行レベル(400万バレル)の輸入上限を設けた。石油精製品は約半減となる。

 米政府当局者によると、北朝鮮が得る石油全体の3割を遮断出来るとしているが、北朝鮮軍の活動や核・ミサイル開発に打撃になるかは疑問の声もある。ただ石油が初めて制裁対象となったことで、北朝鮮が今後挑発行動を続けた場合、さらに踏み込んだ禁輸措置を取る道が開けたと言える。天然ガス液は当初案通り、全面禁輸とされた。

 一方、北朝鮮の外貨収入源を奪うため、北朝鮮製スーツなどの繊維製品が全面輸出禁止となった。米政府によれば、繊維は2016年の輸出全体の約27%を占め、年7億6千万ドル(約830億円)を稼いでいた。石炭や鉄、海産物などの天然資源は過去の決議で制裁対象となっており、主力産業で繊維が唯一残っていた。

 北朝鮮がロシアや中国などに派遣する労働者は、現在の契約が終われば労働ビザの発給が禁止される。推計9万3千人が国外で働いており、年5億ドルの外貨収入があったとされる。

 11日の安保理では、理事国の間から決議採択を歓迎する声が上がる一方で、北朝鮮との対話が必要だとの訴えも相次いだ。中国の劉結一・国連大使は「関係方面が迅速に対話を復活させるべきだ」などと求めた。また、スウェーデンの代表は「解決策は平和的なものでなくてはならない」などと述べ、国連事務総長の仲介の可能性なども探るべきだとの考えを示した。

 安倍晋三首相は12日、記者団に「格段に厳しい制裁決議が迅速に全会一致で採択されたことを高く評価する」と語った。菅義偉官房長官は同日の記者会見で、北朝鮮への原油・石油の供給制限に踏み切るのは初めてで、供給量は3割減るという試算を強調。中国やロシアを含めた各国に決議の完全履行を求めた。

 官邸幹部は、北朝鮮からの石炭輸出が段階的に全面禁止になった経緯と重ね、「完全に同じ流れだ」と指摘。北朝鮮がさらに挑発行為に出た場合には、原油・石油の供給を全面禁止にする道筋ができたという認識を示した。

 河野太郎外相は同日、訪問先のエジプト・カイロで記者団に、北朝鮮の出稼ぎ労働者に対する雇用契約の更新禁止について「個別に各国に、受け入れている北朝鮮の労働者を本国へ帰す措置を取るように申し入れをしたい」と語った。

 一方、ロイター通信によると、ジュネーブの国連軍縮会議で12日、北朝鮮の代表者が「既に完成の域に達した北朝鮮の核開発を逆戻りさせようとする米政府の方針は対立を過熱させている」と批判。「米国は経験したことのない痛み」に直面すると警告した。(ニューヨーク=鵜飼啓)

朝日新聞社

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は時事 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

米大統領、11月に訪中か=「可能性高い」と当局者―ロイター
9/12(火) 22:57配信
 【ワシントン時事】ロイター通信によると、米当局者は12日、年内に予定されるトランプ米大統領の初の中国訪問について、11月の可能性が高いと述べた。

 習近平国家主席との首脳会談では、核・ミサイル開発で国際社会への脅威となっている北朝鮮の問題や米中間の貿易不均衡是正が主要議題となる。

 トランプ大統領は11月、フィリピンで開かれる東アジアサミットと米・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議やベトナムでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する。同当局者は「アジア歴訪の中で中国も訪れる可能性が高い」と語った。

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

北朝鮮への経済制裁が強まった。 今回の制裁はやっぱり穴だらけだと評する人も多い。 しかし今回は全会一致という形をを得た事で、それまで中立的態度を装っていた善意の第三者であった各国が、少しずつではあるが、その国家の態度をアンチ北朝鮮側の方に移動させなければどうにもならなくなる事態になっていく。 それは、米国が年内には北朝鮮に対しての対テロ国家の再指定を恐らくは行い、その流れの中で、北朝鮮と通商貿易を行う第三国は、テロ国家である北朝鮮を幇助するテロ勢力だから、米国はその第三国とは通商貿易を行わない、且つ、厳しい経済制裁を更に加える、という動きに本当に巻き込まれる状況になってきたからだ。

物事はいっぺんに、デジタル的にONOFFとは切り替わらない。 緩やかな下り坂を本当に長時間かけて滑ってゆき、気づいたら10kmくらいの高低差を下っていたというくらいに、その渦中にある人びとにはその変化が分からない形で景色だけが少しずつ変わっていくものだ。 そして今はその渦中にある。

北朝鮮への経済制裁に関して、今回は中国ロシアが米国の条件を呑んだのは、それは勿論今回の経済制裁が抜け穴だらけだからだ。 国境線においては密輸のし放題で石油が、必要物資が北朝鮮に入っている。 しかし、遠隔地における、第三国における北朝鮮との通商取引は、これは抜け穴だらけだとしても、それでも確実にそれらの取引額が減少し、これから冬を迎え、国民に対しての燃料と食料を配給しなければ、今公称2000万人だとされる人口が( そんなに居ない、恐らくは1800~1900万人前後だ。 もっと下かもしれないが) 、ますます減る。 皆死ぬ。 死ぬだけではなく、新生児が生まれなくなる。 北朝鮮の人口減少も、日本に負けず劣らず物凄い速度で進んでいるという現実がある。

2本目の記事はトランプ大統領が「 これから朝鮮半島に米国が戦争をしかけるので、関係各国はこれを理解しておいて欲しい。 勿論、戦後の復興利権にはある程度は関わらせて儲けさせてあげますから、HAHAHAHA」 という意味での歴訪になる。 今日の13日の時点で発表があったが、日本にもトランプ大統領は当然訪れる。

全ては金正恩委員長の排除が行われず、そして北朝鮮が核兵器を中心とした、攻撃迎撃報復体制を構築、完成させるその前に起きるだろう。 米国は、やると決めたら本当にやるのだ。 だからそういう事の本当の情報を知ってしまっている今の北朝鮮の政権関係者の、なんというか穏健部門とでも言える連中は、今から3~4日前に訪朝したアントニオ猪木議員を、どうやら本当に手厚くもてなしたようだ。 彼らも後ろがないと分かっているのだろう。

こんな私の、木っ端に過ぎない庶民が何を言おうが思おうが、世界という巨大な濁流は何一つ変えられない。 川の流れから上がって、陸から見るだけだ。 見え方は個人によってそれぞれ違う。 当たり前だ。 だからこれは私の見え方だ、ということです。


----
終了
----




スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成