投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [908]
  • 908

  • 投稿者:雑感する呼び声
  • 投稿日:2017年10月 5日(木)20時32分57秒
 
――――――――――
 隠者くん  解脱ノ章

  新世界地球黎明編
――――――――――

――――――――――

2017・10・5木曜日 ( 平成29年)

――――――――――

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は産経 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

「うそつけー」「帰れ」民進・前原代表のお国入り 厳しいヤジ、励ましの声も
10/4(水) 20:54配信
 民進党の前原誠司代表が4日、衆院解散後初めて地元・京都に戻り、京都駅前などで街頭演説を行った。前原氏は、小池百合子東京都知事が率いる希望の党への民進の合流について「安倍政権を終わらせるため、野党が大同団結する選択肢を示す決断をさせていただいた」と訴え、有権者らに理解を求めた。

 京都駅前での演説で前原氏は、政権交代を念頭に「私の政治生命をかけて政治、歴史を変える。京都からそうした流れを作りましょう」とアピール。また、京都市伏見区の伏見大手筋商店街などで、買い物客らと握手を交わした。

 前原氏の演説中、聴衆からは「うそつけ」「帰れ」などと厳しいヤジの一方、「前原、がんばれー」と励ましの声も。前原氏の決断については、地元有権者のなかでも賛否が分かれているようだった。
●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○

■━━━━━━━━━━━━━━□
下の記事は 民進党・前原代表ぶらさがり記者会見 冒頭抜粋
○━━━( ↓記事転載ここから)━━━●

[2201] 民進党・前原代表ぶらさがり記者会見 2017年10月3日 投稿者:宇宙 二〇三四
投稿日:2017年10月 4日(水)20時58分54秒
0928記者:協定では資金をすべて希望の党へ
提供する項目があったと思うのですが
分配するって考えは代表としてありますか

0940前原:この資金の問題は公認候補で出る方が
一定の資金を党に出すという事でありますので、
民進党が希望の党に資金を出すという事ではありません(すごくいい笑顔)

0950前原:まぁ私は民進党の代表でありますので
私は無所属で戦わせていただき、10/22に結果が出るわけでありますが、
民進党としては参議院議員、自治体議員、
それから地方組織残るわけです

1009前原:資金も民進党では今回の選挙戦いませんので
かなり残るということになると思いますので、
すべてをどういう風に今後していくかということについては
10/22以降今の民進党の仲間としっかりと
話をしていきたいと考えています(すごくいい笑顔)

●━━━( ↑記事転載ここまで)━━━○
下は私のコメント
□ ━━━━━━■

―――

1本目の記事の論調が今の表のメディアの大半だ。 座して死を待つよりは打って出るという判断を下した前原誠司という人物の判断ミス、そして無能を論う(あげつらう)ものばかりになっている。 しかし私はどうも今回の動きが何だか急に出てきた風に見えて、あの前原誠司という個人独りの脳の中から湧き上がった計画では毛頭無かったであろうと見ていたから、その後の流れをじっと見ていた。

小池百合子都知事と8月くらいの段階で何度も協議を繰り返していたという情報が流ていた。 人びとがモリカケだとかと言っていたときだ。 もっと正確に言えば、日本の国民は流石にそこまで馬鹿では無いので、モリカケなどが日本の本当の問題ないという事に皆気づいていたころの事だ。

だから最重要に大事なのは2本目の記事になる。 この前原誠司氏のコトバが彼のその時だけで出てきた調子のいいテキトーなコトバだったのではないとするのなら、彼は恐るべきことを言っている事になる。

それは今回の衆議院選挙において、別段民進党という組織は解散しないというそれだ。 彼はハッキリと参議院と地方議会議員は残ると言っている。 そして選挙の後でどれだけの民進党議員が残れるか知らないが( つまりそれは殆どが無所属として出馬したキャラが中心となった勢力になる) 、残った者達で、それらからの民進党をどうするか決める、と言っている部分だ。

民進党は政党助成金の貯金を140億円ほど持っているとされる。 希望の党はこのカネを全て自分達が使えるという勝手な皮算用で選挙に出たが、前原氏はそうではない、そんなことは考えていないと断言した。

だからこの140億円を持って、希望の党の中に前原誠司氏を重要ポストとしてその座につけろという圧力の形にもなっているし、そうでなければ、前原氏は希望の党にもいかず、自分は自分でニュー民進党を結党し、うまい具合に追い出した左側勢力を立憲民主党として別政党とし、そして自分はそのニュー民進党から希望の党へのスカウトを出し、そこから議員を引き抜くという、そういう動きだって可能になる。 この場合はニュー民進党がカネの力で希望の党を切り崩し、大きく乗っ取っていくというシナリオさえある。

そして前原誠司というキャラは、小池百合子氏とそんなに変わらないか、又は領域によっては彼女よりも右側の人だ。 彼は全体が左の民進党の中で自分のキャラを押し隠していたに過ぎない。 小泉政権の時の彼の質疑応答を記憶している人だったらよく分かる。 彼はミギなのだ。

だから勿論彼は憲法改正派だ。 なので、何が起こるのがわからないのが日本の政治なのだから、選挙が終わった後に、自民党とこのニュー民進党が合体した改憲勢力という事だって組み合わせ的には可能になる。 つまりこうした動きが仮に起きてくるのだとするのなら、前原誠司氏は、連合という労働組合が今分裂するかもしれないと言われている動きを察知して、恐らくは割れるだろう、左右に分かれていくだろうというのを読んでこうしたカケに出たという言い方もある。

私は10日の公示までに小池百合子氏は出馬するだろうと見ているが、仮にその動きが無かった場合は、やっぱりこの前原誠司氏が何かキープレイヤーとして動いてゆくのではないかなあと勝手に考えているのであった。


----
終了
----



スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2035)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成