• [0]
  • 雑感する呼び声

  • 投稿者:今後
  • 投稿日:2015年 1月27日(火)16時11分51秒
 
リンクフリーです。 参考サイト→ https://mangetu.xyz/ 文章作成動画→ https://youtube.com/channel/UC4fBgGz7NPdln7a6WxCQgzg

投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [2378]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月24日(金)23時48分59秒
 
――――――――――
2021・924金曜(令和三年)
――――――――――

高市早苗の最近の新刊が、特に若い女性世代を通じて爆発的な売り上げを出している。 これは組織外の動きではない。 また彼女の政策動画がとてつもない再生数を今も稼いでいる。 彼女がどうして今まで埋もれていたのかという事に対して、自ら恥じ入る女性の数がある。

しかし現実の世界は厳しい、 各地方の自民県連の支持は、概ね岸田。 それは彼の背後に財務省がいて、岸田を大臣にしたら、その論功行賞によって自らの地域に予算をつけてくれるから。 しかしそうした従来の考え方と行動と、そして組織力が、今回の動きで仮に敗北したとするのなら、それはこの国、日本というこの国が少しずつではあろうが、ここで全く新しい何かにしていかなければ、本当に自分たちの未来、そして子供たちの未来は本当にないのだという確信と決意、これを多くの人々がもったのだろうなあという判定をわたしはする。

それが既存の枠の中であろうとも、勝手に陰始勢力の世界だから全てダメなのだと口だけで批判しようが、しかしそういう勢力を含めてこれから「 行動を伴わない全ての座標が廃棄されていく」 という流れにあるのだ。

と、こんな風にわたしは偉そうに今の流れを見ている。 勿論間違っているに違いない。 しかし想起は自由でなければならない。 自らで自らを縛る。 それが今の世界のここまでの閉塞の導引につながっている。 これをわたしは何度も言う。

== 年内の金利の支払い予定
https://1.bp.blogspot.com/-lhavHkJE8D0/YUddM0doAGI/
==
(ブルームバーグ): 中国の不動産開発大手、中国恒大集団は23日に期限を迎えた計8350万ドル(約92億円)のドル建て社債利払いに関して沈黙を続けている。同社の資金繰り問題を巡る不確実性が増している。 同社はこれまでのところ今回のドル建て債の利払いについて証券取引所への届け出や対外発表を行っていない。同銘柄を保有する2者は香港時間23日午後5時(日本時間同6時)時点で、クーポンの支払いをまだ受けていないとブルームバーグに明らかにしていた。 中国恒大のドル建て債保有者、23日期限の利払いまだ受けていない  923
==https://news.yahoo.co.jp/articles/541a9d94e89ab29f9c60571a208366b93baa7323

いずれにせよ既存の世界は壊れる。 それはマネーという血液が流れなくなることによってそうなる。 大きくは。 だがそこからが分からない。 全ての領域がダメになっていくのはアタマでは理解するのだが、ではどこの領域がどれくらい壊れていくのかということの具体的なイメージがつかめない。

中国恒大集団はどう考えてももたない。 年内に吹き飛ぶとわたしはみる。 今たしか、二回目のドルだての金利の支払いを行っていない。 本当かどうか知らないが、それらは最後の30日の猶予期間、延長期間に入ったと情報は出ている。 どういった条件かは分からない。 普通の常識でいうのなら、その間の金利は更に追加されるとみるべき。 となると、今の時点で支払えないものが、30日経過したら更に値上がりしているのだと考えたとき、それはどう考えても無理ではないか、なのだ。

問題は不動産セクターに大量のカネを突っ込んでいた、いわゆるサラ金、いわゆる中国での名称でのシャドーバンク。 これらの資金の保有額は表に出ているだけで330兆円くらいだそうだ。 しかしそれはあくまで表に出ているだけの事であり、裏では隠れている債務、つまり貸し付けているが回収不可能なものがどうせ山ほどある。 日本がそうだったからだ。

そしてこの330兆円という数字にしても、それらの大部分が不動産セクター関連に突っ込まれていたという事になったら、中国という国家から330兆円プラスアルファという現金が消滅するという事になる。 そうした流れがこれから控えているのだとしたら、それはいくら馬鹿な人間でもこれからの中国の運命が、我々のバブル清算の時の動きとは比較にならないものになると理解できるだろう。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/09f49784d5696c25602b60714cb0f593ade4eb34
 中国外務省の趙立堅副報道局長は23日、台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請したことについて定例会見で問われ、「公的な性格を持ついかなる協定や組織にも、台湾が加わることは断固として反対する」と表明した。   中国政府は16日、TPPへの加盟を正式申請したばかりだが、台湾が中国の一部だとする「一つの中国」原則に基づき、台湾のTPP加盟を認めない姿勢を明確にした。加盟には全加盟国の同意が必要で、加盟に向けた支持の獲得をめぐり、中台双方の競争が激しくなる可能性がある。 923
==
安倍晋三@AbeShinzo  自由、民主主義、人権、法の支配といった基本的価値を共有する台湾の申請を歓迎します。蔡総統が全てのルールをクリアーするとの決意を示した事は、日本が支持する上で極めて重要です。
==https://twitter.com/AbeShinzo/status/1440961273819062278

だからイロイロな思惑を込めて彼らはTPPに加盟申請をしてみた。 してみたという言い方は実に曖昧だ。 それは入れたらラッキーだが、別にそちらは主目的ではないから。 それはTPPを機能不全に追い込んで、自分達のシステムのRCEPに数多くの第三諸国を加盟させる妨害の意味がどちらかと言ったら強いからである。

しかしRCEPにしても実は、ある程度はこのTPP関連で日本がハンドリング出来ているという事実はある。 だが彼らはそういうものを無視するために、だからこそ河野、だからこそ事前の策として岸田というキャラを日本の総理大臣にしようとしているのだなと徹底的な工作をしかけているのだろう。

今の世界において内政外交という考え方はあまり通じない。 何故ならグローバリズムという名称のもとに、血液であるマネーとそれに付随するような、血しょうだとか各種細胞に該当する商品などの流通が、国境線の枠を無視してしまっている。 だからわたしは以前に言ったが、今の国内政治とやらの力の均衡点は、国内のパワーだけでのつり合いによって決定されていない。 どの国家も。

== http://y2u.be/Vh7hYxkkEEE
【台湾CH Vol.389】 なぜ台湾は中国領ではないのか? -「サンフランシスコ講和条約」 調印70年!中国が恐れて隠す真実とは[R3/9/11] SakuraSoTV 台湾チャンネル第389回は、「サンフランシスコ講和条約」調印70年を迎え、台湾の帰属問題について考える。  日本政府が同条約に基づき、
台湾を放棄して中国には割譲しなかったとの事実は、中国の「一つの中国」原則を根底から覆し、『台湾の主権は台湾住民に帰属する』ことを実証するものだが、この重要な真実を日本政府は現在、中国への配慮で口にしたがらず…。キャスター:永山英樹ゲスト:王紹英(在日台湾同郷会前会長)
==

いずれにせよ、クワッド構想が出てきたあたりから当然台湾のTPP加盟に向けての構想や下準備はなされていると見た方がいい。 クワッドとTPP構想は両建てで建設された。 だからそれらの中心座標であった安倍首相が台湾の参加を求めるという風な発言をするというのは、基本台湾の参加は最初から決まっていたのであり、今度はエイペックの時のように、李登輝総統は確かあの時、中国と台湾を二つの国家か一つの国家かあいまいな状態にしてドサクサ紛れで入っていったが、今度は敢えて国家、つまりこの二つの国家はあくまで別の国家なのだというのをはっきりさせてから、それを世界にみせてから結末に持ち込むという大きな台本があるのだろうなあと、わたしはそう思う。

そもそも日本はサンフランシスコ講和条約において何を放棄したのか。 それは台湾島における施政権を放棄したとみるべきであり、あの国土は、あの地面は、まだ大日本帝国の所有物。 それらの所有物の施政権を戦後は米国が行うことになったが、連合国が、しかしその状況下で国民党の連中が台湾島に逃げてきた。 何故海南島でなかったのか。 どういった手引きがあったのか。

それらの部分がはっきりしていくと、日本人の戦後に施された社会工学=国民洗脳、これも相当早い速度で解除されるだろう。 わたしはそうとらえている。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM231LB0T20C21A9000000/
【台北=中村裕】台湾の国防部(国防省)は23日、中国の戦闘機など24機が防空識別圏(ADIZ)に大量侵入したと発表した。台湾が同日、環太平洋経済連携協定(TPP)加盟に向け、正式に申請手続きを行ったと発表し、中国が強く反発したものとみられる。 台湾のADIZに侵入したのは、中国軍の戦闘機「殲16」14機、対潜哨戒機「運8」2機など合計24機。台湾の南西空域を中心に侵入し、威嚇行為を続けた。 中国大陸と台湾は1つの国に属するという「一つの中国」を唱える中国は、台湾が独自の判断でTPPに加入することは論外で、断固反対する姿勢を貫く。 一方、台湾の通商交渉トップである鄧振中・政務委員(無任所大臣に相当)は、同日の記者会見で「台湾のTPP参加は、台湾の利益と経済発展のために行うものだ。中国の反対があっても、それは彼らの問題だ」などと切り捨て、TPP加盟に強い意欲をみせた。  日経 923
==

だからあの地面は大日本帝国から、戦後は日本、つまり我々が地主である。 こうした概念を持った時、その上で社会を形成している、高砂族や各部族、そして逃げてきた国民党=南人たちが中心の人間集団、これらが戦後構築した台湾社会と国家、これはいわゆる大家のアパートに住んでいる住人という考え、又は地主の許諾を得て上物を建てて住んでいる、経済活動をしている連中、という概念になる。

台湾が国家承認されるのは、それは自分たちは台湾人であるというアイデンティティーをベースとした、事実上の民族独立宣言をやるか、又は、日本に戻るか、又は、日本に戻るがその過程でやっぱり我々は緩やかな統合体における台湾国国家国民である、とやるか、になる。

大和連邦国、日本連邦国、日本合衆国、などなどの概念をわたしは以前ちらりと言った。 わたしはこれらを相当に古い本なのか何かで知った。 よく覚えていない。 石原莞爾(かんじ) が最終戦争を構想し、満州国建国からあとのシナリオを作っていたのはよく知られている。

それらの直系にあたるものなのかキワモノの偽物かは知らない。 しかし2022年に本当の意味でサンフランシスコ講和条約における裏合意、そういうものが本当にあったのだとするのなら、実にうさん臭いコトバと概念だが、それらは解除される。 そうなった時、日本人は、日本は、自分自身の足と頭でこの世界を歩んでいく必然と、多くの人々を引っ張っていく責務、これを持つ。

自ら持つ。 そしてそれらを自ら納得して持った。 あなたがどう思うかは関係がないのだ。


  世界は大きく変わる。 あなたも変われ。


----
終了
----


  • [2377]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月23日(木)23時56分55秒
 
――――――――――
2021・923木曜(令和三年)
――――――――――

我々が知らない間に米中の貿易額がどんどんと復活、そしてそこから増大している。 だからバイデンなるもの、彼に認識能力がないのは明らかだから、彼を押し上げた勢力がそれを求めたからそうなった、この言い方は出来る。 ただしこのバイデンなる人物は三人目という説があり( 二人目もあるが) 、どっちにしてもオバマ政権の最初の時のバイデンではない… という論調が、中道右派を含める言論空間では公然と流れ出しているのだとは言っておく。

勿論それらの論拠における証拠らしきものも出ている。 しかし今のご時世、文書や画像や動画などは証拠にならない。 自称バイデンなる人物の遺伝子を、今この瞬間あの男を羽交い絞めにして接種するというリアルタイムの設定がなければそれは証拠として採用されない。

そしてもう一つ。 彼は痴呆だといった。 それが演技である、という説もある。 勿論今更あなたにゴムの人の事は言わない。 だからわたしは今の時点では、恐らく偽物だろうなあ、とまでしか言わないし、言えない。

北朝鮮の金委員長は馬鹿でも分るほど別人だが、バイデンもわたしの目からは明らかだが、他者がその視点を持たないからあまり強硬なことは言えないのである。

==
米中貿易額の激増:垣間見えるバイデン政権の本性
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/05/post-96339.php
==
中国の習近平国家主席は21日、国連総会での一般討論演説を事前収録したビデオで行った。  海洋進出などで高まる覇権主義的傾向への警戒に対し「中国は過去に他国を侵略したことはないし、将来も侵略することはない」と訴えた。  産経 923
==https://www.sankei.com/article/20210922-XXUXTK6WOVPRPBSNYGE7YPJYGU/

国連総会においては中国は言いたい放題。 しかし彼らの表現は国内の政治的に敵な集団に対して見せている部分が大きく。 基本これらの支配層は裏で握っている。 問題は、このビデオの自称習近平すらも、外観がわたしの判定からしたら明らかに別人なのだが、それでもそれを完全に立証できない時点においては、それは説得力がない。

分かったことは、今の既存の世界はもう本人なるアイコンを必要としていない段階に入ったという事であり、それはバーチャル空間を含めた動きでもあるが、わたしからしたらあれなのだ。

遂に現実がディックに追い付き始めた… なのである。 ディックは執拗に本物と偽物、真実とウソ、時間概念のおかしさ、これらを文章にし続けた。 後半は狂ったのではないかと思うが、これは分からない。 偽装かもしれない。 そういう意味をもってあるいみSFなるものを終わらせた人物だ。

とわたしは勝手に判定している。 まあ、あなたはSFなんてそもそも情報すら知らないだろうが。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM22EF30S1A920C2000000/
台湾当局が22日、環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請したことを明らかにした。23日に詳細を公表する。ただ、中国は台湾の加盟に強く反対する方針。米国がTPPから離脱した現在、中国の圧力を受けながら台湾の加盟を強力に後押しできる国は乏しいのが実情だ。
== 日経 923
茂木敏充外相は23日、米ニューヨークからオンライン形式で記者団の取材に応じ、台湾が環太平洋連携協定(TPP)加入を正式に申請したことについて、「歓迎したい。戦略的観点や国民の理解も踏まえながら対応していきたい」と語った。「TPPは市場アクセスやルールの面で高い内容となっていて、完全に満たす用意ができているか見極める必要がある」との認識を示した。 茂木氏はこれに先立ち、ブリンケン米国務長官と会...  時事 923
== 時事通信ニュース

中国が好き勝手をやる中、どうやら台湾は相当の根回しをもってTPPへの加盟申請をした。 彼らがこれに加盟するために、1年半以上前から国内法を整備していたというのを知っている日本人は少ない。 それらのすり合わせに頻繁に日台における往復がどうやらあった。 あ、官僚です。

これらの情報交換をオンラインで行うと、それは基本全て抜きとられる。 だから本当の本当に秘匿したい情報などは、人間がペーパーなどの概念における何かを持ち運びしてそれを相手がたに伝える。 電脳の世界が進化すればするほど、秘匿情報はアナログのやり方に戻っている。

当たり前の感覚でいったら、台湾が参加を表明しても、中国の犬であるニュージーランドやマレーシアなどなどが必ず反対する。 何せこの二か国は中国のTPP参加を歓迎するという信じられない公式談話を出すほどだ。 その前後で中国が台湾産出の野菜や果物を理由なく禁輸措置にしたり、更にこれから始まる不動産セクターを含める国内崩壊に向けて、資本の移動を徹底的に制限禁止をやているのを目撃しているのにそれだ。

西側世界の中国の浸透度合いがどれだけ酷いか分るだろう。 これを何とかしない限りは次のステージは無い。 そして次のステージもまた搾取集団が控えている。 しかし順番に立ち向かっていかないと物事は解決しない。

==https://sankei.com/article/20210922-RGIGUBUPLVMTRIQG4IQVENTU5Q/
対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」 河野氏回答せず  日本ウイグル協会など国内13の民族団体などで構成する「インド太平洋人権問題連絡協議会」が候補者アンケートを実施し、結果を公表した。河野太郎ワクチン担当相から回答はなかった。対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」 河野氏回答せず  産経 922
==総裁選において各候補にお渡しした、護る会の質問書に対する回答について [2021.9.22]
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3232
総裁選における護る会の質問書に対する回答  (a) 岸田候補
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3236
総裁選における護る会の質問書に対する回答  (b) 高市候補
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3237
総裁選における護る会の質問書に対する回答  (c) 野田候補
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3238
護る会は、総裁選をめぐる質問書への各候補の回答・対応を踏まえまして、このあと、討論会について協議します https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3240
==

だから今回の総裁選挙においては、明確に中国の工作員である河野太郎候補を推してきた。 今この瞬間にも本当にとてつもない不正選挙、不正投票のシステムが動いている。 これを知っておいてほしい。 楽観視している人々もいる。 不正は難しいと。 わたしはそう考えない。

今の時点で都合の悪い事には答えるなという中国の側の命令があると分る。 これらの上の記事における経緯では、この保守系の自民党団体、護る会、で主要なプレイヤーである青山繁晴議員のホームページに詳しい。

河野太郎に青山議員が直接質問書を出した。 しかしずっと無言で無視。 更に他の三候補が回答したという情報を受けてだろう、彼の事務所が「 質問には回答しない」 という返答を出し、更にその後で、事態が自分に不利だと分ると、今度は秘書というか腹心を使い「 自分が答えようと思っていたら、下の連中が勝手に回答しないと返事を出していた」 …とあからさまな嘘を、その腹心を通じて青山議員に伝えたという流れがある。

彼は都合の悪い事には答えない、ツイッターにおいてはブロック太郎という名称があるそうだが、それらの動きも大きくは中国共産党における命令があるからだろうとわたしは判定する。 彼の動きはかつての沖縄の県知事、中国によって選ばれた県知事、翁長というあの人物と全く同じに見える。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/c22dcfc2805e09b836439a0525b98e9496375e06
自民党の佐藤正久外交部会長は22日、党総裁選(29日投開票)に立候補している河野太郎ワクチン担当相が政策立案に関し「(自民党の)部会でギャーギャー言っているよりも副大臣、政務官チームを非公式に作ったらどうか」と述べたことに「極めて失礼」と苦言を呈した。 自身のツイッターに「外交部会長として受け入れ難いし、部会で国民の声を政策や議員立法にしている議員にも失礼」と書き込んだ。 河野氏は21日、衆院当選3回以下の議員でつくる「党風一新の会」との意見交換会で、党が首相官邸主導による「政高党低」の構図となっているとの指摘について「国会で説明責任を負うのは政府。政高党低じゃなきゃ困る」と持論を述べた。その上で、政策立案に関しても党を軽視するような発言をした。  産経 922
==

だから彼の考え方は「 独裁」 だ。 他の人間の利益を考えて全体を調整することはしない。 中国と、それに関わる自分たちファミリーの利益を極大化することだけを考えて行動したいので、これらの記事における、部会という名称の民主主義的手続きが憎くて仕方ない。

彼は全て独裁で日本国家の諸制度を組み替えてしまいたい。 今ではそういう人なのだなというのがはっきりとわかった。 だから官僚に対して高圧的なのも、中国共産党の高級幹部のやり方そのままが彼の精神に転写されたから、という。

日本端子が中国で展開している三社。 これらの日本人役員に河野次郎という実弟がいる。 これが中国政府によっていつでも逮捕される、投獄される、場合によって処刑されるということの大きなリスクを彼は抱えている。 更に彼は日本端子の役員であり、実際に株式を保有している。

当事者であって「 家族がやっているから関係がない」 はどう考えても通じない。 しかしそれを言った。 つまり誤魔化せると踏んだのであり、自分の後ろの中国がどうとでもしてくれるという強い傲慢にあるからというのも見える。 日本端子の製造工場は中国にしか存在しない。 こんな日本企業はほぼない。 そういう形の企業はない。 だから最初からこれらの企業は、河野一族に利益を与える代わりに、死ぬまで子々孫々人形として使うために中国が用意してやったものだとすぐ分る。

彼らは自分たちファミリーだけの利益の確保の為だけに、日本人の全てを、いけにえとして差し出した。 この様な構造しか見えない。 そしてこれらの概念に関連するような、例えばマスコミ勢力の一部とでも言える座標が、今必死になって河野太郎が中国共産党員ではないか、本当にそうなのではないかという事の疑いに到達しない為に必死になって煙幕をはっている。

わたしは日テレがついにその本性を現してしまったのだなあと見て、今の河野擁護の動きをとらえる。 異常な韓国推しが始まってからおかしいなあと思ってはいたが、もうそういう集団なのだと断定してもいい。 つまり今の日本の従来からある支配装置の殆どが、目の前の敵としての儒教圏域にそうとう浸透工作を受けており、その更に上流ともつながった、本当に人類の敵だったという概念、これが多くの人々にむき出しになりつつあるというそれだ。

勿論それを見ようとする人にしかそれらの形状は見えない。 視線を逸らす人は勿論見えないのだ。

いまだかつてないほどにウソが漂った世界だ。 しかしその中に浮かび上がる事実の数も増えている。 それらを一つずつ拾い集めるのはわたしの、あなたの、個人の作業であり、そのことによる世界の構築と刷新が、その形がこれからの新しい世界の色合いを決める。 わたしはそう言う。


  見つけるのはあなただ。 創るのもあなたなのだ。


----
終了
----


  • [2376]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月22日(水)23時54分26秒
 
――――――――――
2021・922水曜(令和三年)
――――――――――

オバマ政権の前に取られたとされるジョーバイデンなる人物と今の人物の遺伝子データーが全く違うということの公表が成されていくのかどうか。 それがこれからの米国の進路を決めていく。 しかしそれは米国どころか、特に欧米世界を中心として展開されていた秘密結社という概念とでも言える人間集団の存在の公開になり、それを全世界の人々が認識理解出来るのかと言われたら、わたしは無理なんじゃないかという事をいう。 少なくとも今の段階においては。

それは地底政府の更に上の概念になる。 しかしそれはわたしが時々言っている、フリーメイソンを本当の意味において内部から運営しているたった5人の存在を信じられるかどうかという詰問とほぼ同義であり、そこからひも解くと、その地底政府=ディープステイト… ここで認識を止めてしまっているひとにはそもそも最初から理解出来ないし拒否されるだけだ。

ネットの中においてはカバールと言われている。 しかし我々はそれを日本語読みで陰始集団における一派… この様な理解を持っている。 そしてその上流の概念もある。 しかし誰も接近しない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/c494d9b5cd73edad5b4c6464aef99aadecbf6dc9
バイデン政権は、権威主義政権が率いる中国の台頭が21世紀の主要課題となると明言してきた。だがバイデン氏は「われわれは新たな冷戦や、複数の硬直した連合に分断された世界は望んでいない」と表明。「前に進み出て、共通の課題に対して平和的解決法を追求する国に対しては、たとえ他の分野で激しい意見の相違があったとしても、協力する用意がある」と述べた。  演説では、ウイグル人などのイスラム教徒ら100万人以上が収容所に送られているとされる新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の人権問題に警鐘を鳴らしたが、それ以外では中国を名指しすることはなかった。 922
==

だからわたしは出来るだけ現実世界に準拠したコトバの提示を心がける。 それをやってきた。 なので上の動きは勿論、彼なる男、つまりジョーバイデンの、そしてその背後勢力における思惑として米中共同世界、つまりG2戦略の変形版をこれからやりましょうというお誘いの形だ。

しかし逆に取ればこうなる。 お前たちとは冷戦はしない。 何故ならこれから我々はお前たちを殲滅するからだ。 とも実はとれる。 ここでわたしは最近の米国における主要な一派、地底政府右側とでもいえる( 米国土民資本派) のコークー一族の今、から入らなければならないのだが、その前の段階でこのバイデンなる自称の人物と総裁選挙が恐らく相当関連しているというのを先に言わないと、という気持ちの方が強い。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/c81d9f3510066a8e2ca7e373f8ae9a4bfd7e7b6d?page=1
 つまり河野氏は、エネ庁が修正要求に応じない場合は閣議決定に署名しないと示唆しているのだ。そんなことが起こった場合は閣内不一致なので、閣議決定を撤回するか、河野氏を罷免するしかない。それは前例がないわけではないが、深刻な問題になる。官僚としては、絶対に避けなければならない。  JBプレス 93
==

河野太郎が原発を禁止して太陽エネルギーをどうしても前にするのは、勿論日本端子のためだ。 しかしその動きは何をどうしても利益相反行為になる。 それらに対しての説明が彼の口からなされたことはない。

この、何もかも都合の悪い動きには彼は最近は本当に黙っている。 これはバイデンなる人物が選挙戦の時に、余計な事をしゃべるなと背後の勢力に命令されてから以降、全くの沈黙を守った動きと同じだ。 だからわたしは彼が総理大臣になってしまうのだとみている。

中国の勢力に「 河野先生をどうあっても総理大臣に、我々がして、さしあげます」 とささやかれていい気になった。 この構造しか見えない。

==毛沢東バッジを付けている河野太郎
https://www.sankei.com/images/news/170807/wor1708070049-p1.jpg
https://twitter.com/jda1BekUDve1ccx/status/1440380818333974533
https://twitter.com/bsyamato1945/status/1440347288082149391
==

明後日にたしかクワッドの会議がある。 にも拘わらずこんな発言をバイデンとやらはやった。 そして菅首相がもうやめるのに、しかし絶対に来いと命令をした。 そして今日の時点で米国は福島の農産物の全面禁輸を全て解除した。 これはアメだ。

わたしの視点からしたら、中国の江沢民勢力の明らかなるリモコン線の付いたロボット人形、河野太郎を何としても総理大臣にせよ、という命令がクワッドの会議のその裏側で行われるのではないかとみている。 他の見方もあるが、最悪を想定したらそうなる。

河野太郎は明らかに中国共産党員だ。 隠れ党員という。 それを肝心の中国人たちがツイートをたくさん寄せている。 何故このタイミングで中国人たちが大量に動いたか。 わたしはそれを今起きているのはあくまで中国の権力闘争であり、習近平の側が、河野太郎の弱点を、江沢民の人形をここで破壊して恩を売っておけという動きに出ている… というふうにしか見えていない。

わたしは総理総裁に河野太郎がトップでなるという最悪を想定している。 勿論不正だ。 バイデンを押し上げた時と全く同じ手法が今日本国内で展開されている。 これを日本国内の習近平側の関係者が日本の公安筋に何もかもを教えているという動きが起きている。 そうとらえる。

==2021年4月4日 長江日報
WangZhonglinとChengYongwenが、BOE TechnologyGroupのChenYanshun会長と会談
4月1日、湖北省党委員会常任委員会委員で武漢市党委員会書記の王忠林氏と市党委員会副書記兼市長の陳炎順書記長と会談した。陳炎順氏は、党委員会およびBOEテクノロジーグループの議長。  王忠林は、市党委員会と市政府を代表して、陳炎順とその側近を歓迎し、特に武漢の流行との闘いの過程において武漢の経済的および社会的発展を長期的に支援してくれたBOEに感謝した。  習近平書記長の重要な演説の精神を徹底的に研究・実施し、チャンスをつかみ、勇敢に使命を担い、「五つのセンター」の建設と近代的な武漢の建設をスピードアップします。  BOEは、武漢の発展に引き続き関心を持ち、支援し、武漢により質の高いプロジェクトとリソースを投入し、流行後の武漢の回復と質の高い発展を支援することが望まれます。
==

陳炎順… たしか彼だったと思うが、彼は河野太郎の中国での展開企業、日本端子の中国支社の社長だった。 そしてその彼が武漢市における武漢肺炎の一連の修復作業とでも言える中でどうして関わっているのか。 わたしは彼の経歴が、共産党の超高級幹部、優良党員であるという経歴からして、何かの形で人民解放軍生物兵器部隊などに連なる集団に深く関係していたのだろうなととる。

日本端子はその企業活動を通じて中国共産党と人民解放軍に大きく資金的にも情報リソース的にも関与した、貢献した。 それは結果的に人類虐殺を仕掛けた今回の武漢ウィルス攻撃、作戦計画に関与したという事。 つまり河野太郎のこのファミリー企業は、今この瞬間470万人以上が死んだ、そしてこれからもたくさん死んでいく武漢肺炎の大きな関係者、内側の人間という捉えかたになる。

== テレビ朝日 922
総裁選を巡ってはこんな気になる事態も起きています。自民党員に送られた投票用紙とそっくりなものがメルカリに出品されていたことが分かりました。  なんと、自民党総裁選の投票用紙とみられるものが「メルカリ」で売られていました。  自民党の各都道府県連が投票資格を持つ党員などに発送したものと思われますが、テレビ朝日が取材した山梨県の投票用紙と比べても文言が似ているのが分かります。  自由民主党本部総裁選挙管理委員会:「メルカリ事務局に対し、商品として不適切な可能性がある旨を報告し、すでに削除されております。投票用紙の作成にあたっては偽造防止などの措置を講じております」  自民党の大阪府支部連合会から3日前に投票用紙が届いた大阪府在住のHITOMIさん。  自民党員だという認識は一切なく、党費を納入したこともないそうです。  自ら自民党大阪府支部連合会に問い合わせたというHITOMIさん。すると、なぜか自民党の東京都連から返答が…。 HITOMIさんによりますと、東京都連は、ある国会議員の名前を出してきたといいます。しかし、HITOMIさんはその国会議員とも接点はなく、困惑を隠せません。
==https://i.imgur.com/dngq301.jpg

偽の投票用紙が大量に印刷されている。 これらの暴露をやっているのが恐らく習近平側の在日中国人たち、そして華僑たち、かなあとわたしは漠然ととらえている。

自民党の往復はがきは、身元確認を事実上していない。 わたしは党員の人から色々教えてもらった。 そしてあれらの投票はがきは何ということか、マスクが、つまり目隠しのシールがない。 だから郵便局に中韓北勢力や極左や日共が入り込み、例えば高市早苗と書いてある投票のハガキを見つけたら、それを廃棄することは本当に簡単だとその人たちから聞いた。

何が行われるかは断定できない。 しかし今の段階でどうやら、これは自民党員の中に流されている情報のようなのだが「 高市早苗を当選させる為に、新たに年会費を払って党員登録をする人たちが大量に出ている」 …という風なコトバが乱れ飛んでいるのだそうだ。

年間4000円で、3年分を納入すれば誰だってなれる。 国籍条項がない。 だから中韓誰でも出来る。 更に一人で複数のアカウント、これはやっぱりとれる。 そしたら公正はそこには全くないとバカでも分るだろう。 選挙になっていないのだ。 かつてこの党員制度を悪用して、比例の代議士が、自分の支持者が、党員が多いのだからとそれらを偽造して、自分を比例の名簿の最初の方に掲載してくれとやった議員が山ほど出て相当問題になった。

この時点でザルだ。 これらの郵便投票は、大平福田の時のダイフク戦争の時から採用されたそう。 だからその昭和の時代だったらまだ人間の信用度は高かったが、今はもうだめだ。 このシステムは廃棄しないといけない。 又はそうとうのセキュリティの強化を。

そんなものが成されないままにこれから郵便投票が、党員が莫大に増えたという恐らくウソの設定情報拡散の中で行われる。 これはバイデン自称大統領の誕生の時と全く同じ構造だ。

だからわたしは身構える。 河野太郎バイコク総理大臣の誕生が本当に迫っている。 これを。


  ぼんくらでいるな、盗られるだけだぞ



----
終了
----


  • [2375]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月21日(火)23時54分6秒
 
――――――――――
2021・921火曜(令和三年)
――――――――――

中国はこれから内部が壊れる。 それが始まった。 勿論人為的な部分だけ。 自然環境に関しても壊れていくとは思う。 しかしそれは正確に伺いしれない。 人間が社会を構成し、特に中国という座標に関しては  △  の社会構造になっているのだが、それらの社会構造を維持するだけで、その座標からはエネルギーが抜けている、送信されているというモデルを持つわたしからしたら、今の中国のあの体制をどうしても無効化しないといけないと誰が一番考えるのか。

それはこの地球という名称惑星であり、彼の真意に同調する人間集団だろう、という見方をわたしはしている。 どうせ間違っているが。

日本時間21日に世界暴落が開始された。 しかしこんなものではないだろう。 明日と明後日以降にまだ下がっていく。 その流れの中で米国のFRBが上手に時期を調整しながらテーパリング、つまり金融における過剰なドルの発行と流通の状況を引き締めていくとどうなるか。

普通に考えて中国内部のドル=真実の通貨、の絶対量が足りなくなる。 壊死が起きる。 そしてそれはもう始まっている。 今見えているのは不動産セクター。 しかしそれが全域に広がる。

勿論中国は統制社会なので、西側における破綻ほどにはならない可能性はある。 しかし彼らがその統制ゆえに、我々西側の常識を遙かに超えた負債の隠ぺいを行っていたら、それはどうなるか分からない。 そうなった場合は金融システムそのものがぶっ壊れる可能性がある。 だからその時に限っては習近平政権は、既存の銀行だけは助けようとする。

ただし江沢民勢力の銀行はつぶす。 そういう事の判別が出来ないほど入り組んでいたら、一旦全て潰してから再構築する。 既存の銀行は今の習近平政権の権力の源泉の一つ。 彼らのシステムに生き残ってもらわなければ、10年内には必ず実行して、経済ブロック圏域を構築し、その中だけでの経済成長を行っていくという、デジタル人民元の構想が壊れる。

だから今もっているドル資産は、それらのシステム構築の最初にどうあっても必要だから、基本民間は助けない。 潰す。 それが江沢民勢力なら速攻でそれを行う。 だからそれが起きている。

==
中国恒大集団の負債はGDPの約2%。今月の利払い乗り切るのか?その後も、負債の半分は建設会社等仕入れ先買掛金らしく、加えて個人の住宅購入者への前受金債務等、実態経済への波及が膨大。日本のバブル崩壊後の不良債権処理を担当した私から見ても難物。中国のリーマンと評する華僑経済人も。連鎖は?  片山さつき (@katayama_s)  September 20, 2021
==
Strawberry 苺? @FreshMixedBerry 河野太郎候補が父親・河野洋平氏の「河野談話」を継承すると発言!! これは問題です。 菅内閣では今年4月27日の閣議決定で「従軍慰安婦」は不適切なら表現だとし、朝鮮半島からの労働者の「強制連行」の表現も不適切とし、事実上の「河野談話撤回」をしています。 午後10:15 ? 2021年9月20日
==

バブルに関しては中国の経済官僚たちは間違いなく甘く見ていた。 日本の経済官僚たちも結局は本当のサイズを把握できなかった。 バブルの破裂というのは、それが起きてから初めて規模が分かってくるのであり、まだ恒大集団は破綻していない。 だからまだ全体像を彼らも理解していない。

色々な処理の流れの中で米国債に大きく手を付ける動きを彼ら中国が開始したら、世界は一段階緊張の度合いを高める。 米国が無効化に向けての動きをするかどうか。 そんなに簡単に動かないとは思うが。 何せバイデン自称政権だから。

==
【9月20日 AFP】中国の不動産開発大手、恒大集団(Evergrande Group)が、巨額の債務を抱えて経営破綻の瀬戸際に追い込まれている。国内最大級の民間複合企業である同社は急成長を遂げてきたが、財務の健全性に対する懸念から、今年に入って株価は香港株式市場で急落している。  国内で20万人の直接雇用と380万人の間接雇用を創出しているとする同社は、破綻の回避に努めていると主張している。同社の破綻は、中国経済のみならず、場合によっては世界経済にも波及しかねない。
==
中国の3年間のコンクリート使用量、アメリカの100年間を超えていた
https://www.gizmodo.jp/2015/02/3100.htm
==

恒大集団が立てた廃墟の大部分は捨てる。 しかし使えるものは、ほぼ無料で中国国民の真ん中から下層に向けて、農村戸籍の連中を含めて貸し出す。 又は売る。 そうやって今の習近平政権への支持率を強化し、なおかつこれらの貧困層に「 悪いのは走資集団だ」 と矛先を今回の動きで三無一文になる連中ら対してそれをアナウンスする。

走資集団とは、確か鄧小平の改革開放からの流れにおいての小金持ちたち。 自分さえ儲かればどれだけ貧困が出ても関係ないというのを地でいっている連中のこと。

習近平は自分の若き頃のルサンチマンも含めて、怨嗟の解消も含めて、鄧小平に関連する思想と国家の内部における、その果実を全て刈り取る。 その決断を本当にしたようだ。 それが8月の頭における彼の共産党100周年の演説にある。 しかしまさか本当にやるとは思わなかった。

一旦西側の自由と富と快楽をしった上層階層の連中が、人民解放軍や共産党の高級幹部たちが、本当の意味で従うだろうか。 わたしは無理じゃないかなあという立場に立っている。 何処かでそれが暴発しそうになる。 しかしそれを強権で押さえる。 しかし限度がある。

だから戦争への出兵への、国外進駐、派兵などの動きにどうしても移動するのではないか、中国が、という認識で今の崩壊の序章を認識する。

==https://bunshun.jp/articles/-/48752
河野太郎ワクチン相 “ファミリー企業”から6700万円の献金を受けていた  自民党総裁選に立候補した河野太郎ワクチン担当相(58)。河野氏の政治団体が、父・河野洋平元自民党総裁が大株主で、弟・河野二郎氏が社長を務める企業など“ファミリー企業”から、少なくとも6700万円の献金を受け取っていることが、「週刊文春」の取材でわかった。 当該の企業は、河野氏の選挙区・神奈川県平塚市に本社を置く「日本端子」。祖父・河野一郎氏が創業し、主に車載用端子などの設計・製造を手掛けている。  文春 921
==

だから国家の中身を造り変えるのだから、今までのような潤沢な資金は奪えない。 しかし最低限の何か、つまりカネ、最先端情報、人材、などなどの、国家のリソースとでも言えるものを日本から奪う事によってそれをあてる。

河野太郎という人物は、そのために今回急に出た。 恐らく命令された。 恐らく「 あなたを何がなんでも総理大臣にしてあげる」 という風な甘いコトバをかけられた。

だからわたしは前回だったと思うが、自民党党員における「 みなし党員、あずかり党員」 という制度の事を言った。 わたしはこれらの制度が本当の本当にシステムとして機能しているかまでは確認していない。 わたしは党員ではない。 しかしあずかり党員という概念は複数の自民党党員関係者がツイッターで言っていたので、恐らく本当だろう。

ということは小泉純一郎の時にも徹底的なおかしな動き、不正があって、それはこの部分による全国の自民党党員の不正な投票だったのだろうと分る。 今回例えば、去年までが10万人の党員の数しかいなかったのに、今回に限っていきなり30万人に、つまり20万人が新規で加盟したことになってしまっており、それらの増えた党員が全て河野太郎と書いて送ったら、それはトップ当選だ。

恐らくそういうたくらみが今、本当に動いている。 だからその結果に向けてマスコミが河野河野と言っている。 地方新聞における、彼らの自社サイト、共同通信配信の記事ではない、その地元の政治記者が書いたような記事は、その県の自民党県議連は圧倒的に岸田… というのが実に多い。

これは分かる。 岸田の背後に財務省がいるから。 予算がつくから。 だから岸田。 これは分かる。 しかし何をどう考えても、いきなり出てきた、そして地方組織が皆無の河野がトップの支持というのはどう考えても大きな工作が進行しているとしか判断できない。

==
中国、最大の不良債権処理会社、デフォルトの懸念…国有企業の破綻容認へ転換か
https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/fuji-kazuhiko/270.html
==

河野が総理になると、民主党政権の時の数百倍も数千倍も、日本の何もかもの手足が縛られた状態で、更に国家のリソースが無償で中韓に譲渡される。 輸出管理強化などの韓国ホワイト国復帰なども即座に行われる。 手に取るように見える。 彼はアンチ韓国ではない。

日本端子の政治資金の記事などを見て、これらがこれから総理大臣になろうという人物が行ってきたことなのだと理解すると、つまり彼は、彼の一族は、中国に大きく儲けさせてもらっているのだから、中国に逆らえるわけがない。 来年の習近平国賓も即座に決まるだろう。 女系天皇も決まる。 更に対中国の防衛システムもひっくり返される。 日本の防衛予算も削減される。 徹底的な日本弱体化を河野はやる。 彼ら一族の怨嗟をそこで晴らす。

彼は自分たちのカゾクの利益の為に、日本人全てをいけにえとして差し出そうとしている尖兵だ。 わたしはそう判定している。 そして最悪なことを言う。 バイデン自称大統領が誕生したように、河野総理大臣が誕生する可能性が非常に高い。 冗談ではなくて。 だからわたしはあなたに伝える。 せめて日本端子などの事は知らせないといけない。 友達レベルでいいから。 そして日本が今本当に全てを奪われようとしていることも。

河野最高とやってきたコトバだけの支援、ツイッターなどなどは、やっぱり中韓の工作員が日本語を駆使してそれを長期にやってきた、騙してきた。 そういう風に大きくモデル化しないといけない。

細かい事を考えても我々庶民は必ず騙される。 何をやっても間違える。 しかし大きくつかんで「 自分で決めてゆけば」 その時々で自分でその概念を自らの認識で修正することができる。

リベラルなる思想信条を、自らの生活体験のもとにそれをやっているのだというのならわたしは尊重しよう。 しかし自分が大きく中韓などの勢力が大量に投げつけるコトバの謀略によって、何の判断も自分で行いもしないのに、河野の言っている概念が正しいのだとやるのなら、そんな存在は世界を語る資格も、認識する資格もない。 地球存在座標の全てを愚弄し、侮辱している。 そこまでわたしは言う。


  だましの海から抜けよ、速攻で


----
終了
----


  • [2374]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月20日(月)23時53分52秒
 
――――――――――
2021・920月曜(令和三年)
――――――――――

河野太郎を何としても総理にさせるという不正選挙の動きが動いている。 郵便を使った不正だから普通に考えて米国の大統領選挙で使われた手法を採用したような人間集団、これらにつながっているような集団、こういうものが関わっているのだろうなあと推測する。

==
じゅに【非公式】?@masakimyself  帰宅したら届いてたwww  ん??こんなに沢山投票していいのかね。 宛名見たら別人だらけだったんだがどうなってるんだ?
https://twitter.com/masakimyself/status/1439173367173550086
==

このツイートはもう消されている。 しかし魚拓が残っている。 そしてこれらの情報発信の中でどうやら「 預かり党員」 という概念が自民党の党員の中にあるというのが分かった。 詳細は何とも言えないが例えば、おカネを持っている何処かの中小企業の社長がいて、その社長が100人分の年会費を自民党に払うことにより、その社長は自分の会社の社員を自動的に自民党にさせますから… とでも言えるような概念でとにかく一人で100人分の投票権利をもつことになり、極端な事を言えばその社長が独りで100人分の名義をかたって特定の候補に投票することが可能… こういう概念のようだ。

勿論、全てが架空というのでもなく、恐らく本当に社員に自民党党員にならせているというのはあるだろう。 しかし100人かき集められなかったらどうなるか。 それは残りの部分を社長が管理する、運用するという事になる。 そういう架空名義の投票用の往復はがきが山ほど飛び回っている。

それらが河野支持を主張する個人のところに、それが社長などではなくて、単に本当の個人で、年会費も一人分しか収めていないのに、しかし100枚の用紙が届く… こんな事例が多発しているようだ。 つまり今回の選挙で最初からメディアは河野がダントツとやっていた。

そのウソの最初の大量の拡散、そして不正投票、更に、誰にも確認できない段階でマスコミが一方的に河野勝利と発表してしまう。 これは典型的なバイデンジャンプからの流れだ。 我々はあれを目撃している。 あなたはどうせ目撃していないだろうが、しかし、あの時時差の関係なのかどうか、兎に角世界で日本人が一番あれらの投開票を見ていた。

我々が真っ先に気づいた。 人類世界において真っ先に気づいた以上は責任がある。 二度と同じ不正をさせないということの。

==
三木慎一郎  @S10408978  つまり、簡単に言いますと、日本端子が120万ドル出資、残りの80万ドルは、共産党トップクラスの企業が出資して作られた会社が「北京日端?子有限公司」という事です。 合法ですが... 共産党の血が40%入っている事。 モラルの問題です。
ーー
日本端子との共同出資の京?方科技集?股份有限公司は、中華人民共和国工業情報化部の指導の下、Huawei、ChinaUnicom、China Mobile、Tencent、Baiduを含む42のユニットが共同で、China Ultra HD VideoIndustryAllianceを設立しています。
ーー
日本端子の中国子会社である「北京日端?子有限公司」は、日本端子60%、京?方科技集?股份有限公司40%の出資比率であり、河野二郎氏は副董事長であるが、京?方科の董事長である陳炎順氏はエリート共産党員であり、今年6月に全国優秀党員に選ばれたレベルの共産党員です。 つまり、そういう事です。
==

そして河野太郎という人物の背後に明らかに中国がいること。 だから彼らがこれからの自国の経済崩壊などを見越して、日本から何もかもを奪うとる尖兵として、そしてリモコン線のついたロボットとして、なんとしても河野太郎を総理にするのだと動いているのだろう、と分る。

河野太郎は、女系天皇、同性婚実現、原発大反対、そしてその代わりに中国製の太陽パネルを大規模に使ったメガソーラーの日本国内全国展開、さらに道州制、そして地上イージスの中止、更に敵基地攻撃能力をもたないこと… 分かっているだけでもこれらの主張の全ては、何もかもが中国人たちが日本という国家を移民の形で入り込んで、道州制という独立行政単位を中国人の租界にして、支出は日本国民に支払わせ、彼らはその行政単位で取るだけの、カネを儲けて盗るだけの基本構造を深く広く設置したいから、それらの尖兵として河野太郎を欲しているのだと実によくわかる。

父親の河野洋平は確か新自由クラブだったと思う。 その時に作った莫大な借金を、中韓が、中国政府が肩代わりして払ってやった… このイメージをもってほしい。 そんな一家が中国に逆らえると思うか真面目に考えることだ。 だから祖父の河野一郎だったと思うが、自民党総裁になったが総理になれなかった人物。 これらの背景もたんに三光汽船の汚職問題ではない何かがあったのだと考えておいたほうがいい。

一家を上げて中国に絡めとられてしまっている。 わたしの見え方だったらそれは福田であり、小泉であり、だ。 他にもたくさんいるだろうが。

==
門田隆将  @KadotaRyusho  万一、河野太郎政権になるなら総理の一族が中国で会社経営というあり得ない事態が現実に。“クリーンなエネルギーを生み出す太陽光発電”に寄与すると宣言する #日本端子 の存在を考えれば氏の政策は分り易い。北京、江蘇省、香港で同社はどんな便宜を図ってもらっているのか。  10:37 AM ? Sep 19, 2021
==

だからこの日本端子の情報をマスコミは最初から、最初の最初から知っていたが、決して報道しなかった。 それだけで日本のマスコミが中韓にどれだけやられてしまっているのかが分る。 そしてわたしはこれらの動きの中に実は、江沢民勢力ではないかと疑われている石平さんなども、彼もこの日本端子の事を知っていたに違いないという立場でいるから、彼が沈黙を守っているという風に見えるのは、つまり河野太郎をコントロールしようとしているのは、大きな意味では江沢民派なのかなあと思っている。 これは勝手なあてずっぽうだが。

家族が徹底的に中国に、経済活動を通じて実際の人質にとられている。 この構造はバラクオバマを名乗っていたあの人物の異母弟が、中国の共産党にビジネスの形で人質にとられていた構造と全く同じだ。 おそらくそれよりも酷い。 親父と次男だから。 そんな人間を日本の総理大臣にしたらどうなるか。 それは民主党政権のときなど比較にならないほどの売国政権の誕生だ。

日本のリソースの全てが、無償で中韓に譲渡される。 日本人だけが奴隷にまっしぐらだ。

==
2021.9.18【中国経済】中国発リーマンショック? 中国恒大集団来週デフォルトか!【及川幸久-BREAKING-】  https://www.youtube.com/watch?v=n9oiAPvCtlY
==
中国恒大の流動性危機、今週重大局面に -23日の社債利払い履行が焦点
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-19/QZNJYNT1UM1701
==

中国でこれから起こる不動産セクターの大崩壊が、そこだけで済むわけがない。 だから数年をかけて中国の内部は壊れてもとに戻らない。 日本の関連組織の赤字とでも言えるものが、仮に表に出るのなら、恐らく今年の年度末の3月あたりかなあとは思っているが、普通に考えて年金運用における関連の保険は必ずかけているので、何もかもを失うとはとりあえずは言わない。

しかしそれらの保証の内容次第。 更に言えば3年ほど前からアジア圏域で起きていた不動産バブル。 インドネシア、マレーシア、シンガポール、韓国、ベトナムですらも… これらの原因は大きな所は恒大集団だ。 この第三国関連の投資、金融商品で大きな穴をあける可能性、これも考えておく必要がある。 しかし一番どうしようもなくなるのは中国本体、そして周辺属国、更に新中韓派だろう。

==
小咲なな  @TIOffoa1Iny67ll  韓国紙「高市が韓国攻め予告」  高市早苗議員が歴史問題に対し「中韓は世界に不正確な情報を発信している。日本は歴史外交の強化が必要」と専門部署の創設を主張。これに複数の韓国紙が「韓国への強力攻勢を予告した」と警戒の反応を示した。 むしろ防御。これは絶対やるべき。
==
15日、産経新聞のインタビューによると、高市氏は慰安婦や徴用問題の対応に関して「中韓両国は不正確な情報を世界中にさまざまな手段で発信している。日本はあまりにも『歴史外交』が弱すぎる」としながら「歴史外交を強化するため、内閣官房に省庁横断的な部署を設けることが有益」と述べた。  中央日報 915
==https://news.yahoo.co.jp/articles/363e97e36b46eaf353a86d35b2136b2dd11c6873

中国助けないのだ。 何故なら、政府が公的資金を注入しても、もはや助けられない額になっている。 ということは、いったん助けてみても、そこから必ず「 政府として債務不履行の宣言」 の動きに追い込まれてしまうのだから、ではどうなるか。 人民元の通貨の価値が大暴落だ。 必ずそうなる。

だから中国は助けない。 これから更に緑大集団だとか、巨大不動産開発企業などの破綻も控えているとされるが、これも潰す。 不動産バブルを止めないと、どう考えても普通の物価インフレが開始する。 そうなると真ん中から下の中国人たちが食べ物にも困る国家に本当になってしまう。

そんな状況は間違いなく今の政権の批判、反乱などに結び付く。 だからそこにいくくらいだったら、鄧小平路線の元に、自分さえ儲かればそれでいいといった考えて生きてきた、小金持ちから大富豪、これらを全て始末して、バブルの負債を全てこれらの集団に押し付けて、彼らを無一文、更に借金漬けにして、彼らが悪いのだ=鄧小平思想が悪いのだ、とやって、その上で自分たち政権=新しい毛沢東思想、とでも言えるものに中国人の人心を集約させる。

貧乏にはなるが体制は守られる。 貧乏になったらそれは日本から盗む。 その為の河野太郎だ。 わたしには今の流れがそう見える。

だから日本の中のアイコク土人派とでもいえる高市さんが、それらの工作を、先ず日本人に正しい事実歴史情報を教える、そしてこれらの儒教圏域のウソで出来ている連中をこちらからのコトバの発信で無効化する… これらの方策は100%正しい。 そしてこれは新しい世界に移動する為に、われわれが必ず通過しなければならない動きでもある。

自分がない日本人。 これでこの日本国土の9割以上が出来ている。 だから先ずこの自分がない状態からの脱却をどうしてもやる必然がある。 勿論その先もある。 エゴの希釈だ。 しかし自分のない人間はそれが恐らく不可能だ。 最初からエゴがないのだから、ないものは希釈できない。

だからわたしはこうしたロジックに接近しようともしない、自称精神世界の最先端の領域とやらの人間集団を相当に疑っている。 彼らはキム・フィルビーではないのかと。 これは今回の河野太郎ともつながる人名だ。

精神世界概念が上で優れていて、これら現実世界の泥の様な動きが下でおとっていると勝手に決めて分離しているのは彼ら自身だ。 それが罠だ。 どのような座標にあってもそれらの見える景色は大差ない。 貫いて流れているものを発見しなければならないときに、上下優劣の  △  の概念でなければ世界を認識できないという己の集合点の座標の位置を疑うがいい。 とわたしはいつも勝手に偉そうに傲慢に投げつける。


  デバイスを通じて違った世界構造線の存在が認識を共通化しているということの意味、だ。


この概念は覚えていたらあなたにいう。 わたしとあなたのいる世界は、今の時点で既にもはや違うというその意味だ。 それを超えてしかしそれらの人々はどうしていくのか。 わたしはどうするのか。


  自分で決めよ、自分で進め


----
終了
----


  • [2373]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月19日(日)23時54分8秒
 
――――――――――
2021・919日曜(令和三年)
――――――――――

総裁選においては、河野太郎支持のブロックに、党員が2人の家に「 投票用の往復はがきが100枚届いた」 だとかいろいろな情報が出てきている。 事実かどうかは分からない。 あくまで噂のたぐいだと思いたいが、しかし小泉純一郎の時に徹底的な不正選挙が行われた、この時の再現になっている。 それはうかがえる。

そして河野という人物はとてつもなく傲慢で、強圧的な人間だと判明した。 米国に留学して、脳の中を完全に洗脳され、調教調律された日本人支配層達の悪い方での典型的な人物だ。

脳の中を英語で充たされて、そして英語が上手に話せるようになったら「 自分は他の日本人よりも上、そして優秀な存在」 と勝手に勘違いする連中は山ほどいる。 また米国におけるそれらのキャラの担当官とでも言える存在たちがそのようにしていく。

河野という人物はそれの典型だ。 日本操りの人間集団の中の手ごま、この様な言い方をする。

==
飯山陽 Dr. Akari IIYAMA『イスラム教再考』6刷決定  @IiyamaAkari
河野太郎氏は何か質問されると非常に頻繁に「議論する」と回答しているが、これが河野氏の言う「議論」なのであろうか。政治家、大臣という強い立場に立ち、椅子の上にふんぞり返り、大声で役人を威圧する。ここには彼の主張する「温」も保守主義も何も見いだせない。彼の態度は独裁者のそれである。 ヒゲ仙  @katu178524503
文科省で怒鳴りまくる河野太郎、公務員は真面目が基本、政治家の圧力には耐えられない。 https://twitter.com/hironikaido/status/1435707115146862593
==

だから下の三木谷なども典型的なハーバード学閥における、確かこの人はケネディスクールだったんじゃなかったかなあと思うのだが( どっちか忘れた) 、考えることは米国の東アジア戦略における日本担当という風な、そんな立ち位置だ。 しかし最近テンセントと組んでどう考えてもババをつかまされた動きを見ていると、これは米国の青い目たちに騙されたのだろうなあと判定する。

大きな意味でハーバードにおける △ の概念でいったら、やっぱりアジア人など劣等の下… こんな言葉が彼らの内部の潜在意識の中には隠されているだろう。

==
三木谷浩史 H. Mikitani  @hmikitani  移民政策に対する不安は分かりますが、もはや他に手はないと思いますよ。幕末の攘夷論ではないけれど、現実を受け入れないと。人口減少する国に経済発展はないし、科学技術には国際的なトップクラスの人材を集める必要がある。その上で如何に日本らしさをキープするか。  午後5:43 ? 2021年9月16日
==

そして三木谷のいう移民政策というのは、河野太郎がこれから推し進めようとしている道州制とセットになったものだ。 彼のこの発言はそれらに対しての今からの下地作りと分る。 優秀な研究者を高額でスカウトすることと、単純労働しか出来ない移民を入れるのは次元が違う。

というよりもそもそも最初から違う。 にも拘わらず敢えてこうした分かりにくい( と本人は思っているようだが) ロジックを使って表現するあたり、彼の日本国民に対して本当の所はどう思っているのか、判定しているのかがよく見える。 馬鹿としか思っていないのだろう。 簡単に騙せると思っているのだろう。 わたしはその判定で上のツイートを見た。

道州制が江沢民達の勢力の、そしてその背後の、昔からつながっていた勢力の、日本解体のシステムの一つであるのは説明する必要がない。 日本に香港のような一国家二制度の地域、租界をつくって、そこに大量の中国人を移民させる。

関西の経済界が、松下政経塾の連中などが、これらの概念を必死になって推し進めているのは、勿論彼らが根幹から中国に浸透されているということ。 そして経済的に臣下の礼をとってしまっているのだということ。 彼らはこれからの日本において本当にいらないのだ。

2022年4月から、どうやら本当に日本の国家主権が戻ってくる。 まだ確定した証拠をあなたには出せないが。 だからそれに向けての下地作りの関ケ原、または大阪の陣とでも言える動きが今の総理総裁選挙なのである。 それは熾烈な奪い盗る者達の活躍があるだろう。

それこそサッスーン商会だとかあれらの時代から、大清帝国のあれらの時代から東アジアで奪い盗りをしてきた少数集団が、自らの利権の獲得維持のために介入してくるわけだ。

河野太郎圧倒的優勢のマスコミ報道は、明らかに地方の実情すら伝えていない。 これらの奪い盗り極左メディアの結託が裏にあるなあと分る。 地方は岸田なのだ。 彼の背後に財務省がいるから。 そして財務省に予算をつけてもらうために地方の自民党県連などは岸田になっている。 宏池会の過去からの構築したものがある。 そこに何の力も組織もない河野が、党員支持を過半数以上押さえてしまっているという情報だけが出ている。 一人歩きしている。

情報だけを先に大量に出して、あとでやっつけでねつ造をする。 そして報道は真実を一切伝えない。 われわれはこれを自称バイデン政権誕生の時に目撃した。 これすら目撃していない人がいる。 にもかかわらず、まるで自分たちが人類世界を教導するだとか、己が覚醒するだとか、探究するだとか言っている座標がある。 どれだけ不自然なことをやっているのか。

彼らが工作員であるというのは言った。 しかし人間は潜在意識を見ることが出来ない。 だから当人は自分がそのような存在だということに全く気付いていない。 わたしはその解釈を一方的に貴方に投げつける。

==
ワクチンを打てば打つほど免疫が武漢コロナ専用に固定化されるため免疫不全に。
Geert Vanden Bossche 博士 ( ワクチン開発の世界的権威)。
【HighWire:ワクチン惨劇が間近に(字幕修正版)】
https://odysee.com/HighWire%EF%BC%9A%E3%83%AF%
==
「イスラエルはファイザーワクチンの実験室」 zoom会議でのファイザー科学者の発言がリークされイスラエルのニュースで物議
https://thetruedefender.com/israeli-holocaust-exposed-in-zoom-call-with-pfizer-scientist-confessing-that-israelis-are-labs-for-pfizer-covid-vaccine/
==

ワクチンに関しては昨日の918の時点、米国のFDAに関連するオンラインの公聴会とでもいえるものの中で、全米の医師たちが、証拠付きで、今のワクチン過剰摂取は、ウィルスに選択淘汰圧力をかけるだけであり、ワクチン投与が進んでいる国家ほど変異体が増えているという発言、これが出てくるようになった。 潮目が変わってきている。

しかし彼らはインドにおける極端な変異のデルタ、そしてそれらに関連する中国軍の移動に関してのデーター解析はしていない。 わたしは今の変異体は、本当に変異したものと、中国が散布しているもの、これらの両建てが混じっているのだろうなあと漠然と考えている。 分からない。

ただ偶然に、自然に、何かが今の世界的な混乱の事態を引き寄せた、とだけは思っていない。

本来の、という前置きをするが、人類が絶滅した世界線においては、確かそれは第三次世界大戦ではなくて、人間のエゴの極大と愚かさによってそれが実現してしまう、という表現だった。 それらは今の武漢ウィルスからのワクチン世界展開、この動きと重なってしまう。 しかし完全にそうなっている訳でもないだろうなあという見え方もわたしにはある。

誰の思惑も現実化させてもらえない、地球という惑星すら含めての、太陽系という存在全てふくめての、一億総ざんげに近いようなエネルギーの支払いとでも言えるものがあるのではないのか、というのがわたしの今の立場だ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/79135.html
中国政府による各業界への規制強化は、株式市場を直撃した。中国のインターネットサービス大手、テンセント・ホールディングス(騰訊)は16日、世界時価総額上位10社から押し出され、11位に後退した。世界上位10社から中国企業が姿を消した。  大紀元 919
==
【北京共同】中国の不動産大手、中国恒大集団は18日、グループが扱っている投資商品の償還を前倒しで受けていた幹部6人を処分したと発表した。恒大は巨額の債務で経営悪化が懸念されている。一般投資家より先に自社の幹部が償還を受けたことに批判が強まりそうだ。 グループ傘下の恒大財富が扱う投資商品を保有し前倒しで償還を受けた幹部6人を処分した。償還も取り消した。恒大集団は「全ての人に対して区別のない対応を確保する」と強調した。  918
==https://news.yahoo.co.jp/articles/f08b4722ae1c5873afcc0f45e6d8fadfdc748a42

しかしその謝罪の賠償金とでも言えるものは、やはりその犯した罪… 因果応報をどれだけ破壊したのかという事を準拠に金額が決められているという風にとらえる。 だからこれから中国においては、ウィルスだけではなくて、彼らが徹底的に仕掛けた自然破壊と、同胞の人間という種族にしかけた非道の行いと搾取などに関する弁償、賠償がおしかかるのだろうなと捉える。

中国が何故自然破壊をするのか。 わたしは一つのモデルを持っている。 植物はイルプロラシオン系という風にこれを決めるなら、そもそも彼らは人心支配のコントロールが当然という領域から地球に入ってきているのだから、個別の植物においても大なり小なり、人心支配の力があるのだとわたしは考える。

それらのシステムを、中国の中の人とでも言える存在が嫌った。 こうした言い方をしておく。 だから彼らにとったら植物とは根絶の対象だ。 それは人心支配は自分たちだけに与えられている独占の特権だと彼らが考えるから、行動をするから。 もちろんモデルだ。

いずれにせよ中国の崩壊は、いうほど短期ではないのだろうが、それでも10年くらいかけてこれが現実化するのは、どうやら高い確度であるようだ。 この状況下で、従うことしかやってこなかったあれらの人間集団が変われるとは思えない。 しかし一縷ののぞみというか、チャンスは与えているのだろうと思う。 それらがこれからの、地方の中央に対しての反抗などの動きで現象化する、わたしはこう想定している。 いずれにしても安定化することはない。

全てを想定し、複数の、未来方向の反復を行い、その上でこの世界を渡っていけ、とわたしは言う。


  われわれは同じ座標にとどまり続けられない存在だからだ


----
終了
----


  • [2372]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月18日(土)23時53分19秒
 
――――――――――
2021・918土曜(令和三年)
――――――――――

恒大集団に関する情報発信において、恐らくそれは中国政府と日本の中の犬たちがやっていることだろうが、クラッシュしても中国内部だけでそれは収まるだろうという情報が意図的に流されている。 しかし下のツイートを見れば分るが日本の関連組織がたくさんこれらの金融商品を買っている。

具体的な数字は触れられていない。 しかしそれらが将来的に年金の支給の繰り上げや、月々に支払うおカネの値上げなどなどの動きに波及しないとは言い切れない。 まだ何も確定していないが。

そして同様の動きは間違いなく西側の全ての機関に波及する。 クレディスイスなどの名前もあった。 それはそうだろう。 世界の年金運用をしているような組織体で中国に投資していない国家など聞いたことがない。 だから年度末までは何とか隠しきろうとするが、新年度が近づくにつれて発表はしなくてはならなくなる。 勿論だからといって全体が全てクラッシュするという言い方まではしない。

ただし日本… これは日本だけではなくて、どうやら西側世界全体という見方をするのだが、大きな不況というか恐慌というのは、確定という言い方まではしないにしても相当の高い確度でやってくるのはおおよそ当たっている様だ。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA14BL00U1A910C2000000/
転載だけど  恒大集団の問題皆の年金に大きく関係あるね?  悪い意味で  9月20日満期の社債がデフォルトしそうな恒大集団の2025年満期社債保有者リストの9位にGovernment Pension Investment Fund 年金積立金管理運用独立行政法人(厚生労働省所管)
pic.twitter.com/TZGj4BYosW   くるみ (@KDdollMoko)  september 17, 2021
==
17日告示、29日投開票の自民党総裁選には、中国も強い関心を寄せる。日本の次の首相がだれになるかだけではない。二階俊博幹事長が党内でどこまで影響力を保つか。むしろ、そちらを気にしている。 中国共産党の対外部門に属する幹部から、何度も同じせりふを聞いた。「二階さんは必ず約束を守ってくれる。中国にとって特別な存在だ」 中国が最も信頼する日本の政治家といっていいだろう。1972年に首相として国交正常化を…  日経 918
==

だから日本の関係を強めることで、内部からのカネ、様々な何かを盗み取る為に、中国は自分たちの利益代理人を強く求めている。 ニカイさんだ。 しかし彼は基本これから引退の身であって、では中国はどうするのか。 それがまずは筆頭が河野と呼ばれる人物であり、次が岸田。 野田は捨て石に過ぎない。 何かに使う事は考えているかもしれないが。

河野という人物は大きな意味でジョージタウン大学=CSIS=日本操りチームによって脳が調整されて米国人になってしまった人物=米国の利益のために働くことが結果として日本の利益になる… という考えの持ち主だ。 これは小泉進次郎コロンビア大学からのCSISIかばん持ち、そこからの日本操りのキャラとして生かされている、育成されているというと同様。

だから河野という人物が「 日本を道州制の国にする」 という事を今の時点で一切隠しているというのがどれだけ危険な事なのかとあなたは知らなければならない。 わたしはその観点で大阪維新の会=橋下徹、これもそういう米国と中国の、特に江沢民勢力の、これらの利益代理人だろうということを言った。

なぜ関西経済同友会とやらとか松下政経塾関係者が必死になって道州制にこだわるのか。 それは日本に香港そのものの経済特区=租界、をつくって、それらの行政サービスの支出の部分は日本国家に支払わせ、そしてその内部の法制度は徹底的にその道州制のブロックの連中が勝手に書き換える形で、売り上げは取るだけの、そういうシステムを求めているからだ。

だから新自由主義だとかいろいろな、盗る事だけの連中がこれらの領域に沢山集まっている。 それらの言論発信者、そして主要なキャラたちが、そしてそれらの大きな上流背景にはハーバード大学などの米国古来の大学の学閥や卒業生のネットワークがある。

==https://jp.reuters.com/article/china-evergrande-debt-global-times-idJPKBN2GD072
中国国営メディア「環球時報」の胡錫進編集長は16日、巨額の債務を抱える不動産開発大手、中国恒大集団について、政府の救済を当てにせず、市場の手段を活用して自力で立て直しを図るべきと指摘した。 胡編集長はソーシャルメディア(SNS)「微信(ウィーチャット)」への投稿で、中国恒大が経営破綻してもリーマン・ブラザーズのような金融システムを揺るがす大混乱をもたらすとは思わないと述べ、同社が不動産開発会社で、中国では不動産の頭金の比率が非常に高いことを指摘した。 環球時報は、中国共産党機関紙「人民日報」系のタブロイド紙だが、同紙の見解は必ずしも中国当局の公式見解を反映するわけではない。 17日前場の香港株式市場で中国恒大株は8%超下落している。  ロイター 917
==

いずれにしても中国の不動産セクターは壊滅する。 そして今の習近平政権は本気で、バブルが崩壊したあとに、なんだかんだと言いながら、低成長といいながら、着実に国家成長を続けている日本の経済モデルを採用すると決めた… ので、これからの動きは内部の大再編の動き。

だからたくさんの小金持ちたちが殺されていく。 意図的にそうする。 それを本当に貧しい大衆庶民層に、下層に見せつけて、いいきみだ、ざまあみろとやらせる。 そうすれば、これからの中国の内部の不況からくるところの怨嗟の声をこれらの小金持ちたちにむける事に成功し、中国共産党には向かわないという形になる。 見え見えではある。 しかし効果的だろう。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/86d8f29d9c6ff6ca3ce7a5520dd680225d204054
【AFP=時事】オーストラリアが米国製の原子力潜水艦の配備を決定し、中国が反発を示したことについて、豪側は17日、中国の非難を一蹴し、同国が領有権を主張する空・海域における法の支配を守ると強調した。  中国政府は16日、前日に米英豪が発表した新たな安全保障の枠組みについて、地域の安定に対する「極めて無責任な」脅威だと非難した。  これを受けてスコット・モリソン(Scott Morrison)豪首相は17日、複数のメディアに対し、政府は領土問題の深刻化と競争の激化で変遷するアジア太平洋地域の情勢に対応しているのだと説明した。  917
==

しかしそれでも地方の軍閥を含める地方政府は、ますます中央には従わない形になる。 不動産セクターとは、上物の賃貸利権、これを売ることで大きな地方税収を得ていた地方政府にとっては死ぬに等しい今の流れなのだ。 売りあげの五割以上をこれらの収入に頼っていた地方政府、そして中央からの交付金はない。 そんな状況で従い続けろとやるのは無理だ。 特に中国人は。

ロシアにもその傾向はある。 中央が食わしてくれない極東の知事たちは、出来るならロシアから分離独立して、あわよくば日本との関係を改善したいという考え、これを持っているキャラたちが本当にいる。 日本語ではそれらは伝えられていない。 しかしわたしがこれらのロシア語に騙されているだけかもしれない。 しかし言う。

カネに窮すればその生き方を変えざるを得ない。 食わしてくれない連中に従っていたら飢えて死ぬ。 そういう力がこれからレッドチームの内部で大きくなる。 特に中国で。 だからわたしは以前あなたに機闘と城管の概念を言った。 あれらはタイミングを待っているととらえておいた方がよい。

==https://nordot.app/811502458006536192
豪、中国TPP加入交渉に応じず 制裁関税を問題視、貿易相が示唆
==https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-idJPKBN1FB01Y
米政権、中国WTO加盟を支持したのは「誤り」経済開放進まず
== 下共同 917
中国が環太平洋連携協定(TPP)への加入を正式申請したことについて、加盟国オーストラリアのテハン貿易相は17日に声明を出し、2国間で「閣僚級協議で解決すべき重要な問題がある」として中国をけん制した。 テハン氏は、加入交渉を始めるには全加盟国の承認が不可欠で、貿易自由化などで「高い水準」を満たさなければならないとの原則を強調。さらに、新型コロナウイルスや人権問題を巡るオーストラリアの対中政策に反発して、貿易を絡めて圧力を強める中国を暗に批判した。
==https://news.yahoo.co.jp/articles/3afe3dbd1dd23827572122967685b0ad89939adf
【ワシントン時事】世界銀行は16日、毎年公表していた「ビジネス環境ランキング」で中国の順位が不正に引き上げられるなどの操作があったと発表した。2018年版のビジネス環境ランキングをめぐり、中国政府高官がキム世銀総裁(当時)らに同国の順位について再三不満を表明した。こうした圧力を受け、世銀当局者らは起業などに関する3項目を操作し、中国の順位を本来の85位から前年並みの78位に引き上げた。20年版についてもサウジアラビアの順位などで操作があった。
==https://news.yahoo.co.jp/articles/3afe3dbd1dd23827572122967685b0ad89939adf

だから自分の国家が落下するのが分かっているのだから、中国はその眷属は、これから明確に西側世界の足を引っ張る事でそれらの差が開かない工作を強化する。 TPP加盟の発表はそれ。

しかしWTOやWHOなどにみられる国連機関に中国をいったん入れると、彼らはその中で例外規定というものを勝手に文章化して既存のルールの中に書き込んで、組織全体を乗っ取る。 パリ協定という、あきらかに中国に取ってだけ圧倒的に有利な設定はそれらの概念によって現実化した。

あれを構築した事が中国の経済発展=一帯一路、軍備拡張、対外工作の強化、これからくるところの自分たちの縄張りの浸食から消滅、これにやっと気づいた欧米の支配層、地底政府の連中は、今度は脱炭素を強烈に推し進め、水素社会を進めることで、これらの技術が行き渡っていない中国を足止めさせようとしている。 しかし本当に対応できるのは日本だけだ。 欧米世界はそこまで老いた。 この事を知られないように必死に隠しているが。

人間を支配し、自分は考えるだけで、細かいこと、イヤな事は全て下々に、自分たちは奪うだけ… こうした精神波形で生きていた集団は、いざ実際に自分でやるとなるとそれが出来なくなっていることに気づく。 内側から出るものが何もないことに気づく。 時すでに遅しだが。

TPP加盟に関しては勿論これらの例外規定の設立の協議とやらをやって、中身を書き換える為に接近した。 しかしそもそも交渉そのものを認めないとなる。 となると中国は次にTPPというものは差別的な排外的なシステムだと世界宣伝し、その上で現時点加盟を見送っている各国、これらがTPPに参加しないような工作を強化する。 そして来年発効予定のECRPの側に入れという熾烈な裏工作を必ずする。

しかしそれらもどうなるか。 それを仕掛けているうちに、欧州の側のグローバルゲートウェイだったか、これらのシステム構築が、実務の面で、おカネの流動の部分で、恐らく来年にはもう具体化しているだろう。 構想の発表が行われてしまった時に、実際にはそれは相当進んでしまっていると考えてもあまり間違っていない。

中国は傲慢であり過ぎた。 しかし彼らはそれを自らの形を変えるのではなくて、更にそれを強化する方向で突っ走っている。 そうしないと国内の秩序が揺らぐ。 しかし同時に激烈な洗脳浸透工作も強める。 エネルギーが枯渇するのではないかと思ったりもする。 それらを踏まえてあなたは、わたしはこれからの世界を渡っていかなければならない。 まさしく渡り鳥のように。


  旅立ったフクロウは新しい世界をつくる


----
終了
----


  • [2371]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月17日(金)23時54分17秒
 
――――――――――
2021・917金曜(令和三年)
――――――――――

中国が唐突にできもしないTPP参加表明をしたのは勿論複数の理由があるだろう。 直近は国家の運転資金を確保するために、これらの発表からの西側からの投資を誘うというそれ。 しかしそんなものに騙される人間はもういない。

そして日本の総裁選挙において、親中派が3人もいる。 野田聖子に何かが出来るとは思えないが、岸田と河野に関しては、特に河野に関しては篭絡できる小道具だと明確に考えている。 だから野田聖子を出せと言うのをニカイさんに命令したと見るべき。

わたしは野田に関しては最初は高市つぶしだと思っていた。 しかし推薦人に三原じゅんこがいたので安倍首相の思惑ある=河野を決選投票までいかせない、の作戦かなとも思ったが、もう一回考えて、やっぱりニカイさんと中国の謀略かなあと考えなおしている。 高市つぶしだ。

==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091601289&g=int
中国商務省は16日、環太平洋連携協定(TPP)への参加を正式に申請したと発表した。昨年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で習近平国家主席が参加検討を表明しており、貿易の大きな枠組みに関与し、今後の通商交渉で主導権を握りたい考えだ。  時事 916
==https://www.sankei.com/article/20210917-UKIHHZEV5FJPFJILSUP4B622QI/
麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、中国が日本やオーストラリアなどが参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加入を正式に申請したことについて、「今の中国が新規加入できる状態かね」と述べ、否定的な見方を示した。 麻生氏はTPP参加11カ国が国有企業のルールなどを細かく定めていると指摘。「受け入れ側から見て、(中国が)ルール通りやるのは本当かという話になるんじゃないか」とも指摘した。  産経 917
==

資本の自由な移動を認めない中国が、そもそもそれでTPPに入ることなどどう考えても無理。 いや、これだけではなくて、本当に相当の無理な条件がある。 これを麻生総理は言っている。 わたしもそう思う。 だから交渉を通じてという言葉そのものが成立しない。 最初の議長国の全ての同意を得なければならないのは当然なのだが、そもそも後から入ってくる中国は、交渉などは基本認められていない。 提示された条件を呑むかのまないかの選択肢しかない。

そして中韓なる勢力を西側の機関に入れたばかりに中身が書き換えられてしまった国連の諸機関の事をこれらの創設国家たちは全てみている。 そもそもが中韓を封じ込めるための通商組織であるにも関わらず、最初はAIIBがあるからそんなものは意味がないといっていた中国が入ってくる。

自分のバスを放棄して、TPPというバスに運転手が乗り込んでくる異常。 だからこれらの動きは工作は当然だとしても、メンツ丸つぶれなのだから、それでもそれをしなければならない焦りが中国中央にあるのだろうなあというのが見える。 それがある。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/5a5c816fee075adc3ec5a24fa4f50d2e7cf49312
欧州委員会のウルズラ・ フォン・デア・ライエン委員長は15日(現地時間)、フランス・ストラスブールにある欧州議会での国政演説を通じて「我々は全世界の国と “グローバル・ゲートウェイ”のパートナーシップを築いていく」とし「我々は、全世界の商品・人・サービスをつなぐ良質な社会基盤施設への投資を願っている」と語った。 今回ライエン委員長は、「グローバル・ゲートウェイ」が中国の「一帯一路」に対抗するためのものだということを明確にした。 ライエン委員長は「インド・太平洋地域が、EUの繁栄と安保にとって重要になっている」とし「権威主義政権が影響力拡大のために、インド・太平洋地域を利用しようとしている」と指摘した。 また「全世界の事業活動と国際貿易が、人間の尊厳性と自由を犠牲にすることで成されることはできない」とし「EU市場において、強制労働により作られた製品を禁止する案を提案していく」と伝えた。 これらの発言は特定国家を明示してはいないが、はっきりと「中国に照準を合わせた」ものだとみることができる。  917
==

それがこのグローバルゲートウェイだ。 欧中の投資協定は事実上廃棄になった。 そうとしか考えられないのがこの動き。 そしてTPPとクワッドというのは、これは自由と民主の体制の国家が、今の国連諸機関を捨てて新たに乗り換えていくシステム。 これを正直に日本人に伝えないから未だに大きなところで騙されている。

安倍首相が、麻生首相が、そして菅首相がやったことは何か。 それは新しい国連の受け皿を作ったということ。 なんでこんな単純で簡単で、そして日本人100年の計であり、更に人類における、それがどれだけ陰始勢力とやらのどうしたこうしたのコトバで表現されようがどうだろうが、既存の世界のおけるだろうが… 人類の未来を保証する大事なシステムなのだということを、何故これを伝えないのか。

だから日本が相当に中韓に、とてつもなく浸透工作、侵蝕を受けてしまっているのを知っていただきたい。 最初の認識を起こさせないようにした側が勝つのだ。 今の、それこそ既存の世界は。

安倍首相が日本と欧州の各組織構図との提携( 軍事と経済) 、そして南米におけるスペイン語圏国家が構築しているシステムとの提携、これを成し遂げたあとでTPPとクワッドが完成した。 だからこれらが新しい国連の形の雛形になるのだ。 全て統合される流れに入る。

国際連合が出来たら、国際連盟は自然消滅した。 今回もそうなる。 ただし、今回の三回目の人類機関と言われるものの中に、自由と民主主義と自由貿易をなどを信奉しない国家、これは入っていない。 これが相当に重要だ。 これを中韓は日本人に気づいてほしくない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/fe0bc4a02bad9cf71e8768b86c1a43b514d73bee
[上海/上海 16日 ロイター] ? 中国恒大集団の主要子会社、中国恒大地産集団は16日、債券の格下げを受け、上海上場債券の取引を1日停止することを申請したほか、再開に当たっては取引メカニズムを変更すると明らかにした。 上海証券取引所と深セン証券取引所はここ数日、同社の社債の値動きが激しいことを理由に、繰り返し売買を停止していた。 市場関係者は社債の取引停止について、デフォルト(債務不履行)と債務再編の可能性が高まっているとの見方を示している。
==

だが奪ってだけ来た彼らはこれからだいぶん壊れていく。 全て壊れるとは言わない。 しかしそのサイズの半分以上は崩落する。 中国恒大地産集団の崩落は、中国の内部の不動産セクターだけの破壊にとどまるわけがないからだ。 不動産セクターだけで、概算で500兆円の純粋な赤字があるとされている。 それは金融や教育や、本当に様々な領域において帳簿の改竄があって、実態とは全く違う借金だらけの実情があるというそれ。

中国は国家建国以来、輸出と輸入、売り上げと支出、などなどの数字に関わることをずっと、最初から改竄してきた。 中国のGDPはどうやら日本をただの一度も抜いていない。 それはずっと前から言われていた。 これらも全て表に出てくる。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/09/79098.html
中国主要ポータルサイトの「捜狐」と「網易」は、江蘇省公安局刑事警察隊元隊長の羅文進(ら ぶんしん)氏が、国の「某主要指導者」を狙う陰謀を企てていたという記事を、14日同時に掲載した。 羅氏は、2020年7月末から江蘇省規律検査委員会の取り調べを受け、今年3月2日に党籍を剥奪され、近況は不明。  大紀元 917
==

だから天変地異だけではなくて、水害と食糧不足とウィルスだけではなくて、内部の混乱は人間の破壊工作によっても引き起こされる。 わたしは前に機闘や城管の存在の事をいった。 いまでもそれはあるし、システムとして機能している。

昨日の段階で北京だったと思うが、退役軍人たちが、自分達に支払われると約束していた年金を、恩給を支払ってくれというデモがあった。 勿論即座に追い払われた。 逮捕者もいくらか出た。 これは表に出ているだけに過ぎない。 こんなのが山ほどある。 しかし今のところは抑えられている。

しかし地方政府が、カネの周りがますます悪くなっていくと、今度は中央のことを本当にきかなくなっていく。 それは国民党どころか、大清帝国とやらを名乗っていた時の、その前からも、ずっと変わらない構図としてある。 あの広大な地域は未だに徳川か三国志の時代の精神波形がそのまま生きている。 だからそれらが前に出てくる。

わたしは一つの中国という言葉を信じていない。 国内のヒダリの物書きたちは、習近平主席が北京語普及に成功したから中国は一つになったと盛んに言っていた。 しかしそれは大きなところで30歳以下の連中だ。 それすらもどうかは分からない。 40歳よりも上の中国人たちはやっぱりコトバの違う中国人たちを同じ同胞だとは見ない。 というか、コトバが同じであっても、部族が違えばやっぱり同じだとは見ない。

面子と体面と自尊心の確保の為に、本当に殺し合いを始めてしまう。 それらの発火点の温度が下がっている。 わたしはそう取る。 それは今年の後半、冬が近づくにつれて間違いなく食糧が足りなくなる。 そのあたりから大きくなっていく。 市民は騒がない。 どうせすぐに沈静化される。

しかし軍隊の内部でそれが起きると、これは問題が大きくなる可能性が、今だったらある。 そしてもう一つわたしは危惧する。 それは周辺部の農村戸籍の連中が、中央から禁止されているが、しかしそれでも肉が食えないので、やっぱり野生動物を食うという、従来の中国の食文化に戻りつつあるというそれ。

その状況下では、ウィルス研究所から漏れていなくても、自然状態でおかしな病気が蔓延する。 もっともわたしは今の中国の内部で大きくウィルスの拡散戦争が起こされていると捉えているが。

米国における、建国以来最大の裏切りものという名称が貼り付けられそうになっているマーク・ミリー弾劾の動きがかりに起きるのだするのなら、それに連動して中国の中でも不安定な何かが発生するだろう。 今の世界は既存の大国のパワーを対消滅して、それらに地球世界への影響を発信させあいというテーマで世界が動いているのだから。

だから我々日本人が本当にキーポイント、キープレイヤーになっていく。 しかしそれは、世界の人々が気づいたら、そもそも我々自身が気づいたらそうなっていた、という過去形で語られる動きとなる。

しかしその前兆と予兆を感じる人間が少数ながら今、水面下で隠れたように、しかし自分の出来ることをやっている。 そういう変化の前の準備が構築されているのだというのをわたしはあなたに伝える。 準備がされている以上は動かなければならないからだ。


  日本のフクロウは夜明け前に飛び立つ


----
終了
----


  • [2370]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月16日(木)23時50分35秒
 
――――――――――
2021・916木曜(令和三年)
――――――――――

スイスが今までの中国一辺倒の動きから方針転換をしたのは、ネスレの完全撤退からだった。 と、わたしはこう判定しているので、下の記事の動きは奇異ではない。 しかし人民解放軍の連中を核金融機関の警護員という形で入れ込んでしまっているスイスがそんなに簡単に変われるとも思えない。 だからこれらの動きは昔から傭兵ビジネスを、輸出をやっていたスイスらしく、両方の勢力にいい顔をして時間を稼ぐ、状況を判定する動きの一連だとみる。

しかしそれでも武漢ウィルスによる攻撃によってスイス国民もたくさん死んでいる。 だから大筋では中国を制裁するビジネスの側に回ったと見るべきだし、更にユダヤ国家のリトアニアと同じくユダヤ国家のスイスも( そこまで厳密にも言えないが、やっぱりユダヤが多い) 、内部の潜在意識の信条における、心情における反発を中国に対して感じている部分、これはあるだろう。

==https://japan.cna.com.tw/news/apol/202109150010.aspx
外交部(外務省)の欧江安(おうこうあん)報道官は15日、スイス国民議会(下院)が台湾との関係改善を求める議案を圧倒的多数で可決したことについて、歓迎と感謝を表明し、共に努力しながら持続可能な開発目標の達成に向けた双方の強固な基礎がより一層固められるだろうとの考えを示した。 同議案は今年6月、スイス下院外交委員会を通過。今月14日、緑の党や自由民主党所属の議員らが議案を支持する理由を説明し、賛成129票、反対43票、棄権5票で通過した。 決議は法的拘束力を有しており、スイス連邦参事会(内閣)が政治、経済、科学などの分野でいかに台湾との関係を深化させるか報告書を提出する必要がある。  915
==

そして中国を封じ込める流れの中で、今まで共闘していた勢力が、自分だけの利益の極大化を求めて離反を開始する。 ワクチン優先主義の世界を構築することで、世界支配をマンガではなくて本当に計画実行に移していた勢力が、恐らくデルタの、それ以降の変異体の誕生によってそれらの計画の修正… どころか新規の計画の策定すら間に合わないという事態になっている。 わたしはそう取る。

それはワクチンパスポートからの行動の制限、そしてそこから更に、彼らが造ったウィルスの散布による、恐怖による私的財産の全ての没収からの、そこからの全人類の管理… そうしたものが本当にあったとして、それらの全体計画が相当くるってしまっているのだろうなあというのが、いつまでたっても開催されないダボス会議という表現によって語られている。

わたしは彼らの中で相当の仲間割れが起きているのだろうなと判定している。 彼らは強欲だから。

==https://news.mynavi.jp/article/20210915-1973603/
北海道大学(北大)と日本医療研究開発機構(AMED)は9月14日、「5-ヒドロキシメチルツベルシジン(HMTU)」が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して強力な抗ウイルス活性を有することを発見したと発表した。 新型コロナや「デングウイルス(DENV)」などのRNAウイルスは、自身のゲノムを複製する際に「RNA依存性RNAポリメラーゼ」(RdRp)を介した核酸合成を行うことが知られている。このRdRpはウイルスによって形はさまざまだが、機能的には似ている部分もあるため、ウイルスのRdRpに作用する「核酸化合物」は、多数のウイルスに対して1種類で有効に働く可能性が期待されている。  915
==

治療薬の全体世界、というかそういう業界にしてしまった方が、どう考えても市場は永続的に儲けられる。 製薬企業が一般の薬局から病院に降ろしているケミカルの治療薬の総額というのは、それは確かにワクチンよりかは低単価に見えるかもしれないが… それでもとんでもない高価なものがあるが …広く薄くのコトバの通りに、実は相当儲かっている。

ワクチンがこれだけ不安定なものだと露見している流れの中で、いつまでもワクチンモデルで儲けることは出来ない。 だから世界はこれからケミカルと、新規ワクチン、つまりメッセンジャーRNAタイプではないものが前に出てくる。

しかしたんぱく組み換えにしても、メッセンジャーRNA改といえるものにしても( これは確か武田が造っていたのではなかったか。 副作用の部分を徹底的に弱めたもの) 、更に東大とその関連が来年の早くに出来たら治験までに持ち込みたいという、天然痘ワクチンの製造をベースにした新規のワクチン、これらが本当の本当に最後まで効能があるかというと、インフルエンザの例を見れば分る。

どうせ人類はこの先嫌でも中国のばらまいた生物兵器と付き合っていかざるを得ない。 山中教授は今のウィルスがインフルエンザなみに弱毒化するのにあと10年くらいはかかるのではないかと言った。 恐らくそうなのだろう。 だからそれまでの期間、世界は戦時体制のままだ。

==https://www.ntdtv.jp/2021/09/52353/
「死刑をも辞さない」中共の軍機関紙が警告 2021年9月15日  中国共産党の「解放軍報」は9月13日の記事の中で、習近平総書記への忠誠心を表明すると同時に、江沢民一派には死刑をも辞さないという警告を発しました。
==
中国住宅都市農村建設省は、不動産開発大手の中国恒大集団が9月20日が期限の利払いができない見込みだと主要銀行に通知した。ブルームバーグ・ニュースが15日、事情に詳しい複数の関係者の話として伝えた。 それによると、中国恒大は一部借り入れについて返済繰り延べやロールオーバーの方向で引き続き協議している。 同省は今週、複数の銀行との会議を開催したという。 金融情報サービスのREDDは先週、中国恒大集団が今月期限の利払いを一時停止すると、銀行2行に伝えたと報じている。  ロイター 915
==https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2QH21L?il=0

なのでこれから壊れることが間違いのない中国が、内部の統制を高める為に、習近平政権に反抗する全ての領域を、処刑をもって対処する事を宣言している。 しかし中国なのでそれらの宣言はコトバだけに終わる可能性が髙い。

機闘の事をいった。 下手な事をすると、コントロールできない部族間における破壊が拡大する。 それは少し前にアフリカであった、ツチ族とフツ族の殺しあいの事を思いかえして欲しいが、本当にああなる。 そしてそれらの部族における関係者において、人民解放軍の上層幹部たちが勿論いるのであり、彼らが本当のところ習近平政権に全てをささげているのかというと、そうではない連中が確実に隠れている。

中国には確か城管という概念がある。 武装民兵のことだ。 これらが各州にある。 勿論表立ってはいないことになっている。 しかし地方の共産党を構成している部族の連中が、場合によってはこの城管を使って、敵対部族の生産施設を破壊する。

中国の場合それらがエスカレートとして、そこに毒ガス、ウィルス、放射性物質、こうしたものが何のためらいもなく使われる可能性が本当にある。

わたしは今の、恐らく人間から人間にジャンプする炭そ菌の、これをこうした勢力がもう使っているのではないかという前提であれらからの情報発信を捉えている。 ないことではないのだ。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/09/78988.html
米ワシントン・ポスト紙は14日、米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長が、2020年の大統領選挙の頃、中国軍と2回の私的な電話会談を行い、「米国は中国を攻撃しない」と伝えたと報じた。マルコ・ルビオ上院議員(共和党)はジョー・バイデン大統領にミリー氏の解任を要求した。 ルビオ氏は、14日にバイデン氏に宛てた書簡の中で、「ミリー将軍のこれらの行動は、彼が健全な判断力を欠いていることを明らかに示しており、私は彼を直ちに解任することを強く求める」と書いている。
==  大紀元 916

そして中国における混乱は、鏡映しの様に米国でも起きている。 中間選挙のこのタイミングでマークミリーを追い落として、そのままバイデン政権に致命傷を与える動きが起きるということの意味は複数に理解できるので簡単に答えが書けない。

しかし地底政府の右側の代理人であるマルコルビオがミリーに辞任を要求する流れになっている以上、米国の中の地底政府同士の暗闘における、今は右側の連中、つまり米国土俗資本からなる支配層達が大きく前に出ているというのが見える。

これらの勢力が勝っているのなら、中間選挙に不正選挙システムをこれから民主党=地底政府左派=中国のイヌコロ …この勢力が計画して実践に移すのだが、それが出来ない流れになるかもしれない。 これは分からない。

米国の中の中国国籍を持ったまま米国兵士をやっている中国人部隊の事をいった。 それらが米軍の中のとてつもないアキレスけんであり、彼らが恐らくカナダ国境線に集まっている、恐らく戦術核ミサイルも持ち込んでいる中国兵士、人民解放軍カナダ支部の奴らとつながっているだろうというのはいった。

マークミリーはこの米軍の中の、中国人部隊のボスだ。 こういう言い方をする。 米軍はこの人物を支持していない。 総合の意見として。 それが未だに国防総省からではなくて、統合参謀本部というところから国家命令が出ているというおかしな事態の理解の補助線になっている。

==https://news.livedoor.com/article/detail/20868329/
イギリスの研究によると、ペンギンの糞から、金星の大気中にある化学物質と同じものが発見されたという。 その物質“ホスフィン”が、金星から3800万マイル(約6100万キロメートル)も離れた地球に存在する理由については説明できないものの、研究者らは英フォークランド諸島に棲息するジェンツーペンギンがこの物質を生み出す過程について、彼らの生活スタイルから研究を進めていくという。 ロンドンのインペリアル・カレッジのデイヴ・クレメンツ博士はこう話している。 「“ホスフィン”の発見が本当であることを確信しています。しかしその制作過程が分かりません」 「嫌気性バクテリアの中には“ホスフィン”を作るものもあります」 「それらは池のヘドロ、アナグマの内臓、ペンギンの糞から見つかっています」 「競争関係にあるバクテリアに対する防御もしくはシグナルに関係している可能性があります」 “ホスフィン”は昨年、地球と似た金星の大気ガスの層から発見され話題となっていた。  916
==

最後はペンギン。 我々はこれが二番目の地球の人類文明、ムルタムにいた生物がベースになっているのだと知っている。 しかしそれらが何処からやってきたかは知らなかった。 単純に金星の生命体が入っているという言い方はしない。 しかし確か、太陽系の他の惑星の生物の中にいったんは入って、そこで生命経験を行うことによって、太陽系全体の波動に合わせていくという魂達は、前のサイクルの宇宙の住人だった… という伝達がなされていたはずだ。

だからこのペンギン的な生き物も、かつては金星にいた、前の宇宙の住人たちだったのかと考えると何かおかしい。 わたしは、今はもういないが、1996年に死んだそうだが、お使いペンギンのララちゃんの話が結構好きで、ペンギンといったら何か飛びついてしまう。

地球はだんだんと活発化を隠さなくなってきている。 地球における環境破壊が、これは全く報道されていないが、修復できるところがものすごい速さで行われている。 砂漠であったところが緑化されている。 自然の力で。 それは人間の行動が武漢ウィルスによって制限されたから、というのもあるかもしれないが、それ以外のものがあるだろう。

あなたが農業をやっているような知人とかがいたら聞いてみるがいい。 今年の作物の、つまり雑草などを含める勢いというか、そういうものがめちゃくちゃ活発で難儀したという言葉をきけるだろう。 何故か知らないが植物がとてつもなく元気になっている。 そういう言い方をする。

わたし前回、本当のプレイヤーを探すがいいと言った。 しかし人間が自らその座を降りろとは言っていない。 生きるというのは前に出るということ。 そしてやっぱり内側から弾き返すなにくそという強い気持ちを持ち続け、それを行動に移し続けていくことだ。 それが弾丸の軌跡のかたちになる。


  生きるというのは突き抜けていくこと


----
終了
----


  • [2369]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月15日(水)23時51分8秒
 
――――――――――
2021・915水曜(令和三年)
――――――――――

世界の趨勢は企業の宣伝活動は続いているが、徐々にワクチン一辺倒は危険だという流れになっている。 正確に言えばメッセンジャーRNA型はどうもダメなのではないか、という声。 デルタ型が現れてから状況が変わった。 世界で一番多くこのメッセンジャーRNAタイプのワクチンの接種を進めているイスラエルが、逆に患者数の増大を見せている。 致死率が下がっているのではないかと思うのだが、しかし陽性患者がともかく増えている。

そしてワクチンそのものを接種していない国家の方が逆に沈静化しているという風な動き。 ただしこれは調査の仕方が精度の低いものからくる結論かもしれない。 一応東欧圏においては最初からワクチン接種は少なったのだが、今はなぜか知らないが沈静化している。

しかしいろいろかんがみて、治療薬と併用の形でワクチンを全否定するというのは非効率だ、とはいえる。 たんぱく組み換えのタイプは、日本の塩野義は治験をやったのだが、いうほどの効果が出なかったので、再び調整に入ったようだ。 副作用が少ないだけでもいいという言い方なのか。 でも効果が低かったらあまり意味はないしなあ、とは言う。

==https://www.reuters.com/world/uk/no-vaccine-passports-uk-pm-set-out-winter-covid-19-plan-2021-09-12/
エリザベス・パイパーロンドン、9月12日(ロイター)-英国のボリス・ジョンソン首相は火曜日に、
冬季のCOVID-19パンデミックを管理する計画を発表し、ワクチンパスポートの導入を廃止する決定と緊急事態を終わらせるための手順を発表します。  ロイター 912
==
米バイデン政権は中共ウイルスの深刻な感染拡大が続く中、より厳しい社会措置に踏み切った。大統領は9日、従業員が100人以上の企業に対して、ワクチンの接種か週1回の検査を義務化する大統領令に署名した。しかし、全米の半数を占めるほとんどの共和党州知事は、この方針は違憲だとして反対を表明。訴訟も辞さないとする州は少なくとも10を数える。  大紀元 915
==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78954.html

バイデンなる領域から出る決定は勿論彼の意志ではない。 彼はもう自意識を保つのが困難なほどに痴ほうが進んでいるとされている。 恐らくそうなのだろう。 感情の制御が出来てないのは典型的な痴ほう老人の特徴ではあるが、論理的な思考からくる発言が最近はゼロらしい。

つまり、時系列が理解できてないという事。 ドラマの中なんかに出てくるような「 ごはんは食べたかなあ」 という老人に対して「 おじいちゃん、さっき食べたでしょ」 という風な。 今のバイデンは本当にこんな状態のようだ。 コントロールしやすいからそれでいいと背後の勢力は思っているのかもしれないが、それでもひどすぎると思うが。

米国の無理矢理にでものワクチン強制の動きは、別の思惑がある。 そこまでは見える。 しかしそれが何かは分かっていない。 だから様々なカネモウケ言論が発生している。 どうせ大体は間違っているだろうが。

==
  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者2人によると、中国恒大が本社を置く広東省の当局者は先月、再編などを専門とする法律事務所、キング・アンド・ウッド・マレソンズ(金杜律師事務所)からチームを派遣した。中国政府からの求めがあり、同省当局者は恒大の評価に向けて追加の財務アドバイザーや会計士を送り込んでいると関係者のうち1人が語った。   今回のタスクフォース編成は、中国当局が国内最大級となる可能性もある中国恒大の債務再編への地ならしを進めていることを示す新たな兆しだ。中国指導部は恒大債権者の大幅損失を容認するのかをまだ示唆していないが、債券保有者は救済の見込みが薄いことを織り込みつつある。事情に詳しい関係者1人によると、同社の創業者、許家印氏は救済要請を少なくとも1回行ったが、広東省当局は受け入れなかった。  ブルームバーグ 915
==

中国恒大が破綻の秒読みに入った。 去年の株価が20ドルだったそうだ。 今は2ドルを切った。 まだ下がる。 しかし普通ならその辺で金融ハイエナたちが鉄火場にしていくのだが、今回はそれもない。 中国の全ての産業が一回全部だめになるのだという見込みでこれらの連中は動いている。

中国政府は基本助けない。 ただし北京冬季五輪が終わるまではその命を延命させるかもしれない。 しかしそれすらやらなくて、メンツが潰れようが潰すかもしれない。 中国恒大に関連して他の記事においては本当に訳の分からない事業もグループの中にあった。 エステサロンだとかそういうの。 それは一見上物の事業の関連という風にとらえることは出来る。 しかしダミーだろう。

問題は中国恒大が破綻したときに、本当の赤字はいくらになるのか、だ。 33兆円だったかの赤字の訳がない。 倍はあるだろう。 もっとあるだろう。 今の時点では何も分からない。

しかしそれらの隠れ赤字が関連の他の事業体にも大きく飛び火する形となって、全ての株価が真っ逆さまに急降下する可能性、これはある。 そして今の中国は金融緩和とやらをやってそれらの事業体を救う体力はどうやら本当にないので、これは下落する一方に任せるだろう。

売りボタンを消すということすら今回はやらないだろう。 それは今回の目的は、カネを過剰に持っていると中国共産党が決めつける全ての個人や族たちを始末して、本当の共産主義国家に作り替えることに主眼があるからだ。

==https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2QG124
[上海 14日 ロイター] ? 前場の中国株式市場では優良株が下落。多額の負債を抱える中国の不動産開発大手、中国恒大集団がクロスデフォルトのリスクを警告したことを受けて、不動産株や金融株が売られている。 中国の肖亜慶・工業情報化相は13日、国内の電気自動車(EV)メーカーの数は多過ぎると指摘し、政府は業界内の統合を促す方針だと明らかにした。また、充電ネットワークを改善し、地方市場におけるEV販売を後押しすると述べた。
==

中国が国家事業として推進していたと思っていたが、どうやら電気自動車関連にしてもそれは彼らの次の五か年計画の中には入っていないのだろう。 それらの企業数の削減と生産台数の大幅減産とでも言える構想が意図的に出されている。 普通だったらこんな事をしたら関連企業の株価が全て下がるのだから、普通は言わない。 だから今の動きの本来の目的はカネモウケ関連ではなくて、まずは相当の強い政治闘争の動きなのだと分る。

確か昔習近平主席は、一産業に一つの会社でよいのだ、という風なことを言っていた。 だからこれから本当にそれに向かうのかもしれない。 しかしそれでやってゆけると思えないが。

中国人は大量のカネを持つと、今度は中国共産党のシステムなどは否定し始める。 それはそうだ、自分の能力で構築したカネを国家に吸われるのは、特に中国人だったら強く思う。 ジャックマーなどはそれらの思いを持ちながらも、しかし、中国政府に対しては、自分たちのやっている電脳空間を経由した電子通貨の取引決済を、世界基準のものにすれば、世界規格として採用させれば、そのまま中国の夢は近づくのだ、と説得していたが、やっぱりダメだった。

中国共産党は、自分達以外の他の領域に何かが集まるという設定を全て破壊すると決めた。 それで未来がつかめるとは思えない。 しかし彼らにはそんなものよりも共産党の権力維持が大事なのだ。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/09/78861.html
中国の新駐米大使、秦剛氏が8月31日に開催された米中関係全国委員会(NCUSCR)主催のオンライン会議で、米高官らに対して「意見の違いを解決できないのであれば、黙っていてほしい」と外交上、失礼にあたる発言をした。米保守系雑誌「ナショナルレビュー」が10日に報じた。 崔天凱駐米大使の後任に起用された秦剛氏は7月に米国へ赴任した。同氏の着任を歓迎するためにNCUSCR理事会は会合を開いた。  大紀元 915
==

だからこんな上の記事における失礼を通り越した表現が出てくる。 彼らのこうした傲慢な態度は行き過ぎた自尊心と、彼らが勝手に信じている人口という数がその背景にある。 だから彼らから人口というものが奪われたら、それがなくなったら、恐らく彼らはこの地球上において一番弱い存在にあっという間に反転する。 わたしはそう捉える。

意見の違いを解決できないのであれば… つまりこれは「 どうであれ米国は中国の命令に従え」 とただこれを言っているだけに過ぎない。 これは誰にだって分るだろう。 しかしそうした命令だけの情報発信の座標に付き合って、何かの利得があるのなら、それは周辺の人々は自らの本心を隠してでも中国と仲の良いふりをする。

以前わたしは言った。 これらの関係は「 カネの切れ目が全ての切れ目になる」 と。 だから今はそうなっている。 中国はこれから、今もやっている国民を奴隷労働者として外国に派遣するというそれらの事業でしか売り上げを造れなくなる国家に近づいていく。 しかしそれを受け入れる友邦国だと思っていた国家が次々と離反する流れに入るので、それも困難になる。

そうした国家は戦争を求める。 それはヒトラーが出てきたときの歴史の流れを知れば明らかだ。 大量の失業者の発生を陸軍兵士の補填に向かわせて、生存圏の拡大をやるしかない。 だから台湾の前に陸上の何処かに進撃することをするかもなあ、とわたしはこれをいう。

なのでインド軍の動きが相当活発化している。 彼らは勿論中国の事を深く分かっているからだ。 しかし戦争という表現すらさせてもらえずこれらのエゴの領域は消滅に向かわせられるのだろうなあとも見ている。 他の生物に大きな被害が出ることを今の地球は許さないからだ。


  ゲームの本当の主役は誰なのか、それを見つけてみることだ


----
終了
----


  • [2368]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月14日(火)23時52分9秒
 
――――――――――
2021・914火曜(令和三年)
――――――――――

我々の世界構造線はらせん構造になっている。 ととりあえず適当な事をいう。 だから完全に閉塞していれば同じことをアナログ時計の盤面の様に、同じ時間に同じ出来事が永遠に起きる。 無間地獄ともいう。 しかし若干開いているので、バネの様に前に向かって進行する形になる。 だから起承転結の未来方向への因果律、そのようにしか感じられない時間認識の中で、しかし、ある一定の期間が経過すると、配役と舞台を入れ替えて、設定も若干変わったりなどして、過去に上演されていた寸劇が再び繰り返されたりする。

経済学者たちはこれを色々な波のコトバで言う。 コンドラチェフだとかジュグラーだとかシュンペーターだとか、いろいろなサイクル名とでもいえる循環構造における説明が各種高校から上くらいの期間でなされている。 これらの概念はオカルトなものだとは言えない。 とはいう。

だから今の流れは人間世界の相克が一旦は911という形で解放されたものの、しかしそれでも不具合が解消されなくて、7年経過して20008年の秋にリーマンとなって戻ってきたというあの時の流れと順番は逆になったりもしているが、なんだか似ているなあと感じる。

わたしはこれらの概念を太陽系シールドに向かった世界構造線の振動波形情報が、そこでぶつかって戻ってきて、おんなじような景色の再現を要求する… という勝手なモデル構築で納得をしている。 どうせ何を考えても大きな意味では真実に到達することなど出来ない。

だから自分で考えるしかない。 自分で決めるしかないのである。

==
Alan~速報~  @MogolianAlan  中国恒大集団財務危機、マンション価格が大幅に下落する中にあっては、資産も収益もがた減りで、株価はすでにピーク時から85%下落、投資家はすでに手遅れ、もう抗議することしかできない、金が戻ってくるのはかなり難しい  午後10:44 ? 2021年9月13日
==
[深セン(中国) 13日 ロイター] ? 中国南部の深セン市にある不動産開発大手、中国恒大集団の本社に13日、金融商品の償還やその他債権の返済を求めて約100人の投資家が押しかけ、現場は緊迫した雰囲気となった。 財新によると、恒大は同日朝、投資家に対し、満期を迎えた商品の元本と利息の10%をまず支払い、残りは四半期ごとに10%ずつ分割して償還することなどを提案した。同社は10日、満期を迎えた理財商品をできる限り早期に全額償還すると約束していた。 同社は13日遅く、同社の経営破綻や事業再編に関するネット上の憶測は「全く正しくない」と強調。声明で、同社は「未曽有の苦境」に直面しているが、顧客の権利と利益を守るために総力を挙げると表明した。
==https://news.yahoo.co.jp/articles/92cf281e75784771067fe926e11d00a362d036c1

普通に考えて恒大集団はもたない。 西側の各金融関係者たちは、これは不可逆に必ず破綻、倒産するので、そこから後の貸し込んだ資金をどうやって回収するのかという方法論の構築に向けて真剣に動いている。 下手な対応をすると、何もかもが全て吹き飛んで何も返ってこない。

しかし今言われているのは、理想値で15%くらい回収出来たら御の字などというとんでもない事を言っている。 100万円貸していても15万円しか戻ってこない。 良くて。 それは気が狂うだろう。

そして勿論恒大集団中国政府も恒大集団も本当のことは言っていない。 簿外債務、隠れ借金がとんでもなくある。 これはあるだろうではなくて、ある、と言ってもいい。 日本のバブル崩壊の後の清算においても、どいつもこいつもそれらの隠れ借金を徹底的に隠していた。

だから西側の全ての機関がこれから巨額の損金によってのたうち回る。 投資に関連するソフトバンクなどは、中国のこれらの牽引大企業4社だったかの破綻前の動きで確か914の段階でこれら四社が( アリババ、恒大集団、テンセント、ディディ、美団、ナンタラ教育集団… あ、6つある。 恒大集団は入っていないのかな) 、1日で時価総額を90兆円ふきとばしたことの悪影響をもろに受ける。

日本国内の時代の寵児と言われた連中の権力の失墜が始まるのだろう。 それらのババを引かされたのだろうなあ、彼らは青い目の同窓生たちにハメられたんだろうなあ、わたしはここまで考える。

==https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000228729.html
福建省では10日以降に68人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。 その多くがデルタ株に感染したとみられ、一部地区では厳しい封鎖措置が始まっています。 地元当局はシンガポールから帰国した男性を介して感染が広がったとの認識を示していますが、男性は帰国から38日後に受けた10回目の検査で初めて陽性となりました。 男性の息子が通う小学校などで感染が広がったことを受け、人口約4000万人の福建省では省内すべての学校の生徒と教師に対し、19日までにPCR検査を行う方針です。  テレビ朝日 914
==
CBSニュース:未だに極秘とされているFBIの9.11事件を担当した元FBI捜査官が、ハイジャック犯には米国を拠点とした支援ネットワークがあったと語った。
https://www.cbsnews.com/news/former-fbi-agent-who-worked-on-still-secret-fbi-911-case-says-hijackers-had-us-based-support-network/
==

中国は今デルタに関連する情報の拡散をしている。 それはこれからの経済大苦境をこれらのデルタの設定を国民に押し付けることによって、その行動を大きく制限させるため、これがあるだろう。 あとは怒りや憎しみをそらす。 しかしわたしの目からしたら、これらの、本来は隠ぺいするような彼らのメンツ情報を前に出すというのは、彼らが開発していた「 人間にジャンプしやすい炭そ菌、そして本来人間から人間へのジャンプはしない炭そ菌が、それが出来るようになっている生物兵器」 …これが使われているのを隠しているのではないかと疑っている。 これは以前いった。

都市部で炭そ菌が、なんで北京で炭そ菌の患者の報道が出ているのかということの詳細が分からない。 それらの情報そのものが嘘である可能性もある。

で炭そ菌関連で911ではそれが大量に使われた。 郵便の形で各種色々なところに送られた。 そうしたテロ攻撃は、この上の記事にある米国の中のアルカイダやタリバン( 当時はまだ名乗っていなかったかもしれないが) …に代表されるテロ組織と協力して動いていた米国側の組織などがそれをやったのだろうなあと捉える。 そしてそれらの構成員が中国人たちだったのではないか、などだ。

米国は獅子身中の虫が多すぎる。 そしてそれは日本もそうなりつつある。 気づくべきだ。 そして気づいたからには責任があるのだから、行動を変えていかなければならない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/c365018c9b5d2cc9d73a4909d5cee9105c4b7ce9
恒大が無秩序に破綻すれば、金融システムへの脅威となる恐れがある。中国当局は明らな前例がないため、3000億ドル(約33兆円)以上の負債を抱える恒大のような債務問題を解決するメカニズムを今後試していく必要がある。 事情に詳しい関係者1人の先週の話によると、規制当局は恒大に対し、銀行や他の債権者との支払期限を巡る再交渉を承認したという。 また、恒大が簿外債務の一部を帳簿上に戻す可能性もネガティブなシナリオだとノムラのチェン氏は指摘する。これらの資産はドル建て債よりも優先順位が高くなる可能性があり、簿外債務が予想より多ければ、債券保有者の回収率は15%未満になる恐れもあるという。 914
==
(ブルームバーグ): 13日の香港株式市場で、中国の不動産開発大手SOHO中国の株価が一時40%下落。米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ブラックストーン・グループによる最大237億香港ドル(約3350億円)相当の買収計画が頓挫したことが嫌気されている。  913
==https://news.yahoo.co.jp/articles/013ba8692509a1a6f80f832eaf061cd6e686f623

中国は内部をソ連式の5か年計画の国家に作り替える。 どうやら本当にそれをやるようだ。 その中に今の牽引産業は入っていない。 アリババのネット決済システムのアントグループは、中国当局がこれを接収して分割すると公表されたので、事実上なくなる。 大昔のなんたら有限公司だとかなんたら人民公社というものに中国の各種産業は集約されている。

習近平主席は、一つの産業に一つの企業でいい、と過去にどうやら言っていた。 だからこれから本当にそうしてしまうようだ。 しかしそれは競争原理が全く働かない事業体だから普通に考えて維持できるとは思えない。 過去の中国のそれらの組織体が全く企業の形を成していなかったように。

それでもある程度のインフラを手に入れたから( ネットやAIなどの関連) 、十分にやってゆけるという根拠のない自信があるのだろう。 一方的な理想ともいう。 狂信ともいうが。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/09/78928.html
中国当局はミャンマーとの国境地帯で地雷を埋めたことが明らかになった。ミャンマーのコーカン自治区政府が中国当局と交渉を行った結果、中国側は今月1日、地雷の撤去を始めた。 中国当局は昨年以降、国民のミャンマーへの不法出国を防ぐために、国境地帯で1000キロ以上の有刺鉄線を取り付けた。その後、中国雲南省南傘鎮の国境地域で地雷を埋設した。  大紀元 914
==

だから中国政府はそれらの国家造り変えの流れの中で大量の労働者の逃亡を見越して、こうした形の地雷やフェンスの設営、つまり現代の万里の頂上を本当に建設している。 記事においては地雷の撤去を行ったということになっている。 でもどうせやっていないだろうなあ、とわたしはとらえる。

本当に人びとの幸せを提供できる王道の国家なら、このような逃亡阻止の動きなどしなくても外からたくさんの人々がやってくる。 それがないということは、普通に考えて覇道の非道な行いしか中国の中にはないから。 しかし一般都市戸籍住民はそれらの概念に到達しない。 恐るべきことだが彼らの世界認識は、我々西側の持っているそれの真逆の色彩がある。

恐らくイランなどの独裁国家よりも、外の世界に対しての認識が出来ていない。 それは彼らの高い高い自尊心からくるとてつもない弊害だ。 非合理の極みともいう。 しかし彼らはあらゆる領域において中国はもはや世界一国家という概念を持ってしまっており、それらの傲慢な精神波形の元に、彼らが外と決める領域を裁いて攻撃的な表現を強める一方の座標になってしまった。

それらの傲慢の海はもろい。 誰かが悪い。 自分に従え。 これで出来ている座標はもたない。 因果応報における流動性が阻害されるからという言葉だけはおいておくが。


  名実ともに来年の旧正月を超えたら壮大に世界は崩れそうだ。


  なだれを予見して対処せよ


----
終了
----


  • [2367]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月13日(月)23時49分30秒
 
――――――――――
2021・913月曜(令和三年)
――――――――――

9日に米中の電話会談があった。 その時に習近平主席は一つの中国を守れと命令した。 それらの背景が下の記事にある。 どうせバイデン自称大統領はサインを、署名をしない。 だからこれらの台湾の求めは流れる。 しかし台湾の側が複数回数こうした動きをこれからも行うのは必至であり、それは彼らの安全保障の確保の為にでもあるが、何よりも今の米中関係を揺さぶるためのものでもある。

台湾は中国と違って、自前の技術力でタンパク質組み換えワクチンの開発に成功し、蔡英文総統はこれを接種している。 中国はこれからM-RNAタイプのワクチンをライセンス生産するが、恐らくその完成度は低いだろう。 彼らは不活性型における開発ノウハウしかもっていないから。

今のワクチンは戦略物資だ。 核兵器と同様の扱いになる。 それを自前で開発出来るかどうかというのがこれからの世界での生き延びるカギだ。 そしてその後に続く治療薬も。

==https://nordot.app/809534614557736960
 【ロンドン共同】11日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、バイデン米政権が台湾の対米代表部に相当する「台北駐米経済文化代表処」の名称を、台湾側の求めに応じて「台湾代表処」に変更することを真剣に検討していると伝えた。最終的に容認した場合、「一つの中国」原則に反するなどとして中国側が反発するのは必至だ。  同紙によると、台湾の蔡英文政権が3月、米側に名称変更を正式に要請した。米国家安全保障会議(NSC)でアジア政策を統括するキャンベル・インド太平洋調整官や国務省のアジア担当者らは変更を支持。バイデン氏が大統領令に署名する必要があり、最終決定には至っていない。  913
==

中国の潜水艦のレベルの低さは、主にはその冶金技術の低さにある。 だから彼らの潜水艦は200メートル以上深く潜れない。 今は少しは改善されているとは思うが、これらの内部情報が2013年に投稿の形で出た。 その情報が事実だったとして、冶金に関してはわたしは北欧が恐らく世界最高水準のものをもっていると見ているが… 潜水艦は分からないが、砲身などはそうだ …北欧のこれらの金属会社が中国に大きく買収されたという報道は見ていないので、産業スパイを送り込むことに成功しない限りは彼らの冶金技術は今から8-9年前とそんなに変わっていない。

特殊な金属を造ると、今度はそれを加工成形する最新の設備の工場を新たに建設する必要があるし、それらに関連する工作機械も必要になる。 そうしたものが中国のみの力によって内製化されているという話はきかない。

それが出来ているのなら中国はとっくの昔に蒸気カタパルトの空母か何かを造っている。 スキージャンプ式しか作れないということは、耐熱甲板などが基本出来ていないという言い方がある。 他にもいろいろ達成されていないところがある。

==https://www.sankei.com/article/20210912-25O3A2V2RZKZTC4HFBIELDE76E/
防衛省は12日、鹿児島県・奄美大島の東側の接続水域で、10日午前に潜水艦が潜ったまま北西に向けて航行したのを確認したと発表した。潜水艦が接続水域に入る前、近くを中国のミサイル駆逐艦が航行していたことなどから、潜水艦は中国のものと推定している。 防衛省によると、日本領海への侵入はなかった。潜水艦は12日午前には、鹿児島県・横当島の西南西で接続水域の外側を航行し、東シナ海を西に向かった。  産経 913
==
中国政府の「原子力潜水艦部隊」をアピールする方針と裏腹に、中国大手検索サイト百度の掲示板に「わが国の原子力潜水艦は200メートル(m)潜ると変形する」というスレッドが立てられた。  スレ主は「091型原子力潜水艦の潜水試験中、230mに達した時に船内から音や水漏れ、変形が発生した」と主張。しかし艦長は落ち着いて潜水を継続し、302mの潜水記録に成功したのだという。スレ主の主張の真偽は不明だが、にわかに信じがたい主張とも言える。  中国では粗悪な材料を使う手抜きの“おから工事”がしばしば問題になるため、「原子力潜水艦までおから工事とは恐れ入った。これじゃ日清戦争前に軍事費をくすねた西太后と同じじゃないか」など、皮肉を込めたコメントも多かったが、半ばあきらめも感じられる意見が多く寄せられた。  サーチナ 2013・11・3
==https://news.livedoor.com/article/detail/8218546/

だから彼らはこれから太平洋に進出することを考えたら、どうしても台湾から沖縄のラインに中国の基地を造りたい。 そこを本拠として米国を直接攻撃する状況を確保したい。 全てはそれに向けて動いている。 だがなかなか上手くいかない。 過去の人類の歴史の中で、陸軍国家が海軍国家になることは皆失敗してきた。 中国はそれを本気でやろうとしている。 しかし誰も彼らに教えない。

ロシアですらその辺は教えていない。 なので中国の潜水艦の運用などは恐らく「 駆逐艦や護衛艦に守られて航行する潜水船舶」 という風な概念で全体の構成をデザインしている可能性がある。

奄美のすぐに見つかった中国潜水艦は、そもそも隠れるつもりが最初からなかった… と此処まで捉えておく必要がある。 中国はもう全てを知っている。 中国の港から自国の潜水艦が海に出た途端、それらの挙動が全て日本の海上自衛隊につつぬけになっていることを。

彼らの動きはそれを踏まえてのものだ。 我々日本はそういうものを太平洋にもっているらしい。 わたしも詳細は知らない。 しかしこれらの情報を民主党政権の時に福山哲郎なる政治家が全てその機密情報を韓国に流したという話はある。 韓国から中国に全部つたわった。

日本の左派系の物書きはこれらの事を知っているくせに一切言わない。 彼らはそろそろ本気で廃棄しないと我々の未来は確保されないのだと言っておく。

==
文化大革命の悲劇再び!?中国共産党が起こす「新黒五類」排除運動!再び毛沢東時代に戻ってしまうのか?  https://www.youtube.com/watch?v=w77MvdXelr4
==

中国は五か年計画の時代に本当に戻る。 だからそれらの国家計画の中に芸能娯楽、金融などでの国家売り上げを稼ぐ計画はないのだからこれらを潰すのは当然だ。 そして大量の失業者をどうするのか。 それをこれから再建する予定の製造業、兵隊の輸送に関わる鉄道、道路、高速網、これに全て配置転換する。 しかしそれらのグランドデザインがち密には全く行われていないので、その時々における政治状況に合わせて場当たり的なものになっているのは事実だ。

だが分かっているのは、その流れの中でとにかく江沢民勢力、そしてその次に胡錦涛や温家宝などが所属する共青団の勢力を、それらが抱え持つ産業や地域だけはどうあっても潰す。 こうした強い決意だけは今の自滅戦略とでもいえる動きの中にはっきりと表れている。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/09/78849.html
カナダ政府は国家安全保障上の懸念から、中国国営通信会社・中国移動国際(チャイナ・モバイル・インターナショナル、CMI)のカナダ子会社に対し、撤退を命じた。カナダ紙グローバルニュース11日付によると、政府は過去1年にわたり、同社に対して秘密裏に調査を行っていたという。 CMIは、中国国有通信最大手の中国移動(チャイナ・モバイル)の完全子会社である。  大紀元 913
==

そしてカナダ。 トルドーは今でも極左だし、今でも中国側だ。 カナダの中に出来てしまっている中国の領土=租界、これを守るために中国から数十万の( あとから補充されて20万人弱という話もあるが見てきた訳ではない) 人民解放軍陸軍が駐留しているから、トルドーはどっちにしても何も出来ない。 カナダ軍だけが米軍と協力して、トルドーなんか無視して動いている。

しかしそれらもどうせ何処かで止められるのだろうなあとわたしはカナダの動きを見る。 トルドーはどうせ中国の側に、これと結託するような勢力に弱みを握られている。 彼が今の政党の党首になるときの党首選挙で、徹底的に不正マシンが使われたという話はした。 あれ一本で十分だ。

だがカナダの経済界は北京の冬季五輪に向けては、ボイコットしても損害が出ないような形に全体を軌道修正している。 カナダの国民にアンケートを取った。 たしか54%くらいがボイコットするべきと回答した。 もっともどういった聞き取りをしたのかは明らかにされていない。 これまたうさん臭くもある。 カナダが中国との貿易関係を悪化させても彼らが食ってゆけるようにトランプ大統領が新NAFTAを成立させた。 これは言った。 しかしそれだけで彼らのカネが回るかどうかの検証はわたしはしていないので何とも。

西側の主要国家たちが、すったもんだしていながらも、それでも中国と離れていくのだというのを態度で明確にしていく流れに入ると、もう入っているが、わたしの見え方からしたら日本の親中派の政商たちが一番困るのだろうなあと思う。 孫正義だとか三木谷だとかあのへん。 あれらのハーバード大学組は、米国組にババをつかまされたというのがわたしの解釈になっているから、これから似たような経済界関係者が山ほどでるのだろうなあという風にみている。

米国の経済界は自分が困ったときには、その損失を日本の代理人に押し付ける。 そういう事を過去からずっとやってきた。 またそれを受けざるを得ないような構造が続いていたのだろう。

孫正義はARMSで相当、そして三木谷はテンセント。 これは表の動きであり、他にもたくさんあるだろうなあと勝手にとらえている。 中国のアントがこれから消滅に向かわされる。 彼らがこれらの関連の何処にも関係していないとわたしは思っていない。 ま、彼らだけではないが。

この世界、奪い盗る者達にいいように私物化されてきたこの世界は、どうあっても一旦は壊す。 そのような地球の強い意志を感じる。 そして搾取されてきた者達の潜在意識の総意を感じる。


  因果応報のシステムが加速したのだ


----
終了
----


  • [2366]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月12日(日)23時58分16秒
 
――――――――――
2021・912日曜(令和三年)
――――――――――

99に米中首脳電話会談が行われた。 詳細は言わないが習主席が米国に詰問と要求をして、それを自称バイデン大統領とやらが全てのんで中国のいいなりの態度を表明した。 大きくはこの様に言っても間違いない。 バイデンなる人物が個人的に、いくら大統領の座があるからと言って中国に従う犬の態度をこれからも続けようと思っても、恐らく議会の総意はそれを許さない。

議会は勿論民主党とやらの売国集団、RINOといわれる名ばかりの共和党の売国集団、つまり地底政府につながるような奴らが主導権を握ったり放したりしているが、しかし完全に制御出来てない。 米国のフツーの考え方の議員たち… あえてこうしたコトバを使うが、これらの連中は自分の縄張りの州の中で実際に沢山の死者を武漢ウィルスによって出しているので、バイデンたちと同じ立つわけにはどうあってもいかない。

中国企業の進出利権に関わっているような人間は別だろう。 しかしそれらの数は多くない。

==https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20210911-00257686
それに対してバイデンは以下のように応じた。   バイデン:  一、世界は急速な変化を遂げており、米中関係は世界で最も重要な二国間関係だ。米中がどのように相互作用するかは、世界に大きな影響を与える。  二、米中両国が競争のために対立し衝突に陥るなどという、いかなる理由も(必要性も)ない。  三、アメリカは一度も「一つの中国」政策を変えようと思ったことはない。  四、アメリカは中国と、より率直な交流と建設的な対話を行いたいと心から望んでいる。双方が協力できるような重点事項や優先領域を特定し、誤解や誤判断あるいは予想外の衝突を避け、米中関係を正しい軌道へと戻したいと強く願っている。  五、気候変動などの重要な問題について中国とのコミュニケーションと協力を強化し、より多くの合意を得られることを期待している。  912
==

いずれにしても米国人自身がこれらの乗っ取られた状態をどうにかしないことには何も始まらない。 外側の我々が何を言っても、そして実際に何か影響を与える力を持っていたとしても、それを行使することは明確な内政干渉であり、それが許されるのだとするのなら、同じことを中韓北朝鮮ロシアなどにやられても日本人は黙って従うしかないという事になってしまうのだから、やっぱりこれはまともな感性を持った、それこそ正義を持った米国人たちの側を見つけてそれを応援するしかない。

所詮コトバだけであり、やらないよりはましだという言い方でしかない。 しかし何もしないよりはやっぱり遙かに良い。 だから彼ら米国がこれから彼らの正義、中庸でもいいだろう、それらを取り返すまでは、西側世界における、自由と民主の旗振りを我々日本がやるしかない。

しかし我々だけではその旗は大きくて重い。 だから英国や豪州やインドなどの、同じ価値観を有する旗手を探してきて、皆でその旗の棒の部分を握ってる振り回すしかない。 それを遠くからみていた力の弱い国家たち、しかしなろうことなら自由と民主の側でやっていきたいと思う小さな国家たちが集まるのを待つ。 旗手とは昼間における灯台の意味でもある。 軍隊における旗手は本当に偉い。 ラッパ兵も偉いのだが、今は細かい説明はしない。

自らの身を守らず、その全てを捨てて、全兵士を鼓舞し、更にその行き先を示すという事がどれだけ重い責任や義務が集まったものか。 それは分るだろう。 分からない人間はわたしの文章を読まないでよい。 何を読んでもどうせ理解などしていないのだから、互いに時間の無駄だ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78768.html
セルビア東部の都市ボルの郊外に位置するクリベリ村には、銅鉱石を採掘・加工する巨大な鉱山が広がる。ここでは、中国企業が株式の過半数を所有する鉱山で大規模な採掘事業が進められている。村の住民は、産業汚染により農業が破壊され、24時間止むことのない騒音とほこりに苦しめられている。 それ以降、採掘場は3交代制で24時間稼働し続けてきたという。近隣住民は騒音に悩まされ、降り注ぐ粉塵は農作物をだめにした。米ラジオ・フリー・ヨーロッパの取材に応じた住民は、真夜中でも騒音は鳴り響き、生活のすべてに支障をきたしていると語る。  大紀元 912
==

中国を拡大させるということは、彼らの眷属や新中韓派を拡大させるということは、それは地球人類からの搾取だけでは全く足りなくて、上の様な地球由来の何もかもを、この場合は鉱物生命をという言い方をする… をも搾取することになる。

こうした公開情報の発信を見ても、それでも人種差別だとかレイシストだとかのコトバと概念、それに近いような思念をふくめて、それしか想起しえない個体というのは、自らの持っているエネルギーが相当に奪われて小さいがゆえに、その程度の発想想起のバリエーションしか持てないのだという理解をしておかないといけない。 誰がそれを奪っているのかという事。 そしてあろうことかどうしようもなく愚かな事にそれらの動きを自ら、自分自身で差し出してしまっているのだということに。

セルビアは確かユーゴ紛争の時に中国の大使館があって、その座標に、そこに米軍が間違って空爆したという動きがあった。 しかしそれはフェイクの情報で、上空から爆弾を落として破裂したという白黒画像そのものが別の場所のものであったのか、又は、巡航ミサイルトマホーク、これの確か3発による攻撃のあとだったかの映像だ… という情報がある。

これに関しては過去にあなたに言った。 ロシア人と中国人と、あとは誰か分からないが国籍不明の、複数の武器商人とでも言える者達が中国大使館に隠れていて、米国はそれらを暗殺したのだという話を。 そしてそれらの動きに当時のユーゴスラビア政府における、セルビア勢力がどう考えても関係プレイヤーだったのだということを考えると、それは現在の時点でセルビアと中国がこうした深い協力関係にあるのは当たり前だということになる。

==https://news.biglobe.ne.jp/international/0908/rec_210908_1522980164.html
2021年9月7日、中国メディアの「中国青年報」は、国家広播電視総局(国家ラジオテレビ総局)の「放送・芸能界関連の通知」により、アイドル育成番組が放送禁止とされたニュースについて分析する記事を掲載した。 記事は初めに、8項目からなる「通知」の中で、アイドル育成番組が放送禁止になった理由を、「客観的に見て、目当てのスターのランキングを上げるための節操のない『推し行為』や、ファン同士の対立、悪意ある攻撃などといった、芸能界に関連する悪い現象の根本的な原因となっている」「大衆文化の範囲を超えた騒動や迷惑をもたらし、大衆の興味を失っただけでなく、反感を買っている」と分析した。  ビッグローブ 98
==

上における文化芸能をこれから更に徹底的に取り締まる理由は、それは様々ある。 しかしこの上のアイドル育成というものに関連しては恐らく二つ。 それは中国共産党習近平以外の座標に尊敬だとは賞賛だとかが集まることを絶対に許さないという事。 それに関わる座標、キャラたちにファンクラブなどを通じてのマネーの集中が発生することも。

そしてこのアイドル番組においてはどうやら「 投票におけるセンターをきめる選挙」 の様なものが行われたいたようだ。 投票… つまり入れ札による制度によって指導者を選ぶという概念そのものを中国国民から切断したいという、相当に強い意図がその背後にあるのだとよくわかる。

そしてゲーム関連は、チャット欄を通じた外の世界との、西側世界とのキャラたちとの交流を通じての精神汚染、中国内部の情報の漏洩などを恐れる。 さらに言えば文化芸能と言われる領域は全般的に反政府、反共産党なので、これを今の段階で徹底的に始末。

勿論これらの領域が江沢民勢力の縄張りから出ていることもそうだ。 これらから出ている配送サービスアプリなどを中心とした小規模物流のDDという中国資本由来のシステムを米国市場に上場することを中国共産党自ら妨害してこれを止めたのは、それらの配車情報を通じて、中国共産党関係者の移動ルートが全て露見して、暗殺の危険性が高まるからとされている。

上場すれば間違いなく儲かった。 しかしそれは江沢民が儲かったのであって、習近平勢力にとっては自ら危機を招く行為になる。 前に  機闘  のことをいった。 今の中国は、まさに内部はそれだけで動いている。 彼らに世界はなく、中原しかない。 このモデルをそれぞれがかみ砕いて理解してほしいかと思う。

世界支配ではない。 中原の統一覇者という概念が先頭にあるのである。

==
@JackPosobiec  SCOOP: NY firefighters break out in applause as President Trump makes surprise visit today
https://twitter.com/i/status/1436749195218718720
2:51 AM ? Sep 12, 2021 from FDNY Engine 8/Ladder 2
==
布路川梶太 @P6AX3Er3HqoQynY  返信先: @P6AX3Er3HqoQynYさん
質問:大統領!!また走っていただけますか?  トランプ:まだそれを話す状況じゃないけど・・でも、あなたたちは幸せになると思うよ。  米民主党左派リベラル勢力は、警察を憎悪の対象に仕立て上げ予算削りをした。トランプは暗に共和党保守派の逆転勝利を約束しています!
https://twitter.com/i/status/1437020735575257092
午後8:50 ? 2021年9月12日
==

政治とは何か。 それは少なくとも中国の様なありかたではないし、更に今の自称バイデン政権とやらでもない。 バイデンなるじいさんをアイコンとして押し上げた全ての勢力の求めていたものは、間違いなく人類の求めている政治ではない。 今の米国は彼らの私物化を推し進める為に国家が簒奪されている状態だ。 米国民主党一党独裁政権国家の計画のことをいった。 具体的にはオバマの時に策定されて、それを実行に移そうとしたらトランプ大統領に阻止された。

だから民主党勢力はこれからそれをやる。 来年の2022の選挙は間違いなく民主党が圧勝する。 もちろん不正選挙のシステムを使う。 それで米国の国民がどう行動していくか。 これが彼らの世界構造線を決定する。 行動でしか世界構造線は変わらない。 思索や瞑想などではそれは毛頭変わらない。 揺らぎもしない。 しかし、これを変えなければならないのである。

トランプ大統領が追い落とされていった過程の何もかもを自分で調べず、ただ頭上から諦めろという言葉を、概念を投げつける勢力は全て例外なく陰始勢力とやらの眷属だ。 わたしはそう決めている。 そうやってありもしない実力をあると見せて、そしてその上で自分も世界も騙してきた、ウソをついてきた。 それによる失敗を誰かのせいにしてきた。 陰始勢力とやらに搾取されてきたとやったら、自分の努力のまったくのなさを認めなくてもいいのだから、それにしがみついた。 しがみついてそこから全く動いていない。

自ら座敷牢に入って、自ら内側からカギをかけ、そこから出てこない。 そしてその状態で世界は間違っていると誰もきいていないのにそれを言っている。 言い続けている。 それでは先がない。 少なくとも頭の悪いわたしはそう考える。

人間の世界のことは人間に任せるという宣言があったことを、伝達があったことを真面目に考えていない。 それは自分がどうあってもやらなければならないのだ。 そう考える人を全人類全てにしなければならないのだと、この理解から逃げる。 では誰がやるのだ。 あなたは、あなたたちは人間ではないのか。 まさか自分はカミとやらの眷属だと思っているのか。 まさか特別に選ばれた人間だと思っているのか。

まさかナワールに選ばれた特別な優遇される弟子たちだ、とでも自分を思っているのか。

どこまで逃げようというのか。 そんな場所などもうないのだ。 どこにもない。 本当にないのだ。 わたしはそれをあなたに告げにきた。 わざわざその為にここまでやってきたのだ。 仕事だ。 だからその上で更にわたしはあなたに言わなければならない。


  自分自身にまず感謝し、その上で協力を乞え、と


----
終了
----


  • [2365]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月11日(土)23時58分30秒
 
――――――――――
2021・911土曜(令和三年)
――――――――――

北京冬季五輪まではもたせる。 ただしそれが開催されるかは分からない。 わたしは貴方に中国人支配層達は世界という認識がないという事のモデルを提示した。 彼らにあるのは中原だけだ。 だから中原の覇者が世界の王なのだから、彼らはまず中原の統一を真っ先に行う。 世界の中国以外の全ての地域は野蛮人たちが棲む地域に過ぎない。

だから彼らにとっては米国がしかけた米中貿易戦争とやらも正直どうでもいいのであり、認識としては重要度が二番目か三番目であり、一番大事なことは中華の帝王になることなのだから、それに準拠した行動を起こす。

中国の中には機闘という概念がある。 最近においてそれが一番大きかったのは、今から9年前だったのではないかと思うが、丁家と余家の一族郎党が、大体5000人ずつ集まって、合計で1万人の人間集団が殺し合いをした。

彼らは手製の機関銃や手りゅう弾を造って大量殺傷をした。 そしてこれらの両家は当時の共産党上層部と直結した部族だったのでおとがめはなかった。 誰も本当の意味で逮捕されなかったし、誰も深い所で責任はとらなかった。 何千人が死んだらしいが詳細は知らない。

そして中国においてはこの部族における殺し合いが今でもある。 それらが勿論内部の工場施設の爆発や火災の炎上などにつながる。 もっとも彼ら中国人には安全という概念が本当にないので、そこからくる不手際による事故、これも多い。 それは中国人相手に労働安全研修をやってみればすぐにわかる。 そもそも安全という概念が本当にないのだ。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB088950Y1A900C2000000/
中国の不動産大手、中国恒大集団の2兆円を超える米ドル債が国際金融市場を揺らしている。
リゾート開発など無謀な投資で資金繰りが厳しくなり、社債利回りが9日時点で50~470%まで上昇(価格は下落)しているためだ。 仏アムンディやスイスのUBSグループなど世界の運用会社が恒大債を保有しており、破綻すれば投資家は損失を免れない。 中国政府が救済するかどうかは不透明で投資家は売却を急いでいる。  日経 911
==

中国はいずれにせよそんなに遠くない未来に、極端不況入りする。 ではどうなるか。 とんでもないほどの失業者が出る。 これをどうするのか。 新たな仕事などそんなにすぐに作れない。 解決策がある。 戦争を起こす。 またはそれに近い状態だと国民を騙して総動員をしかける。 全て兵隊にとる。 それをどこに送るか。

泳げない、訓練をしていない海戦の素人を台湾におくることは出来ない。 送ってもいいが、彼らは人命など何も考えないが、基本役にたたないので送らない。 だから彼らは色々な動きが重なってと前置きをするが、どう考えてもアフガンまでは引っ張り出されるという事になる。

米国の撤退は、二正面作戦を結果として避けている。 テロ勢力と中国との二つを同時に叩くのをやめた。 だから米国はこれからは中国だけを見ていればいい。 中国は米国の統治のおかげでアフガンの一帯一路計画の建設を行った。 ノーリスクでそれが出来た。

今度は建設したそれらのインフラがリスクになる。 状況が反転した。 更に米軍は、あれはどう考えても「 タリバンの勢力に、中国のウィグル自治区の管理を許可した」 という構造になっている。 タリバンを解き放てば、誰がどう考えたってパキスタンTTPの連中、アルカイダ、そしてISISらがウイグルの解放に向けた攻撃を行い始める。

今のイスラム勢力の主敵は、いつのまにか米国から中国に、これに本当に変わってしまった。 これを知っておくことだ。 中国はいうほど余裕のあるじょうたいではない。

==
アメリカVS中国 よくある強さの勘違い 世界2超大国の比較と決着 【日本軍事情報】 439,970 回視聴2019/09/14  日本軍事情報   https://youtu.be/4jCp9LH3Zoo
==
列強による中国の分割統治  http://imepic.jp/20210910/738880
==

義和団事件という動きからあとの中国分割、それよりも更に弱体化させるような分割を、恐らく欧米世界は考えている。 ただしそれが実現できるかは分からない。 なにせそれをしなければ、今回の武漢ウィルスの共同企画集団とでも言える欧米の地底政府関係者たちがその自らの行いの露見から人類からの巨大な復讐の波に襲われる。

中国はファウチたちのオーダーに対して大きく逸脱行為をした。 それは米国も想定していなかった「 人間から人間にジャンプするゲノムを発見してそれを入れ込んで実現化させた」 部分にある。 米国の側は、まさか中国がセンザンコウというアルマジロ的なネズミからそうしたものを本当に見つけてくるとは思っていなかった。 その様にしか思えない動揺が続いている。

911もそうだった。 エリートを勝手に自称する勢力は、自分達が庶民たちと全く同じただの無能な人間だと認識されるのを本当に嫌う。 だからそうした認識を持たれるくらいなら、状況の全てのコントロール支配権は自分たちにあるのだという偽装工作としての概念。、ジサクジエンを投げつける。

冷静に考えるとそれらの全体計画の方が、維持する為によほど無駄な資金と人的動員が必要になるのだが、それらの事は検証されるわけがないと、彼らは庶民階層を本当に軽蔑嘲笑しているので、そうしたことの繰り返しをずっとやってきた。 これまではうまくいった。

しかしもうだめだろう。 皆気づいている。

だからコロナ騒動におけるプランデミックという概念の無料発信拡散の一連の動きは、911と同じく、人類世界の状況の発生介入支配コントロールの全ては我々カミに選ばれた自称エリートたちだけが持っているのだ… というブラフ、脅し、偽装、カバー、これらの概念であるかもしれないことは決してわすれないことだ。 人間は自分で自分を騙すのである。

==http://www.hkcd.com/hkcdweb/content/2021/09/09/content_1292672.html
深圳証券取引所声明  「20恒大01」 一時取引停止  深圳証券取引所の発表によると、「20恒大01」の日中取引価格は、前日終値より20%以上下落しました。 規制により取引所は一時取引を停止します。本日09:50:46から~10:20:47まで取引を停止した後に取引を再開します。
香港商報 2021/9/9 9:55:55 ソース中国語 『深交所:「20恒大01」臨時停牌』
==
「習近平版文化大革命」の発動が宣言された――と信じるべきこれだけの理由  <中国でよくない変化の胎動が始まっている。芸能人摘発に続いて企業・金持ち叩き、さらに経済政策批判禁止に英語の制限......。すべての出来事が指し示しているのが、半世紀前の悪夢「文化大革命」の再来だ>
==https://news.yahoo.co.jp/articles/0a27df3d16e95abcb9021a6da6be7aef6eadf5c4

いずれにしても中国は変わる。 経済的には崩壊の方向へ。 だから中国のこれらの領域に結果として何千億円も突っ込んでいる日本の関係組織がその後に続いて吹き飛ぶことになる。 しかし借り換えの動きなどが発生し、時間差が発生するので、露見するのはもっと後だろう。

日本に経済危機的な動きが訪れて、大量の不況失業者の発生からの統制の混乱、信用の失墜などの記述は、2014年春に降ろされた新しい黙示録にあった。 しかしそれらの公開が成されてしまったのでそうした未来も不確定になっているかもしれない、とは言う。

今の動きをわたしが勝手に決めつけてあなたに言っておく。

「 大体の情報を知らせて、あとは何もかもをランダムにしておいたらどうなるだろう。 それを見てみたいものだ」  …という勢力がいたとしたらどうなるだろうか。

==
門田隆将  @KadotaRyusho
「一人の日本人として御霊に尊崇の念と感謝の誠を捧げたく参拝を続けている。参拝は信教の自由」と高市早苗氏。一方、河野太郎氏は靖国参拝は拒否でも韓国の英雄達を葬ったソウル国立顕忠院には参拝。日本の国事殉難者246万余を祀った靖国にはなぜ行けないのか是非伺いたい。
==https://jp.yna.co.kr/view/AJP20180411004300882?input=tw
河野氏はこの日午後、長嶺安政・駐韓大使ら関係者約10人と共にソウル顕忠院を訪れ、顕忠塔の前で焼香して黙とうをささげた。参拝時間は5分ほどだった。日本の外相がソウル顕忠院を訪れたのは14年ぶり。これまでに高村正彦氏(1999年)、河野洋平氏(2000年)、川口順子氏(02年)、町村信孝氏(04年)が外相在任中、韓国を訪れた際に参拝した。顕忠院には朝鮮戦争の戦死者や歴代大統領らが眠る。日本による植民地時代の独立運動家の墓地もある。日本の外相が韓国の歴史の象徴である同所を参拝するのは、両国間の関係改善に向けた努力の一環と受け止められる。
==
こちら夕刊フジ編集局  @yukanfuji_hodo  河野太郎氏の政治姿勢に注目です。 「女系天皇容認」発言や、靖国神社に代わる国立追悼施設建設に賛成していました。  八木秀次教授は緊急寄稿で指摘しました 「『保守』とは言えない。『リベラル・左翼』に近い」「危うい」
==

だから中国は日本に接近する。 ニカイさんが追放されたので、彼らは二段構えでコントロール人形を埋め込むために必死だ。 一人は宏池会の岸田。 そしてもう一人は河野。 これは高市でなければどうだっていい、彼女でなければどうとでもなるという中国の傲慢と焦りから来ている。

河野が今回の政策発表的な動きでこれだけ無能だとは思わなかった。 わたしは驚いている。 そして彼はやっぱり単純に極左で親中で親韓だと確認できた。 唐突に付け焼刃にブルーリボンをつけてきたり、中道右派勢力へのこび、演出だけはやってみせたが、それらが単純に利用しているだけだというのは、記者会見の数時間後ぐらいにテレビ番組に出たが、そのときはブルーリボンは外していた。 だから彼は過去に北朝鮮関連の事は一切いっていないし、拉致被害者に関連したことも何も表現していなかったと思う。 本当に根っこのところで腐っていなければ、ああした政治利用はできないものだ。

ジョージタウン大学を推薦で、恐らく無試験で留学させてもらって、脳のなかをすっかりとアメリカ人にされてしまって「 自分は日本人猿、土人に西洋近代合理主義、合理精神を教える使徒」 とでも言える概念の人なのだろうなあとわたしは判定した。

米国帰りの帰国組は大体は脳の中がそうなっている。 その様に調整されて送り返される。 だから河野がそもそも表の言論空間からの持ち上げ、つまり政治領域における優秀なキャラと最初に出てきたのは既存のマスコミのプッシュと、本当にごく一部のSNS領域からだ。

それらの領域は中韓北朝鮮の縄張りであることは今更あなたに説明しない。 だから無能を通り越して低能の領域にまで近づいている小泉の息子やあれらと同じく、日本管理の為だけの人材だとはっきりわかる。 そして日本の政権中枢もそれを理解していない筈がない。 しかし無能なキャラの背後に米国の大きな国力を察知するから、それに忖度しているのだ、というのは実によくわかる。

何所の国でもそうかもしれない。 これらのコントローラー、コントロールマンに操られるただの有線ロボットたちが、右にも左にもたくさん隠れていて、その時の国際政治状況によって前に出されていく。 今は米中どちらも国力がどんどんと衰退する流れ。 だから日本のリソースを奪う首相をなんとしても誕生させたいというのが実によくわかる。

河野はまた、勿論彼は米国の側の利権代理人でもある。 だから引き算から考えたら民族利権を民族資産を代表しているのは高市しかいないことがわかる。 あなたはあなたで考えるがよい。

ただわたしは自民党党員ではないので総裁選挙には関係がない。 そんなカネが何処にあるのか。

猛烈に地方の議連の抱き込み工作が、宏池会と中国韓国と米国関係者の、その地域、田舎への補助金の提供だとか、予算をつけるだとか、外資が進出するだとかの約束で票集めがされているなあと実に分かる。 小泉純一郎の時は、CSISのマイケルグリーンとジェラルドカーティスたちが、持ち駒の在日南北朝鮮人勢力をフルに使って大規模買収工作を行ったようだ。 わたしは確認していないが。 しようがないが。 小泉がその後に何をしたか。 郵政民営化をやったでしょう。 あれで米国の金融界は一息つくことができた。

世界は騙しで出来ている。 カネとイノチの賃貸対照表で出来ている。 そういうことの概念をわたしは時々あなたに伝える。 どうせ間違っている。


  あなたは自分の世界をつかむがいい


----
終了
----


  • [2364]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月10日(金)23時57分25秒
 
――――――――――
2021・910金曜(令和三年)
――――――――――

中国の崩壊が隠せなくなった。 バブルの崩壊が起きたのは大きくは2009年だとする。 だからそこから強圧的な政策を連続で行って、そして各種組織が借り換えなど、そして更に弱い者達から資金を強奪し続けることによって延命してきたが、ついに限界にきた。

正確に言えば、これらの中国恒大破綻への動きは、抑えようと思えばどれだけでも出来る。 あとに大きな後遺症を残すが、破綻は回避できる。 しかしいまの習近平政権はこれを潰すとどうやら決めたので、それらは来年の北京冬季五輪までは動かないが( それすら開催出来るか不明だ) 、それを超えたら4月の新年度を超える事なく飛ぶのだろうなあとわたしは見ている。

だからこれからこの不動産業者集団の借金だけがどんどんと膨れ上がる報道がある。 それは共産党の高級幹部たち、そして人民解放軍の上層が、自分のもっている企業体の赤字を、全て中国恒大につけかえるからであり、ただ、彼らにそんなに時間があるとは思えないので、それらの工作が間に合わなくてドボン… これはあるかもしれない。

==https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-08/QZ3M1VT0AFB501
中国恒大、ドル建て債にまた売り浴びせ-銀行借入の利払い停止報道で  中国不動産開発大手、中国恒大集団のドル建て債が再び売られ、過去最低を更新した。 米ムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスの格下げに加え、銀行借入金の利払いを一時停止する計画だと報じられた。 ブルームバーグ 99
==
フィッチ、中国恒大を格下げ 「デフォルトの可能性高い」  フィッチは、「格下げは何らかのデフォルト(債務不履行)の可能性が高いという当社の見方を反映している。流動性の逼迫、販売契約数の減少、サプライヤーおよび請負業者への支払いの遅れを解消する必要性、資産処分の進展の少なさを踏まえると信用リスクは高いと考える」とした。  ロイター 98
==https://jp.reuters.com/article/china-evergrande-ratings-fitch-idJPKBN2G4059

ドル建てベースの借金を踏み倒すことなど出来ない。 いや、出来る。 ただそれをやった集団はそれで終わりだ。 後からどう看板を付け替えても、少なくとも西側世界では全く相手にされない。 関係の集団も同様。 この世界でどれだけ相手を脅すだとか殺すだとかやっても、それでも、殺しきれないのなら「 カネを踏み倒した人間には地獄が待つ」 …これは逃げることの出来ない人間の世界の掟だ。 そこに情緒感傷など入り込む隙間は無い。

戦前における日本の資本の掟は、これらの借金を返済をしないというのは人間扱いしてもらえなかった。 金持ちが、それらの家族の娘たちが女郎に売り飛ばされるのが当たり前だった。 戦後になってマッカーサーという理想主義でちょっとイカれた理想主義者がこれらの無限責任世界を修正したのであって、基本、カネを返すというのはそういう掟のもとにある。 どの国家でも。

==https://www.fireeye.com/blog/threat-research/2021/09/pro-prc-influence-campaign-social-media-websites-forums.html
サイバーセキュリティ企業FireEye傘下のセキュリティ脅威研究企業であるMandiantが、「中国の工作員が何十ものソーシャルメディアプラットフォームで、複数の言語でウソの情報を発信していた」という報告書を発表しました。 問題となったネットワークは大量のSNSアカウントから、新型コロナウイルスの混乱に乗じてフェイクニュースやデモを扇動するようなコメントを同時に投稿していました。
==  99

古代中国は、内部で何かが産出されるその量、質が低い座標に当然の、商業国家だった。 右から左で差益を抜き取る構造をずっとやっていた。 だから騙しも当然だ。 しかしそうした彼らだからこそ、失った信用は返ってこないというのを理解しているはずなのだが、残念な事に、彼らが信用だとか信頼だとかを感じるのは同族においてのみであり、その外はどんな騙しをしかけても殺しても奪っても犯してもよいのである。 わたしは今少し大げさにいった。 しかしモデル化して考えるとはそういうこと。 コトバをすっぱりとやらなければならない。

わたしは以前いったと思う。 この日本のネット空間の中における日本語文字による意思伝達、そしてそこには音声も入っているのかもしれないが、ざらっと見て「 三割は中国人が、国内国外から日本語を使って、日本人に成りすましてそれをやっている」 という理解にある。

在日朝鮮勢力を含めると4割くらいになっているのではないかという見方でこれらの無料の公開言論空間を見ている。 騙されないことだ。

==https://www.visiontimesjp.com/?p=23470
中国揚州市の封鎖、食料供給不足「1世帯ジャガイモ1個」  感染状況が深刻のために封鎖された、
中国・江蘇省揚州市のある団地で22日、100人以上の住民は、団地の出入口に集まり、食糧を求めるために封鎖を突破しようとした。政府関係者は怒っている住民に、翌日(23日)に6000人分の野菜を無料配布することを承諾したが、最終的に1世帯につきジャガイモ1個しかもらえなかった。
https://youtu.be/vRwMHEEGeCk
==
https://pbs.twimg.com/media/E93H3DrVkAAL17m.jpg  支配層の計画として流通している複数の情報のひとつ。
==

中国の食糧不足は、役人どもがそれらの食糧を自らの一族だけに流してしまうだとか、外の世界に売ってカネに変えるから、というのが相当の原因。 各省における食糧貯蔵庫に砂が入っていたという話をした。 それらの食糧は何処に行ったのか。 勿論横流しされて各種賄賂やら貯蓄に消えた。

彼らの社会の賄賂が当然というシステムは、ミニマムにおいては合理性が髙く見える。 しかし人間集団全体で換算すると、明らかに非合理のかたまりになっている。

そしてそうした彼らの動きと呼応するのが西洋座標の自称エリートたち。 これらの連中が今の武漢ウィルスにおける怖い怖い情報の発信をしているのか、又は中国人たちがやっているのかわたしにはまだ判定出来ていない。 そして今の段階ではそれは深くやらない。 分けるだけ時間の無駄だ。

これらの奪い盗る連中たちが例えばハーバード大の学閥でつながているだとか、エプスタインの常連だったとか、悪魔の儀式の参加者たちだったとか、それらの探査針を領域に向けたほうが恐らく得られるものは多いだろう。

これらの武漢ウィルス怖い情報は、いわゆるダボス会議の連中にとってももう機能していないと判定する。 変異体の速度が速すぎるからだ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78633.html
元フィリピン海軍副提督ロンメル・ジュデアン(RAdm. Rommel Jude Ong)氏は、米政府系ボイス・オブ・アメリカ(VOA)のインタビューで、南シナ海や台湾海峡で中国共産党(以下、中共)の脅威がエスカレートしている中、フィリピン、台湾、日本は緊密な防衛関係にあると述べ、3国が協力して対中防衛政策を展開するよう呼びかけた。 第一列島線に位置するこの3カ国はいずれも、中共の脅威に直面している。同氏によると、3国の管轄する水域には重複する部分が多く、一国だけで海上防衛を担うことはできない。米国でも全部カバーできない。そのため、第一列島線の国々は、共同戦略計画を検討する必要があるという。  大紀元 910
==

いずれにせよ中国は、これからのハイパーインフレの発生を抑え込みつつ、デジタル人民元の移行によって全てゼロにするというのが出来なければ終わり。 自分たちだけのブロック経済圏域の構築に成功できなかったら終わり、の運命が接近することになる。

しかし今の不動産業界の破綻から、更に、その後で考えられるのは、たしか9つある長距離高速鉄道網企業であり、これらの抱える借金は今の動きに匹敵する。 これを始末出来るかどうかで中国内部の権力闘争の状況がわかる。

ざらっといえば鉄道網は、日本でいったら戦前の戦争省とでも言える領域が管轄であり、中国共産党の出世パターンとしてここ出身というのは相当に重要な要件になっている。 つまり江沢民なのである、この鉄道は。

今回は江沢民の親父が恐らく日本の租界での商売を通じての、日本の天皇財閥とでも言える連中からのつながりにおいての日本の政治経済領域と深くつながっていた… ことからの、国民党の台湾島への導き、水先案内人をやっただろうという話、これはしない。 まだ考えがふらついているから。

何がいいたいのかというと基本全てはつながっているのである、ということ。

==https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20210910-00257500
迅速な攻撃者の特定と、場合によっては金融制裁などの政治的な反撃が必要になります。サイバー空間での反撃も必要になるかもしれません。 日本の安全を守るため、また世界の平和を守るためにも差し迫った課題です。経済安全保障体制の強化に努めていきます。また新たな戦争への対応が求められてきます。ゲームチェンジャーになるのは衛星、サイバー、電磁波、無人機、極超音速兵器です。 910
==

中国が約束してくれたカネを全くくれないということの確認が取れてから、フィリピンは反中に向かう。 今のドゥテルテ大統領は中国とのしがらみがあるのでそんなには動けない。 だから次の大統領が誰になるかによってそれらが大きく決まる。

ドゥテルテの娘さんが出るそうだ。 対立候補が反米の人かはまだ調べていない。 ただこの娘さんだったら、スービックとクラークの再開の方向で全体が進む。 わたしはそう見ている。

それは髭の佐藤隊長が、昨日だったか「 台湾を日米安保体制における核の傘にいれることだ」 とそこまで言ってしまっている。 勿論個人的意見の形をとってはいるが。 今の自称バイデン政権がどういう面持ちかは分からない。 ただこれらの核兵器における安全保障の設定の中でこれから、つまり来年以降のそんなに遠くない段階において、英国とフランスが( フランスはまだ分からないが) そのプレイヤーとして参加することになる。

わたしは英国の核兵器の本当の本当の秘密がまだ分かっていない。 あれらの全ての全てが米国管理ともいえる状態なのかどうかもだ。 日米に大きな密約がいくつもあるように、米英にそれがない訳がない。 わたしはそう考える。

高市さんがこれらの概念を言うのは正しい。 しかし今、岸田を支える宏池会が徹底的に地方の自民党党員と県議連などの票の取りまとめの為に全国を飛んでいるようだ。 だから岸田はいいなりのロボットではあるが、決して弱い存在ではない。 彼を総理総裁にしたい財務省のチャイナスクールの連中の悲願が? あるだろう。

河野はもうだめだ。 910で記者会見をやった。 唐突にブルーリボンをつけて、唐突に皇室がだとか言い出した。 そして安全保障と経済政策と、これらが全くなくて岸田以下だと分った。 当人も本当に出たいと思って出てきたのではないかと思っている。 わたしは。

彼の出身のジョージタウン大学は、全米で唯一「 日本管理課」 とでも言える学部があると宣伝している大学である。 日本管理の人材を育成する大学だ。 そしてここを出てもしかしハーバードなどの連中にただ使われるだけの、下っ端の猟犬としてその人生を終える。

CSISのマイケル緑だとかジェラルドカーティスなどもここ出身だったと思うが、上層の政治畑の連中からは全く相手にされていない。 ただの使い走りにしか過ぎない。

この世界の徹底的な学歴差別の話は今回はしない。 人間世界から差別をとったら本当に何も残らない。 そしてこれらの事を考えてもいけないという連中は、それこそそこから伸びてきている奴らだ。


  われわれは何も知らないという事すら知らないのである


----
終了
----


  • [2363]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 9日(木)23時52分12秒
 
――――――――――
2021・99木曜(令和三年)
――――――――――

いつまでもウィルス怖いと言ってはいられない。 これらの状況に立ち向かってその後に、この状況を造り出した中国に対しての責任の強い請求をし、続けなければならない。 またそれをやらなければ、ある一定の成果を得られなければ、人類の魂の進化はない。 わたしはそう捉えている。

しかしこの下の動きは本来5類と言われる設定にしなければあまり効果がないのだろうなあと漠然とは考える。 安倍首相が菅首相に、確か5類に指定しなさいね、という事の指示を受けていたのだが、けっきょくそれは出来ないで終わってしまった。 今の隔離的な形の方が医療関係者業界に入るカネが大きいからという話だが、詳細は知らない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/53098936dd7458f628790c772d541bba0e6d74ef
政府は、新型コロナウイルスワクチン接種の進展に合わせ、10月以降、段階的に行動制限を緩和する方針を固めた。 感染拡大地域でもワクチンを接種済みであれば、県をまたぐ移動を原則として認め、イベントの収容人数の上限を引き上げる。 飲食店での酒の提供でも制限を緩め、日常生活を取り戻す取り組みを進める。 こうした内容を盛り込んだ基本方針をあすにも決定する見通しだ。
==  99

世界の国家がしかしこうした立ち向かう姿勢を明確にしてきている。 その上で下の様な中国に対しての軍事的な挑発を含める様々な仕掛けを投げつける。 真下の記事は98の時点で米国のミサイル駆逐艦が、中国が領海と読んでいる南シナ海南沙地域を航行の自由作戦によって通過した数時間後に発表されたものだ。

これらの発表は「 中国がこれから米国やその同盟国の領海の中に侵入して、その上で海岸線などの偵察を行う」 という風にしか読めないので、それは明確な宣戦布告の形になる。 勿論そんな事を中国がするとは思えないし、実際に出来る能力もない。 更に言えばそういう事をしても、少なくとも今の自称バイデン政権とやらは何もしないと分っているのでそう発表したとみるべきだろう。

だが米国本土迄そもそも中国の軍艦が遠征できるとは思えない。 だから考えられるのは、台湾から日本にかけての領域になる。 台湾に関しては似たような挑発はもうたくさんやっている。 だからあるのだとすれば日本。 しかし彼らは日本の海軍戦力とノウハウを本当のところ理解していないのではないかという気がしてならない。

==https://www.washingtonexaminer.com/opinion/china-threatens-to-send-warships-inside-us-territorial-waters
China won’t accept US hegemonic acts in the South China Sea: Global Times editorial
China, on Wednesday, threatened to send warships into U.S. territorial waters.
中国は昨日、米国領海内に軍艦を送り込むと脅迫した  環球時報(中国国営メディア)は、人民解放軍海軍の軍艦が「アジア太平洋の米軍基地と米国の同盟国の海岸線に行き、近接偵察活動を行い、航行の自由を宣言する」と呼びかけた。同社説は、「米国は近いうちにPLA(人民解放軍)が玄関先に現れるのを確実に目にすることになるだろう」と付け加えている。
China, on Wednesday, threatened to send warships into U.S. territorial waters.
== 98
 声明によると、同艦はミスチーフ(中国名・美済)礁の12カイリ(約22キロ)内を航行した。中国は人工島周辺12カイリ以内を「領海」と見なしており、中国軍南部戦区は8日の報道官談話で「米国の行為は中国の主権や安全を著しく侵犯した」と反発した。  第7艦隊は「自然のままの状態で満潮時に水没するミスチーフ礁のような環礁は、国際法で領海とは認められない」と指摘。ミスチーフ礁から12カイリ以内を通常航行することで、これらの地域に公海の自由が適用されることを示したと強調した。  時事 98
==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090800695&g=int

中国が機雷、水雷の様なものを落下させても到達しない深海から、日本の潜水艦は中国の観戦を超高速追尾魚雷で撃沈できる。 中国艦船はたんなる的になる。 これらの事実を知っているはずが、それでもこうした強気の発言をするというのは、わたしは逆に考えれば、そこまでの表現をしなければ、特に各軍事管区を押さえる事がもう相当困難になっているのだろうなあと読む。

そして米国を含める同盟国の戦略は、南シナ海から台湾を含める海域には中国を出さないようにして、その状況で、中国軍をいやでもアフガンに進出、駐留させざるを得ない状況を造り出す事… のように見えて仕方ない。 現時点で米国のバイデン側のCIAスタッフが、タリバンの穏健派と言われる何人かの連中とあっている、何かの協議をしているというのが報道された。

それらはどうせアフガンにおける麻薬利権などに関連するものが中心だろうなあとわたしは捉えるが、それ以外の中にこれらの中国をどうやって引きずり出すのかということの、タリバンにやってもらう役割とその見返りの交渉などの動きがあるのだろうなあとみる。

自称バイデン政権は今のところタリバンを国家承認するつもりはないと言っている。 それが反転して急遽国家承認するとなるのなら、何かの取り決めが完了したとみるべきだ。

バイデンとやらは親中派ではある。 しかし正確ではない。 親江沢民派、なのであって、けっして親習近平派ではないのだ。 わたしはそう設定して今の米国の偽政権の連中の動きを見ている。

==http://naver.me/xWNyOm23
今日(7日)最初のニュースは、月城原発と関連してJTBCが新たに取材した内容です。「月城原発1号機」で放射性物質が漏れたという疑惑について原子力安全委員会が5ヶ月以上調べてきました。我々が1次報告書を入手して調べてみました。結論から申し上げますと、疑惑は事実でした。人体に致命的な物質が、20年以上漏れていました。今までどれくらい漏れ出て、原因が何であるのかを集中的に報道します。  ネーバー 97
==

儒教圏域の連中は、実測実数の世界ではなく、虚飾虚数の世界に生きている。 それらの中では権威が全てだ。 メンツとも体面ともエゴとも自尊心ともいう。 だから上の様な動きが報道されたとき、なぜ韓国の連中が執拗にも福島原発にかみついていたかがわかる。

彼らの防諜情報工作は未熟だ。 幼稚園以下だ。 それは、たくさんの偽情報の中に、自分たちがひょっとして犯人だと思われるかもしれないような情報を適宜まぜこんでこそ、それらの防諜が、対抗活動がうまくいくのに、彼らは体面が邪魔をして、過去にそうした動きをただの一度もとったことがない。 だから言論の空間で、中韓のそれらの国家名が出ないような何かの事件の情報拡散伝達の動きが彼らのメディアとやらからされるときは、それらの事件を起こした張本人が彼ら当人であるケースが実に多い。

わたしはその文脈で911やリーマンの公開情報を読んでいた。 あれらの大きな事件の動きの背後に中国の存在がゼロだというそんな認識を持っているのなら、あなたが、それは国際社会だとか国際政治関連に関わる情報の演算をやるのに向いていない。 何か大きなところから学び治す必然があるだろうと偉そうにいう。

韓国における出生率の極端な減少は、これらの彼ら国家全域を覆う、相当に高い放射能物質と放射線によるものだ。 そして月島原発は、というか韓国の全ての原発は、彼らが核爆弾開発の為に、建設の後で、秘密裏に大きな構造変更が行われているものがおおく、その構造変更の地点から内部の核物質を簡単に取り出そうという計画がどうやらあったのだ… という観点で全体をみるべきだ。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/d27b79168420f4b701ddb2050eaf081d75a0b991?page=3
 ところが、「偉大なる中国」への自信が深まるなか、中国基準に合致したものこそがいいものという考え方が広まりつつあるという。日本でもかつては輸入品が高品質と考えられていたのが国産品優位に変わってきた歴史がある。その意味では同じ道をたどっているとも言えるが、わずか数年での激変には驚きだ。  「中国でよく売れていた日本の化粧品でも、近年売れ行きが落ちているものも少なくありません。日本企業関係者にはメイドインジャパンは高評価で中国人は大好きと素朴に信じている人もいますが、中国市場の最前線にたずさわっている人間はこの変化に戦々恐々としています」(前出の安田氏)  99
==

いずれにせよ今の世界委は自尊心が極大化に向かおうとしている。 それは個人も国家も同じ。 中国人たちが自ら閉ざされた言論空間の座敷牢に喜んで入っている限り、彼らの世界に対しての認識が改善されることはない。 ゼロだ。 つまり彼らは自ら自分にとってだけ都合のいい情報、中国共産党政府が流す、その個人のエゴをくすぐり拡大するものしか採用していない人間集団に移動しているという言い方。

これらの化粧品がどうしただとかの認識は、例えば成分分析をしてそれらを数値化して、並べて提示すれば一発で分かることだ。 その判断はどうせ個々人において間違っているものばかりだろう。 しかし脳の中で勝手に幻想を回転させて拡大させ、最終的に疲弊して消滅していくよりは遙かにましな方法だ。 それらの概念にすら中国人たちは到達できない。 根本的に彼らが保有しているエネルギーは恐らく相当小さいものになっているのではないかと推測する。

彼らは武漢肺炎が流行った当初、自分達で布製のマスクを自作するという概念の発生すらなかった。 一見どうでもいいような動きに見える。 しかし人間の想起にも相当のエネルギーが必要とされるものだ。 それがないという事は、彼らの精神波形のテンプレートパターンとでもいえるものの数が極端にすくないか、またはエネルギーが少ないか、または両方かのどちらかによって、そうした状態に自らなっているのだろう。 わたしはそう判定している。

戦争をして花火を打ち上げ出来ればそれはまだマシだ。 それをさせてもらえず、内部の人間がこのまま気づいたら死んでいるのではないかという世界線に移動しているかに見える。 炭そ菌は人間から人間には基本ジャンプしない。 しかし中国が炭そ菌の生物兵器としての開発を続けていたのはみな知っていることであり、今回の武漢ウィルスの様な人間から人間にジャンプする変異人造種を彼らが造ったとしたら、そしてそれらが今の中原の覇者を決める動きの中で使われたのだとしたらどうなるか。

勿論分からない。 しかし最終的には三峡ダムの破壊の容認にまでいくかもしれないなあという想定をわたしはもっている。 そういう意味において今の中国の内部、これは何が起きるか分からない。 もっともこれは今の地球全土全てにおいてだろうが。

月の揺らぎは「 ポールシフトが近い」 からという説もある。 勿論そんなに大きく角度が変わるわけではない。 しかしほんの少しでも変われば、それは人間世界を根底からシェィク、攪拌することになる。 今まで考えもしなかった想定をそれぞれが行ってみてほしいかとも思う。


  地球の脈動がはじまる


----
終了
----


  • [2362]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 8日(水)23時58分45秒
 
――――――――――
2021・98水曜(令和三年)
――――――――――

わたしは前回新しく降ろされた黙示録のこといった。 証拠もないのであれらの記述が事実であるとかは言わない。 そして一般書店、ネットで買えるから、安いから、500円だから自分で買えと言った。 ヨハネの黙示録などは無効化になったのだと言った。 それでもどうせ何もしてないのは分かっている。 その上でわたしはいつも貴方に勝手にしゃべっている。 どうせ何も届いていない。 情緒感傷と娯楽の海から出てこない。 しかしその座標では先がないと勝手に決めつける。

これから中国において「 共産党指導層が、戦争を起こそうと後ろを振り向いたら、国民が誰もいなくなっている」 という記述があった。 あったのだ。 読んでいない人にわたしは考慮しない。

わたしは答えを丸暗記してからテストに臨む馬鹿だったから、常に逆解析、常に逆アセンブラ( このコトバでよかったか、コンパイラとか言ったか) …で世界を考えている。 だからこれらの設定が真実であるのなら、それを充たす条件は何かと考える。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/53913acf1327d4ec20c48de5c924ab7d3ef74a36
中国疾病予防統制センターは1日、山東省浜州で14歳の男子生徒が7月28日に高熱と嘔吐、下痢などの症状を見せ、先月6日に死亡したと発表した。 男子生徒の村の医院で治療中に意識不明状態に陥り、大学病院に移送されたが治療中に死亡した。専門家の判定の結果、炭疽菌に感染したことが確認された。 疾病予防統制センターは死亡した生徒の家族が牛の飼育と食肉処理業に従事しており、発病直前に家で病気の牛の処理をしていたことがわかった。 生徒が死亡した家で病気の牛を処理していた35歳の男性も炭疽菌に感染し現在隔離治療を受けている。
==  中央日報 92

となるとそれは普通にウィルス、そして放射性物質、あとは内戦、更に天災的なものだ。 最近わたしはそれらの概念の中にワクチンとケミカルの何かも恐らく含まれるのだろうなあという立場でいる。 だから武漢ウィルスを抑え込むためのワクチンという概念も、それが治療的に予防的に効果がある事例もあるだろうが、悪影響を与える事例もあるだろうという見方をしている。

だが一方的にワクチンがワルイワルイとお経を唱える馬鹿たちではないので、概ねでは使っていった方がいいのだろうなあという立場。 しかしそれはケミカルの、RNA転写阻害物質で構成された治療薬と併用することであり、更に、自分自身の免疫を高める為に、例えば早起きして朝日を浴びて日焼けしてその結果ビタミンDを自分の体内で形成するだとか、いわゆる抗酸化とでも言える一連の何かをすることも大事なのだろうなあと簡単に考えている。

しかし上の事例における「 武漢ウイルス+炭そ菌」 という状態になったら、これは恐らく死ぬだろうなあとも考えている。 そして今の中国はこの炭そ菌との合併症とでも言える動きが起きているのだろうなあとみる。 たくさんの人々が死んでいるのだろうなあ、これから更に死ぬのだろうなあと。

それは水害における衛生環境の劣悪化。 わたしは中国の上下水道、特に下水道が全く出来ておらず、都市部にある下水道はなんちゃって下水道だというのを言った。 構造上… どういう設計になったらそうなるのか全く理解できないのだが、ビルなどで採用している上水の配管と合流するような事例が本当にあるそうだ。 馬鹿か。 それしかコトバがない。

中国の都市部で、水害にあっていない地域においても謎の黒いコンテナトラックが出入りしているという情報を見た。 恐らく嘘だろうとは思っている。 それは、大量の死体を運び出すトラックだと中国人たちは言っている。 ほんまかいな、と一応言っておく。

==https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-07/QZ17OUT0AFB601
ブルームバーグの集計データによると、中国企業が今年これまでに売却計画を発表した海外資産の総額は105億ドル(約1兆1500億円)と、少なくとも1998年以降で2番目の大きさ。現在のペースなら、2021年は通年で昨年の150億ドルを超える可能性がある。   中国国際金融(CICC)の中国クロスボーダーM&A(合併・買収)責任者、バグリン・アンゲロフ氏はインタビューで、「中国企業は最近、単なる買収よりも、先を見越した資産ポートフォリオの見直しを行っている。良い提案があれば、少なくともそれを精査することにオープンだ」と述べた。  ブルームバーグ 97
==

中国が各種政治的な変更によって国内の体制を作り変えている。 それは勿論戦争準備も含めてもの動きだ。 何処と戦争をするのか。  それは江沢民勢力とするのだ。 中国の各軍事管区がもっている核ミサイルが、外側世界にむけられているもののほかに「 国内の敵性宗族、部族の街」 にむけられているのは有名な話だ。 というか事実だ。 それは北京を統治する自称漢人と言われる勢力が「 異民族である南人などを含める野蛮人をいつでも攻撃するために」 ある。

勿論他の部族は北京に照準を合わせている。 核ミサイルと持たせてもらっていない瀋陽の連中はだから自分たちの核ミサイルを保有するために、江沢民たちの力を大きく借りて北朝鮮に核ミサイを持たせてやった。 だから北朝鮮の金剛山… かどうかは本当かは知らないが、それらの近傍の山の中には固定式の古臭い核ミサイル、大陸間弾道弾発射施設が、分かっているだけで20本ほどあって、それらは日本にも向けられているが、大半は北京に向いている。

これらはサウジがカネを出してパキスタンに核開発をさせたのと同じような構造だ。 世界における謀略を国境線で外と内と認識するのはやめよ。 騙されるもとだ。

中国にしかし流動性の高い自由に使えるドルが全くないというのが、彼らの戦争準備資金も含めて上の記事の売却でよくわかる。 これは日本のバブルがはじけた時に大手の企業が米国で保有していた資産をたたき売った動きと… これを分かっていたので米国のハイエナたちは、だから相当に安く買いたたいた。 日本企業は大損をこいた …まったく同じものだろうなあとみている。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78571.html
在中国のドイツ大使館は6日、8月24日に赴任したばかりのヘッカー駐中国大使(54)が急死したと発表した。ドイツメディアは、ヘッカー氏の死去によってメルケル首相の対中宥和政策は頓挫したとの見方を示した。 ヘッカー氏は政界に入る前、弁護士を務める傍ら、大学で副教授として教鞭も執っていた。2017年以降、メルケル首相の対外政策顧問に就き、政府の外交政策・安全保障・発展政策局の局長を務めていた。  大紀元 98
==
欧州の人権団体は6日、大手小売り企業5社が利益のために、中国当局のウイグル人住民に対する強制労働に関与したとし、ドイツ検察当局に刑事告発した。 ドイツを拠点とする非営利機関「欧州憲法人権センター(ECCHR)」は、複数のファッション小売企業が新疆の綿産業における強制労働を助長し、莫大な利益を得たと批判した。  大紀元 98
==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78631.html

ドイツは勿論ヘッカー大使の司法解剖をするだろう。 そして本当の真実に到達するだろう。 電磁波攻撃における暗殺だった場合、基本それは分かりにくいが、それでも内臓の何処かが内部から熱を発生したことによるたんぱく質の組成の変更があるので分かるそうだ。 我々が生卵とゆで卵の違いを理解できるように、電子顕微鏡レベルで調べるのだろう。

後は毒物。 放射性物質は時間がかかるので、恐らく今回は採用されていない。 そして今のドイツはメルケルの後の各種政党が「 一つの中国は認めない」 という方向で政治綱領の変更を行う準備をしている。 それらは彼らの総選挙の後に現象化する。

メルケルは今回の大使暗殺で政治家として完全に終わった。 わたしはそうとる。 もっとも彼女は確か今月で政界を去るので、彼女の所属していた政党… わたしには共産党を名乗れない集団、利害得失者が看板をかけかえている風にしか見えていないが …もこれから変身できないのなら、これは終わっていく。

我々が想像する以上にドイツの内部の国論は割れている。 親中と反中。 経済界は基本みんな親中だと言い切ってもいいのかもしれない。 日本の経団連だとか経済同友会のように。 だが国民は怒り出している。 勿論武漢ウィルスだ。

==
アメリカで、馬などの家畜用の駆虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス治療薬として服用し、病院で救急治療を受ける人が出ているという。 米政府は、新型コロナウイルス治療に「イベルメクチン」を使用しないよう呼びかけている。  bbc 831
==
Newsweek、Guardian、RollingStonesなどがこぞって取り上げた記事が誤報と判明。
==https://newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/24-36.php
オクラホマ州セコイアの病院:「マクイア医師は従業員でない」 「イベルメクチンの服用・過剰摂取による患者の治療は行っていない」
==https://nhssequoyah.com

ワクチンが地底政府と呼称される連中の遠大な計画だったと認識するのはたやすい。 そうかもしれないしそうでないかもしれない。 彼らエリートとやらは、自分を大きく見せる為に平気でうその情情報を流す。 それにためらいがない。 流石ハーバード大学卒はみんなそれだなあと感心する。

合理的選択論は、どんな状況であっても自分は政治家で、エリートでいつづけること。 そしてその為にはどんな嘘でもついていいし、転向もしていい。 その中で最大限の利益の確保を追い求めることこそが「 神に選ばれた使徒の正しい生き方」 …とでも言える概念を学問としたものだ。

土台学問、基礎学問としてこれを一番下において、そして世界で一番の、名実ともに本当のトップのハーバード大学の連中、それらに関わるような競合エリート大学( そうだなあ、シカゴ大学とかかなあ、あと政治の領域に出てくる各種大学は、専門の分野は強く見えたりするけれど、総合力はそうでもないというのが多そうだからなあ、と勝手に言う。 ジョンホプキンス大学だとかそういうの) …の仲間と共に米国を勝手に私物化してきた。

世界管理を自分たちだけが独占しておこなえるのだとやってきた。 それらが今回の自称バイデン大統領と民主党偽政権を実現させた。 この言い方はけっして大げさではない。 彼らは中国の、どっちかといったら江沢民達と深くつながっている。

だから習近平とトランプ大統領がそれぞれの国家の中で好き勝手なことをやりだした時に。 つまり彼ら自称エリートたちにとって、だが、それを米中の勢力と互いに組んで、これらの勢力を追い落とすことを激烈に仕掛けた。 この中にソロスたちも当然いる。 ただこれらの青い目たちは、自分たちが主導権を握っっていると勝手に思っていたが、わたしの大きな判定においては、結局911以降は全て中国にやられてしまったのだろうなあと、これを言う。

何故軍部が中国を明確に目のカタキにしだしたか。 わたしはそれを、国防総省を地対地ミサイルシステム、ロシアがもっていたSシリーズの変形判、これの中国製コピーミサイルを使ったか、あろうことか民主党系列の軍産の企業から横流ししたものを、これを「 タリバンが使った」 ということに気づいたからだと大体判定している。

国防総省にミサイルが突っ込む画像の事は貴方に紹介した。 あれらの分解解析を軍部がやっていないわけがない。 だから米国は復讐に20年かけた。 こうした言い方も出来る。

ぼんくらなままでいたら世界はいつも分からない。 いつも騙される。 いつも間違ったことを言っている。 ま、わたしはこれだが。 しかし本当の真実に到達するという強い思いがあるのなら、そしてそれに行動がつながるのなら、いつかはその本当の真実に到達することになる。

本当の真実とは何か。 それは実存だ。 この理解が精神世界とやらの座標という名称の座敷牢から自らはいって自らカギをかけてしまって出てこない連中にはついに得られていない。 外に出ろボケ。 喋ってばっかいるなアホ。 というのがわたしの勝手な持論だが、わたしは別に彼らと友達になりたいとは毛頭思っていないので別にいい。


  本当の真実を目指せ


----
終了
----


  • [2361]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 7日(火)23時52分55秒
 
――――――――――
2021・97火曜(令和三年)
――――――――――

最初にオカルトな事を証拠もなしに書く。 わたしはあなたに2014年夏至前に人類に新しい黙示録が降ろされたということをいった。 そしてその内容の通りに大体は進んでいるのだと。 更にこれらは市販されているので直接見ろとも言った。 その中の記述における多少の変更というものは、多くの人間がこれらの情報を知ってしまった事による未来方向の変化の可能性… これを言ったと思う。

そしてそれらにつながる概念においては「 賠償金のイメージの形で、地球座標における全ての存在が連帯責任として外座標の全ての存在にエネルギーを支払わなければならない状況になっているのではないかと言った。 ここで言ったかは覚えていない。 そういう事をとりあえずおいてはおくが、一旦その新しい黙示録で降ろされた情報の事を書いておく。

==
竹田恒泰 @takenoma  今後、女系容認の総理が出てくるだろうが、今がとても重要。有識者会議が進行しているため、ここで女系容認の総理が立ったら、日本は終わる可能性がある。本来なら結論に至るまで菅総理が担って欲しかった。  野田× 女帝推進  河野× 女系容認  石破× 女系容認(不出馬?)  11:54 AM ? Sep 7, 2021
==

それは日本における天皇というシステム構造が消滅するのかもしれない、又は消滅しないとしても、形を変えて存続するかもしれないが、それは以前もっていた制度というかあり様とは似ても似つかぬものになっている可能性、これが語られていた。

そして今の上皇様は本来の寿命はもっと短かったのだが、それを最後まで見届ける役割を自ら選んで生きたのだ、その世界を選んだのだという情報が降ろされていた。 それらの概念は何か。 それは皇統の断絶だ。 それが関係者の死滅によるものと、もう一つは女系天皇という概念によるものがある。

しかし女系天皇が採用された場合においては、恐らくそれは続かない。 我々日本人の表層意識から潜在意識における流れの何処かに、今の眞子様と小室なんとかの騒動の事をそうとうに拒否、忌避するものがあるからだ。

つまりそれは女系天皇になると、入り婿の形で儒教圏域の連中、そして欧米世界にしたところでも、奪い盗る側の連中が皇室に入ってきて、自分達の私物化を、それはつまり日本国家と日本国民に対しての私物化、奴隷化、利用化とでもいえるものを公然と仕掛けるので、そんなことは認めないという強い拒否の気持ちが働くだろうというそれになる。

入り婿が犯罪者気質、精神病気質であっても、それらが上手に秘匿されていたら、マスコミなどが中韓などにみられる奪うことしか想起しない連中に支配コントロールされていたら、されているが、それは事実が国民に伝わらないまままに何もかも勝手に一方的に独断的に決められてしまう。

今の自称バイデン大統領の誕生の一連の起承転結を我々は目撃している。 あれらのバイデンジャンプを目撃すらしなかったもの、あとで散々世界に回ったそれらの情報を知りもしない人間たちというのは、大きな意味ではあちら側の、それこそ陰始側の眷属だとわたしは断定している。

モデル化とは骨をつかむ作業であって、肉や皮は全て捨てる。 そうしないと簡単に騙される。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/b13a9627afef110408fa0a06c5e6ff9c3321b72e
「ワクチン接種模範国」と呼ばれるイスラエルで新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの4次ブースターショット(追加接種)を準備しなければならないという主張が出た。 現地メディアのザ・タイムズ・オブ・イスラエルによると、イスラエルの新型コロナ防疫最高責任者のサルマン・ザルカ氏は4日(現地時間)、公共ラジオ「カーン」とのインタビューで、「新型コロナが完全に終息せず、人類と共生し続ける」とし、「4次接種の準備を始めなければならない」と述べた。  97
==
パンデミックが目的を持って計画されたことの証明  ドイツで「情報のための医師」と呼ばれる500人以上の医師が所属するグループが、全国的な記者会見で衝撃的な発言をした。(1)  「コロナ・パニックは、劇だ。それは詐欺だ。一つのペテン。世界的な犯罪の真っ只中にいることを理解する時が来た。」 この医療専門家の大規模なグループは、主流メディアの大規模な誤報について国民に知らせるために、毎週50万部の医療新聞を発行しています。「情報のための医師団」は、6,000人以上の専門家によって支えられています。彼らはヨーロッパで大規模な抗議行動を組織しており、2020年8月29日には1200万人が署名し、推定100万人が実際にデモに参加しました。
==https://www.stopworldcontrol.com/planned?fbclid=IwAR2LfknuMMo-JqtT5wPnsjLGv5FrwTkUxWLfZ8f3fwCPr5mDMxdXHVZspDQ

そして天皇というものに対してのあり様が変わるか消えるかは分からないが、というかこれからの全ての流れは、恐らく新しい黙示録の通りにすらならない可能性が実に大きくなってきているなとわたしは考えているが、それらの詳細をいうと、これら新しい黙示録教条原理主義者は自らのエゴを破壊されるかの様にわたしに対して憎しみをぶつけてくるか、冷笑の檻の中に自ら閉じこもってせっかく獲得しようとしていた社交性を自ら捨てるだろうから、わたしはその辺は今はやらない。

状況は恐らく大きく変わるのではないかと予測するので、その時にやる。 だからこれらのウィルスとワクチンの関連にかんしての動きは、その奪い盗るものたちが最初から計画していたことだ… と簡単に結論を出すのは結構だが、恐らくそんな簡単ではない。 それだったら彼らがイベルメクチンやアビガンに関わるようなケミカルの治療薬の可能性を残すはずがないからだ。

コトバや概念はどうとでも作れる。 そしてそれらは全て正解でないに過ぎない。 だから陰始勢力なる座標の全てを英国女王に合致させて、それらがこの世界から消える時が新しい世界の到来だとか勝手に夢想するのも当然自由だが、どうせそれさえも間違っている。 そしてわたしはその概念は相当間違っていると判定する。

行動の主体者という概念をわたしは言った。 そして人類世界を移動させている密室空間のトレーラーという概念、運転手が中国であり、後ろの客室に欧米の支配層の老人たちがいる。 密室空間には窓がなく、その内側に映像が表示されており、中の全人類は、その映像が現実だと信じて疑わない。

これは人間の自我意識の外にある投影の為の球形スクリーンの拡大転写そのままでもある。 行動の主体者は誰か。 中国だ。 この大きなモデル化理解をすると、今現今世界で流通している欧米宮廷金融金貸し集団が主人公だと思わせたいという勢力がいるのだろうなと気づかないといけない。

==https://kahoku.news/articles/20210824khn000043.html
 塩野義製薬が進めているのは、ウイルスの遺伝子情報からワクチンのもととなる物質(抗原タンパク質)を作る組み換えタンパクワクチン。海外ではインフルエンザワクチンなどで既に実用化されている。  97
==
【ニューヨーク=西邨紘子】米バイオ製薬ノババックスは14日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(治験)で、変異ウイルスを含めた感染予防に90.4%の有効性が確認できたと発表した。中程度~重度の症状を防ぐ効果は100%だった。  97
==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN14CZH0U1A610C2000000/

その補助線として中国の情報部のやり方は、いつも稚拙であり、それは中国人全てがそうなのだと言った。 彼らは自分たちが行動の主体者、犯罪者であった場合は、明確に反対概念を前に押し出してそれしか犯人はあり得ないとやって、自分達の勢力に認識が向かないように生きている。

過去の繰り返しの中でそこから一歩も出ていない。 彼らはおよそ3500年前という本当の歴史区分の中における古代中国のあの座標から1ミリたりとも動いていない。 彼らには世界はない。 彼らには国境線が本当にない。 彼らには中原しかない。 彼らには東西南北に分けた勝手に命名した敵勢力、土人未開人勢力の概念しか本当にない。

そして彼らは中原は、世界は、中国人によって統一されていないのだから、それをどんな手を使ってでも統一しなければならない… というこの考えを絶対に手放さない。 だから彼らはその通りに動いている。 それが武漢ウィルスの意味だ。 つまり大きな意味ではそれこそユダヤ人勢力なのかビルゲイツたちにみられる人間集団かは知らないが、これらは中国に大きく騙された。

そして騙されて今反撃をしているつもりだが、それも恐らくうまくいっていない。 なぜならば、中国には世界はないのだから、中原での戦いを世界各地に広げるだけであり、それらの帰結はこれから更に、今この瞬間彼らが散布しているウィルスの、さらなる変異型の拡散を現実化させてしまっているからだ。 ダボス会議が開かれることはないだろう。 彼らの中にも多くの死者が出る。

だからこのたんぱく組み変えワクチンだとか一連の全ても、結局は人間に免疫力を喪失させるためのもの… かもしれないし、そうではないかもしれない、のだ。

今は恐らく本当に未確定の状況状態が強まっている座標、この言い方をする。 もっと言う。 ランダムでやるというのを突き詰めたらどうなるのかを観測計測している存在がいる。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78503.html
米ワシントン・タイムズ紙の国家安全保障特派員であるビル・ガーツ(Bill Gertz)氏はこのほど、英文大紀元の番組「クロスローズ(Crossroads)」とのインタビューで、世界の自由を破壊するために全面戦争を仕掛けている中国共産党(以下、中共)に対し、米国は中共政権の「邪悪な本性、腐敗、反人道罪」を暴き、独自のイデオロギーを行うべきだと語った。 同氏によると、中共は米国と自由世界に対し、低強度戦争(LIW)を仕掛けている。実際の戦闘には至らないが、西側諸国はとくに情報面で十分な対策を講じていないため、このような対抗措置が必要なのだという。  大紀元 97
==

中原におけるフィクション、本当の史実とは相当違う理解で世界展開されている三国志。 これらの聖地のひとつとでも言える荊州に… ここだったと思うが、蜀があった場所、桃源の誓いがあった場所は …大きな関羽の象がある。 これを習近平政権は解体命令を出した。

とてつもなく、湖北省における観光収入になっていたにも関わらずだ。 名目は公費の無駄。 維持費がかかるという言い方なのだろう。 しかしそれを超えての観光収入だった。 これらの解体命令は勿論、中国共産党という領域以外の神を認めない。 そもそも中国共産党は神の上にある。 彼らはこの概念を本当に国民に言っている。 国民はこれを信じている。 何処まで愚かなのだ。

だから彼ら中国人たちは、内部のアンケートで今の武漢ウィルスは米国が造って世界にバラまいたのだ中国を攻撃する為に… という説を信じている人間が回答者の98%いた。 ところがこれも本当のところは、そんな調査をしたかも疑わしい。 どうせ嘘だ。 仮に本当でも、中国がやりましたと誰が言えるというのだ。 だから設問そのものが成立していない。

だがそれらの無知を通り越した中国人たちに外の世界の言論における言論爆弾、これを投下する必要は、あるとは思う。 最後のチャンスの意味で。 勿論彼らは変わらないだろう。 戦時中に米軍の紙切れビラがたくさんまかれた。 あれと同じようになるだろう。

==
三峡ダム決壊した場合 シミュレーションという内部資料流出
https://www.youtube.com/watch?v=ix5hM5ymso4
==
経済危機が中国を覆う  「生産すればするほど赤字」【禁聞】  2021年6月10日  中国経済の不振を示すデータが示される中、個人消費が減少する一方で、石油や石炭などの価格は高騰して生産者の利益率が下がり、「受注すればするほど赤字になる」現象が起きたために、製造業者は減産や作業の停止などを行っています。経済成長の見通しが暗い中、人民の収入も下がり経済危機の嵐が中国を襲っています。
==https://www.ntdtv.jp/2021/06/50458/

だから中国国民が自らを変えようとしない流れの中で、習近平主席思想なる訳の分からない思想が拡散強制されるながれの中で何が起きるのか。 それは前述の関羽の像が解体消滅に向かっているのの更に強大なものがあるかもしれないなというものだ。

それは以前わたしは言ったと思う。 三峡ダムは、これは中国のメンツをそのまま体現しているものだから、現地は信じられないほどの大雨と増水が続いていて、実際に危険なのだが、それでもダムを守るために全ての地域を水害にして、それを拡大することで守る。

しかしこのダムが破壊されると、壊れると、本当の所は誰が一番メンツをつぶすのか。 江沢民だ。

だからわたしはこの三峡ダムですら自然災害を偽装して、習近平主席が爆破するかもしれないなと疑って構えている。 それによって7億人くらいが死んでもだ。 長江水系における人間を全て南人とみなし、南蛮の連中と決めるなら、それは野蛮人だから成敗してもいいのだ。 中国の掟。

我々は新しい黙示録によって、これから中国が人間が住めなくなると知っている。 それらの方法達成は知らされていない。 しかしウィルス、放射性物質、そしてダムの破壊などがあれば、それはそうなっていく。 勿論当然なにも確定していない。

ついでに言っておけばアフガンのタリバンで、やっぱり仲間割れが起こって、強硬派の勢力が穏健派を攻撃して、その指導者を大けがさせた。 この次期大統領だと言われた人物は今はパキスタンに逃げている。 穏健派は消えるだろう。 強硬派がテロをしかけるから。 中国が介入するかもしれないが、それは藪蛇になる。 アルカイダ、ISISと深く共闘関係にあるのがタリバンの強硬派、そしてこれらの勢力はウイグル解放を目指している。

更にこれらの勢力は「 自分たちの戦いは、全世界をイスラム教徒の世界にするまで続く」 と宣言しているので、彼らはずっと破壊活動をやり続ける。 中国が国力の低下によって、ウィグルを手放したとき、あそこに大きなテロ座標が出来る。 人類世界が安定することはない。

最後にユダヤ人なる勢力がこの世界から真っ先に消えていく… ということの黙示録の情報伝達が本当になるのなら、今のイスラエルのワクチン多重接種からの、その後の報告をじっと見ておくことだ。 それをおすすめしておく。 勿論おおきなお世話だが。


  自分のないやつは消える、生きぬこうと決意して行動を変えたものだけが生きる


----
終了
----


  • [2360]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 6日(月)23時56分29秒
 
――――――――――
2021・96月曜(令和三年)
――――――――――

事実上候補は三人になった。 野田は推薦人をどうせ集められない。 岸田、河野、高市だ。 そして高市以外は全て親中派なので、正直現時点における選択はわたしの中では高市しかいない。 これらの動きがコントロールされていたものだったとしても( 陰始勢力とやらに) 、しかしこの三人の中でまともな経済政策を持っているのは高市だけだ。 他の二人は自分がない。

岸田は本当の本当に財務省を含める官僚のロボット。 そして河野は極端な反原発と女系天皇容認主義。 更に親中派なのだから、これは実はどうしようもないのではないかと思う。 勿論これらの判断に到達するまでにわたしの中に入ってきた情報が嘘であった可能性はある。

しかしどれだけ陰始勢力とやらの既存の世界やら社会やら政治やらであっても、それでも変えなければ日本の沈没だ。 日本が今の段階で沈んでしまったら、それこそセイシンセカイとやらの領域の人たちは、自分が何の検証も疑いもなく信じ切ってしまって強硬になっている教条主義者としての彼ら曰くの、これから日本が率先して世界の、人類のけん引役になる… という事の設定が破壊されるのだがそしたら彼らはどうするのか。 何もしないが。 彼らは何もしないことだけは出来る。

喋ってばかりいたからそこにいるのだ。 どうしてそうして自分を冷酷に「 本当の意味でのごみ扱い、クズ扱いしないのか」 わたしには不思議でならない。 わたしなどそのレベルから更に突き抜けてクズなので、彼らの半端さは何をやっているのかなあと思ったりもしている。 数秒。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/4a90b1fae737376d372aac0fc033f35e39506acb
自民党の総裁選挙を巡り、石破元幹事長が河野行政改革担当大臣を支援する方向で検討していることが分かりました。石破元幹事長自身は立候補を見送る方向で調整しています。石破元幹事長周辺によりますと、「石破氏が出馬するよりも河野大臣を支援する方が自民党の改革につながる」などの意見が派閥内から複数出ていて、今回の総裁選は河野大臣を支援する方向で検討を進めているということです。  96
==
門田隆将  @KadotaRyusho  共同の調査では河野31.9%、石破26.6%、岸田18.8%だそうだ。 回答者は固定&携帯電話併せ僅か1071人。 しかも“誘導”つきでは「本命・高市」の名がないのも当然。
だがネット調査は高市氏が圧倒。 明日も10万規模のネットの結果が出る。 今回の総裁選で“マスコミの終焉”が浮き彫りに。
== ツイッター10万人規模の世論調査の途中結果 96
岸田文雄氏 6.2%  高市早苗氏 75%  河野太郎氏 14.4%  石破茂氏 4.4%
==https://twitter.com/HANADA_asuka/status/1434019780760014850

石破は河野を支えることによって自分が閣内に入る道を選択した。 彼の派閥はもうないに等しい。 恐らく本当に20名の推薦人を集められなかった。 ニカイさんが貸してやるといったが、それを受けたらそれこそニカイさんの人形にならないといけなくなるという計算も働いたのだろう。

ある意味実務の政治家らしい判断であり行動だ。 まちがっていない。 まちがっているのは彼の持っている政策とやら全てだ。 わたしは彼が若い時に北朝鮮によってハニトラにあってしまって相当の弱みをつかまれてしまっているという、確か週刊文春だったか新潮だったかの記事は恐らく本当だtったんだろうなあと今ではそう思っている。

高市がやったところでどうせ長くは続かない。 誰がやっても成功しない。 何故か。 武漢ウィルスが沈静化しない限りは誰が何をしても、大きな成功があることはないのだ。 経済活動が復活しないのだから。 だからこれらの首長たちを変える意味は「 短期間に大きく何かを造り変えてしまう」 という事が出来るかどうか。 にかかっているのであり、でもってそれだったら自前の何かを持っている政治家でないと話にならないという事。

彼女は清和会出身。 宏池会の岸田とそもそも考え方が違う。 そして宏池会は、福田の親父と息子を見ても分かるとおり、日本のリソースを中国に売り払う事で自分たちの側に利権と政治的権力を呼び込んできた勢力だ。 更に岸田がボスになってからはただの一人も宏池会から首相を出していない。 つまり岸田には力がないのだ。 そんなものを日本の頭に据えることがどれだけ危険か。

中韓、そして恐らくは相当創価学会に入り込まれている官僚集団の操り政権になる。 それがどれほど国民をいじめるものになるのかは、今さら貴方に説明しないでも分るだろう。

==https://jp.reuters.com/article/china-evergrande-results-idJPKBN2FW1J4
中国恒大集団、デフォルトを警告 上半期利益は倍増  業界関係者は、今やさまざまなレベルの当局が恒大集団のハードランディング(硬着陸)を回避するため介入する兆しが見られていると話す。恒大集団が崩壊した場合の「社会的打撃」が懸念されているという。  ロイター 96
==
昨年の恒大集団の負債総額は1兆9,500億人民元(約34兆円)で、フィンランドの年間GDPを上回る規模でした。 恒大集団は、20万人の社員を擁し、国内で3,800万の雇用を提供しています。 恒大の破綻は、銀行・金融システムに大きな打撃を与えるだけでなく、中国の雇用市場にも大きな影響を与えるだろう。 アナリストによると、中国政府が非常に難しいと感じている問題は、かつて「お金には困らない」と言われた不動産大手の恒大が、まさに「大きすぎて潰せない」というほど巨大な規模の負債を抱えていることだという。  ヴォイスオブアメリカ 827
==https://www.voachinese.com/a/Evergrande-to-speed-up-asset-sales-as-hopes-swirl-about-government-lifeline-20210827/6018535.html

これらの中国の動きは「 共産党と軍の上層部が、自分の持っている企業なんかが造った赤字を、全て恒大集団系列のグループ所属にして、まとめて潰して借金を中国内および国外の投資家につけまわすための計画倒産だよ」 と、中国系企業なのだろう、それに勤務している日本人が、同僚の中国人エリート? とでも言える出身の彼のコトバとしてツイッターで伝えていた。 そうだろう。

北京工科大学だったと思う。 それらの関連企業も破綻している。 その次に精華大学の関連企業の破綻だ。 そして今回の動き。 前の二つは借金が棒引きされているが、事業が何も変わらず続いている。 これらの領域に投資した、特に外国人関係者は地獄を見た。 今回もそうなる。

こうした領域に前述の創価学会系の中小企業オーナーだとか、関係者が大きな投資をしていて、もう逃げることが出来ないから中国に深入りしてしまっている… という見え方をわたしはもっている。

そもそも中国国内で事業活動を行っている、特に製造業などに関しては、本当に利益を出している企業はごくわずかだから、一体全体どういう動機で中国などに進出してしまったのだこの馬鹿たちは、という視点でしかわたしは彼らを見ていないのだ。

当時の財務省、経産省、そして創価学会、公明党、これらの動きを調べれば大きな答えが出るかもしれないなあと思っているが、詳細には調べていない。

公明党が中国読みで コンミントウ と言って、それが中国何もかもをささげつくす奴隷市民のことなのだという事は言った。 二代目なのか、あの太った眼鏡のおっちゃんの出自、そしてその周辺を調べれば色々出てくるのではないかなあと思ったりもしている。 面倒くさいからしていない。

朝鮮半島ではなくて、中国出身だったのではないのか、ということ。

==https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000227998.html
ドイツの駐中国大使館は6日、ヘッカー大使が死亡したと発表しました。大使は今年8月に就任したばかりでした。54歳で、先月24日に就任したばかりでした。死因は不明だということです。ロイター通信によりますと、ヘッカー大使は今月3日大使公邸で開催されたイベントに参加し、出席者によりますと、普段と変わらない様子だったということです。  ANN 96
==

この上の動きは、ドイツの中で相当の反中運動が今起きているのと関連しているだろうなあと思う。 勿論あてずっぽうだ。 そして中国の中で熾烈な権力戦争が起きている事を考えると、この大使は、そしてその背後の勢力は、習近平側か江沢民側か知らないが、そのどちらかに深くつながっていた人物だったのではないのかと疑っている。 粛清ということ。

そして単純に中国でスパイをしていたので、見せしめに暗殺したという見方。 おそらく偶然に何かの病気で死んだというのだけは、それだけはないと思う。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78486.html
国内防衛産業の自立を目指すインドの継続的な取り組みの基盤として教育の価値に中心的な焦点を当てるインドが、今回新たな防衛技術修士(MTech in Defense Technology)プログラムを立ち上げた。 インドの国防研究開発機構(DRDO)と全インド技術教育審議会(AICTE)という2つの国営組織が共同開発したこの学位プログラムは、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)印首相が推進する「インドでモノづくりを(Make in India)」イニシアチブを支援することを目的として、知識と技能を兼ね備えた専門的人材を育成するためにインドの主要学術機関に導入されることになる。  大紀元 96
==

いずれにせよ戦争が近づいている。 アフガンが陥落した。 だから何処かの時点でここで大きくなったテロ勢力は世界に騒動を必ず起こす。 なぜならば彼らの根本の目的は、全世界のイスラム化だからだ。 それはソ連があった時に熾烈な世界の共産化の動きをしかけていたあの時代と全く同じ繰り返しになっている。 宗教者は更に、聖戦を戦えば生きたまま肉体を持ったまま快楽の世界に移動できると本当に信じているので、これはどうしようもない。 命を簡単にすてる個体がいる。

だからあらゆる意味において非同盟をやっていたインドは大きく国家体制を変えた。 実際に戦争が出来る国へ急速に変身している。 まだその入り口だ。 しかしこの動きは同様に戦争が出来る国家になるために変身の最中のサウジの動きと重なって見える。

インドの保守系の重鎮政治家は三日ほどまえ「 中国に宣戦布告をして、戦争をして国境紛争地域を取り返せ」 というおよそ政治からしくない過激な事をいった。 しかしそれをインドの中道からミギは圧倒的に支持している。 インド人たちは武漢肺炎というものが中国が造って世界に拡散散布したのだ、軍事的計画のもとに、という正しい理解を持っている。 国民の殆どが。

かたや中国人の98%が武漢肺炎を製造して世界拡散したのは米国だと信じている。 少なくともそのように回答している。 しかし中国から出てくるこれらの情報はもはや何も信じられないが。

中国人たちは外国という考え方をしていない。 これは言ったと思う。 彼らは中原の世界がそのまま地球全土に広がっており、そこで彼らの歴史解釈における認識におけるパワーゲームをやっているに過ぎない。 だから恐るべきことだが、彼らは今の時点で中原は( 地球は) 漢民族にとって統一されていないのだからそれをしなければならない… という文脈で動いている。 本当に。

だから彼らの中の世界の欧米人は、過去の時代における大月氏王国とやらの、あれらの更にはずれの世界( 地中海世界になる) の住人達と同じ風に認識を、これを本当にしている。

わたしはこの概念「 中国人には外国という概念がない」 ということに到達して震撼した。 いや、震撼は大げさだ。 あほかと思った。 しかしそれが事実だと確信した。

だから彼らの対外侵略は中華統一であり、征伐なのだ。 本当に彼らの精神状態は4000年くらいまえから何も変わっていない。 だから古代における中国と半島に関連する歴史と情報を精査すれば、結局今のあれらの座標がほとんどわかるのだろうなあという結論に達している。

現代においての彼らの動きはバリエーションのいくつかが付加されたに過ぎない。 だから東洋史学を恐らくやらないといけないのだが、何となく分っているのだが、そんなヒマねーよ、なのだ。

だがこれを言っておく。 確かに人間はちょっとやそっとでは変わらない。 人間は変わらない。 しかしそういうものをこの地球はこれからどうするのかというと、それを棄てるのだ。 すべて。


  見捨てられ廃棄されたくないのなら変われ


----
終了
----


  • [2359]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 5日(日)23時53分38秒
 
――――――――――
2021・95日曜(令和三年)
――――――――――

ワクチンに関してはこれに対応してすり抜けるデルタプラス型というものが出ている。 トルコでデルタプラス4だか5だかが見つかったそうだ。 確か7まで亜種が見つかっているのではなかったか。

この亜種は4を超えると既存の地球上の全てのワクチンをすり抜けることが報告されている。 だからワクチンというものを接種していても、それに関連してウイルスが変身するたびに対応したワクチンをずっと打ち続けるということが始まって、それでは人間社会が維持できない。

だからいい加減、ワクチンをやめろとは言わない。 しかしどんなに儲からないだとか、裏に人口削減とやらの概念が本当にあるのかどうかは知らないが、ケミカルの治療薬を併用するべきだ。 でないと支配層達は人口削減とやらをとおりこして人口消滅を目撃することになる。

そうなった時に、彼ら勝手な特権意識に凝り固まった座標だけでこの人類世界を維持することはできない。 彼らは奴隷を必要としている。 しかしその奴隷がいなくなってどうやって自分で自活をしていくのだ。 無理だ。

そしてわたしも貴方も当然奴隷ではない。

==https://medical.jiji.com/news/46513
塩野義製薬は25日、開発中の新型コロナウイルス治療薬について、来年3月までに国内外で合計1000万人分の供給体制を整える方針を明らかにした。国内では年内に100万~200万人分の供給体制を整備。加えて海外メーカーへの生産委託などを検討しており、海外向けの供給にも力を入れる。  開発しているのは、ウイルスの増殖を抑制する軽症者向けの飲み薬。感染初期に服用することで重症化を防ぎ、発熱などの症状を改善する効果が期待されている。  国内では、治験が難しい医薬品を発売後に評価する条件で承認する制度「条件付き早期承認」の年内申請を目指している。さらに、米国で来年3月をめどに緊急使用許可を取得する考えだ。  95
==

塩野義のこれらの発表は、戦争が起こりえるという選択肢が本当に接近しているので、その時に間違いなく密状態からの患者の大発生が出るのだから、現場の兵士に携行薬品錠剤の形で与えておくために非常に急がせているのだなと分る。

実際のホットウオーになるとは思わない。 しかしボタンの掛け違えはある。 その状況下で備えておかないと、偶発的事象において始まった時にとんでもない混乱が起きる。 被害が大きくなるだけなのだから、こうした物資をそろえておくのは常識だ。

==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090400284&g=int
英海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」(6万5000トン)が4日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に入港した。 同艦の日本寄港は初めて。英国は空母派遣を、日英関係を「新たな段階」(ロングボトム駐日大使)に引き上げる機会と位置付けている。 日米欧は西太平洋への進出を図る中国軍への警戒を強めており、英国として、日米とともに「自由で開かれたインド太平洋」の秩序維持に努めていく姿勢を誇示した形だ。 クイーン・エリザベスは英海軍最大級の水上艦で、短距離離陸・垂直着陸型のステルス戦闘機F35Bを運用する。今回は英空軍と米海兵隊所属のF35Bを搭載。 同艦を中核とする空母打撃群は、米海軍の駆逐艦とオランダ海軍のフリゲートを加えた多国籍編成となっている。  時事 94
==

そしてクイーンエリザベスは、今までやってきたことのない太平洋側における慣熟公開と、各種演習を通じた連携の確認を行った。 彼らは大西洋域における、地中海や黒海などにおける戦闘は想定していたが、まさかはるばる太平洋まで出てくるとは思わなかっただろう。

ところがプリンスオブウェールズもこれからどうせ太平洋に出てくる。 クイーンエリザベスが太平洋に出る計画が立てられたとはトランプ大統領が誕生した2016年だ。 だからこの時点で中国なるものへの封じ込めの概念、戦略と戦術が西側各国で起動したのだろうなあとうかがえる。

そしてこの時点から未来方向に安倍首相やその側近たち、更に官僚たちが何処に向かっていたのか。 更にそれらの期間でどのような条約の様なものが締結されていたのか。 さらに欧米の側から日本にどういった要人がやってきたのかを確認すると、これらの中国封じ込めの決定は、大きくは麻生総理の発言した自由と繁栄の孤において概ね決まっていたのだろうなあと分る。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/6fd9380d16af0562d401246cfc85b7d0617b912c
世界最大のECプラットフォームAmazonが、中国業者の大規模な締め出しを行っている。アカウントを閉鎖された事業者は5万店舗に上り、損失額は1000億元(約1兆7000億円)を超えるとも言われる。 これに対し、Amazon側は「業者による不正レビューのため」としている。EC業界において架空注文や不正レビューは後を絶たない。やらせの高評価レビューを多数投稿して顧客の獲得を狙うこの方法は、ずっとグレーゾーン扱いだった。 95
==

そして中国における民間部門からの世界から資金の略奪を止める為にアマゾンが動いた。 これらの動きはベゾスがいなくなったから出来たという。 しかしアマゾンの中には山ほど中国人たちが経営陣の中に入っている。 これらが抵抗を、反撃をどうしても行うのだから、こうした偽物評価への制裁の動きがこれからどうなるかは見えない。 ま、アマゾンあんまし使わないようにしたらいいんじゃないかな。 転売業者の巣になってるし。

でもって、国外における対中包囲網に関連した国内の政局、総裁選、これにわかり易い動きが出てきた。 安倍首相と麻生首相が恐らく高市さんを推すという方向で一致した。 だから河野さんははしごを外された形になる。 しかし彼の出馬の意向の発表は、わたしにしたら石破封じのための動き、それを親分の麻生さんから命令されたから、という風にしか見えていない。

だから彼は、日本の産業界からどう考えても総スカンを食らう完全絶対永久原発禁止、とでも言える概念を旧来からずっと主張している人物を今の時点で選挙参謀の様なものに据えた。 最初から勝つ気がないからこうした過激な事をしてみせているのだなとしか、その様にしか見えない。

==https://times.abema.tv/news-article/8672978
 自民党の総裁選をめぐり、安倍前総理大臣が高市前総務大臣を支援する考えであることがわかった。  高市氏は安倍氏の出身派閥である細田派に所属していた。今は無派閥だが、安倍氏と高市氏は共に保守系グループ「保守団結の会」で顧問を務めるなど、政治信条が近い関係にある。  安倍氏が支援すれば、高市氏は細田派の支持も一定程度得られることになりそうだ。また、麻生副総理も自身の派閥に所属する河野行革担当大臣を支持せず、高市氏の支持に回る可能性がある。
==  ANN 95
自民・二階氏側 石破氏に“推薦人出してもいい”(2021年9月5日) ANN
==

そして権力維持の為にはあれだけ嫌っていた石破さんに対しても救いの手を出すというのがニカイさん。 彼の背後の中国勢力が実に色々と懇願しているのだろうなあというのが見える。 しかし石破さんでは岸田さんにも勝てるかどうか。 無理じゃないかな、河野さんが出てしまったら。 石破票は全部河野さんか岸田に流れるから。

そもそもニカイさんが岸田に最初に喧嘩を売ったのであって( 公認の乱用で岸田さんの地元に創価学会系、公明党系の対立候補の自民党推薦を出したところからじゃなかったかな) 、彼が岸田さんの以後の動きを批判するのは少し見当違いだなあと思う。

とはいっても宏池会のアタマになってからただの一人も総理を出していない、そして親中派丸出しの、更に選挙にはめっぽう弱くて、でもって官僚のいいなりロボットの岸田さん( わたしにはそう見える) がこの日本の頭になってしまったら、それは福田の息子が頭になっていた時よりも更に酷い売国親中が展開されるので、彼が総理総裁になる事はわたしは全く望んでいない。

だが普通の政治力学なら岸田。 しかしその図式は菅対岸田、だったら。 今は全く違う。 だから現時点において本当の票読みが見えない。 地方の自民党の県議会議員なんて感じの連中にどういった党議拘束、つまりその県として候補を決めたらその候補に一本化して票を渡すというそれらの仕組みが働くか見えない。 ただ前回石破さんはぼろ負けしたので、もう一回出てきても、これを推す地方の自民党員がいるとは思えない。 いたらクルクルパーのたぐいだ。

そしてニカイさんは石破さんに推薦人を貸してやってもいいとは言ったが、自派閥の野田聖子を切り捨てることも出来ないだろう。 単に恩を売っているだけにしか実は見えない。 政治はそんなに甘くない。 ニカイさんは恐らく河野総裁総理、そしてそこに野田聖子そして自分のニカイ派を突っ込む構想を持っているのだろうなあと何となく考える。

==
三峡ダム水位は160.14mと大台突入。 予想通り上流の寸灘観測所で流入量が再上昇。 昨年の大洪水では水位168mだったそうだが、あと8mと迫っている。 長江上流域から南側に雨雲が間断なくかかる予報も出ていて、さらに緊迫感が高まるのかも。 指導部の対応の杜撰さが大災害に繋がらなければいいけど。 ? くぅねる・て・あらう (@ku_nel_a_sobu) September 5, 2021
==

誰がやってもどうせ長続きしない。 武漢ウィルスが沈静化して今のインフルエンザ的なものになるのに、どんなに最短でも5年、常識的には10年は必要と言っているのはIPSの山中教授だ。 わたしもどうせそうなるだろうなあと見ているので、人類世界の経済はあと10年間くらいはもとに戻らない。 その中での国民の幸せの追求だとか、経済政策、安全保障政策、これらが平時の時の様に上手にはいかないのだから、誰がやってもどうせ文句が出る世界になる。

しかし短期的に何かを大きく変えなければならないという設定の時には、恐らくこのシチュエーションだったら高市さんになる。 しかしマスコミは背後の中韓の命令があってだろう、彼女をその存在そのものを抹殺している。 名前さえ出していない。 ということは高市さんが正解だということになる。 わたしの中の判定では。

中国における内政の崩壊の一つのヤマは、上のツイッターなどにみられる三峡ダムの危機だ。 表の報道は一切これらの情報を出していない。 だから本当に危険なのだと分る。 しかし中国はどんな事をしても三峡ダムは守る。 どんな事をしても。 だからダムの上流域と下流域における洪水が拡大し放題になるということがこれからやってくるわけだ。

その状態における疫病からの死傷者の発生の方が深刻なのではないかと思う。 ダムが本当に一瞬にして崩壊するのなら、それは数百万人が一気に死ぬ。 でもそれはないと思う。 マンガやアニメの様に現実は展開しない。 現場の人間は確か、ダムを破壊してしまうような運用をすると死刑になる。 これは去年の情報だ。 今は知らない。 この情報も本当かどうかも分からないが。

世界中が壊れる流れに入る。 そうなのだろう。 それは地球という惑星が本来の活発を、能動的な活動を取り戻すからだ。 人間など星のちょっとした運転の加速によって簡単に振り落とされる、死滅絶滅する存在なのだと今更ながら多くの人びとが気づく。 本当に今更だが。

その上でどうやって生き抜いていくのかが問われているのだし観測されているのだという。 勝手に。


  生き延びなければならない、どうあっても


----
終了
----


  • [2358]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 4日(土)23時52分43秒
 
――――――――――
2021・94土曜(令和三年)
――――――――――

それぞれの国家が既存の体制を維持する為の内側の強化を開始している。 独裁国家である中国とその眷属はその動きが世界の何処よりも早い。 それは本当の意味で内側から出るものが何もない座標は、国家のあちこちにあいた穴をふさぐことを急がなければ、人心がそもそもその国家体制に本当の意味で忠誠を誓っているのではないので、暴力や騙しによってその心の状態にしているので、国家の側が慌てなければ、あっという間にそれらの形が崩壊してしまうからだ。

勿論それは先ず内心から始まる。 そして内心で起きたことは数年経過してから、この物質が固定された現実世界で表現されるようになっている。 地球はそのシステムが今は過去よりもはるかに強く大きく、そして早くなっている。

そしてこの下の記事の動きは、あなたに説明するまでもなく、これから中国で文化大革命が本当に始まることを意味する。 勿論現代の状況に合わせてそれとは分らないもの、洗練された支配の形になるのだが。

==https://jp.reuters.com/article/china-politics-idJPKBN2FW0CI?il=0
中国当局の文化取り締まり、重大な政治的変化の兆し  国営出版社の編集者だったとされる同氏は、中国市場は「資本家が一夜で富を手にするのを許すような楽園ではもはやない」と指摘。その文化は芸能人にとって天国とはならず、世論は「もはや西洋文化を崇拝する場ではない」と付け加えた。  「従ってわれわれは全ての文化的混乱を制御し、明るく健全で頑健かつ力強い人民中心の文化を築く必要がある」とした。  ロイター 93
==


==https://m.jiemian.com/article/6558031.html
9月2日、京東は「オンラインゲーム管理暫定弁法」、「出版管理規定」などの規定に基づき、今後、承認・申請されていないゲームを京東モールで販売しないという発表を行いました。 Jingdong社が発表したリストによると、87本のゲームが販売禁止となっています。 禁止されているゲームには、「あつまれどうぶつの森」「コールオブデューティ」シリーズ、「グランド・セフト・オート」シリーズ、「レッド・デッド・リデンプション2」、「FIFA」「ラストオブアス パート2」、「ゴーストリコン」シリーズなど人気のゲームが紹介されていますが、これに限定されるものではありません。
== 93

中国で下のリンクにみられるこれだけの動きが一気に今月に入ってから起きた。 それは共産党結党100周年の節目をスタートラインとして同時多発的に起こされた。 これは不可逆だ。 何に対しての不可逆か。 彼ら中国人たちは社会主義国家の完成に向けてまでの不可逆な動きだと思っているだろう。 そして我々はいやしくも西側の人間なのでこう思う。 それは中国という国家体制がやってゆけなくなるときまで続くのだと。

どちらが正しいかとわたしは現時点で断言できない。 ひょっとしたら我々の西側が敗北するのが先になる世界構造線にわたしは立っているかもしれないから。 いずれにしても、既存の体制が大きくその姿を保てなくなったあと、全く新しい地球だとか、全くあたらしい世界の到来だとか、それらの概念をわたしはよく使うが、しかしその概念とは「 既存の人類文明を下敷きにしてその上に積み上げる構造になっている」 のだから( 恐らくは) 、だからわたしは特に精神世界なる領域において、ただ現行の世界の競争から逃げてきただけのくせに、今の世界を、既存の世界を間違いだと、陰始勢力の造ったものだから自動的にそれは消滅するのだ… という概念で世界を構築する者たちを大体は排撃している。

それらの人々はそれこそ陰始の世界の中で守られて今まで生きてきたのだ。 そしてこの地球に入ってきている奪い盗るものたちを、結局彼らはエネルギー採掘技師に過ぎないただのサラリーマンだったという概念をついぞ持つことが出来なかった。 これからは知らないが。

==
  中国の小中高で必修化 「習近平思想」教育始まる
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd429bdc47230b31edfc3b38dc260476c75521a5
  “中国当局、18歳未満のゲーム時間を制限 休日などの1時間に” https://www.cnn.co.jp/amp/article/35176004.html
  “中国で学習塾規制めぐり各地で混乱 大手学習塾閉鎖で保護者殺到|TBS NEWS” https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4351111.html
  “中国、娯楽産業の規制強化 高額報酬や「男らしくない」番組を批判 | Article [AMP] | Reuters” https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN2FY02Y
  “中国、アイドル育成番組禁止 「党から心離れている」芸能人ダメ | 毎日新聞” https://mainichi.jp/articles/20210902/k00/00m/030/347000c.amp
==

中国が国内を変身させようというのは西側が中国に対して明らかに包囲網の形成をしているからであり、それに対して彼らなりの内から外に向けて打ち出す力のベクトルを準備しているから。 そしてそれらの変化は勿論日本でも起きているし起こされている。

ただまともな既存の今までの常識で考えるのなら、総裁選における勝利者は岸田になる。 わたしは高市という人物は三役をやっていないと思っていたが、今日他の人から政調会長やっていたはずと教えてもらった。 ただし確認していない。 まちがっているかもしれにない。

高市が首相になると、明らかに反中になるので、日本は。 そして中韓が日本の中に沢山敷設したt人材やシステムが順次潰されていくので、今日の時点において中国のSNS空間などでは中国政府がやとっている五毛と言われる人間たち、それに準じる人間たちが、必死になって高市を攻撃している。 勿論韓国も同様の動きだ。 彼らが、ネットの中で中国にとってだけ都合のいい言説を発信拡散する勢力が、新しい形の紅衛兵だ。 少年紅衛兵たちでもある。

だからわたしは前にいった。 コトバの力だけで世界を認識させようと、外から働きかける者達は、基本奪い盗る者たちであり「 内側からなにも生み出せない座標」 であり、それこそが陰始勢力なる表現も使うが、基本日本人にとっては直近の敵としての儒教圏域だというのを、これを言った。

直に儒教圏域の次に宗教勢力、恐らく最後に欧米をも含める広範囲な少数エリート勢力とでも言えるものがわかり易く出てくるだろう。 そして更にその先。 恐らく自分の内心にあるそれらの奪い盗りの心の設定条項があり、そしてその先がある。 しかし今の段階でそこまでは言わない。

==https://news.sina.com.cn/w/2021-09-04/doc-iktzscyx2158746.shtml
安倍首相の2期目以降、高市氏は自民党のいわゆる「トロイカ」の一つである「政務調整官」に女性として初めて就任し、2014年からは女性初の総務大臣となり、これまでで最も長く総務大臣を務めています。 高市の政策は保守的で、自衛隊に権限を与える自衛隊法改正を主張し、侵略の歴史を反省せず、慰安婦の強制連行の問題も認めない。 高氏は「全員靖国神社参拝議員連盟」のメンバーとして、8月15日に何度も靖国神社に参拝しているほか、日本最大の保守右派団体である「日本会議」の国会議員懇談会の副会長も務めている。  多くの日本のネットユーザーが、高市さんが日本初の女性総理大臣になると期待しているのは、安倍首相の支持があるからだ。
== シナコム 94

三役をやっていたという事から判断するのなら、高市は河野よりは資格がある。 彼は確か何もしていない。 そして彼は既存の現行の日本国家体制の中で、隠れ親中派であり、女系天皇容認派だ。

われわれは既存の世界に生きている。 そしてそのシステムによって守られている。 陰始勢力がだとか覚醒だとか生意気な事しか言わない奴らは、一旦その守られているシステムから全て抜けてからそれを言うがいい、やるがいい。 それが出来ないのなら、どんなに偉そうなことを言っても行動しても「 既存の世界からただ奪うだけで、還元しないままに覚醒やら次の世界やらを求めるただの強奪者」 に過ぎない。 わたしはここまで悪辣で冷酷な事をいう。

彼らは自らが批判されないと勝手に思い込んでいた。 特定の新しい精神世界領域の情報に真っ先に接近したのは自分なのだから、自分は上なのだ、先なのだ、優れているのだ、と自らの内心に △ を刻み込んでしまった。 わたしは勝手にそれをいう。 どうせ間違っている。 しかしわたしは彼ら彼女らを裁かない。 わたしは彼ら彼女ら以下のクズだからだ。

しかしそのどうしようもない世界と人を正面から見つめた上で、出来る事しか人間には出来ないのだという諦観だとか諦めだとか、なんだか面倒くさいコトバ、これは一応持っている。 持っているが全てを諦めて冷笑するという立場にはけしてならない。

それは自らを知らない白痴以下の何かの取る思念だ、行動だ。 もっとも彼らは行動なんかしないが。 口で音声を発したら世界を変えられるとでも思っているようだが、そこの座標から出てこない。

高市になったところでどうせ大きな何かが変わるということはない。 そこまで国体を変えるということは自由主義体制を採用している日本においては難しい。 ヒダリとアカを根絶出来るのかというとそれは出来ないでしょ。 愚かな考えと行動、これを第三者を傷つけない、他人の財産生命を棄損しない限りにおいては干渉してはならない。 それらの概念はこの既存の世界でもちゃんとある。

それを愚行権という。 この字でよかったか自信がないが。 しかしその愚かな繰り返しの進歩のない座標にとどまり続ける者達には未来は決して現れない。 消えるだけだ。


  ぼくの考えた最高世界とやらは行動によってしか実現しない。 口では絶対に実現しない。

口で実現するということを潜在意識に書き込んでいる人間は「 誰かにやらせる」 事だけを考えている支配コントロールの徒だ。 あなたはどういう状態であるのか、自分が何処に立っているのかを、これをたまにでいいから確認しないといけない。


  まわりを見よ、足もとを見よ


----
終了
----


  • [2357]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 3日(金)23時45分52秒
 
――――――――――
2021・93金曜(令和三年)
――――――――――

菅首相が次の総裁選挙には出ないと表明した。 色々な思惑がある。 しかし結果から言えば彼は当初の計画通り( わたしにはそう見える) 、親中韓派の議員関連、特にニカイさんを含める議員集団の影響力をそぎ落とす。 自らの任期切れとともにそれらの勢力をもっていった風に見えている。

この動きでニカイさん本人がやめたとしても、影響力だけは残そうと動いていたニカイ派の議員は足元をすくわれた。 今言われている候補は、岸田、高市、河野、石破、野田だ。 そのうち野田と石破に関しては推薦人を集められるかが疑問。

そして石破に関しては出れば地方の自民党の党員がこれに投票すると、もはや誰も相手にしていない田原がそれを必死になっていっていたが、今のこの世界状況の中で石破が出てくることがあるのだとするのなら、それは全体を含める不正選挙が機能したから、という言葉しか出てこない。

田原は国内政治と国際の政治が過去のどんな時よりも今が連結リンケージされているという事の理解が全くないようだ。 いつまで彼のコトバなどを採用して日本人の認識の一部を奪おうとするのか。 これらの背後には勿論極左の老人たちの思惑があるのだろうが。 最早彼らは本当にいらない。

==https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210903/k10013240781000.html
菅首相 自民党総裁選に立候補せず 自民党臨時役員会で表明
菅総理大臣は自民党の臨時の役員会で今月行われる自民党総裁選挙に立候補しないことを表明しま した。これにより、今月末に総裁の任期が満了することに伴い、総理大臣を辞任する意向とみられます。  93
==https://jp.reuters.com/article/idJPT9N2PV01T
日経平均先物が2万9000円台に上昇、菅首相が辞意との報道
日経平均先物が2万9000円台に上昇している。複数の党幹部によると、菅義偉首相は3日午前、自民党の臨時役員会で、総裁選挙に立候補しないことを表明した。また共同通信は、関係者の話として、菅首相が辞任する意向を固めた、と伝えた。  ロイター 93
==

日経平均が大きく上げた。 それは普通に考えて政権交代はあり得ないと市場が判断したから。 マスコミは一般の国民をコトバの力と映像の詐欺で必死になって誤魔化す。 これからも。 そしてこれから石破が出てきてら、彼こそが首相に相応しいとやる。 石破がダメだったら「 高市だけは何としても落とす」 という方向で各局がタッグを組む。 それは彼女が今中道右派的な言論を言っているからではない。 そんなものはただの言葉だ。

彼女が総理になると、電波オークションを始めとする、特にNHKが山ほど抱えている不労所得の利権構造を解体させられ、おいしい思いが出来なくなるからだ。 総務相の時に彼女はそれらの構想をぶち上げていた。 そして彼女の動きには菅首相も大きく賛同していた。 菅首相は官房長官の時から、携帯改革の次はメディア改革なのだとはっきりと公言していたからだ。

これらの電波オークション関連における発言などは河野も行っていたと思う。 だからマスコミ業界は基本高市と河野は何としても落とすという言葉のテロを大量投下する。 しかし彼らにとって岸田がコントロールしやすい対象化は不明だろう。

少なくともマスコミの中にある在日南北の勢力に対して甘い動きを岸田はしない。 彼は軍艦島での一件を今でも本当に、相当に、とてつもなく怒っている男だ。 この辺に関してはこれから総裁をやめても自民党の中で菅首相は間違いなく影響力を保つので、それらと連動した動きが出てくる。

菅首相の評価は自民党の内部では相当高い。 誰がやっても失敗することが分かっていて彼は火中のクリを拾って、そしてある一定の成果を上げた。  これから部会などにおいては彼の思惑が実現化する方向で全体が進むだろうが、それらをマスコミが報道することはどうせない。

==https://www.afpbb.com/articles/-/3364529?act=all
国家ラジオテレビ総局(NRTA)は、数々の新たな規制と共に「放送局やテレビ会社は、アイドル育成番組やバラエティー番組、リアリティー番組を放送してはならない」と発表。さらに、「なよなよした」男性や「低俗なインフルエンサー」、スターへの高額なギャラ、「堕落したモラル」を持つタレントといった「異常な感性」に抵抗するよう放送局に命じた。出生率の低下に直面する中国当局は、体育の授業を増やしたり、Kポップアイドルの見た目をまねする男性芸能人を女々しいと批判したりすることで、中国の若者に伝統的な男性的価値観を定着させようとしている。  AFP 93
==

中国におけるオカマキャラが相当いるというのをわたしは画像で確認して驚いた。 それは勝手にやてくれの世界だが、人口減少に悩む中国政府は、生殖に対して積極的にならない男どもを捨てると決めた様だ。 彼らは何処かの時点で徴兵によって中国から消えるだろう。 そして中国の中でオカマの集団としか思えない芸能とやらをやっていた韓国芸能団もこれから粛清される。

しかし文化に対してここまで直接的な動きをしなければ国内の引き締めが行えないというのは、恐らく中国の内部には今本当に余裕がないのだろうと分る。

ああ、リアルでオカマ、ホモが増えている中国においては、それらの勢力をこれから起こす予定の各種戦争によって全て処分していくとわたしは見ている。 だから中国の造り変えの為にも習近平政権はある程度のサイズの戦争を欲している。 それがわたしの見方だ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78345.html
中国官製メディアはこのほど、習近平政権が推進する「富の再分配」をめぐって、高所得層の判断基準を示唆した。年収50万元(約851万円)以上の世帯の収入は、増税などで「調整される」と示した。
習近平国家出席は8月17日、「共同富裕」を実現するために「富の再分配」を行うと明言し、高所得層の「過大な所得を合理的に調整する」などと発言した。  大紀元 93
==

毛沢東主義に戻る。 紅衛兵はもう出来ている。 ネットの中に。 そして富の再配分という名目で政治的に敵の勢力を全て始末する。 しかしそれは中国人全てが貧しくなっていく政策だ。 中国の国内経済学者がこれを強く警告していた。 そうなる。 何故ならリアルで社会主義に戻すのなら、稼ぎ頭はこれから仕事をしないのだから、テンセントやファーウェイやアリババなどは、自分で自分を殺すという作業を強めざるを得ない。

実際アリババは今日の時点で何兆円だったかを貧困対策に充てると発表していた。 実際にそれだけのカネの出動をするかどうかは分からない。 しかしやらなければ関係者は投獄されるし死刑だ。

昔の中国は経済犯認定されたら、基本みんな死刑になっていった。 見せしめの公開銃殺刑もしょっちゅうやっていた。 この公開処刑に関してはサッカー場だとかで今でもやっている。 その情報を一切日本には入れないようにしている勢力が、いわゆる貴方の敵であり、わたしの、人類の敵になる。

事実を隠す勢力は、人間の進化を妨害する存在座標でしかない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/85ff3a0c603d3c6760a260a02eb4c85b19aec8c5
(CNN) アフガニスタン北部のパンジシール渓谷で2日夜、イスラム主義勢力タリバンの戦闘員と反タリバン勢力の大規模な衝突が発生した。反タリバン勢力の関係者が明らかにした。 パンジシール渓谷はタリバン支配に抵抗する勢力にとって最後に残された重要拠点。これまで長年にわたってタリバンや外国の支配に抵抗し続けてきた歴史がある。 同勢力「アフガニスタンの反タリバン国家抵抗戦線」(NRF)とタリバンの間では、2週間前から散発的な戦闘が続いていた。タリバンはパンジシール州周辺に兵力を集中させ、8月30日には同峡谷の3地区を制圧したと発表していた。 NRFの関係者によると、タリバンとNRFの衝突は2日深夜に始まり、非常に激しくなっているという。 これに先立ちNRFの報道官は音声メッセージを発表し、タリバンの部隊はパンジシール渓谷に侵入しようとして40人を失ったと述べていた。別の報道官は同日、タリバンは多数の重機や兵器も失ったと発表した。 タリバンの死傷者についてCNNは、独立した立場から確認することはできなかった。
== 93

それはやっぱりこれらのアフガニスタン内戦によってだろうと見る。 北部同盟の反撃の動きが、これが事実であるのなら、これからタリバン優位と今は一方的に報道されている流れが変わっていく。 しかしまだ分からない。 NRFといわれる勢力が、自分達の優位性を偽装するために大きな嘘をついている可能性、これはやっぱりある。 今の世界は認識阻害戦争から入る。

そしてタリバンに渡った各種の米軍の武器は、これがパキスタンに向かう事はまずない。 タリバンはパスタン情報部によって育成されたテロ組織なのだから。 となると、ロシアか中国方面しかない。 そして今は自称穏健派とやらが頭を取っている。 ところがタリバン自身の発表で、これからタリバンの中にいる最高指導者を頂点とする独裁国家の布陣を発表すると彼らはやった。

その頭が表面はともかく、内奥では中国を敵だと考えていたら、そしてその思いがパキスタンTTPなどの、中国のウィグルを解放せよとしかけている連中とタッグを組んだら事態は大きく変わる。 なので今この瞬間伝えられている報道は何も信じない構えであの座標を見るべきだ。

山東省かどこかで炭そ菌の大発生があった。 これが中国が造っている生物兵器の人体実験からのデーター採取の動きだとするのなら、アフガンの中の状況を中国に取ってだけ一変させる手法を彼らは使う。 それは何か。 各種複数のウィルスを山ほど散布して、中の人口を95%ほど消し去ってしまうことだ。 そうなると何も出来ない。 後から悠々と中国人たちが入植する。 この恐ろしい概念が中国に限っては全くマンガでもなんでもなくて、彼らは本当にそれをやるときはやるから油断出来ないのだ。 今の世界はそこまでハードルが低くなっている。 大量殺害テロへの。

これからの日本の中の政治変動は、その結果を観測すれば、それがそのままその後の国際社会における何かの変動を予見するものになるだろう。 そしてそれは恐らく基本反中韓であるのは変わらない。 仮に石破が総理になっても彼の判断で中国に接近することは出来ないだろう。 米国によって本当に追い落とされるから。 世界的な動きで中国とその眷属に対しての始末の、制裁の、落とし前の動きが起きているというのを甘くみない方がいい。

バイデンは必死になって中国とよろしくやっていく米国の姿をやろうとしているが、それが出来ていない。 それは米国人を含める人類が、もう儒教圏を許さないと決めたからだ。 わたしはそう捉える。


  あなたはあなたの世界を決めよ、それはあなたにしか出来ないし、あなたがやる責務だ


----
終了
----


  • [2356]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 2日(木)23時52分40秒
 
――――――――――
2021・92木曜(令和三年)
――――――――――

武漢ウィルスに関しては今日の時点で変異型ミューが報道に出た。 これらの報道が本当の真実を伝えているのかどうかに関してはわたしは確証がない。 ワクチンを大きな永続的なビジネスとしてこれからもずっとやっていきたい勢力にとっては、これらのウィルスは永久無限に変異を重ねるものであったほうが望ましい。 つまり人類に恐怖を与え続けるものであった方が、大多数をコントロール支配しやすいからだ。

ルーマニアにおいては一回接種の人しかおらず、その数も相当少なく、2回接種に関しては25%ほどの割合になる。 そしてイスラエルでは2回接種は65%以上だ。 その状況下で武漢肺炎の患者の数は、ルーマニアを1として、この数字は1年間の計測で殆ど変わっていないのに、イスラエルはその100倍くらいいる。 もう少し多いかもしれない。 ただこれらの数字の情報もお互いの国が嘘を言っているかもしれないので事実だと断定はしない。

ざらっと見ても、化学療法治療薬、つまり、武漢ウィルスの複製増殖を妨害する、RNA転写を阻害するという化学品の方がはるかに安全性が髙い風に見える。 そして米国では昨日だったかにやっとの事で、どこの州だったか忘れたが、裁判の勝訴によってイベルメクチンを使うことが許可されたというとんでもない報道があった。 つまり米国はワクチン以外の治療をほぼ認めていないというのが伺われる。 これらのワクチンが謀略的な言論における人口削減に関係するものかどうかは分からない。 しかしそれが本当であったのだとするのなら、それに関わる人間集団にはどうあっても落とし前をつけなければいけないのだ。 われわれ人類は。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/c7a7b827b89488191d8a54808b3140705fdb49fe
岐阜大大学院の創薬研究グループは、日本原産植物のフキノトウに多く含まれる成分ペタシンががん細胞の増殖と転移を抑制することを発見した。増殖、転移を阻害する既存の化合物と比べ1700倍以上の効果があり、正常な組織への副作用を抑えつつ、抗がん効果を発揮することも立証した。この発見により、副作用の少ない新たな抗がん剤の開発が期待される。 研究の責任者を務める岐阜大大学院連合創薬医療情報研究科の平島一輝特任助教(33)は、「植物由来の化学成分という古い分野だが、現代医学に十分通用する成果。動物、ヒトを越えて効果のある成分であることも画期的だ」と話した。助言者として研究に関わった同研究科の赤尾幸博特任教授(69)は「がん予防への応用にもつながる、革新的な発見だ」と評した。  岐阜新聞 92
==

ワクチンが効く人もいる。 だから上の様な事例をベースに、自然食品で自分の免疫抵抗力を高めて「 時間をかせぐ長期戦術をもってしのぐ」 事の方がより安全が高いのではないかという。 フキノトウなんぞはわたしはあんまし食べたことはないが、確かにがかったのではないかと記憶している。

で、ワクチン関連、変異種関連の情報を以下に置く。 問題なのは、今の地球世界の既存の言論空間は本当にウソばかりなので、これらの中のどれが事実… つまり計測における実数をそのままあらわすかの様な空間領域に所属している何か …であるかどうか本当に何も分からないことだ。

==
ワクチン接種と感染拡大。 ブースター接種で死亡率上昇か? (イスラエル、モンゴル、インド)/
犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター/医師・医学博士)
https://youtu.be/b0pLUUjn6J8
==
米モデルナの新型コロナウイルスワクチンはファイザーと独ビオンテックのワクチンに比べ、2倍余りの量の抗体を産生することが分かった。それぞれのワクチン接種後の免疫反応を直接比較した研究で明らかになった。  ブルームバーグ 91
==https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-08-31/QYPEB5DWRGG301
笹山登生  @keyaki1117  メモ  新型コロナウイルスの新変異株「C.1.2」は、懸念されるすべての変異株(アルファ、ベータ、デルタ、ガンマ)に共通するいくつかの変異と、3つの関心のある変異株で変異を共有。 「この変異は、長期のコロナ症例を持っていた単一個人で発生した可能性が高く、その個人で進化が加速された」と。  午後9:44 ? 2021年8月31日
==

モデルナの異物騒ぎは、中国の植民地みたいなスペインから出た。 だからこの動きは一つの仮説としてファイザーの側の動きだと決めつけることが出来る。 そしてそういう風に思ってもらえば、本当の犯人が見えなくなる。 中国はたしかモデルナからライセンスをもらって年内にメッセンジャーRNAワクチンを製造販売する。 モデルナタイプのものがファイザーよりも性能がいいという情報が彼らが先に流しておいて、そして肝心の本家のモデルナは信頼がない… という風にしたら一番儲かるのは誰か。 馬鹿でも分る中国だ。

わたしは以前、なぜペルーでイベルメクチンを国民が当たり前に薬局で買える国家であるのにも関わらず武漢ウィルスの患者が多発している… という裏を日本人の我々がとりようがない情報 …という情報が出た時に「 まず真っ先に疑うのは、アビガンの治療特許を国際申請した中国を疑え」 と言ったと思う。 今の認識阻害戦争の目的は、最終的には幾つかあるが、一番大きなものは、他国の治療薬にネガティブイメージを与えて、中国の製品こそ優秀だ… という言論工作が仕掛けられているから、という事をいった。

それは今でも恐らく変わっていない。 我々日本人は、中国なるものを甘く見て、これを深く広く疑うという心の作用を忘れさせられてしまっている。 ユダ金だとかチョンだとか在日だとかのコトバなどが主人公だとばかり思いこまされている。

本当の邪悪は決して表の世界に出てこない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/a49aba1d5c31c1d45fc7fdeb4e15d954756434bb
【AFP=時事】国際スケート連盟(ISU)は30日、新型コロナウイルスの感染再拡大を理由に中止が決まった21-22フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯(Cup of China 2021)の代替開催地が、イタリア・トリノ(Turin)に決まったと発表した。 ISUによれば、代替大会は中国杯同様11月4日から7日に行われるという。 中国・重慶(Chongqing)での中国杯が中止になった際、ISUは代替大会を開催する加盟国を募っていた。 ハンガリー・デブレツェン(Debrecen)や米ノーウッド(Norwood)も開催を名乗り出ていたが、ISUはイタリア連盟からの提案を選択した。【翻訳編集】 AFPBB News
== 91

だから上の様な動き。 つまり重慶における水害が深刻だからこの動きになった。 と同時に、中国は隠せているつもりになっているのだろうが、武漢肺炎のデルタが全省にまんえんしているという事の事実と理解を持っているからこそ、まるで最初からトリノに決まっていたかの様な開催地移動の動きが出る。

わたしはこの動きは、中国があらかじめ自分の属国だと勝手に決めているイタリアでやってくれとISUに伝達したのではないか、とさえ思っている。 世界はわれわれが想像する以上につながっているものだ。 しかしこれらの動きは恐らく「 2月には中国内部で最高潮ピークを迎える武漢肺炎デルタ」 というこれらの情報が正しいのなら、北京冬季五輪を彼らの方から辞めるというか、又は延期してくれというかという流れが接近しているのを示唆する。

その場合の代替地は恐らく中国と距離が近い、ロシアのソチでやってくれという方向で全体が調整されるのではないかと思う。 1年延期ならやっぱり北京だろうが。 それは難しいのではないかとみる。 わたしが勝手に想像するのだが、内部で相当の人間が死んでいるからだ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/09/78332.html
2021年8月下旬から開始された「マラバール2021(Malabar 2021)」演習の一環としてオーストラリア、インド、日本、米国がグアム沿岸に軍艦を派遣し、洗練性と範囲の面で拡大を続ける提携関係および相互運用性の強化を図っている。 通称「Quad(クワッド)」として知られる日米豪印戦略対話に参加する4か国の専門家等が鉱物サプライチェーンから製薬、通信技術に至るまでのさまざまな課題における安保協力の強化を訴える中、多国間海軍演習が8月26日から29日までの日程で実施されている。 2021年の演習では米国が駆逐艦、海上哨戒機、対潜ヘリコプター、特殊部隊を展開し、海上自衛隊(JMSDF)が機雷敷設型潜水艦、海上哨戒機、対潜哨戒ヘリコプター、特殊部隊、そしてオーストラリア海軍が対潜哨戒ヘリコプターと特殊部隊を展開した。 ここ数か月の間にインドと米国は兵站から通信や情報共有に至るまでの広範な内容に関する防衛協定を締結し、着実にその提携関係を強化している。  大紀元 92
==

いずれにせよ人類はこれら武漢ウィルスを世界に拡散した中国に対してどうしても落とし前を、そして中国を経済的に情報伝達的に支える周辺属国、世界に散らばる新中韓派とでも言えるものをそうまとめにして、これらの集団座標に何がなんでも落とし前をつけさせなければならない。

人間の認識は一旦総括してそこで記録して、それが正しい間違っているは抜きにして、そこから先に進むしかないからだ。 いつまでも過去の一点に自分の自我の中心領域を縫い留めてはならない。

数年前までは本当に非同盟をうたっていたインドが、ここまで中国に対して敵対的になることの意味を真面目に考えること。 インドは40万人といっているが、実数は400万人を超える死者が出た武漢ウィルスデルタ型、これが何処からやってきたのかインド政府は、情報部は馬鹿ではないのでもう大体の真実をつかんでしまっているだろう。

粉末ウィルスの概念も理解しているだろう。 その上で紛争国境性未画定の地域から中国軍が大きく後退したすぐ後日から、いきなりデルタ型が田舎の村に発生しはじめ、相当離れた都市部のムンバイでもまるでワープしてきたかのように発生した事実を確認しただろう。

この世界に偶然はない。 不可思議な一致はない。 必ず人為がある。 ことに既存の世界の今においては。 これらの事を知って、自分達で事実をこれだと決めた時、インドの取る行動は一つだ。

中国に対しての落とし前をつけるという事。 そしてそれは始まっている。 これらの実際の軍事の動きに対して、普段ネトウヨだとかレイシストだとかのコトバを貼り付ける中国人たちは沈黙を守っている。 インドをこれ以上日米の側に追いやりたくないというのがあるだろう。 しかし現場の前線の工作員たち、言論嘘つき部隊たちはこれを理解しているのだ。 もうそんなコトバだけの段階は終わったのだ、と。 最早行動しか人類の世界には残されていない。 智慧のある行動しか。


 理性としか連結されていないコトバの世界はもう終わったのだ


----
終了
----


  • [2355]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 1日(水)23時54分4秒
 
――――――――――
2021・91水曜(令和三年)
――――――――――

政治用語で対外政策においてのやりすぎにおける反動をブローバックと言う。 拳銃における発射において自分の側に噴いてくる火炎の事だ。 火薬量が多すぎるとこれが多くなって撃ち手がやけどをする。 政治的に対外工作、つまり謀略工作をすると、それが大掛かりであり粗雑なものであればあるほど、最初に大きな資金と宣伝をかけて対象の人々を騙せたとしても、時間が経過する事で、例えば配布したものの製品の性能がそもそも全然なかった場合など、効果がなかった場合など、人々が発生する不満というのは、自然状態における物品のやり取りにおいてのそれの数倍、数十倍においての拡大がある、という意味でもある。

中国は武漢ウィルスを世界にばらまいた後に、医療器具などを押し売りの様な形で射出して、そして「 我々の事を尊敬せよ、そして畏怖せよ、そして隷属せよ、抵抗は無意味だ」 と、まるでスタートレックの2NDに出てきた敵、ボーグみたいな事をリアルでやっていた。

精神構造の発展状態に相当に問題があると思うが今はそれは触れない。 それを勝手に展開するとどうしても恐竜人間の所まで行ってしまうからだ。 勿論証拠などない。

==https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66728
新型コロナウイルスがなお猛威を振るうなか、東南アジア諸国の間で中国製ワクチンを排除する動きが強まっている。最大の理由は、中国製ワクチンのコロナ感染を防ぐうえでの実効性が低いことだとされる。その結果、中国の東南アジアでの影響力拡大を狙うワクチン外交は効果を減殺され、米国の存在感が増すという米中関係の変化が起こり始めた。 東南アジア諸国は、新型コロナウイルスの感染拡大当初は中国製ワクチンに依存することが多かった。インドネシア、タイ、フィリピン、カンボジア、マレーシアなどは中国側からの積極的なアプローチもあって、中国のシノバック・バイオテック(北京科興生物製品有限公司)やシノファーム・グループ(国薬控股股分有限公司)などが製造した新型コロナ・ワクチンを大量に輸入してきた。 ところが今年7月に入ると、この情勢が大きく変わってきた。東南アジア諸国で中国製ワクチンの効果が低いことが指摘され、中国ワクチンの使用停止、輸入停止や他国製のワクチンへの切り替えが一斉に伝えられるようになったのだ。
==  JBプレス 91

何せ北朝鮮までもが、コバックスから今月供給された297万回分だったかのシノバックのワクチンを、何処かの第三国に無償譲渡してもよい、と国家の公式発表をしている。 彼らは自分たちの金正恩委員長が死んだ( ウィルスによって暗殺された) という事の本当の真実を、上層支配層達は恐らく相当知ってしまったので、今彼らの国家は本当の意味で統制がとれていない。

そっくりさんに忠誠を誓えと言っても無理だ。 更に北朝鮮は明確な男尊女卑の座標だから、妹の金与正… この字だったか自信がないが… に従えと言っても無理だ。 だから北朝鮮の軍隊の特殊部隊に該当するような連中は、自分達の食糧、配給が相当滞ってしまっているので、各地方の食糧庫を部隊として襲ってそれを強奪するという、国家として末期的な動きが始まっている。 これは確かMKコリアだったか何だったかが報道していた。

そして北朝鮮にも恐らくデルタ型が入っており、北朝鮮の支配層は、デルタに対して中国ワクチンは何の効果もない事を知っている。 だからこうした動きに出る。 時間が経過するごとに彼らの国家の国民は消えていく。 それは中国も韓国もそうだ。 彼らは恐らく相当隠している。

==https://www.visiontimesjp.com/?p=23644
スイスの免疫学者は22日、新型コロナウイルス(中共ウイルス、SARS-CoV-2)の変異株の複数の特徴が組み合わさることにより、パンデミック(世界的大流行)は新たな局面を迎える。来年、デルタ株より致命的な「COVID-22」が現れる可能性があると警告した。  828
==
経済同友会の櫻田代表幹事は、新型コロナウイルスの感染状況が悪化していることについて、ワクチンを国民に行き渡らせることが大事だとしたうえで、ワクチン接種の義務化も議論する時期に来ているとの認識を示しました。 経済同友会の櫻田代表幹事は31日の定例会見で、変異ウイルスの拡大など、感染状況が悪化していることについて「経済全体としては、製造業が引っ張っているので悪くないが、流通、宿泊、交通といった業種が極端に悪いので国民の気持ちが晴れやかにはならない。苦しんでいる企業を救うような即効性のある対策を取るべきだ」と述べました。  NHK 831
==https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210831/k10013234741000.html

COVID22に関しては可能性の段階という伝達になっている。 しかしわたしは根性が腐っているのでこれからの散布計画における事前告知にも見えている。 勿論それはこれらの医療関連に投資している、いわゆる地底政府の関係者に関連の企業に今の段階で投資をしておきなさいという堂々とした、公開情報を使った情報伝達。 ダボス会議が開催されなくても、ネットにおける全ての通信が今では完全に米軍によって把握されているのを理解していても、彼ら支配層は仲間への伝達手段をいくつも持っている。 実際に手紙を運ぶ伝書鳩の様な人材もいる。

そんな中で中国に進出企業と資本を人質に取られてしまっている、経団連だとか経済同友会、これらの関係者がワクチンに関連するような発言をすると、それは「 誰かに台本を渡されたんですね」 としか思えないから不思議だ。 この表現が合致しているものかは適当かは分からないが。

彼らは世界基準におけるワクチンに対しての懸念が大きくなっているということの潮流に、自らのアンテナを向けるという事すらしていないというのが見える。 この経済同友会の関係者のこの時点における発言はどういう意味なのか。 それは「 中国が今モデルナからライセンスをもらって製造している、中国製造のメッセンジャーRNAワクチンを買え」 という売り込みセールス活動だ。

彼らは中韓の犬なのだから、中韓で何が起きているのかが報道されたら、その後に日本国内の彼らの犬=スパイ工作員たちが、中韓に利益をもたらす発言を必ずする。 わかり易すぎる動きだ。

ついでに言っておけば、今日だったかの時点で、小室なんとかと眞子さまの結婚が年内行われるどうしたこうしたというのは、先月の皇位継承者会議において「 皇族と結婚した民間人の男性と、その間に生まれた子供は皇族としない」 という事の決定を受けて、これらの法制度が確か2022年に予定されているので、これらが成立するまえに小室の背後の中韓、そしてこれらの背後にいわゆる欧米の地底政府関係者とでも言えるものたちもいると思うが、それらが慌てて小室を動かしたという風にわたしには見える。 小室なる男が眞子様に接近したのは彼女が14歳の時だ。 これだけでおかしな、相当大きな邪悪な力が働いているのだと分る。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/09/78262.html
中国当局が学習塾業界に対して締めつけを強化した後、8月末に未成年者のオンラインゲームに制限を設けると決定した。当局がこれらの措置を通じて、国内の労働力不足問題を解決しようとしているという見方がある。 中国国家新聞出版広電総局は8月30日、『未成年者のオンラインゲーム依存を徹底的に防止し、一段と厳しく管理することに関する通知』を出した。通知はすべてのオンラインゲーム企業に対して、未成年者を対象に金曜日、土曜日、日曜日、法定休日の午後8~9時までの1時間のサービスを提供するよう要求した。  大紀元 91
==
中国北西部の陝西省(Shaanxi)安康市(Ankang)で29日未明、集中豪雨による河川の氾濫や土砂災害が発生しました。 地元当局は、被災者の救援を急いでおり、当日午前7時ごろまでに2万3000人余りを安全な場所に避難させたということです。   CGTN Japanese 831
==https://news.yahoo.co.jp/articles/c00441b1382d9b43742ac90c51630592fcaa6811

中国が江沢民や胡錦涛勢力を始末する為に、改革開放以来大きくその勢力を拡大した企業群をこれから全て始末する。 という事の話は前にやった。 それらの事例の中で大紀元の記事が「 労働力不足を解消する為に」 という面白い視点、そしてそれは実は相当深刻な動きなのではないかということの情報伝達を行った。 何で労働力が足りないのか。 単純に相当の人間が死んでしまっていないからではないか。 わたしは去年の段階で中国の百貨店やスーパーがバタバタ倒産する流れを、これは資金繰りだとかそういうものとは次元を超えた何かが働いているのではないかと言った。

それは人口の数の読み違えから来たところの過剰な生産開発と余剰在庫などに苦しめられた結果ではないかと言った。 今まではそれらを周辺属国のインドシナ半島国家に売りつけていた。 インドシナにあるような巨大なモール群とでも言えるものは大体は中国が資本を出している。 彼らの在庫処分の為にそうしたものを作った。

しかしそれらが武漢ウィルスによって一切機能しなくなった。 こう捉えた時、過剰在庫を全て捨てているのだとしても、それでも莫大な負担がかかるだろうなあというのを言った。 しかし根本的なことは言わなかった。 それは「 単純に消費者がいなくなったから=死んで消えたから」 というものだ。

命にかかわる情報とは人間種族における根幹情報の一つ。 しかし中国はそれを隠す。 だから内部で何が起きているのか本当にわからない。 彼らは体面とメンツを維持するためにそうした愚かな振る舞いをこれからも続けるのだろうが、気づいた時に国家を、社会を形成するのが困難になるほどに人間がいなくなってしまっているのではないか、ということなのだ。

自尊心は全てをダメにしていく。


==

で、ここからはちらりと誰にも分らない事を書いておく。 メモだ。 わたしは55年体制が終わったのはソ連が崩壊したからだ、と簡単にとらえている。 それは日本国内で米ソの代理戦争をやっていた役者たちが全て用済みになったので、これらを維持する必要がなくなったから。

沢山のマル経の教授たちが首になった。 社会党の議員も首になった。 彼らは失職した。 それは大きな時代の変化に自らを変えようとしてこなかったからだ。

そしてわたしはこの人間世界に起きている事とユーレーの世界で起きている事の区別はあまりつけない風にして全体を認識する。 その様に演算する部分を確保しようと努めている。 その領域においては距離や時系列すらも無視された、単体の情報単位、パケット単位というもので対象を認識することが多い。

さて結論を言う。 ソ連が崩壊して55年体制が終わったように、搾取の女王が死んだので55念体制も終わったのである。 今は搾取の女王の娘たちが必死になって自分たちの勢力の立て直しをしているのだろう。 しかし中心の座標がないので、今まで服従をしてきた奪い盗る勢力も、それぞれの自活の道を模索している。 この様な表現を使う。

何を言いたいのか。 新しい体制になった。 にも拘わらず55念体制の亡霊の様な人たちがいる。 わたしは今は仮にそのようにモデル化して考える。 何を言ってもどうせ間違っている。 だから概念だけを一方的に言う。

ソ連がロシアになったが彼らは基本のやり方を変えられなかった。 だから彼らにはこれからの未来はない。 そしてソ連のやり方を更に洗練化させている中国に、そしてその眷属には、恐らくロシアよりも早い終滅がやってくる。 因果応報の代金の請求に答えなければ彼らも次の段階に移動できないから。

55念体制の当事者は次の業務を受けて違う赴任地に行った。 彼には彼の仕事がある。 問題はこの旧体制の、宮廷貴族とでも言えるものを勝手に潜在意識に書き込んでいた座標たちだ。 彼らが変われるかどうかがカギなのだろうなあと何とく捉えているが、勿論正解は分からない。

目パイは全てのコマに負ける。 二等兵にすら負ける。 しかし目パイでなければ大将は討てない。 この事をわたしは深く考える。 目パイだけが大将を倒せる。 大将を倒さなければ軍人将棋は終わらない。 勿論これらはゲームの概念に過ぎない。 しかし世界を出来るだけわけないで考えようと心がけるわたしからしたら、このゲームの設定は実に興味深いものとしてうつる。

ベルリンの壁が崩壊したように、いけにえの系譜を取り囲んでいた壁も消えた。 それでもそれらの中にいた人間がやり方を変えないのなら、彼ら彼女たちにも未来などないだろう。 わたしはこうした一方的な決めつけの冷酷なコトバを言っても、まあ、あんまり感じない。

自分には何の影響力もないと知っているからだ。

==


  あたらしい世界に向かえ、その足で


----
終了
----


  • [2354]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月31日(火)23時55分57秒
 
――――――――――
2021・831火曜(令和三年)
――――――――――

アフガンでは恐怖の粛清が開始されている。 逮捕も取り調べもなく、その時々の状況で、現場の人間の個人的な判断で「 イスラムの敵」 と認定されたもの達を、子供から老人、男女問わず次々と殺して回っている。 赤ん坊に向けての銃撃、乱射の動画などが回ってきた。 それらは威嚇の為の脅しのものだったのかどうか、これは判定が付かない。 実際に子供はそのまま殺されたかもしれない。 そしてタリバンは女性や芸能に関連する人間を徹底的にこれから粛清するようだ。

まだ完全に公表されていないが、イスラム神学に関連するもの以外の歌、音楽は禁止。 そして楽器の使用も禁止。 女性の声も禁止。 鳥の鳴き声すら禁止。 なのだそうだ。 今の出てきている情報はそれを言っている。 無茶苦茶だ。 そのコトバを遙かに超えている。

同じスンナ派の盟主のサウジアラビアの中には、確かオーケストラもあったと思うし、勿論女性が歌を歌っても構わない。 更に鳥の鳴き声も勿論OKだ。 スンナ派もシーア派もタリバンのコーラン解釈はイスラム教徒のものではない、という声明を出している。 ただし国家としての公式なものではなくて、関連の法解釈に関わるような学者さんたちが個人的な意見として出している… のだったと思う。 流石に面と向かって、それでも建前はイスラム教徒であるタリバンを、国家を上げて否定することは難しいのだろうと分る。 下手をすればテロリストを送り込まれる。

イスラム圏域の中で開明を求める人間は、少なくともその地を離れなければもうそれを実現する事は不可能なのだというのを表わしている。 アフガニスタンにおいてはそれは絶望的だ。 彼らが占領当初言っていた「 女性を社会に参加させていく」 というのはどうせ嘘だと思っていたが、やっぱりそうだった。 このコトバしか出ない。

==https://www.businessinsider.jp/post-241317
「イスラム教では音楽は禁じられている」とタリバンの報道官が述べた数日後のことだった。
タリバンは、アフガニスタンの公共の場で音楽を演奏することを禁止すると報道官が発言した数日後に、アフガニスタンの人気歌手を殺害したと元大臣が発表した。 アフガニスタンのアシュラフ・ガニ(Ashraf Ghani)前大統領の下で内務大臣を務めたマスード・アンダラビ(Masoud Andarabi)は、歌手のファワード・アンダラビ(Fawad Andarabi)が8月28日に「残酷に殺された」とツイッターに投稿した。 LBCニュースによると、彼はパンジシール渓谷に近いアンダラブの村の家から引きずり出され、射殺されたという。  ビジネスインサイダー 830
==

そしてこのアフガニスタンにおける有名な… 日本で言ったら民謡歌手の様な男性は、パンジシール渓谷を中心に活動していたので、今北部同盟と反タリバンの連中が結集しているそれらの地域に、警告と見せしめと脅しの為にだけ殺された。 わたしはそう判定する。

北部同盟に関しては様々な情報が出ていてわからない。 少し前のタリバンがパンジシール渓谷を6000人の兵士で攻撃したという動きにおいて、撃退した、いや相当やられた、北部同盟も、という情報が錯そうしており、真実が見えない。 最近は一気に北部同盟側の情報発信が減ったので、だいぶんやられて、多くの兵士が死んだのかもしれない。 何も分からない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/bb2275b4beb1d52c126b8851693ed8298e9066f2
消えてしまったのは、趙薇ばかりではない。今年4月に、脱税問題が発覚したトップ女優の鄭爽(てい・そう)は、8月27日、国家税務総局が、2億9900万元(約51億円)の追徴課税を命じた。これによって、彼女は芸能界から事実上、永久追放されてしまった。 思えば、習近平主席は、自らが初めて主導した「第17期6中全会」(2011年10月の中国共産党第17期中央委員会第6回全体会議)から、この10年間、常に「文化の掌握」を図ろうとしてきた。一言で言えば、「社会主義文化」の育成だ。夫人も、元人民解放軍所属の国民的歌手・彭麗媛(ほう・れいえん)少将である。 ところが、自らの実力で上り詰めていった芸能人たちは、IT企業の創業者と同様、習近平主席に従順でない人が多い。こうしたスターたちに鉄拳を加え、「紅い芸能界」に革(あらた)めていく――それが習近平式の「文化大革命」なのかもしれない。  830
==

アフガンが極端な解釈のイスラム国家を建国する流れと呼応するかのように、中国もまた毛沢東主義の極端な時代の中国に本当に戻ろうとしている。 それは西側の経済を取り入れることで発展してきた中国… というこの文脈の中で、では一体誰が発展してきたのかという部分的な視点を当てればはっきりする。

それは江沢民勢力であり、胡錦涛や温家宝の勢力である。 上海閥と共青団の勢力になる。 習近平主席は一応上海閥のバックからの主席に就任したことになっている。 しかし彼は正確にいったら上海閥とは言えない。 そう判定する。 彼は北京派なのであり、習近平一族派という、どちらかと言ったら新しい勢力になる。 だから彼にしてみれば、この旧来の中国の二つの勢力は、鄧小平の改革開放という間違った政策によって大きくなったのだから、そもそもがその改革開放が根本から失敗だったのだから彼らを粛清してその勢力を抹消しなければならない… こうしたコトバが習近平主席の脳の中を走っているのが伺える。

芸能人たちは米国のハリウッド役者よりも高い報酬を得ていながら、その全てが例外なく脱税、そして極度に脱法化された節税を行って私財をたくわえた。 今中国の内部のマネーの全体流動性の確保をしなければならない習近平主席からしたら、彼らの強奪者からの資産没収は全く正しい。

勿論習近平目線であり、奪われるものたちからしたらたまってものではない。 しかし今の中国はこれらの富裕層を逃がさないために「 コロナを名目に国際空港を全て閉鎖」 しているのだ。 もっと言えば今の中国はインドシナ半島の側に高い高い鉄条網の壁を作っているのだが、何故か日本には報道されていない。

中国国民を実際に外に出さない政策が実行に移されている。 中国人は去年ぐらいまで、年間10万人以上国外脱出をしていた。 留学生だとか労働研修生だとか長期ビジネスマン、これらを偽装して国外に出て、そして帰ってこない。 単純労働者ですらもベトナムなどに逃げていた。 これを全て逃がさない措置が発動している。

わたしは何処かの時点で日本の中にいる在日中国人たちに帰国の強制命令が発令されて、それを勿論中国人たちは守らないから、今度は中国政府として犯罪者認定して( 国外逃亡罪など) 、そこから日本の警察にリストを渡して逮捕してくれという流れに入り、それと並行して中国大使館などに中国本国から本場の軍人たちがやってきて、これらの中国人らを逮捕拘束して本国に強制送還していくのをやるのだろうな、と推測している。

それくらいに中国の労働人口が減っているからだ。 たくさん死んでいるということだ。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/78149.html
中国の金人慶・元財政部長(財務相に相当)は28日、自宅で死亡したことが分かった。中国メディアの報道によると、金氏は亡くなった妻を弔った際、自宅で火事が起き、同氏は重いやけどを負い死亡した。世論は、金氏が不審死を遂げたとして疑問を呈した。 報道によれば、27日午後11時50分ごろ、北京市海淀区にある高官らが居住する集合住宅地のビル1階のベランダで火事が発生した。ベランダには大量の本などが置かれていた。消防隊員が28日午前零時20分ごろ消火した。ベランダでやけどを負った年配者は病院に搬送され、その後死亡が確認された。焼損面積はわずか2平方メートルだという。  大紀元 831
==

だから中国の中の権力闘争は、恐らく江沢民の側で働いていた様な関係者を粛清する、だとか、又は江沢民、胡錦涛の側の関係者が「 口封じのためにかつての部下を暗殺する」 という動きになっていくと見ている。 上の記事などはわたしの視点からしたら典型的な口封じだ。

共産党関連の誰かの資金を海外に逃がして運用するという事に関与していたのではないか、とさえ思う。 本人がやっていたのだったとしたらそれらの案件は中国公安が速攻で逮捕しに来る。 見せしめを兼ねているから。

そして下の動きは恐らく江沢民派関連への粛清をやるという合図、これに見える。 法輪功関連の動きだから、これらに所属する人材が山ほど記者になっている大紀元において、あっという間に記事になっている風に見える。 しかしそこには本質はなくて、法輪功の信者を大量に逮捕してウィグルなどに送り込んだのは、どちらかと言ったら江沢民の時代なのであり、そしてその時代から今の習近平政権まで生き残っているそれらの行政官=猟犬たち、これがどう見えるか。

普通に考えて江沢民の側と繋がっていると習近平政権は考える。 だから始末する。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/78129.html
中国の習近平指導部は、司法や警察などを統括する政法委員会(政法委)に対して汚職取締りを強化している。共産党中央政法委が今月16日「第2回整頓会議」を開催してからの11日間、中央から省レベルの約20人の高官がそれぞれ取調べを受け、党籍剥奪、または双開(党籍剥奪及び懲戒免職)などの処分を受けた。 取り締まりの対象となったのは、党中央「610弁公室(法輪功迫害専門機関)」の副主任を務めた彭波氏、山西省元副省長で同省公安庁の元庁長だった劉新雲氏、遼寧省元副省長で同省公安庁庁長だった薛恒氏らだ。  大紀元 831
==

610弁公室は法輪功のことだけをやっていたのではない。 中国における汚れ仕事のたいがいを受け持っていた部署だ。 国内国外含めて。 設立も古い。 だからこれらの主要なキャラを粛清していくというのは、どう考えても江沢民、そして胡錦涛、これらに対する警告というか反撃というか、そういうものになっているのだろうなと思わざるを得ない。

西側と深くつながって、西側の精神を中国に呼び込むシステムになってしまっていたゲームを含めるメディア企業のテンセント、これも恐らく潰される。 今年1月の時価総額が110兆円だったのが、昨日の時点で61兆円まで下げられている。 これはまだ下がる。

今行われているのは毛沢東がやった大躍進からの文化大革命の再現だ。 だからあの時に起きたことがほぼ同じ形でこれから中国の中で再現されると思っていれば間違いない。

だからバイデン達が中国に対しての各種の制裁を緩めていっても「 チッ、余計な事をしやがって」 とばかりに中国の側がこれらの制裁解除の中国企業を、中国政府自身が制裁してその息の根を止めるというのをやっている。 これは恐らくもっと大きくなる。

流通とIT関連、芸能やメディア、ネットバンキングなどの新興金融。 これは今の中国共産党よりも大きな力を持とうとしていた。 これらの民間企業=江沢民、胡錦涛勢力の持ち物、が習近平政権よりも大きな力を持つことを、これを許すかどうか。 許すわけがない。 だから許さないから潰す。

これら格差の根源である資本家集団を潰して、貧しい人びとにカネを配るのだ… という表向きの綺麗なコトバに正面から反対出来る「 社会主義国家の国民の中国人は皆無」 だ。 どういう言葉だったか忘れたが、文化大革命の時の概念と全く同じ何かで彼らは本当に始末される。

中国共産党は「 人間の能力は生まれながらに最初から格差がある」 と秘密決定した。 だから助ける人間とそうでない人間をこれから中国共産党が勝手に決めて勝手にそれを、実際に、実行するのだ。 それがもう始まっている。 この動きは拡大することはあっても沈静化しない。 習近平主席の思惑が実現できたと確認できる、出来たその時までは。

だけれどそんな事が果たしてうまくいくのかなあ、だ。


  理想という名称の独善


----
終了
----


  • [2353]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月30日(月)23時39分59秒
 
――――――――――
2021・830月曜(令和三年)
――――――――――

中国は今、自分で自分の首を絞めようとしている。 しかし習近平政権にとっては理想の追求に着手したという言い方なのだろう。 だから国内の政治的な敵を摩擦することが第一優先課題であって、それらの事は全て後回しになっている。

それは体外における中国国家の商品価値が下落しても構わないという覚悟がどうやらある。 つまり文革や紅衛兵の時代における中国に一時的に戻っても構わないという決意だ。 もっとも彼らの中に甘い観測もあって、これだけの内部社会資本の形成と構築、インフラの構築などが終わったのだから、ここからマルクスが唱えた資本主義→ 社会主義、この正当な進化を我々が果たすのだ… とでも言える意図があるのだろうなあと思う。

しかしそんなにうまくいくだろうか。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/78088.html
中国の王文濤商務相は23日の会見で、来年の対外貿易について、ベース効果の剥落などを踏まえると、これまで以上に複雑な状況になる可能性があると述べた。今年下半期にはすでに複雑な状況に直面しているという。 専門家らは、新型コロナウイルス(中共ウイルス)の感染防止で実施した厳しい封鎖対策、そして製造業の海外移転、強硬な外交姿勢などの要因が、中国の対外貿易を鈍化させていると指摘する。 専門家の意見として、港や工場の閉鎖といった中国の新型コロナ感染防止策は代価が高すぎると指摘した。 世界第3位のコンテナ港である寧波舟山港の従業員1人が新型コロナに感染したことで、当局は8月初めに港全体を閉鎖した。25日に再開したが、こうした物流の中断は対外貿易に混乱を招く。  大紀元 830
==
【2018年4月5日付 武漢でのTV放送】  中共メディアは自ら武漢ウイルスの起源を暴露していた
https://youtu.be/1pQmvFQizZ4
==

国内の経済人たちも最終的には全て理想の社会主義国家の建設の為には敵になる。 今は江沢民勢力を中心とした経済領域を破壊しているが、その内に習近平派とでも言える経済人たちの財産まで接収するというのをやるだろう。

王朝において、皇帝よりも財産を持つ人間は許されない。 今の中国は忠実にそれに向かって突き進んでいるように見える。 つまり習近平個人、そしてその一族を超える資本と権力を持つ存在は絶対に許されない。 だからそれに準拠した政策が実際に施行されている。

しかしそれは本当に宮廷の中だけを見た考え方であって、絶対多数の中国人たちは相当の所で廃棄されていく。 それですらいいと思っているのだろう。 以前共産党の中での秘密決定がなされたという話をした。 それは「 人間の能力には生まれつき最初から格差がある」 という事を共産党としてそれを認めた、というものだ。

つまり今は一見社会主義実現に向けての動きを取っている風に見えるが、その中身は徹底した優生思想に近い何か、変形した何かが動いており、それを実現化させるために現行の支配層達は大きく舵を切ったということ。 つまり、能力がないと共産党が認定した人間をこれからどんどんと見捨てていくのである。

彼らの今言っている共同富裕というのは、その絶対人口を大きく減らしていかないと個別の、頭あたりの幸せというか平均的な生活は実現できない。 だからわたしの視点からしたら今の習近平政権とは、天災などによって中国人たちが大きく死んでしまっていっても、それは理想の実現の為に都合のいい動きだ… とさえ思っているのではないか、なのだ。 そうだったら何というか、コトバがない。

==https://www.jiji.com/sp/article?k=2021082800388&g=int
 習氏は経済問題を協議する17日の共産党の会議で「共同富裕は社会主義の本質的な要求」と明言した。会議では「高過ぎる所得の調整」に加え、「高所得層や企業に対して社会への還元を促す」方針が打ち出された。  中国当局は「小康社会(ややゆとりのある社会)」の実現をアピールしているが、所得格差を示す「ジニ係数」が社会不安を引き起こす恐れのある警戒ラインを大幅に上回るなど、貧富の差が深刻化している。  習氏の発言を受け、企業側は対応を急ぐ。インターネットサービス大手の騰訊(テンセント)は共産党の方針に賛同し、500億元(約8500億円)を貧困層支援などに充てる計画を公表。  一方、住宅価格の高騰が格差に拍車を掛けていることから、政府が不動産税の本格的な実施や相続税の導入に踏み切るとの観測も浮上している。実現すれば所得再分配を通じて格差の是正が進む半面、主要な課税対象となる富裕層への影響は避けられない。
== 時事 829

中国における巨大企業とやらは、鄧小平が改革開放を唱えてから、その時点で沢山あった国営企業、つまりナントカ有限公司だとかそういうのを、当時の共産党の上層幹部が全てタダ同然で譲り受け、というか奪って、そこから商売を始めて企業体としていったところから始まっている。

そして最初の経済エンジンを構築してから彼らは今度は米国の中に投資の形で徹底的に入り込んだ。 これが米国におけるITやらビッグテックやらガーファーやらそれら関連の創世記の本当の真実になる。 それを誰がカネを出したのか。 ここで江沢民勢力が出てくる。 勿論モデル化して言っているので細かい所は無論違っているが。

そもそもが米国の建国の本当の秘密において、ジョージワシントン達が戦費調達に欧州… どころか当時の中国のカネ貸しにすらも大きくカネを借りていたという話をした。 ここに日本の徳川がいるのかいないのかわたしには判定出来ない。 この部分を意図的に大きくして脚色した面白読みものでしかなかった概念が、オチアイ理論になるのだろうなあと漠然と思っている。

しかしないものは無いの原則で今はオチアイ理論とやらをまともに主張する馬鹿は皆無だ。 しかし中国の宮廷カネ貸したちが大きく米国に貸してやったのはどうやら本当の様である。 清朝の話になるのかな。 その前からもつながりがあったかもしれないが。

==https://www.jiji.com/sp/article?k=2021083000595&g=soc
同大によると、新たなデルタ株は今月、同大付属病院の患者から検出された。デルタ株に特徴的な「L452R」変異に加え、アルファ株に特徴的な「N501Y」に類似した「N501S」変異があった。患者に海外渡航歴はなく、市中感染だったという。同大は、この変異は国内で起きた可能性が極めて高いとみている。  時事 830
==

いずれにせよそれらの中国も、そしてこれと一蓮托生になってその勢力を大きくしていった現時点の米国の極左たちも、共に人類世界から出て言ってもらわなければならない。 彼らが人類支配の為に研究開発していたウィルスに関しては、どうあっても落とし前をつけないと人類は先の舞台に移動できない。 わたしはその観点で物事をみている。 だからそれが気に入らない勢力が徹底的にわたしに対しての妨害行為をしていると判定している。 いや、勿論わたしだけではないだろう。

世界における親中派がしかし追い込まれていく。 何もしていないのなら身の潔白を証拠をもって立てる義務がある。 中国はこれを未だにやっていない。 これからもやらない。 だからそれらの態度で人類世界を押し切れると思っている彼らの傲慢がこれから彼ら自身を追い詰める。 わたしの判定だ。 信用を甘く見たものは、その既存の結果から呼び込むものを甘くみたものは、この地球の歴史においては例外なく滅びていく。 我々の世界における約束、という概念は、まず人間世界の人間同士の約束を守らない( 信用がない) …というのは、地球との美しい約束を最初から実行する気がないと宣言している状態のことだ。

そして地球という惑星は今まではそれを許容していた。 恐らくはそんなクズでも可能性の選択肢の何かに数えることが出来るはずだ… という期待のようなものを、忍耐をもって待っていたのだろうと思うが、もう彼は、彼女は  待たないことを決めた  のだから、これから行動をもってこれらの奪い盗る勢力=地球由来のエネルギーを外世界に送信する役割を代々してきたマシンたち、これを破壊して放逐廃棄する。 わたしはそのコトバで現状を認識する。

==
菅政権が二階俊博自民党幹事長の交代を含めた衆院選前の党役員刷新を検討していることが分かった。複数の関係者が30日、明らかにした。  共同 830
==https://news.yahoo.co.jp/articles/b3573cf772d3334e95e96195d055411b7d63fdf0

実際だからこれらの検討が現実化するかどうかは、武漢肺炎の変異とその拡大… これにもかかってくると捉えている。 日本の安全保障に関連する人々は、今の武漢ウィルスが明らかに中国から持ち込まれたのではないのかという疑いの元に全体を見ている。 わたしは以前、凍結乾燥粉末ウィルスの概念を言った。 恐らくあれらの情報は事実だとみる。 そして五輪の前後から国内でおかしな動きが、新変異体とでも言えるものがなぜか流行するだろうと2か月ほど前に言ったが、実際にそうなってきている。 もっとも…  引用→ アルファ株に特徴的な「N501Y」に類似した「N501S」変異があった。 …この動きが偶然にそうなったと言い逃れることは出来る。

しかし日本人固有と言ってもいい免疫機能をすり抜ける変異がそんなに簡単に都合よく起きるのだ、と考えられるほどわたしはお人よしではない。 ニカイさんは中国からやってくる人間を、日本に入国しやすいように徹底的に動いていた。 そう見える。 そしてそれは公明党も創価学会もそう見える。

彼らは中国と一体化しすぎている。 わたしは今の西側世界を一体どういう意図が、組織勢力が中心になってそれをやっているのか分からないが、これ以上日本という国家体制が中韓などの側に協力する風な動きを取ると( 結果として) 、日本の資産を押さえる動きすら呼び寄せるとみている。

世界はそんなに甘いものではない。

日本の国内政局はもはや単独で勝手に動くことはない。 だからニカイさんが本当に降ろされていくのだとするのなら、G20における色々な発表も中国にとってだけ都合のいい形のものにはならないだろう。 バイデンとやらの操り人形がどれだけ裏で画策しても、だ。

今の動きは、誰にもその先が読めない。 その中で事実からなる真実を見つけるしかない。


  骨をつかめ、肉は捨てろ


----
終了
----


  • [2352]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月29日(日)23時48分57秒
 
――――――――――
2021・829日曜(令和三年)
――――――――――

これらの動きがバイデンなる勢力が中国に忖度をしながら単にガス抜きを図ったものであるのは明白だ。 世論として中国の責任を追及する動きがあまりに大きいものだから、政権を奪った側とはいえ、何もしないということができない。 だから仕事をやってますよ感だけを出している。

大統領直属の調査機関が「 自然界発生だ」 と言っているのが全て。 そして反抗する勢力は恐らく軍情報部だ。 彼らの側に中国の国家安全部の副部長があるので、彼らだけが本当の真実を知った。 しかし他の調査機関が「 全て米国の敵の裏切者」 なので本当の真実を明かせない。

これらの裏切者勢力が中国に全てを伝達するからだ。 そもそもバイデンなる人物が中国の中の米国人CIAスパイ、そしてそれの協力者だった中国人たちのリストを全て中国共産党に渡したから、だから中国の中の米国スパイ網が完全に破壊されて、その後から中国がやりたい放題を強めたという認識を忘れてはならない。

だからそんな男が中国に対してアンチになる訳がない。 今のは彼の周辺のスタッフ含めて全てお芝居だ。 騙しだ。 こんなもの達が米国の実際の支配層としてあの国を奪って勝手に使っている。 これは少なくとも西側の国家の全ての不幸だ。 独裁国家においてはそうではないのかもしれないが。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2801H0Y1A820C2000000/
【ワシントン=永沢毅】米国家情報長官室は27日、新型コロナウイルスの発生源に関する調査報告書の要旨を公表した。①動物から人間に感染②中国のウイルス研究所からの流出――の2つのどちらかを結論づける決定的な証拠を得られず、特定できなかったと説明した。真相解明には中国の協力が必要と指摘した。 バイデン米大統領は声明で「透明性を求める意見を中国は拒否し、情報を提供しないようにし続けている。完全に情報共有するよう各国とともに圧力をかける」と強調した。中国の反発は確実だ。 要旨によると、起源は2つの仮説のどちらかが妥当としながらも「情報機関の意見がわかれている」と表明した。4機関および米大統領の諮問機関である国家情報会議(NIC)は動物からの感染と分析し、別の1機関は中国の武漢ウイルス研究所からの流出を支持する見解を示した。 さらに別の3機関は追加情報がなければ判断できないとした。ウイルスが生物兵器として開発されたものではないとの見解では一致し、遺伝子が操作された可能性も低いとの見方を示した。
==  日経 829
ウィルス製造に関与したと思われる人物  王延軼博?(Dr. Wang Yanyi)中國  袁志明博?(Dr. Yuan Zhiming)中國  ?正麗博?(Dr. Shi Zheng-li) ←石正麗  胡犇博?(Dr. Ben Hu)中國  王林發博?(Dr. Linfa Wang)中國  彼得?達薩克博?(Dr. Peter Daszak)←アメリカ 石正麗の共同研究者 拉爾夫?巴?克博?(Dr. Ralph Baric)←アメリカ  石正麗・上記他の中国研究者と共同研究
==https://gop-foreignaffairs.house.gov/wp-content/uploads/2021/08/ORIGINS-OF-COVID-19-REPORT.pdf

わたしはあなたに共和党のPDFファイルの事をいった。 興味のある人はもう見た。 そしてそこに書かれてある内容を知った。 だからこれらの民主党関係者とやらの発表がどれだけ嘘であり、どれだけ全人類を愚弄し侮辱するものであるのかを理解している… はずだ。

そういう心の動きもなくて、何もかもを娯楽としか取れないのなら話はそこで終わりだが。 彼ら中国は今から15年前くらいの時点で「 痕跡を残さない遺伝子改造技術を確立していた」 とあったはずだ。 そして共和党の側は2万件を超えるメールを保有しているとも。 確か2万2千件だったかな。

それらを全て否定出来る程のコトバの力が、今回の再調査とやらのヤラセのお芝居には、当たり前だが全くない。 彼らはこれで全てを押し切る。 彼らにも大きく責任を取らせなければならない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/240beca98a4cdecd0cfff251b0ba39f64e9fe9b8
 沖縄県は28日、接種に使用予定だった米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンから、異物が発見されたと発表した。  これまでに各地で混入が判明し、使用見合わせが決まったものとは別の製造番号という。 県によると、県立武道館の大規模接種会場で28日午後3時以降、接種に使用予定だったモデルナワクチンの小瓶1本と、ワクチンを充填(じゅうてん)済みの注射器2本から、相次いで黒色の異物が見つかった。別の注射器1本からもピンク色の異物が発見された。 829
==

そして日本に出荷された分にだけ見つかったとされているモデルナワクチンの異物混入だ。 しかしそれは他の国にもあることだろうと思っている。 報道が押さえこまれているだけなのだと。 これらの金属片とやらが酸化グラフェンという物質で本当にあった場合は、ワクチンの接種目的が全く違ったところに設定されているのだと分る。

ファイザーが社内で行った目隠し接種実験において、ワクチン投与と生理的食塩水投与、30名を超えるくらいの患者にそれを行って、勿論患者たちには全てワクチンを投与したと言ったその状態で、確かワクチン投与で15名、生理的食塩水で14名の発病があって、ワクチンの意味がないではないかという紛糾が起きている。 今は米国においてもワクチン、つまりMRNAワクチンが本当に有効なのかどうかについて疑問が、公の言論空間でも出てきている。

デルタ型というものが出てきてから、これらワクチン開発に関わった様な全ての人間の思惑が狂っていった風にも見える。 だからダボス会議はいつまでたっても開催されないという見方をする。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM258YP0V20C21A8000000
半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)が最大20%の値上げを実施することが、25日分かった。同日、台湾の顧客などに通知した。一度の値上げ幅としては、過去最大とされる。値上げ幅や時期などの詳細は企業によって異なるようだが、25日に通知を受けた一部企業では、値上げは即日実施とされたという。 旺盛な需要に供給が間に合わず、再度の大幅値上げに踏み切る。最終製品の価格への影響もありそうだ。  日経 825
==

ワクチンビジネスに関わる支配層は勿論半導体にも投資しているだろう。 だから今の様な半導体不況を大きくさせることで相当儲けているだろうなあというのもうかがえる。 以前に沢山の火事が半導体工場であったのを覚えているだろうか。 わたしは基本的にそれらは中韓の仕掛けたものだと判定しているが、それらの思惑の中にこうした支配層たちの思いが混じっているだろうなあとも思う。

問題は競争がない状態というのは、こうした形で一方的に値段を吊り上げられても何も反対出来ないという事にある。 独占はいけないのだ。 ライバルがいない市場というのは基本 △ の領域が発生する。 わたしは半導体市場においてこれらの状況が続くなら、その状況を人びとが支え続けることによって、いわゆる精神エネルギーと言われるものが、それらの認識中央頂点の何処かの座標から勝手に送信されて地球から抜けていくのではないかと危惧する。

==(@IiyamaAkari) August 29, 2021
タリバンは先日、公共の場において音楽を禁じると宣言したが、その後、アフガニスタンの著名なフォークシンガーを斬殺した。アフガンではもう歌うことも音楽を奏でることも許されない。音楽を生業としていた人はこのように殺されることすらある。タリバンが音楽を反イスラムと見做しているからだ。
==
ところが、同党メディア革新特別委員会委員長を務めている金容民(キム・ヨンミン)議員は「当然、外国メディアも含まれていると見ている」「文化体育観光部がどのような理由から(そのような)案内をしたか確認し、別途回答する」と述べた。すると、産経新聞の記者は「整理もできていない状態で、なぜその法案を30日に国会本会議で処理しなければならないのか、常任委員長が変わること以外に合理的な理由が見当たらない」と言った。  朝鮮日報 828
==https://news.yahoo.co.jp/articles/616ad1a862fe444bc05c008652980ea100fc0673

それは今の地球世界において △ の最たるものである中国を結果として利する。 そしてこれらの記事を読めばわかるが、周辺属国が急速に自らのエゴの拡大表現をしながら且つ(かつ) 、中国と同一化するかの動きを始めている。

タリバンに関してはこれから明らかに西側世界から見捨てられる。 彼らの中のイスラム解釈とやらによって域内の全ての人間は恣意的に動かされる。 それは命の奪い合いを含める。 だからその点に限っていえば、中国なるものが、座標がこれらの明らかに未開人領域を御しえる、つまり支配コントロール出来るとは思えない。

しかし彼らは一帯一路の施設を人質に取られているので撤退することもできない。 これから多くの中国人たちがタリバンの周辺のイスラムテロ勢力に殺されるだろう。 それを中国は大きな所で見殺しにする。 末端を切り捨ててもインフラを守る。 しかし何処かの時点で軍隊を入れざるを得ない。

中国が急速に冒険主義の表現者になるにつれて、中国の一部でしかない朝鮮半島の南端部がその本来の姿に戻っていく。 彼らの言論封鎖の、制裁の動きとはこれからの戦争準備に向けてのものであるのは勿論で、彼らはこれらの言論制裁法案を使って「 日本人を人質にとる」 のである。

我々は数年前に産経の記者が1年近く軟禁されたことを覚えているだろう。 それを彼らは記者たち全てに、そして内部のメディアとは関係のない日本人に向けても開始する。 人質だから。

こうした動きの急変を日本人に見せながら、日本国内の政治体制の変動も激しくならざるを得ない。 高市さんが右的な言説を強めているかと思ったら、岸田さんが「 ニカイを外してもっと風通しのいい自民党にする」 という概念をはっきり言った。 以前からの確執があるとしても少し異常だ。 つまり彼らの元にはこれからの動きがある程度の範囲で情報伝達が行われているとみるべきだろう。

あなたがどれだけいやだいやだとダダをこねても世界は勝手に変わっていく。 あなたが世界を必要としているのであって、世界は別にあなたを必要としていない。 代わりはどれだけでもいる。 そうした冷酷な概念を自分自身にすら向けながら、これからの激動を生き抜いていくべきだという。


  戦士の生き方をめざせ


----
終了
----


  • [2351]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月28日(土)23時53分3秒
 
――――――――――
2021・828土曜(令和三年)
――――――――――

習近平主席は国内の経済を破綻させてでも、共産主義の理想を追い求める方向に、本当に舵を切った様だ。 法人と言われる存在は「 利益を求めてはならない」 というとんでもない設定の中にこれから投げ込まれる。 そして彼らが蓄えた巨額の内部留保を、今の政権は全て強奪して、それを名目上国民に配るという事をする。 するが、それらの大部分は軍事および金利返済に充てられる。

いくらなんでも、ドイツ連銀が貸し込んでいる分かっているだけのカネは10京円と言われているが、それらの金利を含める返済の動きを無視することは出来ない。 しかし儒教圏域の連中は借金は資産であると本当に考える人間がいて、それらの世界認識と彼らの世界との大きな齟齬が、こうした緊急の、追い込まれた事態においては極端に表に出てくる。

日本の在日企業、個人経営の支配層などにも、この借金は資産… ととんでもない甘えた考えを持っている連中がいる。 つまりそれによって「 相手をコントロール支配出来る」 という概念が主軸になっているということだ。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/4910fd13532510151958087c1977bc4aff92c3c0
(ブルームバーグ): 中国の金融規制当局による財務改善圧力が強まっている不動産開発大手、中国恒大集団は保有する資産の売却をさらに進める方向だ。 銀行やサプライヤー、住宅購入者への負債が計3000億ドル(約33兆円)にも上る中国恒大と同社のかじ取りを担う許家印氏にとって、残された時間は少なくなっている。 一部の主要債権者から一時的な猶予を得た中国恒大に対し、政策当局が発するメッセージは明確だ。中国経済の混乱を防ぐため、迅速に債務問題を解決せよ、ということだ。  827
==

しかし中国は国内の経済を破綻させていっても、それよりも今の政治体制の強化を行った方が利益があると本当に考えているようだから、これらの破綻の次々の発生をもう隠そうともしない動きはこれから、今年中に連続しておきる。 そしてそれに連動してこの動きは江沢民勢力への制裁、始末になっているのだから、それを放置するのだ。 習近平政権は。

建前は先輩である年上である江沢民を立てることはする。 しかし、腹の中はこれからの行動で分かる。 人間のコトバだけの理念、世界構築などを準拠として人生を歩んできているぼんくらのヒダリなどは、これから彼らの理想が破壊される様を目撃する。 だが彼らは生き方を何も変えない。

ずっと、誰かが悪い。 自分にカネを寄越し続けろ。 と言っているだけだ。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/d6a29922abeadd114b5861c5eb556fda4f519865
【ワシントン】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は25日、米半導体大手ウエスタン・デジタル(WD)が、同業のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)を買収する交渉が大きく進展していると報じた。買収額は200億ドル(約2兆2000億円)規模で、早ければ9月中旬にも合意する可能性があるとしている。 同紙が関係者の話として伝えたところでは、両社による協議がこの数週間で加速した。ただ、キオクシアが株式上場を選択したり、別の企業に買収されたりする可能性も残っているという。 キオクシアをめぐっては、米マイクロン・テクノロジーも買収を検討していると報じられていた。  産経 826
==

だから中国がこれから沈没するのだから、あそこに資本を、市場を置いている、日本よりもはるかに深刻な従属度合いの中にある韓国は同様にして沈む。 そうなると下々は自由の味を覚えてしまっている存在だから支配層の( 中国共産党の奴隷の) いう事をきかなくなる。

だからそれを従わせる為の動きが下の記事だ。 そして上の記事はこれから韓国、つまり西側の裏切者であるとみんな分かっていたが、その地政学上の観点から食わしてやっていた韓国というあの座標を本当に廃棄する流れにはいるので、彼らに何も渡さない。

情報も、売り上げも、何もかもを。 それらの行動が上のキオクシアの買収の話になる。 そもそもキオクシアは確か今では事実上米国企業みたいなものになっていたはずだ。 この買収は日米協業という形で、半導体の設計開発製造を委託していた韓国、これらの成長を切断して、自分達に取り戻すことによって裏切りものへの制裁を開始する動き以外のなにものでもない。

ネトウヨだとかレイシストだとか言っても、こうした動きを変えることは出来ない。 それらのコトバの概念、技法とは、そうしたコトバを投げつけることによって、相手に偽の罪悪感を与えることによってその精神を、魂を支配コントロールする技法のひとつでしかなく、それを仕掛ける側の方がよほど、とてつもなく薄汚く邪悪なのだという理解に到達したとき、された時、それらのコトバを放つ座標は今度は憎しみの対象となって刈り取られて廃棄される存在に変貌する。 今それが起きている。 世界に。 そして先んじて、先駆けとしてこの日本に。

==https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210827004900882?section=politics/index
【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」のメディア革新特別委員会の金容民(キム・ヨンミン)委員長は27日、ソウルのプレスセンターで外国メディアとの懇談会を開き、メディアの故意・重過失による虚偽報道に対して損害賠償を請求できる「言論仲裁法」改正案について、「外国メディアも含まれる」との認識を示した。 韓国の文化体育観光部はソウル外信記者クラブの質疑に対し、同改正案は国内メディアのみを対象にすると説明していた。  これに対し、金氏は「文化体育観光部がどのような理由から(そのような)案内をしたか確認し、必要であれば文化体育観光部を通じて通知する」と述べた。  828
==

韓国は中国の属国である。 朝鮮半島を南北で認識するように日本人は戦後大きく騙されてきた。 違う。 朝鮮半島は大昔から大体は38度線を境に別の人間、別の種族、別の文化、別の言語を使った人間たちが国家を名乗っていた。 コトバに関しては混じっていて大体は同じに聞こえるようなものではあった。 しかし支配層たちは中国語を共通語として意思疎通をしてきた。

北朝鮮と韓国の食べ物の味付けは、それは関西と関東以上に違う。 わたしには別文化の人間たちがそれらのレシピを考えたとしか思えない。 北朝鮮の冷麺はうまいらしいが食べた事はない。 韓国の料理には何の魅力もない。 それらの概念を突き詰めてだれも考えないから、日本人のほぼ全ては騙されたままにある。

黄海を挟んで韓国と中国は一体のものだ。 そして朝鮮戦争などは今度はない。 わたしはそう見る。 北朝鮮で相当の国民の死亡があると判定するから。 武漢ウィルスで。 隠しているだけ。 軍事的な威圧行動の何一つもとれないのはなぜか、今の北朝鮮が。 それは現場の人間がもういないから。 単純に考えるべきだ。

だからこれからのシナリオとしては、凋落する中国が韓国を植民地として軍事基地化して日本を脅す。 これが一番可能性が髙いと捉える。 しかしそれさえ出来ないままに、両方の地域が沈没していくかもしれない。 これになるかもしれないが。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/4f35f6e1237785b93fd5e7979e956631aee84d10
鈴置:韓国は米国に守ってもらっている。というのに、中国包囲網には加わらない。米国からすれば「ギブばかり」。韓国はアフガンと同じ「恩知らず」、あるいはアフガン以上の「裏切り者」です。アフガンは韓国とは異なって、中国にすり寄ってはいませんでしたからね。 中央日報は、文在寅政権が米国に要求して2021年の米韓合同演習の規模を縮小したことが「アフガン化」を呼ぶと指摘。そして、それこそが同盟の弱体化を願う北朝鮮の思うつぼ、と批判したのです。  新潮 827
==
自民党の高市早苗前総務相は月刊誌「Hanada」10月号とインターネット版のインタビューで、憲法改正による「国防軍」保持の明記を主張した。出馬意欲を示す党総裁選に向けて保守的な立場を打ち出す狙いとみられる。  現行憲法9条2項の戦力不保持と交戦権否認を削除した2012年策定の党憲法改正草案を挙げ「今の自民党案よりベターだ。自衛隊ではなく『国防軍』と明記したい」と提起した。  中国や北朝鮮の軍備増強を「国防上のリスク」と位置付けて、先進装備調達、研究開発と防衛費増額が必要とした。ミサイル防衛に関し、敵基地機能を一時的に喪失させる攻撃を可能にする法整備を訴えた。  東京新聞 826
==https://www.tokyo-np.co.jp/article/127023

だから戦後体制が終わる。 西側と東側におけるガラガラポンが始まる。 普通に考えて韓国は切り捨てられる。 中国の完全なる属国になる。 韓国省。 それが現実に迫っているから、日本の安全保障に関連する人々は、今回の総裁選において高市さんに過激な事を言わせている。

彼女は自分の行動がどういう意味を持つかを理解しているだろう。 普通に考えるなら彼女の総裁はない。 しかしその途中過程で国民に多くの主張を届けるのは出来る。 石破とやらの人は前向きだとか言っているが、恐らく20人の推薦人を集められない。 またそれをさせないために下村さんが立候補していると見るべきだ。 分断工作になる。

だから普通に考えると菅と岸田ということだが、まあ、岸田はないんじゃないかなと言う。 米国における調査で武漢の研究所から漏れたのではない、わからないという発表が控えている以上、国内の親中派たちは首の皮一枚で今の所助かっている。 しかしウィグルの関連は今でも続いているし、更に中国がどれだけ否定しても、世界の絶対大多数の人間は、これだけの深い確かな状況証拠がいくつも出てきている現実の中で、中国のいうことなど誰も信じない。

なのでその状況下で「 工藤会の組長に死刑判決を出したという意味」 を考えることだ。 明らかなる状況証拠があれば、実際に人間を殺害した当事者でなくても死刑判決を出す… という事の国家の決意を見せたという意味を考えることである。 あれらは日本人の中の潜在意識が反映されているだろう。 裁判官ほど現行の、既存のマスコミやSNS空間などに飛び交っているコトバ、世論とやらに動かされる存在はいない。

工藤会という日本の暴力団とは広義に考えて南北朝鮮人集団が日本に設置した暴力テロ装置だ。 そしてその背後に中国がいる。 国内だけの動きで完結するものは基本もうない。 別の世界はもうない。 覚醒しているしていないの、別の世界と自分の世界という概念はそもそも最初から間違っている。 全てにおいて違うという概念は自分なる座標が決めている… からこそそう認識されている。 この簡単な事に気づかずに迷ってばかり。 懊悩。 しかしそんなのは時間の無駄。

この世界には行動しかない。 そして人間の肉の身にあるわたし我々としては、出来る範囲で伝えて動くしかないのである。 これが今の時点でのわたしの到達点。 だからわたしは伝える努力をするのである。 どうせ何もかも間違っているが。


  それが諦めないということなのである


----
終了
----


  • [2350]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月27日(金)23時48分27秒
 
――――――――――
2021・827金曜(令和三年)
――――――――――

26日、カブールの空港の周辺で、アフガニスタン・ISISとでも言える勢力が、恐らく2人、自爆テロを行った。 わたしが最終確認した情報では200名以上の死傷者とあった。 しかしこれはまだ増える。 そしてわたしは根性が腐っているので、この動きですら中国が計画してバイデン側に台本を渡した動きであったのではなかったか、なのだ。

アフガンにおける10兆円もの兵器をタリバンに奪われた。 それは自動的に全量中国行きだ。 タリバンの連中に航空戦力などを操れるものはいない。 たくさんの兵器が換金や中国との約束のもとに渡る。 そしてこれを実現させるためにバイデンとやらに台本を渡していたと捉える。

そして今回の動きはどう見えるか。 それは「 国際社会における中国のブランドの低下を、テロとの戦いという名目で、米中共同の動きをさせる」 ことで払拭させる作戦だ。

だからこれを実現させる前の段階でどうしても「 武漢ウィルス研究所から漏れたかどうかは分からなかった」 という発表をしておく必要があった。 米国の司法関連における常識。 米国民をそれで黙らせるという概念。  疑わしきは被告人の利益。  これを使っての認識の上書きに出てきた。

わたしは今の動きをその様に見ているので、これからG20に向けての猿芝居が強まってくると捉えている。 勿論、ただの無責任で無能な連中が、何の予見能力もないところからの今回の動きを自ら呼び込んだ。 この認識も同時に持ちながらだ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77963.html
中国上海では大手書店の店頭に置かれている英語学習書籍や問題集が突然、撤去された。当局は「本の陳列を変えるためだ」と説明しているが、市民らは子どもの英語学習に支障をきたす恐れがあるとして不安を抱いているという。 米ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、上海市民は23日、大手書店、新華書店の一部の支店で、『オックスフォード英語』などの英語学習用書籍がなくなっていると訴えた。一部の保護者は、市内の別の書店である上海書城でも、以前販売されていた英語学習用書籍が店頭から取り下げられたとRFAに述べた。  大紀元 827
== 大紀元 827
中国の軍用原子力プロジェクトの主要請負業者である中国核工業建設股份有限公司(以下、中国核建)がこのほど公表した経営中間報告書によると、今年の軍関連工事の新規受注額は7月までに、前年比約4倍増となった。国内のナショナリズム、反米の動きが高まるなか、中国共産党政権は核戦力を強化しているとみられる。米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。
==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77799.html

上の動きは我々日本人にはよくわかる。 国内の精神汚染を取り除く。 そして今国内に敷かれている国家総動員、これを中国国民に公開するまでの間の調整の動き。 我々は日米開戦の前の段階で、野球から横文字が消えた事を覚えている。 社会のあらゆる場所から英語が追放されていった。 今の中国の動きもそれに近い。 だから2年前だったかの北タイ河会議での決定の通り、核戦略の膨大な投資からの、実際に行える核戦争への準備、これが急ピッチで進められているのが分る。

ウイグルなどの砂漠において、地下サイロが建設されているということの報道があった。 これは以前に採用した。 だから中国は冗談で核戦争を含める戦争の準備をしている。 その概念を正面から見つめない人間は、これから中国とその眷属たちが、西側世界に感情、情緒、特に恐怖からくるところのコントロール技法のあらゆる作戦に自ら引っかかる。 馬鹿とも言う。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/bb15569f940abff16aa7f8fd0f72206784d4b317
【AFP=時事】アフガニスタンの首都カブールの空港付近で起きた連続爆弾攻撃で米兵13人が死亡したことで、米国のジョー・バイデン(Joe Biden)政権が根底から揺らいでいるのは間違いない。  アフガニスタン戦争を始めたのは民主党のバイデン氏ではなく、共和党のジョージ・W・ブッシュ(George W Bush)元米大統領だ。これまで4人の米大統領がこの戦争を終わらせると約束しており、バイデン氏はそれを初めて実行したにすぎない。 それでも、自身も認めているように、責任はバイデン氏にあり、米兵の死に対する国内の怒りや恐怖、そして政治的な影響から逃れることはできない。
== 827
ロイター通信は25日、バイデン米政権が国内に拠点を置く企業に対し、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)向けに自動車部品用の半導体を輸出する許可を出したと報じた。国家安全保障上の重要性が低い半導体に限って例外的に認めたとみられるが、対中強硬姿勢を強める議会からは反発の声も出ている。  時事 826
==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082600360&g=int

バイデンなる人物は、中国に対しての制裁を次々と解除している。 それが彼に下された命令だと分る。 彼はもはや重度の痴ほう症であり、大統領が参加するという建前になっている会議においても、そのほとんどに参加していないようだ。 これらの情報を826に米国のメディアのポリティコがすっぱぬいた。

ついでに言えば、アフガンにおける米国人とアフガン人協力者の全ての名簿リストをタリバンに渡してしまったので( バイデンの命令… 他の奴がやったかもしれないが) …これからあの国が831以降明確に閉じられていくなかで、取り残された人々は人質兼虐殺の対象になる。 タリバンの。

米国においてはバイデンの致命的なミスという表現を極左メディアすら使っているが、それらの動きそのものが、中国から渡された台本を演じているだけの可能性が、これが本当にある。

であるのならG20に向けての急速な火消しがこれから起きる。 それはアフガンで再びテロが起きる。 そしてそれは丁度「 米国と中国が協力してことに当たれば都合のいい案件、テロ」 だろうとわたしはみている。 それは中国人自身を狙ったものかもしれない。 あろうことか、中国政府が自国の国民をいけにえにしてでも今の中国国家のブランド回復からの向上につながるのなら、そうした生贄作戦に許可を出す可能性が、これが本当にある。

==https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210826/k10013224361000.html
モデルナの新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が混入していた問題で、混入したのは、粒子状の金属と見られることが、厚生労働省への取材で分かりました。 異物が混入したワクチンは、スペインの工場で製造され、厚生労働省は、この工場で同じ時期に製造された163万回分のワクチンについて接種を見合わせるよう26日朝から全国863の会場に連絡を取っています。 厚生労働省によりますと、今回、見つかった異物は粒子状で、磁石に反応することから金属製と見られるということです。  NHK 827
==
https://i.imgur.com/9GWI1PP.jpg  7月前後にこの告発をしていた12名の科学者は詐欺師扱いされるメディア工作にさらされた。 事実だったのだ。
==

我々は去年の大統領選挙の前後から相当の、このワクチン関連の情報を見ている。 ワクチンの中にマイクロナノマシンが入っているという情報、そしてそれらが5Gの電波範囲に入ると、自動的に生体情報を送信する仕組みがある、と。 それらに関連する特許をビルゲイツがとってしまっている。

などだ。 それらを主張する人間たちは単なるキチガイ扱いされてきたが、この上の様な事例において実際にワクチンの瓶の中に金属粒子とでも言えるものが混入していたという現象が起きると、これらの事前情報はだいぶんが本当であり、そしてわたしはあんまり貴方には言っていなかったが、酸化グラフェンに関する情報もひょっとしたら相当のところが事実だったのではないか、なのだ。

コロナという実際の病気よりも、酸化グラフェンを投入される事で人間の免疫機能が狂ったり、破壊されたり、という過剰な自己防衛反応を発生させて、大量の人間を殺害する計画が実行に移されている… という情報のことだ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77957.html
英文大紀元が最近独自に入手した情報によると、米国の科学者は、初期の武漢新型コロナウイルス感染症患者のサンプルに、遺伝子組み換えヘニパウイルス(Henipavirus)が存在すると確認した。 このヘニパウイルスは、カナダ国立微生物研究所(NML)の中国系科学者が2019年3月下旬、同研究所から武漢ウイルス研究所(WIV)に送った2種類のウイルスサンプルのうちの一つと同種類。ただし、同じものかどうかは不明である。 大紀元 827
== 大紀元 827
米宇宙軍によると3月、中国の気象衛星「雲海1-02」(Yunhai 1-02)が宇宙のデブリに衝突し、さらに数十個の宇宙ごみ(デブリ)を散らした。8月、専門家の解析で、この衝突したデブリはロシアのロケットの残骸だと報告した。中国メディアは「(衝突の)証拠がない」「欧米は中国の宇宙事業の信頼失墜を目論んでいる」と反論している。 中国の気象衛星「雲海1-02」(Yunhai 1-02)は2019年9月に発射され、「特別な任務」を背負っていると、軍事衛星だと安全保障専門家らに指摘されてきた。
==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77911.html

いずれにせよ、何があるにせよ、これらの地球の事態を発生させた中国なるものの全ての関係者、これらに大きな責任を取らせなければならない。 けじめだ。 今後二度とこのようなことはしないという証を肉体の何処にでも見える場所に刻印させ、それがどこの誰でも検証、確認できるという状態に、そうした世界に移動してそれを実現化させなければならない。

それが恐らく日本人がやらなければならない複数の業務の一つであろうと勝手にとらえる。 だが奪う事のみしかやってこなかったこれらの勢力は当然そんなものに従うわけがない。 そのような大きな対立相克、葛藤などが発生している状況で、陥没現象が起きたとする。 どうなるか。

それは徹底的にこれらの勢力が絶対多数の人間たちの復讐によって始末されると分るだろう。 そして中国は今は大多数の勢力ではある。 しかしそれすら維持できない程に人が死んでいくのではないかという風に仮定するのなら、今の時点で相当の人間消失が発生しているのだろうと言わざるを得ない。 わたしは常に逆解析から世界を見る。 だからけじめや証の情報が本当なら、それは現時点でそれの実現に向けての動きがどうしても人間世界で発生していなければ、そうでなければ済まない。

この世界の支配層は特に、責任を取るというのをしてこなかった。 それを許していた我々庶民の側に大いに問題があり、そして我々自身にもそれらを履行しなかったという責任の発生がある。 カルマの積みかさねとして等しくみなそれを背負ってしまっている。

これをどうあっても解消、清算、無効化しなければならない。 でなければ新しい世界に進めない。

旧い世界の存在情報をあまりに多く身にまとっている者は、新しい世界の全く違った振動存在情報の中に合一表示されることはない。 はじき出されてしまう。 正弦波に矩形波は合一出来ない。


  我々は波と流れと振動の存在なのである


----
終了
----


  • [2349]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月26日(木)23時49分36秒
 
――――――――――
2021・826木曜(令和三年)
――――――――――

予想通りにバイデンの側は中国との台本の元に世界に向けて猿芝居をうつ。 これを事実として国家の正式な態度ととし、更に「 疑わしきは被告人の利益」 という事の米国民に受け入れられる概念を無理矢理にねじ込んで、メディアの力を総動員して、これから米国は中国と手打ちの流れに入る。

それはG20の前後における動き、そしてG20において対立しない形での米中会談などが演出され、そしてそこで米国が北京冬季五輪に参加することを事実上内諾するという形で表現されていく。 大筋はこうなる。 だが本当にそれが円滑に進むかは分からない。 彼らの思惑を超えて中国の国内では本当にデルタ型( 本当にそうなのか、変異してチャイナ型になっているのではないか) …が猛烈に拡散し、中国政府は大きく隠しているが、たくさんの死者が出ているようだ。

深夜に各都市を出入りする共産党の輸送部隊とでも言えるものが連日何かを運び出している。 死体袋だろう。 勝手に決めつけているが、これは憶測にすぎない。

==https://www.yomiuri.co.jp/world/20210825-OYT1T50271/amp/?__twitter_impression=true
 【ワシントン=船越翔】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、米情報当局が新型コロナウイルスの発生源に関する追加調査の結果をまとめ、バイデン大統領に報告したと伝えた。報告書では発生源について「結論に至っていない」という。報告書は数日中に公表される見通しだ。  ウイルスの発生源については、▽感染した動物が人間に接触▽中国・武漢のウイルス研究所からの流出――の二つの可能性が指摘されている。米情報当局内でも見解が分かれ、バイデン氏は5月に追加調査を指示。90日以内に結果を報告するよう求め、今月24日が期限となっていた。  ポスト紙が複数の関係者の話として報じたところによると、当局はこれまでに入手した情報を再分析したり、新たな証拠を探したりしたが、当局内での意見はまとまらなかったという。  読売 826
==

だからこれから日本を含める各国の国内の権力変動が恐らく起きる。 中国が延命し、彼らが戦争開始に向けての十分な時間が確保できるという流れに入るのなら、どうしても世界各国の指導者たちは新中韓派を中心に選択されることになる。 そして日本においては来年の1-2月に予定されているとされる習近平主席の国賓来日が実現する。

今の時点でこれを猛烈に進めている自民党親中派、官僚内部のチャイナスクール、そして公明党や創価学会の連中は、誰から命令を受けているのかは知らないが、これらの事業が進んでいる事をおくびにも出さない。 10月頭とされるG20の米中接近、融和、とでも言えるものが表に出たら、この国賓来日の話は一気に出てくる。

ただし、日本を含める世界中に武漢肺炎が兇悪化して拡大していたら話は別だし、そもそも1-2月のラインというのは、北京冬季五輪だろうから、もう少し外れた日付になるのだろう。 だからそこから逆算した時に、今の自民党総裁選挙の流れの先が見える。

勿論米国の正式発表待ちになる。 しかし「 分からなかった、だから中国は犯人ではない」 で全ての全てを押し切ろうという動きが透けて見える。 ニカイさんとその周辺が準備しているだろう。

==https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210826/k10013223681000.html
アフガニスタンに残る日本人や大使館で働くアフガニスタン人スタッフなどの国外退避に向けて、自衛隊は輸送機3機を隣国パキスタンのイスラマバードに派遣しました。 このうち最初に現地に到着したC2輸送機が、現地時間の25日夜、カブールの空港に向かい、誘導などに当たる隊員を送り届けたということです。 C2輸送機は、退避を希望する人が空港にいればイスラマバードまで輸送する予定でしたが、空港に到着できた人はおらず、25日は輸送は行われませんでした。 活動期間が限られる中、自衛隊としては26日にできるだけ多くの人を輸送したい考えです。  NHK 826
==
アフガニスタンの武装勢力タリバンが、「日本人を必要としている」などと協力を呼びかける一方、自衛隊には、早期撤退を求めた。 タリバンの報道官は、FNNの取材に対し、「われわれは日本人を保護する」と述べ、現地の日本人などに退避しないよう呼びかけたうえで、「友好的で良い外交関係でいたい」とも主張した。 一方で、「軍の駐留は好ましくない」として、日本が、国外退避の支援などのために派遣する自衛隊には、早期の撤退を求めた。 FNN 826
==

タリバンの連中は、恐らく中国からの入れ智慧だろうが、人質作戦を取ることに決めた。 だから日米の関係者を大量に国内にとどめることにした。 それらが上の自衛隊輸送機がカブールにやってきても、誰も日本人がいなかったということの意味。

日本人たちは首都から離れたへき地にその活動拠点を形成している場合が多い。 それらの連中がどうやって831までカブールまで移動出来るのか。 無理だ。 車も燃料もろくにない。 更にタリバンの連中がこれらの日本人を含める西側関係者の移動を妨害しているだろう。

なので831以降は西側の人間を人質の盾として何かが起こされると見ているべきだ。 …とそれを考えていたら、直近でBBCからの報道が上がってきた。 総攻撃の様なものがあるのだそうだ。

==https://www.bbc.com/news/uk-58337632
アフガニスタン:攻撃は数時間以内にカブール空港を襲う可能性がある、大臣は警告する
大臣は、カブール空港で数時間以内に「差し迫った、非常に致命的な」テロ攻撃が発生する可能性があると警告した。ジェームズ・ヒーピー陸軍大臣は、首都での「深刻な」脅威に関する「非常に信頼できる」報告があったと述べた。外務省は昨夜、空港の近くにいる人に「安全な場所に移動して、さらなるアドバイスを待つ」ように指示する新しいガイダンスを発行しました。それは、外国軍が出発する前に、アフガニスタンから数千人を空輸する競争の真っ只中にあります。  BBC 826
==

ただこれは誰が誰を攻撃するのかが触れられていない。 北部同盟はまだカブールの中に入っていない。 そんな余力があるとは思えない。 そして大臣はテロ攻撃という言葉を使っている。 だから普通の捉えかたをするのなら、タリバン内部の右派、左派などにおける仲間割れ、これが一番可能性が髙い。 しかし何もかも分からないのでそうだと決めつけることはしない。

タリバンはあっという間に朝令暮改をした。 だからこれから831を超えたらこうなる。 「 外国人を殺す」 だ。 旧政権に協力していたという理屈を貼り付ければ、次から次へと処刑出来る。

そしてその動きを通じて、相手からカネや情報を奪い盗る。 典型的な山賊匪賊のやり方を彼らはこれから行うだろう。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/ee071ab84f3631b6399a08a892731ca69db5d67a
中国共産党の汚職などを監督する機関は、IT大手、アリババ・グループなどの本社がある浙江省杭州市のトップらおよそ2万5000人が調査対象になったと発表しました。 中国共産党の中央規律検査委員会は、23日までに杭州市のトップ、周江勇書記について重大な規律違反の疑いで調査を始めたと明らかにしました。このほか、「政府とビジネスの関係の問題を解決するため」として、退職者を含む市の幹部や家族、およそ2万5000人も調査の対象になったということです。 杭州市にはIT大手、「アリババ・グループ」傘下の「アント・グループ」の本社があり、香港メディアは周書記の家族が新規株式公開前のアント株を取得した疑惑を報じていました。  TBS 824
==

ひるがえって中国においては、上の動きのように、戦争を前にして敵側に内通する可能性のある勢力の全てに対しての摘発粛清が始まっている。 正直習近平なる人にとっては外側世界の事など些末なことであり、内部の権力闘争を終わらせてしまえばあとはどうとでもなるという思惑で動いているのが見える。

この記事の一番の要点は、中国においては未公開株式が現金の代わりに賄賂の商品として使われるというそれ。 そして今習近平政権はアリババ、アントフィナンシャルなどを徹底的につぶしてこれを国有化することを本当にやっているので、上の動きは必然だ。

つまり習近平派閥以外の共産党員などを、政治の本道には、裏道にすらも近寄らせない。 意思決定は全ての全てが中国共産党が決めるものであって、その他の勢力の伸張は決して許さないという姿勢が出ている。 これは今後ますます強まる。

今の地球人類というのは潜在意識下において明らかに自由を求めている。 そう判定する。 だから中国のこの動きは、それをされると自分たちの権力の座が揺らぐ、つまり権威でもって下から上にエネルギーを献上させるというシステムがあったのだが、これが破壊されるという事の、必死の既得権益絶対死守、この動きだろう。

だがそれは地球全体のエネルギーの流れからすれば明らかに逆流になっているので、大きくは、長くは続けられない。 何処かで力がついえる。 そしてこれらの独裁を求める座標に対して… それは西側自由主義の側にもたくさんいる …これを索敵して全て無効化しなければならない、それが我々日本人のやらなければならない複数の仕事の内の一つだ。

支配する、支配されるというシステムと、そのエネルギーの流れ、その変換効率の技法すべてが廃棄された。 地球はこれをもう使っていない。 だから人間はそれを見て、彼の彼女の求める思惑をほんの少しでいいから理解しようとつとめ、その上で自らの行動を変えなければならない。

変わりたくないのは自由だ。 廃棄されていくがいい。 それはそれらの個体の、多くは不慮の死亡、当人が想定もしなかった死亡の形で表現される。 わたしはこう解釈している。

生きるということを真面目にとらえてこなかったもの。 そして外の言葉に従ってきただけのもの。 楽しい事愉快なことを追い求めるといいながら、結局他者への支配コントロールを仕掛けて他者にそれらの愉快で楽しい事を生産させて献上させていた者、それを当然だとすら思わなかった、自分が傲慢であるということすら知らなかった者、知らないという事も知らない者。

これらは廃棄される。 自ら離れることになる。 恐らくは。 わたしはいつも勝手にいっている。


  世界を決めよ。 それは自分がやるのだ。 自分にしか出来ないのだ。


----
終了
----


  • [2348]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月25日(水)23時47分38秒
 
――――――――――
2021・825水曜(令和三年)
――――――――――

予防関連服用量  https://i.imgur.com/HHEvJKo.jpg

インドは今はワクチンなどほとんど使っていない。 国民に大量にイベルメクチンを給付している。 だからインドの人口は13億人をこえているが、一日の患者の発生数はたった3万人だ。 絶対数で考えたら多いが、分母で考えるとやっぱりとてつもなく少ない。

そしてイベルメクチンを造っていた大元の企業は、この薬剤に関しては本来の皮膚病以外の処方箋を持って薬局に来てもそれを出さないような圧力というか通達というか、そうしたものを日本では厚労省に働きかけたようだ。 だから今まではイベルメクチンを出してくれたような調剤所も出してくれなくなったという話。 詳細は知らない。 だからどうあってもというのであれば、個人輸入、そしてこれはぞろ目薬なので中国が山ほど造っているのだが、ベトナム経由、ベトナム国内製造製品だったらまだ信用度が高いらしいですよ… というメールをいただいた。 気になる人は調べてください。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/68f5a24b622e9ee563707d80b343b40437876b4b
(ブルームバーグ): 資金難が続いている中国の不動産開発大手、中国恒大集団の株価が23日の香港株式市場で約6年ぶりの安値となった。電気自動車(EV)部門の株価は3割近く下げ、投資家が恒大の流動性危機に対する懸念を強めていることがうかがえる。 恒大株は前週末比12%安で引け、2015年9月以来の安値を付けた。中国恒大新能源汽車集団の株価は27%安と、15年10月以来の下落率となった。不動産サービス部門の恒大物業の株価は9%余り下げた。  823
==
(ブルームバーグ): 中国証券監督管理委員会(証監会)は上海と深圳で42件の新規株式公開(IPO)を停止した。証監会はこれらのIPO計画に関与した証券会社や法律事務所に対する調査に着手している。 中国紙の上海証券報が取引所の発表資料や企業の届け出を基にIPO停止を報じた。 同紙によると、証監会は華竜証券と北京にある法律事務所の天元、開元資産評估、中興財光華会計師事務所を調べている。 823
==https://news.yahoo.co.jp/articles/aa3e05991a30f68ca3ded53d72dc81b5a282a75d

しかし武漢ウィルスなど中国にとっては二の次なのだろうなあという動きが彼らの国内で続いている。 新規株式公開禁止という動き、これに関連する企業体が江沢民勢力なのかどうかが分かれば、今の動きはもっと多くの人々に認識してもらえるようになる。 その事の本質が。

だからわたしは恒大集団がどっちの側に色分けすればいいのか未だに正確に理解していないが、これだけの長期株価下落の方向性に国家として何のテコ入れもしない、救済をしようとしない、ところから考えると、恐らくこの集団は江沢民勢力なのだろうなと捉えている。 という事は潰すのだ。

今起きているのは熾烈な権力闘争であって、彼ら支配層の第一主眼はそちらなのであり、対外国家勢力との関連の動きは変数でしかない。 本当に内側にしか目が向けられていないようだ。

これから武漢研究所における再調査がどうしたという結果が出る。 わたしはそれは結局ヤラセ、プロレスだと見ているから、表の言論空間で非難の応酬合戦が行われても「 実際の経済的な制裁や資産凍結などの動きが起きない」 だろうなあと読んでいる。

そして隠れて米国の支配層関係者が中国に渡って今まで以上に、恐らく金融の部門における協業関係を深める、とやるだろうなと見ている。 だから米国の側から中国に対しての、実損を与える経済制裁が仕掛けられるかられないか。 先端工作機械などが輸出禁止になるかどうか。 こういうものを貴方は見ていないといけない。 恐らく何もないだろう。 恐らくガス抜きでしかないだろう。

だから北京冬季五輪までにこの程度の非難の応酬をしたあとに、具体的な手打ちの演出という、これらの細部までを米中のバイデン側の勢力は打ち合わせしてしまっているだろう。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77865.html
インドネシア外相は2021年8月上旬、インドネシアと米国の軍隊が史上最大規模の合同軍事演習を開始したことで、インドネシアと米国の「二国間関係が新時代」に入ったと述べた。 アントニー・ブリンケン(Antony Blinken)米国務長官を始めとする米国官僚等との会談後にワシントンで記者会見に臨んだインドネシアのルトノ・マルスディ(Retno Marsudi)外相は、米国による地域への関与の高まりを歓迎し、ジョー・バイデン米政権との関係強化に対する大きな期待を表明した。 大紀元 825
==https://news.yahoo.co.jp/articles/03ca3430645f9f186a68a12de3d851fcfa597c9c
奥山)過去の戦争を見ると、いろいろなテクノロジーを持っている、または物量的に優位な方が勝つと言われていますけれども、実際に勝ち続けている国を見ると、「同盟が強かった方が勝って来た」ということをルトワックさんも指摘していますし、私もその指摘は素晴らしいと思います。  奥山)いまの中国を見てください。いざというときに頼りになる仲間がいますか? 経済力は強いのですが、同盟システムを彼らは持っていません。仲がいいのは、北朝鮮やラオス、カンボジアくらいです。アメリカは世界に四十数ヵ国の同盟関係を持っています。基地も使えます。軍隊も派遣できる。
== ニッポン放送 824

だからこうした同盟国づくりの動きにおいても、軍に実際の命令を出しているのは恐らく今の主人公であるマークミリーたちではないだろうなあと取らえる。 しかし実際の所軍に命令を出している勢力が読めない。 恐らく軍情報部とそれらの周辺の勢力だろうと思うが、確証がない。

マークミリーはこないだの公聴会で、自分が士官学校のときにマルクス思想、毛沢東思想も勉強したが、素晴らしい思想だ… という事を図らずも暴露、自ら言ってしまった。 だからこいつの後ろの誰がいるかは、これは貴方に説明するまでもない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/0a1cd3371522679e8501b97d0dc685bcce4f169f
 おびただしい数の蚊が飼育されているのは広東省・広州市の研究所です。  中国メディアによりますと、この研究所では不妊を引き起こす細菌に感染した雄の蚊が一日あたり500万匹生産され、世界最大の蚊の工場と呼ばれています。  感染した雄と交尾した雌が不妊になることから蚊の数を減少させる効果が期待されています。  この蚊を使い、広東省の複数の島で行った実験では、デング熱などを媒介するヒトスジシマカをほぼ全滅させることに成功したということです。  研究所の担当者は、この細菌に感染した蚊に刺されても人間が不妊になる可能性はないと説明しています。
== 825

そして中国は勿論今の段階で戦争準備をしている。 上の動きは武漢だけではなくて、中国全土にあるウィルス研究所の一つで行われている動き。 勿論建前上は民間企業の研究施設を偽装している。 しかし便衣兵の国である中国においては、民間と軍事という区別がそもそも最初からない。

そしてこの広州市においては、わたしは過去にも何度も言ったが、何故か訳の分からない伝染病が発生して、それを定期的に大紀元などが取り上げるというのが風物詩になっていたが、それらは普通に考えて、農村戸籍の人間たちを使っての人体実験をしかけた。 ウィルスを意図的に散布した。

というものであろうというのは以前にも言った。 武漢ウィルスを粉末化することに成功しているのだから、他のウィルスもそれが出来ていると考えるのが自然だ。 それらの携行性の高い兵器を具体的にどれだけの量でどういう条件の時に散布すれば一番効果的なのか、更に間違って味方兵士に戻ってきたら、それに対してどうやって治療をすればいいのか。 これらのデーターを取るためにも、これらウィルス関連は人体実験が必須になっている。

そして言っておくが、この蚊の不妊化における実験は、確かリオ五輪の辺りにブラジルが徹底的にこれをやって、自然界に放って( 確かあの時は蚊を媒体としたジカ熱というものがあった) …不妊実験を成功させようとしたがしかし失敗した。

あれも確か中国の大々的な協力のもとに行われたものだった。 だから中国は蚊の不妊化に関してのデーターは大体はもっているはずなのだ。 でも今回の様な記事がある。

だからこれらの実験というか計画は、蚊の不妊化ではなく、蚊の中に人間に直接作用する何かの遺伝子を埋め込んで、蚊を使って敵勢力を攻撃するシステムの開発中、構築中、この様に見るべきだ。 彼らは命をおもちゃにしている。 何処かで大きな吹き戻しがくる。

武漢でそれをやって、今度は生物兵器、昆虫兵器か。 それはとんでもない悪影響を及ぼしそうだ。 我々は大躍進の時に毛沢東が致命的なミスを幾つもやって、中国国民を大量に餓死させたことを知っている。 それに近い動きを中国国内で発生させる可能性がある。 それを指摘しておく。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/8f046d49a92cc873651eef99720fff8d6e89952a
「新治療薬はターゲットとなる新型コロナウイルスが増殖に必要な『3CLプロテアーゼ』酵素を阻害し、ウイルスの増殖を抑え込む効果があります。すでにコロナに感染したネコの実験でコロナウイルスを阻害することに成功し、人にも有意だといわれていたんです。年内の承認の可能性は十分に高いと思います」 治療薬は軽症から中等症の患者が対象で1日1回、5日継続して飲むことで体内のウイルスを除去し重症化を防ぐと期待されている。 825
==

塩野義は香港に、中国共産党の資本が51%だったかの合弁企業を造らされており、彼らの研究開発の成果はそれらの企業を通じて全て中国に流れている。 その様に見るべきだ。 だからこの上の記事も個人的にはすごい気になるのだが、それらの内容が中国に先行して盗まれているのだと考えると素直に喜べない。 治療薬は今の武漢ウィルスに対しての特効薬であり、ワクチンはこれから非主流になっていくのだが、そう見ているのだが、単価の問題があって人類はなかなか「 信じられない程安くて、しかも実効性の高いケミカルの分野に移動できない」 というどうしようもなさがある。

イベルメクチンは一粒大体15ー20円くらいと聞いた。 これを大体1日100円分呑む。 そしたら完治に近いほどに治ってしまうという実例がインドから出ている。 それでもそれを妨害しようというのだから本当に恐れ入る。 どれだけ邪悪なのかとしかコトバを出せない。

確かに企業体だから儲けなければ始まらない。 しかしこの瞬間にも怒涛の様に人が死んでいっているその中でその私的利益だけを追求しようとする姿勢は流石にドン引きだ。

中国に対しての報告書は、恐らく今月中には出る。 それは事実上のリットン調査団報告書からのハルノートへの流れと同じもの。 しかし中国が国際連盟だったという風な動き、これはどうせやらない。 わかり易く言うのなら、10月の予定のG20において、何事もなかったように中国が参加して、非難合戦をしても実際の制裁の動きにならないのなら、今の米国の勇ましい動きは全て台本だ。

プロレス用語でブックとかケーフェイと言われるもの。 だから実際の痛みを与える動きをするかどうか。 繰り返すがこれを確認してほしいと思う。 どうせそれは起きないからだ。

人類の世界に邪悪な蛇がとぐろをまいている。 それを退治するためには、まずそれがそこにいるのだと気づかなければならない。 それでも何もかもが趣味娯楽で自分には関係のないという人は、これからの地球の加速度進行にはついていけまい。 振り落とされる。


  しがみついても生きていけ


このコトバが今ほど理解されなければならない時はない。 わたしはそれを強く思う。


----
終了
----


  • [2347]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月24日(火)23時52分35秒
 
――――――――――
2021・824火曜(令和三年)
――――――――――

今は全ての勢力が嘘をついている。 しかしそのおおもとはタリバンだろう。 どうやら北部同盟の反抗に抵抗出来ていない。 下の記事は22日付。 そして23に戦闘があって、この時点でタリバンの側はどうやら大敗北をした。 戦闘装甲車両も兵器もたくさん鹵獲された。 タリバンの兵士は6000名突っ込んだが、結局全て逃げて行った。

だから23の時点ではこの3州というのは北部同盟に取り返された。 しかし23日深夜においてはタリバンの側は、カブールにある西側の報道機関などにおいて、この3地区を取り返したと発表している。 しかしどうもそれは違うようだ。 少なくとも西側の人間はこの3地区には入れない。 そして北部同盟と繋がっているのであろう、イラン人なのかサウジ人がツイッターで状況を流していた。

しかしそれらもウソかもしれない。 だがこのツイートが本当だったらバグワン州だったかは北部同盟に取り返されたという事になる。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/b70f53d89bde69d7bb5f0237030baae548ef8d0a
アフガニスタン北部で、イスラム主義勢力タリバンが制圧していた3つの地区を地元の勢力が奪い返したと21日、地元メディアが報じました。 アフガンでは、タリバンの支配が唯一及んでいない北東部のパンジシール州で、タリバンに組織的に抵抗する動きが出ています。 地元メディアによりますと、パンジシール州に隣接する北部のバグラン州で、タリバンに抵抗する勢力が3つの地区を奪い返したということです。  822
==

タリバンは実数で6万人しかいない。 だからそれらの人数であの広大なアフガニスタンを占領統治し続けるのは不可能だ。 市民の中から賛同者、恭順者が出てこなければ無理。 そして今タリバンに従っている市民とやらは、基本的に彼らに従っているのではなくて、彼らがもっている兵器に従っているのであり、状況がひっくり返りそうになれば、いつでもその立場を変えるという人間集団で出来ている。

少なくとも中産階層から上のアフガン国民は、イスラム厳格主義のもとにおける人生よりも、世俗主義の、イスラム法を限りなく緩やかにした、または廃棄したような国家の方が、個々の人間が幸せになれることを知ってしまった。 自由と平等と民主主義と公正を知った。

それらの人々が、真逆の正反対の側に立っているタリバン勢力に忠誠を誓えるわけがない。

== カブール空港 フレア散布 輸送機
https://youtu.be/nYJLuE1EUXA?t=118
==
アフガニスタン反政府勢力タリバンの報道官2人がツイッターで過激な主張を宣伝していることに対して、米国内ではツイッター社への批判が高まっている。 国連がタリバンを依然としてテロ組織に指定しているにもかかわらず、少なくともタリバンの報道官2人がツイッターのアカウントを保有している。そのうちの1人、ザビフラ・ムジャヒド(Zabihullah Mujahid)報道官はツイッター上で32万人のフォロワーを持っている。同氏はこれまで動画を数十回投稿し、その再生回数は数百万回に上る。ツイッターは、タリバンにとってタダで宣伝を行えるプラットフォームとなっている。  大紀元 824
==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77790.html

831の期限までは西側の民間人にも手は出さない。 しかしそれを超えると明確に西側の関係者は人質になる。 だから現時点米軍はタリバンに延長を申し出ている。 輸送体制が全く間に合わないからだ。 それをタリバンが飲まないと答えたら、そこから空爆を行えるだけの胆力を今の米国がもっているかだ。 まあ無理だろう。 あのバイデンとやらのじいさんでは。

日本のC2輸送機も現地に向かっている。 しかし武器を携行し、その使用も許可された、確か中央連隊だったかの精鋭が100名あまり輸送機に乗り込んでいる。 戦闘を覚悟している。 現地においては輸送機がチャフ、フレアをまいている。 対地ミサイルからの攻撃が本当にあり得るということ。

その様な危険な状態を発生させている国際テロ組織に、彼らのプロパガンダを堂々と許しているツイッターなるもの、ガーファやらビッグテックなるもの、その内部に貴方が信じられないだろうが、とてつもない数の中国人たちが、人民解放軍のサイバー部隊所属の人間が入り込んでいる。

タリバンのプロパガンダが堂々と発信されているのはその辺に原因がある。 ISISの時も似たようなものだった。 問題は中国だとこれから多くの人が気づけるか気づけないかが次の舞台に進めるカギだ。 そしてその先が勿論ある。 中国だけがワルイ… とやらではないのだ。

==https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000226598.html
アメリカ政府が新型コロナウイルスの発生源に関する報告書を近く発表することについて、中国外務省は「結論を先に決めて証拠を集めたものだ」と反発しました。 中国外務省は24日の会見で「結論を先に決めてから証拠を集め、罪を着せようとするもので全く信用できない」と反発しました。
== テレ朝 824

米国は824にこの発表を行うとされている。 米国時間。 しかし個人名が記載されている様な部分を黒塗り処理するのでもう少し遅れるかもしれない。 そしてこれらの動きに中国は、自分が本当にやっていないのなら、関与していないのなら、黙っていればいいのだ。

彼らがこれだけ発狂してみせるのは、今の日付の時点でバイデンの側から中国にこの発表資料のコピーが渡されており、その内容を中国共産党の連中が知っているからにほかならない。 習近平政権がこの発表を「 これらは全て反動分子の江沢民勢力によって起こされた」 と発表出来たら彼らの内部における起死回生のホームランとなる。 しかしどうせそんなことは出来ない。

中国人は敵対する相手を名指しで攻撃する事は出来ない。 しない。 それは互いの宗族が皆殺しを始める合図になってしまうから。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77774.html
中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染拡大が続く中、中国では多くの省・市が「2コード(健康コード、ワクチン接種済み証明コード)」の提示を求めており、行程コードを加えた「3コード」提示を導入する省もある。市民から、実質上のワクチン強制接種だと反発の声が上がっている。 山東省煙台市、浙江省温州市、江蘇省南通市と除州市などはすでに2コードによる検査を実施する中、8月16日から、広西チワン族自治区、安徽省と江西省の各市が相次ぎ導入を宣言した。  大紀元 824
==

上の動きは一見健康パスポート。 それは間違っていない風に見える。 しかしこれから彼らが戦争を開始するのだという事を考えると、今の時点で国民監視を更に強めるシステムの敷設を何重にも行いたいのだとよくわかる。

ただ問題なのは、これらの記事におけるワクチンとはシノバッグ、シノファームのことであり、現時点で中国の内部で猛威を振るっているデルタ型には全く効果がない。 わたしはデルタが更にチャイナ型というか、新しい変異を起こしているのだろうなあと捉えているから、これらワクチン接種に意味がないことは中国の指導者層が一番知っている。

今の動きは各軍閥を儲けさせるために在庫処分をやっているに過ぎない動きととらえている。 だからこれから武漢ウィルスの猛威が更に中国国内で出てくる。 みんな水害の事を忘れている。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77818.html
大和証券が発表した最新調査報告書は、中国当局が深刻な財政不足に直面しており、新税導入は時間の問題だとの見通しを示した。来春、中国当局が全国人民代表大会(全人代、国会に相当)を開催する際に新税の導入を発表する可能性が高いという。 中国当局がこのほど「富の再分配」を通して「共同富裕」を実現していく方針を打ち出し、富裕層や大手企業に対して寄付や慈善活動を促していくと示した。ロイター通信23日付によると、大和証券は報告書の中で、実際には数カ月前からすでに、スマホメーカーのシャオミ(小米)、動画共有アプリのティックトック(TikTok)、IT大手のテンセント(騰訊控股)創業者の馬化騰氏らは数十億元の寄付を行ったと指摘した。 大紀元 824
==

浙江省でモデル地区を造るとあった。 前回言った。 それは「 金持ちの資産の9割を没収して、貧しいもの達に配分する」 という建前になっているが、軍費と借金の金利払いにどうせ消える。 だから上の報告の様に財源がない。 中国もこれから消費税をやるだろう。 それは高額商品には更に高い税率を、つまり消費税+物品税という形になる。 それは貧困層にも相当の悪影響がある。

しかしそうでもしないと自転車をこげない段階にまで来ているとわたしは判定する。 しかしこれから中国は恐らく中越戦争の時のように、本来戦争なんかしたくなかったのに、しかし引っ張り出されて戦争をしてしまうという流れにはいるのだろうなとみる。

アフガニスタンはどうせ平定されない。 タリバンの穏健派とやらはどうせ持たない。 それは強硬派、つまりパキスタンタリバン+アルカイダ+ISISという中国の事を今では完全に敵視していて、更に同胞であるウィグルを助けるべきだと彼らが動きだすということ。

だから中国は人民解放軍をアフガンに2万人くらいは常駐させる流れに入る。 しかし今の流れでそれだけの兵員を割くことが出来るかは疑問だ。 それでも無理矢理にかき集める。 失業対策に徹底的に人狩りをするだろう。

中国が一帯一路を完成させて、陸路を使った石油の輸送を完成させなければ、どっちにしても彼らに未来などない。 だからアフガニスタンはどうあっても中国の属国化、私物化領域にしないとならない。 しかしその中に住んでいる人間は、その脳はイスラムであり、大きくは中国を敵だと今は認識しだしている。 だから力で抑えつけるしかない。

中央アジアまで出てきた人民解放軍を、更に中東までに引っ張り出すような動きが恐らくこれから起きる。 それは恐らくイランの油田が攻撃されるかもしれないという現象が近づいている世界の中で実現化するだろう。 湾岸諸国は中国に対して言うほど親和的な商売相手ではない。 中国がイランと近すぎるから。 そしてそのイランをイスラエルがこれから本格的に攻撃するのだとするのなら、イランもあんまり安寧とはしていられない。 必ず中国に助けを求める。

中国は出ていかざるを得なくなる。 わたしのこれからの見立てはそうなっている。 勿論どうせ外れるが。 あなたはあなたなりに世界を読む義務がある。 自分で生きていこうとするのなら。


  内なるコトバに耳を傾けよ


----
終了
----


  • [2346]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月23日(月)23時52分7秒
 
――――――――――
2021・823月曜(令和三年)
――――――――――

わたしは今の中国は戦争に向けての準備中国家だ、という見方をしているので、これらのウィルス関連の記事というのは、人民解放軍生物兵器部隊の連中が散布している人体実験だ… という設定で現象を見ている。 それは農村戸籍、そして戦後に獲得した占領地は未だ中国の中では占領地扱いになっており、その中に住む住人は本当の意味では中国国民扱いされていない「 二等国民、三等国民」 という認識かから来ているのであり、中国人の性質性状から考えると、そうした、一旦下だと決めた、そして自分たちの一族集団の外だと決めた連中に対しては人間扱いしなくてもいい… というのが彼らの基本だと捉えているからであり、中国でたびたび起こるウィルス騒ぎにおいては、それらの周辺地域に「 軍事、民間含めた生物関連の企業、研究所、施設」 などなどが建っていないか真っ先に注目しているというのはそのあたりにある。

製薬企業があったとしても、それらの施設はウィルス製造に転用できるようなものだろう。 そこまで考えてあの地域を認識しないと簡単に騙される。 そして腺ペストという兇悪なウィルスを、中央の漢族からしたらいつでも処分の対象である、同化の対象であるモンゴルやイスラムの勢力に限ってこうした報道が出るという事に関して、あなたはもっと疑いの目をもたないといけない。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77742.html
中国西北部に位置する寧夏回族自治区の衛生当局は22日、同自治区銀川市の病院で21日、他省からの来訪者1人が腺ペストに感染したと発表した。 中国メディアによると、感染者は内モンゴル自治区から寧夏回族自治区を来訪した女性(55)だ。地元当局は、女性が訪問した銀川市内の集合住宅地や病院、診療所などを封鎖し、濃厚接触者らに隔離措置を実施した。
== 大紀元 823

あらゆる戦争の選択肢の模索をしているだろう。 そして人体実験の最大の目的は、散布したウィルスの量においてのその効果、そしてそれらが間違って味方の兵士に戻ってきた時に、実際にどうやって治療していくのか、という事のデーター集めだとみている。

これらの動きはスパコンなどでは得られない。 人体実験を行って、実際に治療しないと細かいノウハウが得られない。 だからわたしは、武漢における第一発生は、それは漏れたのではなくて、それらの人体実験からの拡散の度合いと更に治療におけるノウハウの獲得を目指したものだ、という見方をしている。 武漢のウィルス研究所で、2019年の春ごろの動きですでに「 コロナウィルスにワクチンを投与したら、高い確率で出てくる免疫不全などをどうやって治療していくのか」 ということの研究がなされていた。 前回いった。 そうした情報をどう捉えるかだ。

== 大紀元 823
中国当局はこのほど、毛沢東時代の政策スローガン「共同富裕」を再び提起し、高額所得者の収入を「調整」して「富の再分配」を図るとの方針を示した。当局は7月にすでに優秀な民間企業が多く集まる浙江省を共同富裕モデル区に指定した。 国営新華社は7月20日、浙江省での『共同富裕モデル区実施方案』を公表した。同方案は、同省で「所得分配の秩序を規範化し、個人の所得と財産に関する情報システムを確立して、過剰な所得を調節し、違法な所得を取り締まる」などと示した。
==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77741.html

そして戦争をするのだから、戦費を集めないといけない。 だから習近平政権というのは内部の江沢民勢力の資産家の資産を全て強奪することでそれを確保することに決めたようだ。 そしてそれらのカネは戦争準備と、一帯一路における欧州の金融機関などから借りているカネの、信じられない程の高い金利を支払う為に充てられるだろう。 本当かしらないが年4-5%とかという話だが、そんなものでよく全体をまわしていけたものだなとびっくりする。

浙江省は、浙江財閥と言われて、江沢民勢力の一族と、それらが展開している最先端の物品製造の企業体がたくさんある。 だから一石二鳥の動きを狙っているのだろうなとなんとなくわかる。

しかしそういう事を始めると、中国から本当に怒涛のように資本が逃げていく。 追いかけっこでもあるのだろうが、今の習近平政権には本当に自由に使えるカネの余裕がないのだとみる。

== 823 朝五時時点アフガン
https://twitter.com/AWMUpdates/status/1429384185941213185?s=19
パンジシール渓谷に6千人のタリバンが突入。 パンジシールと同時にandarabを攻撃したタリバンは敗退。 タリバンから任命された知事が降伏。
==https://www.asahi.com/articles/ASP8P31TTP8PUHBI003.html
ロシアのプーチン大統領は20日、イスラム主義勢力タリバンが権力を握ったアフガニスタンの今後をめぐり「タリバンがほとんどの領土を支配している現実が前提になる」とし、国の崩壊を防ぐことを最優先すべきだとの考えを示した。また「西側の多くの政治家は他国に政治的標準を押しつけてはならないことを学んだだろう」と述べ、過去20年の米国などのアフガン支援を批判した
== 朝日 821
4日前の勢力図  https://i.imgur.com/7tYJZ3i.jpg
823 現在 https://i.imgur.com/PqgqOOj.jpg
==

なので今回のアフガンのタリバンに関しての動きでも、20年間国際テロ組織に資金を提供していたちゅうごくらしからぬ、口だけの介入のような動きになっている。 実際にカネがないのだろう。 ロシアは本当にカネがないので、勇ましい事ばかり言うが、最近の中国はそれに似通ってきている。

だがアフガン全域をタリバンが制圧しているというのは恐らく嘘であり、北部同盟とその賛同者が相当の抵抗をしているという事、こちらが恐らく正しい。 正しくて更に中国に取って都合が悪いから、米国の極左と中国の眷属の日本のメディアは外信の形ですらそれを報道しないのだろう。

中国はこれからタリバンを手名付けたと思っても、結局アルカイダ系のテロ集団は中国を敵として認定して動いているので( 大きくはウィグルのイスラム同胞を解放するという大義) 、表の報道が伝えるような都合のいい展開が今起きているとは思えない。

今の世界は認識阻害戦争の真っただ中だ。 つまり周りを見渡しても嘘のコトバばかりという事。

==https://www.yomiuri.co.jp/world/20210823-OYT1T50038/
アフガニスタンの女性が「料理がまずい」という理由でタリバニに火をつけられたと報じられ、他にも多くの女性が性奴隷にされています。 元アフガン判事で活動家のナジュラ・アユビさんは、Sky Newsの取材で、タリバニが女性の作った料理に満足できずに火をつけたことを明かしました。 アユビさんは、女性の権利を推進した結果、命からがら逃げ出さなければならなくなったと語ります。 「彼らは人々に食べ物を与えたり、料理を作ることを強要しています」とAyoubiは述べ、「女性はタリバンの戦闘員のために悪い料理を作ったと非難され、火をつけられました」と付け加えました。
== 読売 823

タリバンを支持するというのは上の動きにおける、女を本当にモノ扱いする国家を承認せよという事であり、それらを西側の人権団体が一切非難しないのは、結局彼らのスポンサーが中国だから。 これは今更言うまでもない。 しかしそうした偽善の領域を放置しておいて新しい世界への移動は恐らくない。

米国時間の824に武漢のウィルス研究所から漏れただとか漏れないだとかの再調査の発表が成される予定。 これが中国から漏れたという方向で決まるのなら、日本の秋の総裁選も一気に流れが変わる。 その発表だったら菅総理は降ろされる。 今回の横浜の市長選挙は、8人の多数候補が立候補したが、どうやらこれは共産党が裏で手をひいていたようだ。 つまり中国。

菅首相の推す候補の票を割るためにだけに出された囮だったということ。 そして今回の山中候補という存在に共産党が組織を挙げて動いていた。 それも翌日判明してきた。 しかしこの山中候補というのは経歴詐称しているという問題があるとされ、恐らくそれは事実なのでこれから問題になる。

言うほど共産やリッケンや中国の思惑通りにはならない。 そしてウィルスが漏洩しなかったという流れなら、恐らく菅首相続投だと思う。 これは今の時点では分からない。 しかし安倍首相の元には今の時点で824の発表内容は知らされていると判断する。 だから後ろ盾が全くいない、本来だったら総裁選立候補なんてありえない高市をもってきた。 次の米国の体制の日本側の受け皿とするために。 そうなると大分変わる。 しかし高市をニカイさんが推す方向に向かって、結局親中派が食い込む流れになるのかもしれない。 これはもう本当に何も分からない。

中国に関しては直近の敵としてパキスタン・タリバンという分家勢力をどうにも出来ていないという現実がある。 彼らはやっぱり今でも東トルキスタン同盟と組んでいるのであり、更に今のタリバンの穏健派と言われる連中が、今日の時点でカブール空港で銃撃をしかけたタリバン強硬派にとって変わられたら、事態は一気に変わる。 中国は狙われる側になる。 今以上に。

中国もまさか、自分達が中央アジアから中東の領域にまで実際に引っ張り出されるとは思っていなかっただろう。 これが国際政治の恐ろしい所だ。 コントロールなど完全に出来るわけがない。

混乱の中を我々はわたっていく。 その中の羅針盤は自らの理知的であろうという意図。 これを持とうともしない人間は外からのコトバによるウソの大海のウソの大波にもまれて消えていく。 それでは面白くないというものだ。


  すべてのウソを暴いて進むのだ


----
終了
----


  • [2345]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月22日(日)23時59分31秒
 
――――――――――
2021・822日曜(令和三年)
――――――――――

タリバンを長年にわたって深く支援してきたのが中国だ。 …という事を裏付ける証言が昨日の中国内部の報道によって出た。 結論から言えば国際テロ組織に支援していたのだから、中国はテロ支援国家に指定されなければ理屈に合わない。 しかし彼らは安保理の常任理事国になっている。 だからそれらの指定が全然なされない。 トランプ大統領はその計画を持っていた。 だから彼は去年の選挙によって追い落とされた。 この認識はあまり間違っていない。

しかし一見中国にとってウハウハな展開に見えるように彼らは必死になって宣伝工作をしかけているが、どうもそれは間違いで、大きな泥沼にはまっていっているような気がしてならない。 これらの報道においては今、インドの勢力が北部連合を必死になって支える為の動きを開始している事柄が一切うかがえないようになっている。

そうした情報が出るだけで人間の認識は変わる。 つまり認識阻害戦争がどれだけ重要視されてkるのかという事の証左だともいえる。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/a8f777295b48944fb5e39b0f1e5532d95d0f99ec
中国国営の中央テレビは20日、タリバンのシャヒーン報道官のインタビュー映像を放送しました。報道官は中国について「偉大な隣国だ」としたうえで、「合理的に決断し、カブールの大使館を継続させている」と指摘しました。 また、「中国はアフガニスタンの平和と和解のため建設的な役割を果たしてきた」と評価しました。 中国は先月28日に王毅外相がタリバン幹部らと会談するなど関係の構築に動く一方で、混乱が、隣接する新疆ウイグル自治区に波及することを強く警戒しています。
== テレ朝 822

TTPと言われるパキスタンの中のタリバンの一部勢力と組んでいる集団が、これからも恐らくパキスタン、そして中国の、特に一帯一路に関連する人々にテロをしかけていく。 タリバンの中にはいない事になっているがしかし明確にその存在がある「 東トルキスタン解放同盟と協力する一派」 が存在しており、パキスタンのTTPの連中はこれと組んでいる。

グワダルは中国の一帯一路の構想において「 中国の戦略原潜、つまり核ミサイルなども搭載した艦船を寄港させて整備させる」 というものも含まれている重要拠点だ。 つまり中国はグワダルの中に明確に租界を、中国の飛び地の領土を造っている訳で、それはこれから大きくなることはあってもパキスタンの側に変換されることがない。 他の外国ではそうなっている。 だからパキスタンも例外ではない。 そういう動きにパキスタンの民族愛国派はどう反応するか。 普通に排斥の方向に向かう。 そしてイスラムテロ勢力は、現世利益が一番大事な中国人に一切理解できない自爆テロをずっと仕掛ける。 だから何処かの時点で中国人たちが逃げ出す。 それはもう起きているが、中国政府はそれを隠ぺいする。 被害者だけが積み上げられることになる。

だからアフガンにおける動きはこれから更に攪拌されることはあっても、言うほど簡単に沈静化するとはわたしには思えない。 タリバンは北部同盟を懐柔するために中国の力を、折衝力と交渉力を利用する。 そこまでは見える。 しかしそれを北部同盟がはいわかりましたというかどうかだ。

普通に考えて難しいのではないかという。

==https://www.recordchina.co.jp/b881256-s25-c30-d0198.html
パキスタン南西部の港町、グワダル市で20日、中国人を標的にした自爆テロが発生した。中国の駐パキスタン大使館は同日、同事件により中国人1人が軽傷を負い、現地人の未成年者2人が死亡、その他にも多くの負傷者が出たと発表した。パキスタンのCh・ファワド・フセイン情報放送相は21日、ツイッターを通じて、「中国とパキスタンの偉大な指導力による経済ビジョンにまたも抵抗」などと表明した。 パキスタンでは7月14日にも、同国北西山間部でも中国人技術者が乗るバスが自爆テロ方式の襲撃を受け、中国人10人が死亡する事件が発生していた。パキスタン側は当初、「事故だ」と説明していたが、8月12日になり、襲撃事件だったと断定したと発表した。
== レコチャイ 821

この下の概念と、そして武漢肺炎における化学療法の概念の情報拡散を行っているような人間の動画が削除されたりしている。 よほどワクチンを販売する勢力にとっては都合が悪いのだろうなあと思う。 だからそれらの関連情報で、インドの科学者たちがずっと前から言っている「 武漢ウィルスとは早い話が、空気感染するエイズだ」 ということの概念、これも拡散したら即座に警告から抹消への動きに直結しているようだ。

しかしそんな事をしていたら、人類が本当の本当に大量の死亡者が出る可能性を引き寄せてしまう事だってあり得るのであり、そうなった時に、今の自称エリートたちは責任を取れるのか。 まあ、取らないだろうが。

==https://nazology.net/archives/95025
後遺症は別のウイルスのせいだった  EBウイルスの症状は「キス病」の別名を持つ COVID19の感染場所とEBウイルスの潜伏場所の不幸なバッティングと後遺症の関係 感染すれば「無症状でも後遺症に悩む」場合もある EBウイルスはワクチンではどうにもならない
コロナ禍において人類は、2種類のウイルスと戦っていました。  最近、World Organizationの研究者たちにより『Pathogens』に掲載された論文によれば、新型コロナウイルスによる長引く後遺症が「EBウイルス」と呼ばれる、既に体内にある別のウイルスの再活性化によって引き起こされていることが示されました。新型コロナウイルスに感染すると、体内で潜伏状態にあったEBウイルスが目を覚まし、「脳の霧」に代表される、長期的な後遺症を発症させていたようです。つまり人類が戦っていたのは、新型コロナウイルスとEBウイルスの両方だった可能性が高いのです。
== ナゾロジー

いずれにしてもそれらの情報発信に実に神経質になっている背景においては824に予定されている武漢研究所から漏れただとかどうだとかの報告書の、米国の動きに勿論関連している。 これが漏れていたという発表でも、漏れていないという発表でも、どっちに転んでも既存の世界は揺れる。

武漢のウィルス研究所では2019年の春くらいの段階から「 ウィルスを根治したあとになぜか発生する深刻な後遺症の対処」 の研究を行っていた。 いいですか、公称2020年の2月1日と決めるとして、およそその1年に近いくらい前に、「 ワクチンなどを接種した後に出てくる可能性がある後遺症、それをどうやったら治せるのか」 という事の研究ですよ。

これがどういう意味を持つのか分からない人間は、これからもずっと大本営発表のいいなりの人生を送る。 それはそれぞれの勝手だ。 しかしわたしはそちらの側には立たない。 いつも間違っているが、それこそ少数の支配層たちからのみ下げ渡される情報を無条件で信じるという自分にはなりたくない。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77702.html
新型コロナウイルスの発生源を巡って、中国武漢ウイルス研究所(WIV)から流出したとの説が再び注目を集めている。調査に携わったWHOの専門家がテレビ番組で内情を暴露した。米国下院の共和党議員が8月に公開した報告書でも研究所流出説にまつわる証拠が多数あることが示され、研究所流出説を後押しする形となった。バイデン米大統領は今年5月、ウイルスの発生源に関する調査を90日以内に報告するよう求めており、その期限が差し迫っている。 中国は発展途上国を中心にワクチンを提供する「ワクチン外交」を行っているが、その本心はウイルス漏洩に対する「責任逃れ」ではないかとの指摘もある。中国製ワクチンは信頼性に乏しく、供給網を拡大していく欧米製ワクチンに匹敵するものではない。 ウイルスは研究所から流出、証拠もある=米下院報告書
==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77713.html
米国税関・国境警備局(CBP)は18日、アラスカ州アンカレッジ港に到着した中国からの貨物から、新型コロナウイルスのワクチン接種済みを証明するカードの偽造品3000点以上を発見し、押収したと発表した。CBPによると、これらの偽造カードは質の低い印刷だった。 米国では、このワクチン接種を証明するカードは米国疾病対策センター(CDC)が医療従事者を通じて、ワクチンを接種した人に渡している。カードは、コンサートの参加やスポーツ観戦などで提示を求められる場合がある。
== 大紀元 822

中国は今回のウィルスにおいては明らかに行動の主体者であり主人公だ。 勿論彼らに協力していた米国や欧州の中のエリートとやらも共犯だ。 しかしやっぱり中国の責任というのは果てしなく大きく深い。 つまりその部分を逆手にとって、自称エリートたちは全ての責任を中国に押し付けて自分たちは善人ずらする計画… これはあるかもしれないと言った。

しかし中国のこの態度を見よ。 自らで造ったくせに、世界に対して責任を負わないばかりか、更にこうしたワクチンパスポートの偽物すら製造して更に西側世界を混乱に導くことをする。 わたしはもはや人類の世界におけるコトバだけで世界を認識している、更に認識させようとしている全ての勢力には信用がないと言った。 行動でしか世界は改善できないと。 この改善とは、合理的で効率的で効能的で機動性の高く、円滑性も確保されている様々な全てを意味している。

大きくはエネルギーの流動性の改善と、それに付属する情報の劣化の防止を意味している。 何故その概念をてにいれないのか。 何故情緒感傷の直情感情反応行動しか出来ないのか。

それは自らの状態に全く気付いていないから、とわたしは勝手に決める。 どうせ会う事もなくわかりあう事もない。 だからわたしはわたし以外と決める座標に関してはそれを認識決定している。

日本の量子水素発電などの概念の実用化を2025年には完成させる。 今実験プラントでも相当のものが出来ている。 そして台湾に販売した1000億円の火力発電所プラントは、日本国内の最先端のものよりも3段階くらい下のものだが、それでも世界の何処もそれらの性能を出せていない。

小沢一郎という男が何故政治的に抹殺されようとしたか。 それは日本が世界で最先端どころか、どこの誰もが追いつくことの出来ない( 三周くらい先行している) 超臨界高圧微粉炭火力発電コンバインドサイクルシステム… だったと思うが、これをそのまま中国共産党に無償で流そうとしていたからだ。 自分の恩師の田中角栄が豪州からウラン鉱石を輸入しようとして米国のメジャーに、奥の院に抹殺されたという事の理解が結局小沢なる人物にはなかったという事。

そしてコンバインドサイクル発電とCO2吸収分解再構成が可能な人工光合成技術を組み合わせると日本の火力発電所や製造施設から出るCO2は事実上ゼロに出来る。 更にこれに量子水素発電だったと思うが、これを組み合わせると「 日本はエネルギーを外界から輸入しなくてもやってゆける国に変身する」 のだ。 豪州の今は全て捨てている褐炭、ここから水素を取り出して発電に使えるのは日本だけだ。 褐炭は世界中にある。 褐炭以外にも他にもたくさん水素は取れる。

メタンハイドレードもある。 コンバインドはそのままそれを使える。 何故欧米世界の支配層が日本に向けて温暖化というウソからのその成長を妨害しようと必死になったのは全てこの辺にある。 このCO2を全く出さない火力発電が普及したら、原子力利権どころか、石油利権も吹っ飛ぶ。

だからトヨタは絶対に水素を捨てない。 わたしはそうとらえる。 電気自動車などはフェイクだ。 商品化されないとは言わない。 しかし恐らく主流にはならない。 そして水素を使ったもう一つの核融合発電、これもまた大きな研究が進んでいる。 秘匿されている。 しかしそれらも人類世界を大きく躍進させていく。 これを止める奴らは全て、人類の敵だ。

だからわたしはあなたに索敵せよと言った。 何度も。 何を索敵するのか。


  人類の進化を妨害するものを索敵せよ


----
終了
----


  • [2344]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月21日(土)23時52分43秒
 
――――――――――
2021・821土曜(令和三年)
――――――――――

どうせ約束を守れないと思っていたのでこれらのドイツの記者の家族殺害に関しては予測できたものでしかない。 記者本人はドイツにいるそうだから、恐らくは現地妻と子供ではないかと思う。 詳細は個人情報なので出されていない。

そしてこれから欧米側の記者、そしてタリバンの末端の構成員たちの勝手な善悪の解釈判断によってたくさんの人々が殺される。 ポルポトの再現までとは言わない。 しかし似たようなものになる。

恐怖で国民を統治することしか彼らには選択肢がない。 北部同盟からの再結成によって、内部の、一旦はタリバンに従ったふりをしてみせた人びとが再び北部同盟側に寄り添う動きを取り出した。 だからそれを押しとどめるには恐怖で人を縛るしかない。 だから彼らはこれから更に殺す。

==https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210820/k10013214771000.html
ドイツの放送局「ドイチェ・ヴェレ」は19日、所属するジャーナリストの家族1人が前日、タリバンの戦闘員の銃撃によって殺害され、もう1人の家族も重傷を負ったことを明らかにしました。 このジャーナリストは現在、ドイツにいるということですが、タリバンは1軒1軒、住宅を訪問してジャーナリストを探していたということです。 ドイチェ・ヴェレはアフガニスタン報道に力を入れてきたメディアの1つで、今回の殺害について「想像を絶する悲劇だ」として抗議する声明を出しました。  NHK 821
==

アフガンにおいてはパシュトゥーン人とそれ以外の勢力で、国家を南北に二つに分けるのが本当は一番いい。 しかしアフガニスタンの地下資源はどちらかと言ったら北部に沢山ある。 だからそれをやられると中国の思惑が大きく破壊されるのでどうせそうはさせないという流れになる。

中国とパキスタンだけがこれらの国家二分割を反対する勢力になるだろう。 タジキスタン、ウズベキスタン、そしてロシアなどはそちらの案の方が恐らくまだのめる。 しかし現時点では北部同盟は末端の陸戦兵士の数が圧倒的に少ないので面制圧が出来ない。 線と点を維持するのが精一杯だ。

だから彼らはパンシジール渓谷に陣取って( あそこは重要な陸路が走っていたと思うが) 、時間を稼ぐ。 そしたらタリバンの連中はこれから間違いなく非人道的な動きを重ねるので、それを見た西側がどう判断するのか。 更に言えばインドの世論がどうなるか。

インドではフォロワーが1千万人を超える政治家だとか経済人がたくさんいる。 インドの人口は贔屓目に見て13億3000万人とされる。 だからフォロワー1千万人は大げさではない。 それらの人間集団が今徹底的にインドの世論を、北部同盟を支持しなければ、パキスタンと中国がタリバンを使ってインドにテロを仕掛けてくる、という風な方向に導こうとしている。 時間はかかるだろうが、大筋そちらの方向に向かうだろう。 だから北部同盟は持久戦の構えになる。

タリバンは航空戦力を中国からででも出してもらわなければ、あのパンシジールは落とせない。 そして中国が仮にそれをやれば、その時点で中国版アフガニスタン戦争の開始ということになる。 簡単には抜けられなくなる。 勿論未来は確定していない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/ce254542e820770348086eab670e8fe7a3dc82c6
東京都の外郭団体である都医学総合研究所が民間の製薬会社と共同開発している新型コロナウイルスワクチンが、臨床試験(治験)の準備段階に入ったことが18日、分かった。 マウスやサルの非臨床試験では、新型コロナの発症予防効果が確認された。長期間の免疫維持が実証されている天然痘ワクチンを利用するため、開発中のワクチンも1回の接種で抗体が長期にわたり持続することが期待されるという。来年中に治験に着手し、早期の実用化を目指す。 同研究所がノーベルファーマ社と共同開発しているのは、弱毒化した天然痘ワクチンに新型コロナウイルスの遺伝子を組み合わせて製造するワクチン。昨年4月に開発に着手し、マウスやカニクイザルを用いて非臨床試験を進めてきた。 同研究所によると、天然痘ワクチンは1回の接種で少なくとも数十年以上、抗体が保持されることが確認されており、天然痘ワクチンをベースに開発される新型コロナワクチンも複数回接種することなく免疫を長期維持できるとみられる。凍結乾燥した製剤化により、常温での保存や輸送も可能という。 819
==

中国が世界の経済を含める全てを長期にわたって弱体化させる目的で開発したのが今回の武漢ウィルスだ。 勿論散布の結果多くの、特定の人種ターゲットが死亡していけば、それはそれで中国の国家戦略にかなったものになる。 だからデルタ型と言われるものが日本人固有の免疫機構をすり抜けるという目的の為にのみ中国によって開発されていたという考えをわたしは貴方に伝えた。

武漢には二つの研究所がある。 偽情報に皆騙されたままだ。 その内の一つは爆破ではない。 解体業者的な形で解体された。 そしてもう一つの研究所が、建前上今封鎖されている… ことになっているらしいがこれも嘘かもしれない。 この中でウィルス研究が進められていると見るべき。

そして以前広州などにおいては、建前は製薬企業や大学関連の施設だという事になっている、いわゆる「 生物兵器開発のシリコンバレー」 とでも言える地域の事を言った。 ああした地域が中国には複数存在する。 そして不思議なことにそれらの施設の近くの省で、何故かペストが発生したり、鳥インフルエンザの新型が発生したり、面白い偶然が起きている。 そんなものが偶然か、ボケ。

問題は中国の想定を超えて、本当に変異してしまった株があるのだろうなあと想定する。 そしてそれがロシアから入ったとされるデルタ型からの、わたしが勝手に言っているチャイナ型、ではないかと疑っているという次第。

中国はドイツの企業と提携して( 情報を抜き取って) これからMRNAタイプのワクチンを製造するが、恐らくそれを販売用に振り向けるだろう。 外貨獲得と、ワクチンという名称の生物兵器を世界拡散させるために。 中国共産党の上層部は、2021の正月を超えてからくらいの動きだったと思うが、ファイザーから5000万回分のワクチンを入手している。 自分たちは西側のものを使うのだ。

シオノギのたんぱく組み換えワクチンは苦戦しているようだが、これからベトナムだったかで治験を開始する。 流石資本の51%を中国に握られてしまった合弁企業を香港に作らされてしまっただけに、治験も中国の属国地域なのだな、とかと思う。 しかしこの天然痘ウィルスベースのものの方が恐らくいいのではないかと見える。

==https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/gangtai/ec-08132021082231.html
反外国制裁法が外資撤退の引き金になるか? エコノミスト 「この法律が施行されれば、外資系銀行の半数以上が香港から撤退するだろう」 中国の最高立法機関である全国人民代表大会(NPC)の常務委員会が来週4日間、北京で開催され、可決された反外国制裁法が香港で実施されるかどうかを決定することが懸念されている。 NPCはまだ正式な発表をしていませんが、国際的な銀行の幹部は、「アメリカと中国を人質に取られるようなことになれば、ほとんどの外資系銀行はアメリカに頼ることになり、香港から撤退せざるを得なくなる」と海外メディアに語っています。 経済学者の中には、反制裁法が香港で実施された場合、香港の外資系銀行の半分以上が撤退するのではないかと考えている人もいます。  RFA 813
==
反外国制裁法が成立、6月10日に即日施行  内容として、上記の対象主体に対して「ビザの発給拒否、入国拒否、ビザの取り消しもしくは国外追放」や「中国内の動産、不動産およびその他各種の財産の差し押さえ、押収、凍結」などの措置を規定している。  ジェトロ
==https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/06/c8bd174fe077c4e6.html

その香港にしても、これらの動きが実現すれば完全に終わる。 そしてこれらの法改正はなされる。 何故なら今中国では、習近平主席が中国国内の富裕層に重税をしかけて、その財産の殆どを没収して人民に配れという内示を出したから。 この香港潰しもその一環だろう。 つまり香港にいる中国人たちの資産にこれから躍りかかって奪い盗る。

そして問題は、その動きが本当の外国人勢力らにむけられた時だ。 これは皆香港から逃げる。 当たり前だ。 だから香港が終わったあとの受け皿はシンガポールだとか東京だとかと言われているが、恐らく東京になる。

わたしは以前あなたに、大阪都構想を強引に推し進めようとしている背後には、維新のカネ主とは、それは実は香港を牙城にしている江沢民勢力ではないかと言った。 彼らは香港が陥落されたことを想定して次の避難先を大阪に定めていた。 だから維新の会は保守を偽装しているが、例えば言論の自由に関する概念に関しては、中国共産党と同じような事をしている。

ヘイトスピーチ関連の罪を貼り付けて自由な言論発信者を裁判闘争で黙らせる… としか見えない動きをしていたり、更に吉村知事だったか、あの人は強硬に戸籍廃止論を言っているだろう、その背景は「 中国から日本に入ってくる江沢民勢力らに便宜をはかったもの」 なのだ。

そして彼らが主張している道州制は、早い話が大阪を江沢民勢力の、中国の租界にするということ。 これはわたしだけが言っている事ではなくて、少し検索すると同じような事を言っている人がたくさんいる。 維新はあからさますぎるのだ。

==https://3g.163.com/dy/article/GHK64MH70535MYRI.html
『美国?于低?求中国了!如果我?不帮忙,可能?生“第二个911”』  米国はついに頭を下げ中国に乞う。我々が助けなければ、第2の911が起こるだろう   網易新聞 817
==

そしてこの動き。 わたしは貴方に911は複数の国家がアルカイダを支援しており、それらの中に明確に中国がいるのだというのを言った。 その考えは今でも変わっていない。 そしてリーマンショックもその背後に中国がいて、韓国という道具を使ってリーマン兄弟商会を引っかけたのだと言った。 これに関してもその通りだと思っている。

武力の部分で米国を疲弊させ、経済の部分で更にそれを追撃する。 この二つの動きがなかったら米国の覇権はまだこんなに弱くなっていなかった。 これは言い切れる。

911の二日前にアフガンのマスード将軍が暗殺されている。 アルカイダから送り込まれた二人のテロリストによって。 そして彼が生きていたら確実にこうなった。 911の直後に近い時期、マスード将軍は米国に連絡をつけて、タリバン達を全滅させる、連中がアルカイダを隠しているのは貴方の所のCIAに何度も伝えた。 警告した。 その通りになっただろう。

だから我々がこれからタリバンを掃討するのに武器弾薬、そして増援などを送ってくれ… と。

そうなると米国はイラクの前にアフガニスタンを総がかりで統一してしまっただろう。 北部同盟によって。 そしてマスード将軍を再び大統領に据えて彼に国造りをさせただろう。 それをやられたら一番困る勢力は誰か。 中国とパキスタンだ。 そしてロシアも少し。 喜ぶのは誰か。 英米や欧州、そしてインドだ。 だからそれらの動きは馬鹿でも分るシナリオだから、マスード将軍をどうしても殺害してしまっておかなければならなかった。 だからそれが行われた。

そして911が起きた。 WTCビルに突っ込んだのはアルカイダだ。 しかし国防総省をトレーラー搭載の対地ミサイルシステムで攻撃したのは、わたしはこれはタリバンではないかと見ている。 他のテログループが国防総省の攻撃に成功していたのを、機内に乗っていたアルカイダのテロリストが目撃してやる気をなくしてしまったというのがあった。

そしてこれらの対地ミサイルを誰が出したか。 普通に考えればロシアか中国しかいない。 恐らく中国なのだ。 ロシアは前のアフガン戦争に関連する経験からチェチェンからカフカースからイスラム勢力における幾つかとは相当の距離を取っている。 というか不倶戴天の敵。

消去法で考えると普通に中国なのである。 ロシアのコピーミサイルだろうなあと思う。 とかいいながらイランの線もあるが、2001年の時点でイランはそんな精度の高いものは確か持っていない。

この世界の混乱の背後には大きくは今では確実に中国がいる。 これを日本人に認識させないようにしている国内眷属者を索敵しておくことだ。 彼らは処分されなければならない。 責任を取らせなければならない。 わたしは創価学会の末端の信者の30%を超えるくらいがもう全て中国人になっているというのをツイッターか何かで見た。 同様の動きは他の宗教団体にもあるだろう。

だから表の看板を見てかれらを認識するのはやめることだ。 騙してくださいと言わないばかりの愚かな態度でしかない。 あなたが何を思い何を考えようと自由だ。 しかし今の世界のこの流れにおいては、どうしても責任を取らせるというけじめの要求が渡されているというのを知った方がよい。

勿論わたしが勝手にでっち上げて勝手に言っているだけだが。


  ひとしくその手を汚せ、そして等しくその手を洗うがいい


----
終了
----


  • [2343]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月20日(金)23時54分29秒
 
――――――――――
2021・820金曜(令和三年)
――――――――――

バイデン達は713、アフガンの米国大使館内部の国務省23名による秘密公電によって、831予定の米国撤収時までにタリバンが一斉蜂起をすることを知っていた。 これは証拠が残っている。 それらの情報を理解できていなかったか( 実にあることだ) 、バイデンやブリンケンの背後にいる勢力らの計画に従ったか、これらは分からない。

ブリンケンはオバマ政権の時に、この男だけは閣内には入れてはいけない、と共和党の連中が徹底的に反対した人物だ。 極左の極みという表現を使う。 事実かどうかはわたしは断言出来ない。 ただ彼がソロスによって、ソロスたちの計画のために生み出されたというのは恐らく本当だろうと見る。

それはカナダにおけるトルドー達と立ち位置が同じという意味であり、そもそもがオバマがそういう人物なのだから( 当時の米国共和党は気づいていなかった) 、その危険人物のブリンケンが何を考えているか。 彼はマフィアの家系であるとされるペロシやカマラと何を共謀しているのか。

それは「 アフガンを意図的に大混乱にして、そこから出てくる難民を大部分米国が受け入れ、それらに中間選挙から次の大統領選挙における投票権を与え、事実上民主党が一党独裁として永久に米国の主人になる計画のために大混乱を意図的に起こしている」 … というものだ。

ペロシたちが今次の中間選挙に向けて、とてつもなく危険な選挙制度改革を準備している。 2回くらい議会ではねられたが、これからまた出してくる。 しかしあれらの法案はどう考えても米国が国家でなくなってしまう。 それこそがソロスたちの求めるものかもしれないが。

==https://www.businessinsider.jp/post-240585
アメリカ国防省によると、中国軍は8月17日に台湾付近で実弾演習を行った。 この演習は、アメリカといわゆる台湾の分離主義勢力による「挑発」に対抗するものだ。 中国のメディアは、アフガニスタンの現状はアメリカが危機に際して助けにならないことを示していると台湾に警告している。中国軍は2021年8月17日、アメリカと台湾分離主義勢力による「挑発」に対応するため、台湾付近で実弾演習を行った。  ビジネスインサイダー 820
==
バイデン米大統領は19日に放映されたABCニュースのインタビューで、米国は北大西洋条約機構(NATO)加盟国や日本、韓国に加え、台湾に対しても防衛義務があると述べた。台湾に対する従来の「戦略的曖昧さ」を踏み越える発言で、政権高官が修正に追われた。 バイデン氏は、アフガニスタンからの米軍撤収が台湾問題における米国の信頼性に与える影響について問われると、「われわれは(集団防衛を定めた)NATO条約第5条を守ると誓約しており、加盟国が攻撃されれば対処する」と説明。その上で「日本や韓国、台湾に対しても同様だ」 と述べた。  時事 820
==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082000190&g=int

アフガンにおいて撤退すらまともに出来ない無能を通り越したクズたち… という評価が今、米国の退役軍人や諜報部関係者の中の共通認識になっている。 だからそのままの状態では次の中間選挙には勝てないので、今必死になってバイデン達は何か仕事をしていますよアピールに忙しい。

だからその流れの中で台湾問題が出てきたので、これらに対して勇ましい米国の姿を見せるというのを失言の形で表現して見せた。 ただ本当にボケているので失言である可能性もある。 しかし更に言えば判断能力がもう本当にないので、軍から渡された台本をそのまま言っているだけの可能性、これもある。 しかし言えるのは暴力装置の軍隊として、中央アジアよりも台湾の防衛をしないと自分たちが終わってしまうという認識があるのだろうなあというそれ。

アフガンに取り残されている米国人の救出移送を日本政府に依頼するくらいだ。 この依頼はどうせやらなければならない。 選択肢がない。 そして拒否したら尖閣諸島などを中国が攻めてきたときに、米国は日本に協力して軍事作戦をとってくれない。 だから結局やるしかない。

作戦の失敗などで死者が出たら、今の政権は吹き飛ぶ。 しかし、そこまではいかないと思うが。

==https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2021/08/100-87.php?page=1
ウズベキスタン検察当局はウズベキスタン、16日、今週末に数百人のアフガニスタン兵士が軍用機22機とヘリコプター24機で避難してきたと発表した。そのうち1機が護衛していたウズベク戦闘機と衝突し両機とも墜落したという。 発表によると、15日にアフガン兵士585人が航空機で到着。158人が徒歩で越境した。また、墜落したアフガン機とウズベク機の両パイロットは脱出し、命に別条はないとした。  ニューズウィーク 817
==
 アフガニスタンの第1副大統領として政権を支えていたアムルラ・サーレ氏が、全国で唯一、イスラム主義勢力タリバンによって制圧されていない北東部パンジシール州に身を潜めていることが、複数の住民への取材でわかった。タリバンが権力を掌握した後、サーレ氏は政権の崩壊を認めず、ツイッターで「暫定大統領」に就任したと宣言。同州に避難した軍兵士や地元軍閥らと武装闘争の準備を急いでいるとみられる。  820
==https://news.yahoo.co.jp/articles/b9ee19dd5282f18637c7dd15fff61c26fb7c1b58

タリバンが一斉行動をとることを、これを正規軍も勿論事前に知っていた。 彼らが情報を集めて米国大使館の連中に流したのだから。 だからわたしはあまりにも侵略が早く進みすぎたので、一体どういう力が働いているのか読みかねていた。 中国は軍事顧問団を出している。 これは分かるが、それでも早すぎた。 それが分かった。

正規軍は戦力を温存する為に一旦全軍退却していた。 この場合の全軍というのは人間集団の構成が「 タジク人、ウズベク人、ハザール人」 のタリバンの主流派になっているパシュトゥン人ではない連中だ。 これらが北部同盟を再結成してタリバン掃討を行う事に決めた。

それらの旗印になっているのが、事実上第二の建国を行ったと言ってもいい、マスード将軍の、その息子になる。 そして副大統領のサーレという男は、このマスード将軍の片腕だった。 彼とマスード将軍がソ連との戦争において決定的に勝った原因を作ったのであり、更に彼らは「 パキスタンがインド破壊の為に結成させたタリバン」 に対しても負けなかった。

==
https://twitter.com/Andrewdrozd/status/1428247825884672000
パンジシールに各地から集まってきている装甲車
ーー
https://twitter.com/tarepanism/status/1428341814658887681/photo/1
残党軍の拠点 パンジシール渓谷
ーー
アフガニスタン特殊部隊も脱出し合流に成功
https://twitter.com/theragex/status/1427875895595962372
ーー
チャーリーカール地区を取り戻した政府残党軍 カブールとは目と鼻の先
https://twitter.com/59dallas/status/1428287363730624516
==

パンジシールはソ連がメンツにかけても陥落させようと、10回以上、何度も何度も総力戦を仕掛けた。 そして全て敗北した。 それぐらいの天然の要害であり、更にこの地域はタジク人たちがほぼ全てであるので、統率と規律がとれている。 更に指揮も高い。 そして前述したがアフガンの正規軍の空軍は、タジキスタンに確か40-50機ぐらいの戦闘機を全て逃がしている。

これだとタリバンは中国の空軍に大きく協力してもらわなければ、どう考えてもパンジシールは落とせない。 高空から山岳部隊を全滅させてからでないと、地上侵攻は不可能だ。 ソ連の時、レーガン大統領は肩乗せ有線ミサイルだったと思うが、スティンガーという当時の米国でも最新鋭だった、対空兵器、これを大量にアフガン側に提供して、これによってソ連の軍用ヘリは全滅していった。 戦闘機すら落とされた。

だから本当の本当に激戦をずっとやったものだから、ソ連の末端の兵士から指揮官、あの戦争の生き残りにおいては、マスード将軍を尊敬している者が多い。 実に倒錯した精神状態だなあと思うが、戦いしか知らない人間にしかわからない何かがあるのだろう。 当時のソ連兵がマスード将軍の墓まいりをするという動きすら本当にある。

==
Ahmad Massoud has officially declaredwar against Taliban from Panjshir
アフマド・マソウドがパンジシールからタリバンとの戦争を公式に宣言した。
ーー
多くの人々が北部同盟に参加し、タリバンに抵抗することを願っています。アフガニスタン人は、あなたの国の将来を決定し、あなた自身を政府に任せました。自国を裏切ったすべての指導者、軍司令官などに恥をかかせます。彼らは以前にタリバンと取引をしたと確信している。
ーー
パンジシールに到着。 たくさんの素晴らしい司令官に会えてうれしいです。 Hasib Panjshiri将軍、Hamid Saifi将軍、KhalidAmiri司令官がここにいます。間もなくアップデートを提供します。@AmrullahSaleh2私たちのリーダーです。友達全員に参加してもらいたいです。
==

チャーリーカール地区は首都カブールの隣の地域だ。 だから実は北部同盟は大きな反攻に出ている。 これを西側と中国のメディアが言わないという意味を考えることだ。 何かのグルがある。

そしてアフガニスタンをパシュトゥーン人とそれ以外に分けて二つの国にするか、又は少数の側に強烈な自治権を与えるかしないと今回の動きは沈静化しない。 しかしそれをやられると困るのが中国とパキスタンだ。 中国はイラン迄の通路の前に大きな障害が出来たことになる。 パキスタンも同様だ。 これらとつながっているイランはどうか。

イランは実はパシュトゥーン人とは言うほど中が良くない。 タリバンが活躍していた時に彼らは北部同盟の中のハザール人集団に武器弾薬燃料などを供給していた。 ハザール人はシーア派だったと思う。 これはいい加減だ。 そしてタジク人とウズベク人は、名前を見ても分かる通り、旧ソ連のアジア系住民と同じものであり、実際にタジキスタン、ウズベキスタンは自国の安全保障をかねてこれらの民族に協力をしていた。 勿論背後にはロシアがいた。

だからロシアにしてみれば北部同盟が国になってくれた方が恐らく全体としてはおさまりがいい。 それがロシアの安全保障の盾になるからだ。 全域が北部同盟になると、今度は全体が西側、つまり英米の側によってしまうので、それはロシアによって面白くない。 更にタリバン全域掌握だったら、それはそれで中国の大きな利益であり、潜在的国の中国の拡大はロシアにとって面白い訳がない。

そしてアフガン全土がイスラム原理主義者の、現実世界と共存する気がない連中の発生源になるとどうなるか。 勿論そこからロシアに向けてテロ活動が仕掛けられる。 だからタリバンに対しても応援などはしていない。 そもそもロシアは宿敵であるアルカイダとこのタリバンが共闘関係にあるのだから、タリバンを簡単に承認出来るわけがない。 今シリアでアルカイダの残党と実際に戦っているのはロシアだ。

そしてアルカイダの連中はタリバンに祝福のメッセージを出している。 それをロシアがどう見るか。 ムカついているに決まっているだろう。 だから北部同盟がこれから反転攻勢に出て、更にパンジシールを中心に籠城を成功させていったら、恐らくこれらのロシア、インド、スタン諸国、これは北部支援になる。 そしてパキスタンと中国はタリバンだ。 さっき言ったように北部同盟の拠点のパンジシールをを落とす為に中国に堂々と軍事介入を求める可能性がある。

中国は一帯一路のことがあるので、どうせ断れないところに追い込まれるだろう。

==https://www.sankei.com/article/20210819-N3P7UMI5PRP7TPOFGRJULQIZ4U/
アフガニスタンで政権を掌握したイスラム主義組織タリバンの幹部はロイター通信のインタビューに、新たな政治体制では「民主主義的な制度は全く存在しなくなるだろう」と語った。ロイターが18日報じた。最高指導者アクンザダ師が率いる統治評議会により政権が運営され、大統領には副指導者が就任する可能性があるとも明らかにした。 タリバンの意思決定に関わるハシミ幹部の発言。民主制を完全に排除する方針には国際社会の懸念が強まりそうだ。ハシミ幹部は、確定ではないとしながらも「どの政治体制を採用するのかは話し合わない。イスラム法に基づくことが明確だからだ」と強調した。  産経 820
==

しかしタリバンの世界が広がるというのは、世界全体が中世よりもさらに前の紀元前の時代に戻るというのを意味する。 何故そんな事に賛同しなければならないのか。 あなたはどちら側なのだ。 これをこれから問われる。 わたしはどう考えても彼らの側には立てない。 彼らの女性に対しての本当に心の底からのモノ扱いの精神構造には本気でドン引きしている。

そしてこれからの中東において「 各国の思惑の中で、日本の行動、関わり方がそれからの地球の、人類世界の方向性を決める」 ことが決まっている。 勿論未来は確定していないが。

だからこの中央アジアの動きは恐らくそのまま中東における利害関係者達を巻き込む流れにはいるのだろうなあとわたしは捉えている。 賢く泳ぎきらなければならない。 それが日本の役割でありこれからのあたらしい世界に対しての強い義務だ。


  ここで気づけ、もう後はないのだ


----
終了
----


  • [2342]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月19日(木)23時53分29秒
 
――――――――――
2021・819木曜(令和三年)
――――――――――

アフガニスタンにおける混乱はまだ続く。 副大統領だった人物が臨時政権を宣言して、アフガンの何処かの州に本拠地を構えて粘っている。 ただこれらの勢力に外部からの支援、つまり武器弾薬などの供給があるとは思えないので、それは時間の問題なのかもしれない。 だから西側各国のメディアにおいては、基本タリバンがアフガンを統一するのだという論調で現在と未来を語っている。

しかし識字率が中産階級からの上層における平均値で4人に一人しか文字を読めないのだから、その状況が改善されない限り、タリバンなる勢力がどれだけのビジョンを持っていてもそれは実現しない。 人間を動かす一番最初の意思伝達が出来ていないのだからそんなもんどうやってやれっていうのか。

そしてそれらの末端の連中はこれから中国の勢力が大きく内部に入り込んでくるだろうが、それをもろ手を挙げて賛同するというか、歓迎する事はない。 何故なら彼らは自分たちは中国よりも強い、自分達は中国よりも上だ、と思っているから。 それほど米ソに勝利したという概念認識は人間の自尊心を過剰に大きくする。 ただしこれも本当に勝利したのかというとどうなのかなあという気がするが。 それは今は触れない。 先が明確ではないから。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/87cfddf9a1628537d1d50da5e5ebd2473bca8dc2
【シンガポール】アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンは18日、組織ナンバー2のバラダル師を滞在先のカタールからアフガン入りさせ、政権樹立に向けた動きを本格化させた。タリバンは国内外の支持拡大を目指して穏健な政策を打ち出しているが、組織内に強硬派も抱えており、実行されるかは不明だ。 バラダル師はタリバンの対外事務所があるカタールから17日夜、タリバンがかつて拠点を置いた南部カンダハルに入った。国内有力者と会談するもようだ。バラダル師はタリバンの共同創設者で、初代最高指導者オマル師(故人)の側近。指導者の1人として対外交渉を担った。
== 産経 818

だから中国はこれからタリバンを手名付ける為に沢山の投資をこれまで以上に行わざるを得ない。 しかしだからと言って前述末端の、そして内部の強硬派と言われる人間集団が中国の利益に沿った動きをするのかというと甚だ疑問だ。 強硬派は強硬派でパキスタンのテロ勢力と勝手に軍事行動をする可能性がある。

そして一番問題なのは、アフガニスタンに米国は、そしてインドあたりもそうなのだが、たくさんの兵器を基地の中においていた。 それらの処理をせずに逃走ともいえない逃亡をした。 だからこの兵器はタリバンに奪われ、そしてそれらをまともに運用できるわけがないから彼らはそれを武器商人たちに売る。 これらの武器を使用した世界の不安定、混乱がこれから常態化する可能性がある。

タリバンの連中は中国からただで渡される武器のハードおよびソフトウェアで全体を強化しようとする。 しかし中国は流石にその部分は出さないんじゃないかなあ。 何故ならそれらを渡したとたん、タリバンの連中が東トルキスタン解放同盟( ウィグル解放同盟) の連中と組んで、中国の内部で破壊活動を強める可能性があるから。 これは中国の国内権力闘争の結果で大筋が決まる。

習近平派というものを弱体化させるために、江沢民派というものが動く可能性のこと。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/52496284e8f70af0c73c659f0bdff945129445b9
アフガンの隣国としてこの地域に大規模投資を行う中国にとっては、将来の戦略的利益よりも、タリバーンの突然の復権に伴う安全保障上の課題の方がはるかに差し迫った問題だ。 米ワシントンのシンクタンク、ジャーマン・マーシャル財団のアンドリュー・スモール研究員は欧州外交関係委員会とのインタビューで、「中国はアフガンをチャンスという視点では捉えない傾向がある。脅威を管理することにほぼ主眼を置いている」と指摘した。 アフガニスタンは細長いワハーン回廊の端で中国西部・新疆と80キロにわたって国境を接しており、中国は長年、アフガンおける米軍のプレゼンスを警戒してきた。だが、実際にはここ20年、中国は米国がもたらす相対的な安定から恩恵も受けてきた。
== CNN 818

しかしこれらの動きを「 難民爆弾」 という概念で考えると、これからアフガンから大量の難民が出てくるのはほぼ確定なのであり、2020の時点で欧州への亡命希望者は4万4千人いたそうだから、それらの数字に最低でも十倍したような人間が欧州各国に逃げてくる。

欧米の協力者のアフガン国民をこれからタリバンは大量に殺していくからだ。 最初は穏健派がそれをしないという事を演出してみせても、どうせ彼らには強硬派を抑えることは出来ない。 だから何処かの時点で虐殺は必ず起こる。 それを一番理解しているのが、欧米世界から自国を見る事が出来るこれら協力者とでも言える人間集団だ。 彼らは逃げる。 しかしそれを逃がすまいとの動きもこれから強化される。

この動きが中国の犬であるバイデンとその周辺が「 NATOを弱体化」 させることによって、結果として中ロに利益を渡す動きだったのか、又は、裏でつながっているNATOを弱体化させるために米国の愛国派軍人たちが仕掛けた動きだったのか、またはどっちにしても地底政府米国派と言われている連中が、欧州のパワーを弱体化させるために動いたのか。

どうとでも解釈出来てしまうのが実に悩ましい。 しかし欧州はこれらのアフガン難民の欧州侵入によって、それまでの難民政策をどうしても変更せざるを得ない。 メルケルは9月に政界引退だ。 だから彼女が消えてから欧州はその鎌首をもたげる動きをするだろう。

==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081900886&g
【ソウル時事】韓国の元徴用工訴訟をめぐり、裁判所が、三菱重工業が韓国企業から受け取るべき商品代金の差し押さえなどを命じた問題で、韓国企業「LSエムトロン」は19日、取引してきたのは三菱重工ではなく、グループ会社の「三菱重工エンジンシステム」だとする立場を明らかにした。  LSエムトロンは事実関係を綿密に確認した上で、裁判所に陳述書を提出する予定。三菱重工との取引がないことが確認されれば、命令の効力が消失する見通しだ。  時事 819
==

昨夜韓国が徴用工関連で三菱の資産を事実上現金化したという報道が出た。 しかし一日経過して、それは三菱重工本体ではなくて、系列企業の資産を間違えて現金化したのだ… という動きとして報道された。 これらの背後は見えない。

本当に間違えたのか。 それとも日本政府がとてつもない圧力をかけたのか。 韓国政府が本気で慌てて、本当は三菱重工の資産差し押さえだったものを、系列子会社への動きだったのだ、と内部で書類改竄を含める相当の工作を行ったのか。

日本企業に支払う韓国の側の企業のカネを、その口座の差し押さえすることによって奪う。 これを韓国のマスコミが具体的に紹介していた。 だから弁護士勢力はそれを忠実に履行した。 しかしどうせそうした動きには韓国の青瓦台がいる。 韓国はいまでも開発独裁の国家であり、司法立法行政が独立しておらず、その頂点に大統領があり、それらが独りで裁断を下す。

だからどうしたって韓国は独裁国家。 これを理解出来ない知能の低い連中がネトウヨだという言葉を出すが、そんなものを認識する暇は日本人にはもうない。 本当はこの記事も時間の無駄だか採用したくなかったが、新アチソンラインの移動への本当の動きが開始されているので、無視もできなかった。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77554.html
アフガニスタン情勢の悪化を受けて、中国の軍事的な圧力にさらされる台湾の姿勢が注目されている。台湾では、米国からの支援に対する期待感を引き下げるべきとの議論が起きている。こうしたなか、蔡英文総統は、台湾は自主防衛が重要だとの考えを強調した。 蔡総統は18日、フェイスブックで「最近のアフガニスタン情勢の変化により、台湾では多くの議論がなされている」と書いた。「台湾の唯一の選択肢は、私たち自身をより強くし、より団結し、より毅然とした態度で自分たちを守る決心を持つことだとお伝えしたい」、「自分で何もせず他人の保護に頼るという選択肢はない」として、台湾の自立性を強調した。  大紀元 819
==

昨日、テキサス選出の共和党議員が、実は台湾には3万人の米軍が駐留している、とツイートした。 中国は半狂乱になって攻撃的な反応をした。 しかし沖縄でおよそ2万5千、在韓米軍は実際は1万5千人ほどだと思うが、公称2万8千人。 だからその人数であれだけの基地群が必要なのだから、今の時点で台湾は少し考えにくい。 当人も24時間経過でツイート削除。

しかしこれらの動きは投資家たちに向けての告知の意味合いがあるのだろうなあと捉える。 それは在韓米軍を撤退させて台湾に。 そして沖縄の駐留部分も再編して、フィリピンのクラークとスービック基地に再び駐留させる動きが進んでいるのだろうなあと読む。

だからフィリピンは米国との地位協定の破棄を撤回して、これからもそれを続けると宣言した。 フィリピンとしては今のドゥテルテ大統領の時には動けないだろうが、次の大統領で大きな国体変更がなされるのだろうとみる。 中国は嘘ばかりついて何も支援してくれなかった。 ワクチンを有償で販売しておきなら、それらの効果はゼロかマイナスだった。 それは見切りが入る。

台湾におけるこれらの「 自分の国は自分で守る」 の当然の基本は、当たり前だが、自分の国を米国に守らせている、精神的には自分たちは主人であり、米国は家来である、という風な間違ったどころではない韓国勢力に対しての徹底的な反抗言論になる。 計算して出している。

朝鮮半島を北から南に認識するのはもうやめるべきだ。 朝鮮半島は太古の昔から、中国→ 黄海→ 半島南半分 の歴史でずっと進んできた。 わたしは北と南の人種すら概ね違っているとみているので、いい加減日本人は、コメが寒冷地の朝鮮半島からもたらされたというウソの概念を信じている連中と同じ程度の知能のない認識状態でいるべきではない。

朝鮮半島のコメは日本から伝わった。 遺伝解析で明らかになっている。 にも拘わらず中京地区を中心としてこれらの説のシンポジウムが開かれたりしている意味を考えることだ。 カネ。

いずれにせよ、パラリンピックが終わったら世界は大きく変わるだろう。 壊れながら。


  それをもう隠すことはできない


----
終了
----


  • [2341]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月18日(水)23時51分32秒
 
――――――――――
2021・818水曜(令和三年)
――――――――――

816だったかにタリバンの報道官が実に穏健的な事を幾つも言っていた。 それらはどうせ反故ににされる。 旧体制に仕えていた関係者を恩赦すると言った。 そして確か在外のアフガニスタン人に国家建設を手伝ってくれ、という風な事を言っていた風に思う。

それにつられて国外の知的エリートたちが帰国したらどうなるか。 恐らく全て殺されるだろう。 西側世界の精神汚染を理由に。 優秀な人間ほど当たり前だが欧米の知的領域に接近している。 だからそれはタリバンという連中の概念からすれば明確な敵になる。

カンボジアのポルポト虐殺の時と全く同じ動きをしかけている。 カンボジアの幾つかの街々も無血開城の様な形でそれを明け渡したが、その後に中から出てくる声が一切消えた。 恐ろしい速度でみな殺されたからだ。 銃弾やナイフなどが間に合わないので、確かこん棒の様なもので頭部を一撃にして殺すというやり方だったと思う。

当時それらのと殺( まさしくこのコトバだ) に関わっていたカンボジア人が、自分がやった事を数十年も経ってから理解して、反省しているのか後悔の念にかられているのか、そういう自分の気持ちの把握すら出来ないままに、確か西側のインタヴューに答えていた、そういう書籍があった。

つまり知性と教養がそもそも最初からない。 教育がまったく施されていなかった人間は、外からの命令にただ従うだけの機械になる。 ことの善悪はそもそも判定出来ない。 今のタリバンという連中の、少なくとも末端の人間は恐らく全て読み書きが出来ない。

一般国民のタリバンではないそれらの識字率を4人に1人しか文字を読めないと前に言った。 タリバンというテロ組織に至っては、それらの構成員は貧農あがりだから、ほぼ全てが文字を読めない。 そして上からの命令をきちんと理解できているかというと、恐らくそれもないのだ。

そうした人間集団が統制を持った動きを、秩序だった動きを、これが出来るか。 出来ない。 出来ていない。 だから今のアフガニスタンは一日に何十人も一方的に殺害されている。

==https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1427168101137743872
佐藤正久  トルコ航空は、こう言う時には頼りになる。感謝。今日、カブール空港で動いているチャーター民航機は、トルコとインドぐらいだろう。イラン情勢緊迫時に、テヘランに飛んでくれて取り残された邦人を搭乗させてくれたのもトルコ航空だった
==イスラム原理主義思想家  ガーニーアフマド
「ヨーロッパにいたとき、女が歩いていた。私は犯してやりたいと思った。だが、女は私を誘惑したのに、犯させなかった。私に譲渡された女の身体を、そいつは窃盗した。これは犯罪として裁くべきだ。欧米の法律より、イスラームが正しいことが分かる」
==
イスラム法  https://i.imgur.com/RXf14JF.jpg
==

日本大使関係者などをトルコが助けてくれたようだ。 彼らはイランイラク戦争の時も同じ動きをした。 勿論彼らの計算もある。 日本の援助を見返りとした。 しかしそれが悪いとはわたしは思わない。 命が本当にかかっている事案なのである。 そして今回採用しなかったが、英国の民間チャーターが日本人をたくさん助けている。 それは日本との共同開発を持ち掛けている次々世代エンジン、そして耐熱装甲板などに関わる技術を英国はほしいので、今回の動きを大きな貸しとしてやったという意味がある。 それも悪いとは言わない。 ただこのケースにおいては、実際に自衛隊を現地まで救助にすら向かわせることが出来ない現行の日本の憲法と各種法体制が明らかにおかしいというそれになる。

ガーニーアフマドの言っている事がわたしには未だに理解出来ない。 恐らく彼の判定できれいだと見えた女性は「 その時点で彼の所有物なのだから、好き勝手にしていい」 という心の動きがなければこんな狂気じみたコトバは出てこない。 そして残念な事に、コーランを勝手に現代解釈して造ったイスラム法、確かシャーリア法においては、女性の人権は本当に認められていない。

イスラム世界における穏健派と言われる人びとがまだ少しは女性の社会進出などを認めているがが、それはそれを認めないと、イスラム支配層の奥さんや娘さんが病気になった時に、他人の男がいる病院に通わせることができないので、「 使う」 という意味で認めているに過ぎない。 そう見える。

シャーリア法に関しては画像を提出しておく。 これらの翻訳が仮に本当なのだとしたら、それは何故西側の女性活動家やら人権家やらは怒らないのか、だ。 勿論商売でそれをやっているから。

==https://www.bbc.com/news/world-asia-58205062
タリバン  「女の教育は12歳まで」 「女はスマホ禁止」 「レイプは男性4人の証言が無ければ無罪」
==https://twitter.com/realRabiaSadat/status/1426214393432444930?t=6N_my0osnzEvUnPGub7-mQ&s=19
Google翻訳  しらみつぶしに家捜しして、隠れてるやつを見つけて引きずり出して重殺 何十人も射殺された  動画説明 バイクや人が行き交う街並みで死体が多数
==

そしてタリバンという武装勢力が本格的に開始したのは今から20年前になるが、その期間中、女性を本当にモノとして扱う、つまり気に入らなかったら無実の罪を貼り付けてどんどんと殺害していった。 だからアフガニスタンの、特にタリバン占領地においては女性の比率が極端に少なく、それを目撃している現行のタリバン穏健派が、女性を手厚くもてなす的な事をこれからやる… と偽装発言をしたという流れ。 しかしどうせ彼らはそれを守らないし、守れないだろう。 前述したように、読み書きがゼロの大人が、ではどうやって自らの肉体を動かしているのかというとそれは、本当に「 性欲、食欲、睡眠欲、破壊欲、支配欲」 などなどだから、そういう人間集団を殺す以外のことでコントロールできるだろうか。 これを真面目に考えてみること。 ほぼ無理。

イスラムの勢力はタリバンなどは正当なイスラム教徒ではない、だから彼らと我々は別だ、という言葉を相当前からやっていた。 だから彼らにすれば、やっぱりウィグルの臓器抜き取られの同胞などは同じイスラム教徒ではないという判定なのだろう。 つまりここに、宗教という内部にあってもそれは同じだとか同胞だとかの概念を、その時々の政治シーンによって使い分けている現実がある、という事だ。 何故そんな偽装人生を世代を重ねて続けようとするのか。 あまりにも非合理ではないか。

わたしはこれを思う。 しかし彼らはそれを全く思わないのだ。

==https://mobile.twitter.com/excelsaElsa/status/1427014063259799563
19-レクリエーション目的での「イード」などの祝祭の際の女性の会合の禁止。  20-女性が川や公共の広場で衣服を洗うことの禁止。  21-「女性」という言葉を含む通りや広場の命名法全体の変更。たとえば、「GardenofWomen」は「GardenofSpring」と呼ばれるようになりました。  22-アパートや家のバルコニーから身を乗り出すことの禁止。  23-家の外から女性が見えないようにするためのすべての窓の必須の不透明度。  24-女性を測定し、婦人服を縫う仕立て屋を禁止する。  25-女性は公衆トイレにアクセスすることを禁じられています。  26-女性が男性と同じバスで旅行することの禁止。バスは「男性専用」または「女性専用」に分かれています。  27-ブルカの下に着用している場合でも、フレアパンツの着用を禁止します。  28-女性の写真撮影または撮影の禁止。写真やビデオには表示できません。それらは存在しません。  29-雑誌や本に印刷された、または家や店の壁に掛けられた女性の画像を公開することの禁止。  後半抜粋
==

世界の半分をになう女性を一方的に道具扱いすることは、その国家の生産性を大きく下落させ、未来の可能性の選択肢を大きく減らすことに直結している。 西側世界と大きな意味で、早い段階でつながっていたサウジ、今の皇太子は、そういう事を含めて女性の社会進出を、これは彼の国内における強硬派=保守派=皇太子を追い落して、外国勢力と組んででもそれをやろうとしていた… たくさんの親せき一同が邪魔をしていた。 だから彼は皇太子就任初期の段階で確かこれらの勢力を、主に不正蓄財に関わる汚職で次々と逮捕摘発し、免責として王の座を狙わないという誓いを立てさせてこれを殺さなかった… はずだ。 わたしはこの辺は実に適当に書いているが。

上のタリバンが定めた女性に対しての徹底的な制限項目は29ある。 しかしそれは、シャーリア法の概念から言って、いつでも好きな時にそれを増減できる。 この人間が人間を法制度で縛る、そして従わなければ暴力装置を使う、このハンドリングを男の側がずっと握っているのがイスラム世界。

1万人の人口があったとする。 半分の5000人だけで社会をまわしていたとする。 では残りの半分の女性はどうモデル化されるか。 わたしは冷酷な事をいう。 それは、戦争発生時における傷病兵、四肢欠損や車いすなど、社会を生産性をもってして下から支える事が、押し上げるような人材にはなれない人間集団… と同じものだ。 つまり半分の5000人が負担になっている社会。

そんなものがそのままの状態でどうして近代の世界に移動できるのだ。 出来ない。 だから彼らは、彼らの社会は本当の意味では近代ではなく、やっぱり今でも前近代だという言い方をする。 もっているものが文明の利器最新版であっても、肝心の精神が中世のままで止まっているという表現だ。

==https://twitter.com/stephglinski/status/1426462002675961856?s=19
In #Herat,women who attend university told me today that they were sent home by the Taliban when they tried to enter their university.Other womenwho hold office jobs tell me they were sent home too & told they would be replaced by men.This is happening in Herat NOW! #Afghanistan
ーー
翻訳  ヘラートでは、大学に通う女性たちが大学に入ろうとしたら、タリバンに家に送り返されたと今日話してくれました。他にも事務職の女性たちが同じように家に送り返され、男性に取って代わられると言われたと話してくれました。 アフガニスタン
==

これらの事務員たちの代替えとして男の人材の、その数が足りると思っているのか。 足りない。 20年以上行ってきた内戦によって、そうした優秀な人材はそもそもアフガンを出ている。 中産階級の男たちの大半は、優秀なのに限って死んでいたり、前の体制の行政関係者だったりする。 そしてそれらの人間はこれから、恐らく全て殺される。 報復とタリバンは言っているそうだが。

わたしは今回の全土掌握に関しては、明らかに中国の軍事顧問団から渡された台本と、現地で指揮する中国人軍人がいた… と捉えているが、その彼らの思惑通りにアフガニスタンが進行するかというと、それは相当に難しいのではないかと思う。 前にも言った。

上の人間たちをどれだけカネで調略しようとも、それらのカネは末端にまでは届かない。 そして上の人間の命令を本当の意味で下のものたちは理解出来ない。 これでどうにかなると思えるのが間違っている。 中国も相当焦ったのかなと思う、彼らの国内事情が今おかしいから。

アフガニスタンにじきに中国人集団が入ってくる。 建設関係の人間が多いだろう。 だからこれからアフガニスタンの中で大量の武漢肺炎の患者の発生が出る。 少なくともデルタが。 わたしはそれはもう中国の内部で変異しているのではないかと疑っているから、仮称チャイナ型が。

そういうものが蔓延して、たくさんのアフガン人がバタバタと倒れていったとしたら、少なくともタリバンの中の強硬派は黙っていないだろうなあと思う。 彼らが黙っているのは、イランのソレイマニ長官が米国の暗殺によって排除されたので、広範囲な指揮系統とカネ、これが途切れているのだろうなあ、とわたしは勝手に考えているが、ま、あてずっぽうだ。


  誰の思ったようにも今の世界はまわらない


----
終了
----


  • [2340]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月17日(火)23時46分1秒
 
――――――――――
2021・817火曜(令和三年)
――――――――――

米国ではバイデンとカマラがメディアの追及を逃げ回っている。 撤退は規定路線だったとしても、911までに全てやるのだと勝手に決めてそれを公言したものだから、タリバン、そしてその背後の中国に大きく攻め込まれて今回の事態となった。

米軍に協力していたたくさんのアフガン人たちを米国に亡命させる手はずを整えたはずなのに、基本それらは全て見殺しになった。 これから彼らは事実上殺されてしまうだろう。 当人だけではなくて家族も親族も。

そして下のツイッター動画を見れば分る、現地で本当の所は何が起きているのか。 それは性欲をここぞとばかりに充たそうと、タリバンの兵士たちが、占領地域の各家庭に勝手に入りこんで、女という女を拉致、略奪しているというそれ。 動画は12歳の少女。 しかし彼女はこれからレイプされるだろうし、強制的にこの略奪者の嫁… という名前の道具にされるか、又は奴隷市場に売られる。

==https://twitter.com/i/status/1426884126142091268
Serkan Tanyildizi  @srkntnyldz
Taliban 11-12 yaşındaki kız çocuklarını savaş ganimeti olarak toplayıp, tecavüz ediyor. Her eve giren askerler nüfusa göre en az 3-4 kız çocuğunu yanlarına alıyor. Anne ve çocukların feryadı yüreğimi dağlarken aklıma şu soru geliyor; Kim anasını kardeşini böyle bırakıp gidebilir?
午後9:31 ? 2021年8月15日
==https://nordot.app/800110785623818240?c=39546741839462401
【ブリュッセル、ベルリン共同】フランスのマクロン大統領は16日、アフガニスタン情勢に関しテレビ演説し「アフガンをかつてのようなテロの聖地に戻してはならない」と訴えた。  ドイツのメルケル首相は同日の記者会見で、イスラム主義組織タリバンによる首都カブール掌握について「苦々しく恐ろしい展開だ」とし、アフガンを巡る欧米の派兵などの作戦が「計画通りに成功しなかった」と述べた。
== 817

メルケルの言っている事は正しい。 しかしそれはこうした中東におけるテロ勢力に対して欧州の側の軍事力を実際に割く行動をしてから言うべきだった。 彼女は来月に政界引退をする。 だからそこからドイツが大きく変われないのなら、彼らは中国に呑み込まれてその運命を共にする。 わたしはそう捉える。 だから今あのアフガニスタン地域で起きている動きとは、観測者である我々含めて世界分岐点でのそれぞれの選択肢の元に違った路に移動していく途中の現象だ。 こう決めつける。

アフガニスタンは世界で最大の文盲国家。 およそ4人に一人しか読み書きが出来ない。 そして今タリバンの兵士になっている農村出身の男どもはそれよりも更に低い識字率。 つまり文字を読めないし、命令として誰かが何かを言ってもそれを理解できない人間たちだ。 だから末端においては自らの生存本能、つまり性欲食欲などに根差す行動をベースとして、繰り返し運動の様に略奪と強姦と殺人を繰り返している。 それらに対しての良心の呵責は一切ない。

全ては神の御心という言葉で責任を丸投げしており、個人の中に主体がない。 それを人間と言っていいのかどうかわたしは迷う。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN170040X10C21A8000000/
【ニューヨーク=野村優子】アフガニスタンの首都カブールを制圧したイスラム主義組織タリバンのスハイル・シャヒーン報道官は、16日までに欧米メディアに相次ぎ出演し、「米国に対する攻撃はない」と話した。同氏は米CNNテレビやMSNBC、英BBCなどの取材に答えた。 シャヒーン報道官はMSNBCのインタビューで、「米軍や米国人がカブールから退避する際、攻撃されないことは保証されているのか」と問われると、「はい。米国に対する攻撃はない」と話した。さらに米国に協力した市民を罰したり、逮捕を強要したりすることはないと指摘した。 CNNで市民に対するコメントを求められると、「アフガニスタンの人々の財産や命に危害が及ばないことを保証している。恐れることはない」と述べた。カブールでは、多くの市民が国外脱出を求めて空港に押し寄せ、死者を出す混乱が起きている。 また女性の権利を守り、教育の機会を与えると指摘した。タリバンはイスラム教の厳格な解釈で女性の教育や就労を禁じてきた。  日経 817
==

勿論だからこれらの報道官の発言は嘘だ。 ツイッターにもチューブにも「 米国のスパイと勝手に判定されて斬首された死体」 がゴロゴロと転がっている、そうした動画が山ほど上がっている。 削除が間に合わないのだろう。 そして女性に対しての人権も基本守られない。 米国協力者の現地アフガン人の女性通訳だったと思うが「 ジーンズをはいている所をタリバンに目撃されて、彼女は殺された」 という風な情報が出ていた。

末端はだから理知的な行動が一切出来ていない。 略奪と強姦と殺人がベースであれらの集団は各都市の中で行動していると判定していいだろう。 そうした人間集団が部族の掟という設定条項のもとに寄り集まっている。 それらを本当に中国が完全の完全にコントロール出来るのか。

恐らく彼らですら何処かで手を退かざるを得ないのではないか。 それが見える。 今のタリバンの連中は「 自分たちの力で米国にもソ連にも勝った。 我々は神に祝福されている」 という方向性の心、そのコトバで脳髄が浸されている。 そして彼らは聖戦信仰を本気で信じているので、戦闘の時に渡されることの多い合成麻薬、錠剤の様なものであり興奮剤、これらを呑んでいるので更に知的演算能力が働いていない状態としてある。

中国は勿論アフリカ方式の延長でアフガニスタンを間接統治しようとする。 しかしタリバンの連中の気位の高さというものが何所かで暴発したときに、中国人の言いなりにはならない集団がどうせ何処かで現れる。 そして中国も今は昔ほど自由に使える工作費を捻出出来ない。

今の世界はあらゆる勢力が、自分の思った通りの理想を現実化出来ない… という設定にあるとわたしは勝手にとらえているが、その観点で今回のアフガニスタンの動きも見るべきだ。 中国とその賛同者のプロパガンダが今大量に飛んでいる。 米国はシステムとして負けた。 そしてこれからは中国の独裁と電脳空間を合体させた運用がこれからの人類支配( 彼らはこれを政治だとか行政だとかいうが) …における最適解だと。

そうかなあととりあえずわたしは言う。 それを阻むものが実は中国の中で恐らく相当広がっているウイルスだろうなあと捉えているから。

==https://www.setn.com/m/ampnews.aspx?NewsID=982751
北京だけではなく、世界各地で発生 山西省で炭疽病が9件発生、皮膚が黒くなり潰瘍ができる 北京で炭疽菌の症例が発見されたとき、当局は市民に炭疽菌への注意を促しました。 それからわずか3日後、山西省文水県劉鶴蘭の宝仙村では、9人の村人が四肢の発疹が水疱や潰瘍になり、かさぶたが黒くなったと報告している。 中国新聞網の報道によると、西部省衛生委員会は、山西省汶水県で皮膚炭疽の疑いのある集団発生を報告した。 8月12日、汶水県劉虎蘭鎮センター保健所は、同鎮の宝仙村の村民が、四肢に吹き出物ができた後、水疱、潰瘍、かさぶたが黒くなり、浮腫やリンパの腫れを伴う同様の症状を経験していると報告した。 村の9人が同様の症状を持つことがわかっており、そのうち4人が治療のために病院に送られ、2人が退院し、現在、村には他に5人の患者がいて、治療のために隔離されています。  817
==https://nordot.app/800028099376611328
フィギュア中国杯が中止 国際連盟、代替開催地募る
==  共同 817

世界各地で本当に炭そ菌が発生しているのかどうかわたしは知らない。 きいたことがない。 だからこれらの記事は、中国だけがおかしな事になっているのではない、ということの認識阻害工作だろう。 問題はこれらの炭そ菌が生物兵器であろうという事、そしてそれがやっぱり漏れたのか、又は農村戸籍の連中をいつものように人体実験として使ったのではないかという事。

それらの疑いをもたれても仕方のない事を中国はこれまでやってきた。 これからもそうだが。

冬季五輪を開催する事になっている中国において、その前の月などで国際大会をたくさん開催するのは普通の流れ。 しかしそれを、つまり11月予定の大会を今日の時点の日付で中止の発表をする。 これは北京五輪を前に、余計なウイルス拡散の可能性を潰すのだ… と捉えることも出来るが、そうではなくて、外国人を入れてしまうと全てがわかってしまうから、ではないかと捉える。

わたしはロシア経由でデルタ型が入ってきたのは本当だと思っている。 ロシアに出稼ぎに言っている労働者はシノバッグ、シノファームのワクチンを打って入国している。 だからノーガード。

それらの連中がロシアからデルタを持ってきて、そしてそれが中国の中でチャイナ型とでも言えるものに変異したのではないか。 これがカバーストーリーの一つ。 本当の本当は前述の炭そ菌をベースにした生物兵器は勿論中国はこれを研究開発していたが、これが漏れてしまったのではないか。

もしそうならそれは中国の中の習近平と江沢民の権力闘争ならぬ権力戦争がその段階まで移動してしまった事を意味する。 敗戦革命だ。 習近平体制を内部からウィルスでどうにもならない状況に追い込む。 政治的に敗北させれば江沢民勢力の復帰がある。 それらの動きにバイデン達が協力している可能性すら考えておかないといけない。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77405.html
カナダの防衛専門家によると、中国共産党(以下、中共)は、ウイルス研究を含む医療研究開発におけるカナダの知的財産に対し、スパイ活動を活発に行っているという。また、中共は、ウイルスを兵器化する可能性を示唆している。 12日付の週刊ビジネス情報誌「ビジネス・イン・バンクーバー(BIV)」によると、カナダのクイーンズ大学と王立軍事大学の教授で防衛専門家のクリスチャン・ルプレヒト(Christian Leuprecht)氏は、インタビューの中で、最近報道されている中国のスパイ事件から、「中国(共産党)はウイルス研究に非常に興味を持っていることや、少なくとも、そのようなウイルスを武器にする能力はあることを示している」と述べた。  大紀元 817
==

だから中国のイヌコロをやっているカナダにしても、今更だがこうした言わずもがなの報道が出てくるという事は、トルドーは明確にソロスによって見出されたキャラだ… と今、設定するのなら、カナダの内部のこれらの地底政府関係者においても、中国、正確に言えば習近平政権における中国に対しては切り捨てを決めた、という風にとらえる事が可能だ。

しかしそうではなくて、トルドーが武漢肺炎のカナダ国内での相当の蔓延によって、政治力がほとんどなくなるか弱まってしまい、今回の動きが軍の独自のものだったとするのなら、それを抑え込むことすら出来なくなっている、という言い方もある。

アフガニスタンはまだまだ収束しない。 年間90万人が生まれてくる。 それらの殆どは仕事がないから大部分タリバンの様な勢力に所属していく。 勿論前述のように読み書きが出来ないから理知的な思考と行動がとれない。 後から後から使い捨ての兵隊が補充される、そんな言い方になる。

だからタリバンが長期政権を保てるとは思えないというのは、これらの兵隊たちをまともに食わせる事が出来ないからだ。 それは中国がどれだけカネや物資を注ぎ込んでも砂に水をかけるように消えるだろう。 横流しなどが当然なのだから。

西側世界は、海洋国家連合は、だから自らを変えない地域に住んでいる人間と関わることをやめることを決めた。 それが「 脱石油からの水素社会」 という言葉の意味だ。 水素の原料は豪州で大きく生産できる。 いやその前に加水分解を含める色々なやり方があるか。

石油の価値がゼロになるとは言わない。 しかし大きく下がっていく。 その事に一番の危機感を覚えたサウジの皇太子が( 次期国王) 、必死になって石油以外のカネモウケの何かを探している。 これらの世界的な常識と事実を日本人だけが知らない。 その様に見える。

わたしが生きている間にニコラ・テスラの技術の解放があるとは思えない。 最近彼の業績情報の流通量が増えているなあとは思うが。 現実はそんなに甘くない。 だから目の前のもので世界を認識して構築するしかない。 あ、あと、アンモニア燃焼もこれから大きく出てくると思う。

この世界なるものは、それこそユーレイの世界に至るまで、資源とエネルギーの採掘強奪略奪確保で出来ている。 その基本設定を守ってあらゆる領域を観測しなおすと、いわゆるオカルトなる領域で足踏みしている存在たちがどれだけ馬鹿なのかと実感できるだろう。 勝手に言っているが。


  世界の実相を理解せよ


----
終了
----


  • [2339]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月16日(月)23時30分43秒
 
――――――――――
2021・816月曜(令和三年)
――――――――――

816に事実上アフガン全土がタリバンによって陥落した。 大統領府にはタリバンのリーダーたちが入場し、国家名を彼らが最初に発生してその勢力を拡大した時に採用した1996年の「 アフガニスタン・イスラム首長国」 に変えると宣言した。 現時点ではどこの国も国家承認はしていない。

しかし恐らくパキスタンあたりが動く。 そして中央アジアにおける各国がそれにならう。 中国は北京冬季五輪が終わったら( そもそも開かれるかは不明だが) 、喜んで国家承認をする。

これで彼らの野望としての一帯一路の空白地帯が埋まった。 イランから韓国まで長い通路が、廊下が、回廊が出来た。 韓国は彼ら国民は知らないがもう完全に中国の側だ。 だから敵になった。

その流動性の通路を通じてこれからたくさんの非合法物資が流れる。 それはウィルスから核廃棄物から人身売買の子供たちから女たちから。 そして臓器売買などの全て、盗んだ商品などの全て、これらが現代の邪悪なシルクロードを通じて流通する。

バイデンとマークミリーたちは明らかに愚かな判断をした。 今回の一件で彼らには日本の民主党政権の時か、それよりもひどい「 何の責任能力も解決能力も持たない無能を超えた集団」 だという事が明らかになった。 これで彼らが武漢の研究所からの漏洩は中国ではなかったと発表し、更に、明確に国際テロ組織指定されているタリバンの国家の誕生に、これに深く裏から彼らが関わっていたのは常識なのだから、それでも米国が北京五輪に反対しない、参加するとなるのだったら、もう我々の知っている米国はほんとうにいないのだ。 そう覚悟をしなければならない。

==https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20210815-00253276
 ――東トルキスタン・イスラム運動は、国連安全保障理事会がリストアップした国際テロ組織であり、中国の国家安全保障と領土保全に対する直接的な脅威となっている。タリバンは、東トルキスタン・イスラム運動など全てのテロ組織との線引きを明確にして徹底させ、断固として戦い、地域の安全と安定および開発協力の障害を取り除き、積極的な役割を果たし、有利な条件を作り出すことを期待している。   これに対してタリバン側は以下のように応じた。   ――タリバンは、アフガニスタンの領土を使って中国に不利なことをする勢力を絶対に許さない。アフガニスタンは近隣諸国や国際社会と友好的な関係を築くべきだと、タリバンは考えている。  となると、アメリカがNATO軍を従えて20年間も支援してきたアフガニスタン政府では成しえなかったこと(=テロ組織を撲滅させて紛争のないアフガニスタンを建設すること)は、中国がタリバンと手を握ることによって成し遂げるかもしれないという未来が、目の前にやってきているということになる。  遠藤誉 816
==

アフガニスタンが簡単に陥落したのはいくつかの原因がある。 しかし一番の原因とは、アフガン国民が自分で自分の国を守ろうという意志を、気概を、これを全く持っていなかった事にある。 全てを米国に依存して、他人任せで、更に米国から入ってくる資本などを、幽霊兵士の設定などを通じて予算を盗み取るということをやめなかった20年だ。 そんな連中がタリバン… つまり背後に明確に中国の支援、武器弾薬食糧などの支援と具体的な作戦計画書、そしてそれを教える軍事顧問団の派遣、常駐からなる教育、それらの集団に太刀打ちできるわけがない。

自分で自分の国を守ろうという気概のない国は全てこうなる。

中国は平和維持軍を駐留させるともう言っている。 事実上の中国の基地がアフガニスタンに出来る。 彼らは一帯一路に関わる全ての施設を守る。 そしてそれらの周辺に中国人たちを大量に移住させて、世界中でやっている 中国の租界 の完成を急ぐ。

タリバンは少なくとも初期の十年においては国造りの全てを中国からもたらされる「 人身監視、支配コントロールシステムの敷設」 によってそれを行うから、どんな事があっても中国に逆らわない。 それらの意志表明が「 東トルキスタン解放同盟とは完全に手を切る」 という宣言になる。

やり方の180度転換によって、今まではイスラム同胞を開放するという名目で破壊活動をしていたくせに、それを、ウィグルをいけにえに差し出すことによって自ら勢力の利権を甘受する側にあっという間に移動した。 だからアフガニスタンは本当に10年もしないうちに今のアフリカ各国がもはやどうあっても中国に逆らえないように完全に経済支配からの政治支配を受けているように、同じ道筋をあっという間にたどっていくだろう( これをやられているのが韓国であり、だから彼らの地から西側が資本を慌てて避難させている)。

==
ISIL関連組織  http://www.moj.go.jp/psia/ITH/image/img_isil_02.png
イラク・レバントのイスラム国(ISIL) | 国際テロリズム要覧2020 | 公安調査庁
http://www.moj.go.jp/psia/ITH/organizations/ME_N-africa/ISIL.html
==

しかしタリバンという勢力は上に見るように、この世界で力を誇っている中東地域とアフリカ地域のテロ組織とほぼ同盟関係にある。 そしてこれから間違いなくアルカイダが復活することになる。 それらを全て最初から分かっていてバイデン達は「 タリバンに渡る資金源を完全に切断することなく、それを緩和、自由化させて、その上で米軍の撤退を発表し、更に実際にそれをした」 のだから、なら次にどうなっていくのかは馬鹿でも分る。

今アフガニスタンの中では、米国に協力したとされる人間が捕まってその場で銃殺、刺殺されているようだ。 復讐という事になる。 これを既に分かっていたガニ大統領が813ー14あたりの時点でタジキスタンに亡命したのはこれは当然だ。 彼は真っ先に見せしめに殺される。

アフガニスタンといったら信義に熱いはずのパシュトゥーン人勢力などもいるはずだが、彼らの多くもタリバンの中に転んでしまったのだろうとわたしは判定する。

==https://www.reuters.com/world/uk/british-defence-minister-says-uk-will-work-with-taliban-should-they-come-power-2021-07-13/?rpc
英国防相、タリバンがアフガニスタンで政権を樹立すれば協力関係を築く用意がある
英国のベン・ウォレス国防相は13日、現地メディアに対して「タリバンがアフガニスタンで政権を樹立した場合、英国はタリバン政権と協力関係を築く用意がある」と語り大きな注目を集めている。
== ロイター 714

ただ一か月前に英国でこうした動きがあった。 これを中国をアフガニスタンに引き込む為の罠として英国がばらまいたというのなら、それはこれからもっと違った景色が見えるという。 しかしそんなに都合のいい事はどうせ起きない。 それほどに米国の自称バイデン政権と、彼に従ってトランプ大統領を追い落し、更にその後の存在そのものを抹消しようと… これは今でも画策しているが …マークミリー四つ星のあの野郎たち、これは本当に無能の塊(かたまり)なのだとわたしは判定した。

英国ではボリスジョンソンが、かつての英国がもっていたアフガニスタン回廊における権益と影響力を回復するのだと言わないばかりに勇ましいことを、816の時点では言っている。 それらが単なるポーズなのか、それとも米軍の中のミリー達とは反目している連中と繋がっているか、これはわたしには当たり前だが断言してあなたにいう事は出来ない。

==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021073000925&g=int
 【カンダハル(アフガニスタン)AFP時事】アフガニスタンの反政府勢力タリバンの牙城である南部カンダハル州で最近、ネット上で著名だった地元勤務の警察官がタリバンに殺害された。8月末の米軍完全撤退を見据え、全国各地でタリバンが攻勢を強める中、かつて世界に恐怖を与えたその残忍性が再び批判の的となっている。   警官は、ユーモアあふれる動画をネット上に幾つも投稿していたことで知られるファザル・モハンマドさん。2週間前、帰宅したところタリバンに拉致された。先週、モハンマドさんが後ろ手に縛られ、暴行されている映像がネット上で広まった。遺体を撮影したとみられる映像もあった。  タリバンは当初、関与を否定したが、映像が出回ったため29日になって殺害を認めた。タリバン報道担当者は「警官はコメディアンではない。複数の戦闘でわれわれの敵として戦った。拘束中に逃走しようとしたので殺害に至った」と説明した。  時事 816
==

タリバンは、というか今のアフガンは、法律というものが基本ない。 人々は力の強いものに接近し自らのみの利益を奪い盗るために必死に動く。 そういう事が出来ない庶民勢力は、ひたすら逃げている。 今首都から大量のアフガン国民が逃げている。 それらの大部分は前述した、米国と商売関係を構築することによって自分と家族と一族の利益を確保していた人びとだ。

これらの人々は全て公開処刑からの抹殺が待っている。 勿論家族も、子供も全て含めて。

彼らは人間の生き方を全てイスラム法とやらで判定している。 それは自分の判断を外に求め、そして最終的には自分なるものに一切の責任を取らない為にそれをやる。 それらの非合理な部分は簡単に相手を、関係者を殺害処分することで問題解決を行う。 それは解決とは言わないが。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/c07e13b261e89fdebe2a14c7f0195a54fb5e0600
東京大学は2021年6月16日、懸念すべき新型コロナウイルスの変異株が、日本人に多く見られる細胞性免疫「HLA-A24」から逃れることを発見したと発表した。同大学医科学研究所准教授の佐藤佳氏が主催する研究コンソーシアム「The Genotype to Phenotype Japan」による研究の成果だ。 新型コロナウイルスのデルタ株は、日本人の免疫から逃れる変異を持つ  monoist  628
==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77392.html
8月15日、山西省衛生健康委員会によると、山西省呂梁市の文水県で少なくとも9人が炭疽菌に感染していることがわかった。文水県は重要な牛肉産地で、患者はいずれも、肉用牛の飼養、屠殺、販売などに携わっていた。  大紀元 815
==

そうした心の型を持っている人間勢力が、中国という戦後体制を完全に儒教圏域における △ の支配構造、永久固定化された身分階層構造、身分差別制度、これを本当の本当に実行しようとしている連中をタッグを組んだらどうなるか。

彼らにとっての外=異教徒、はその存在を否定される。 生殺与奪は自分たちに勝手にあると空気の様に思い、当然のようにして動く。 それは中国の今の支配層達の初げにゃ行動を見ていれば分る。 あれのもっと酷いものが出てくる。

わたしは貴方がどのような考えを持っていても、それが精神世界的なものであっても、基本どうだっていい。 どのような座標に立っていたとしても、今目の前の動きを真剣に… 情報摂取の上からの自らの判断の決定、こうした動きを行わない人々を人間だとは思わない。 これを言う。 軽蔑の対象ですらない。 そのような価値すらない肉のかたまりだ。 ここまで言う。

これらの動きを「 カルマの解消だから仕方ないよね」 と上から目線で他人事で冷笑家として生きている者達は、わたしの文章を読むな。 不愉快だ。 自分が言っている思っているそのカルマの解消という「 判断そのまま全てが他人に判断を投げている状態」 でないと全くもって1ミリとも気づけない白痴を超えた馬鹿と接触するのはあらゆる意味で時間とエネルギーの無駄だ。

わたしはこれを何度も言う。 あなたは自由の側を選択するのか、それとも独裁の… 奴隷の生贄の系譜であることを選択するのか、と。 ハッキリしろボケ。 ここまで言う。

世界は恐らく今年の冬至に向かって階段を転げるように壊れていく。 年を超えて2月の頭の本当の新年を迎えてそれを過ぎたら、その動きを隠せなくなるのだろうな… というのが今のわたしの判断。


  人間であろうとするのなら、自由を求めよ


----
終了
----


  • [2338]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月15日(日)23時58分45秒
 
――――――――――
2021・815日曜(令和三年)
――――――――――

この下の動きは日本の農協を含め利権を守る形になっているが、今の時点における本当の解釈は違う。 それは中国がこれから本当に相当の深刻な食糧不足に陥ることが確定しており、これらの先物を通じて日本の穀物が海外に流出することを、少なくとも現時点では徹底的に防止する為に行われた措置だとわたしは判定する。 我々が想像する以上に中国は、そしてそれらの周辺地域はこれから飢える。 だから今の武漢肺炎における大拡散という認識状況も「 それらをアナウンスし、続けることで中韓北朝鮮などの謀略部隊の侵入を防ぐ」 という意味合いがある。

しかし政府は確か来月からだったのではないかと思うが、ビジネスマンに限っての入国の一日枠を3500人までに多少増やした。 矛盾している風にも見える。 しかしその判断は、実際の入国の国家目を把握してから後の事だろう。 中国はまだ分からないが、韓国に関しては相当絞っているようだ。

==
大阪堂島商品取引所(大阪市)が農林水産省に申請しているコメ先物商品の恒久的な取引ができる「本上場」を巡り、農水省は6日、認可しないことを決定した。国内唯一のコメ先物取引は本上場を果たせず、廃止されることが確実となった。  国内唯一の堂島コメ先物 廃止へ  ヤフー 86
==

中国はこれから毛沢東の時代に回帰する。 それが本当に成功するかどうかは知らないが、その途中過程で出てくるのは「 文化大革命と紅衛兵」 だ。 紅衛兵に関しては今の時点でネットの中にいる中国人部隊、集団とでも言える人々が、中国人らしからぬ発言や行動をする自国の人間を過去にさかのぼって徹底的に糾弾している。 そして勿論外国人にも噛みついている。 これらの殆どは政府が雇った工作員だと思う。 今のところは。 しかしそれらの動きにつられて、自分のない中国人が付和雷同するかのような流れ、これはあるだろう。

下の英語禁止、正確に言えば英語のテストの禁止からくるところの、海外からの精神汚染を少しでも食い止めよう、純化政策を取ろうというその動きは、わたしの目からしたらどうしても戦争準備の前の国民洗脳に見える。 日本人の我々は野球のストライクやボールを、よし、ダメ、とやっていた時代を持っている。 彼らはそこから後の歴史をつぶさに研究しているはずなのだが。

人間はその背後に大きな数を持っていると認識できるのなら( 人口だ) 、それは何所までも傲慢になれるのだろうという典型的な事例。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM103LU0Q1A810C2000000/
【上海=松田直樹】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が教育分野の監督を強めている。上海市は9月の新学期から小学生の期末試験で、これまで実施していた英語の試験を除外する。試験の回数も減らす。同時に小中高で「習近平思想」を必修にして思想教育は徹底する。学生の負担を軽減する狙いというが、長期的には人材の競争力に響く可能性もある。  日経 815
==

そしてアイコク純化を進めながらさらに、国民監視を強烈に進める。 内部からの黄巾党の現代版が出ないかと真剣だ。 これらの不満分子と英語をベースとした海外勢力が簡単につながっていくに違いないという実に単純な見方を中国共産党は国民全員に判定している風に見える。 物事はそんなに簡単ではない。

ついでに言っておけば、今中国で強烈なPCR検査とワクチンの強制接種の流れによって、中国の国内の一体どこに隠れていたのかもわからなかった時効間際の凶悪犯たちがたくさん逮捕されているという事例が報告されている。 日本でも10万円を支給した時に、なんだか社会の何処かに隠れていた凶悪犯、アカたちがのこのこ出てきて捕まったという報道を見た。

中国のそれはもっと規模が大きい。

==天網システム・サングラス型天網
https://i.imgur.com/823nYFI.jpg
https://i.imgur.com/BhYGt0B.jpg
共産党政権は個人の行動を監視するために、AIを駆使して指紋のほか声紋、顔、瞳の光彩、DNAなどのデータを収集し、監視している。収集した個人データは、「 天網( スカイネット)」 と呼ばれる個人情報バンクに集積されている。
==

更についでに言えば、日本で行われたPCR検査における日本人の遺伝データーは、巡り巡って全て中国に送られている。 そのような情報を見た。 ただしそれが事実かどうかはわたしは深く検索をかけていないので分からない。 ただあり得ることだろうなとは言う。

そしてそうしたデーターをもとにして、新たな生物兵器を作っているというわけだ。 人間は愚かだとしか言いようがない。 今の段階で儒教圏域、そして中国なるものとその周辺に大きなモデル化からの裁断を行えない人間は、これからの激動によってどうするのか。

誰か… はそんなに都合よく自分の代わりになんでもを判定してくれないものだ。

==https://www.usnews.com/news/world-report/articles/2021-08-12/china-prepared-to-recognize-taliban-if-kabul-falls-sources-say-undermining-us-threats
カブールが崩壊すれば、中国はタリバン政権を承認する見通し。ドーハで武力によるタリバン政権の確立は認めないと合意したばかり。これが正しいとすれば、バイデンの見通しはやはり甘かったことになる。パキスタンも追従するだろう。 マザリシャリフがタリバンに落ちたことで、中国からイランにつながるルートをタリバンが支配することになる。中国がタリバンの支配を承認すると、外部からアフガニスタンに介入することはかなり困難になる。  815
==https://nordot.app/799597886756339712?c=39550187727945729
2021/8/15 ? 共同通信  在アフガニスタン大使館職員、国外退避へ
==

しかし直近で一番問題なのはやはりこれ。 首都のカブールを意図的にまだせめていないのは( 他の州は全て陥落したようだ) …これは首都にいる西側の大使館員たちを逃がすための準備期間をおいているのだと捉える。 勢い立った兵士たちが首都に入ることによってどうせ戦闘になり、その事で西側の関係者を殺してしまったら、外のカネを当てにしているタリバンの目論見が崩れる。

そして最大限問題なのは、このタリバン=国際テロ組織指定されている、このテロ集団がアフガニスタンを全て占領したのだとして、それをいの一番に中国が国家承認したとする。 それはどういう意味を持つのか。 それは名実ともに中国が西側の各国から「 国際テロ支援国家」 の烙印を押されることを意味する。 それは何を呼び込むか。

北京冬季五輪の西側各国のボイコットだ。 しかしそれでも中国はそれを裏からの工作によって塗り替えようとするかもしれない。 もしそれが成功して西側国家が北京五輪に参加するという流れになったのだとしたら、それはバッハ会長にも、それにつながる西側関係者にも相当の相当なカネが流れたという事。 更に我々の理解出来ないような各種利権と。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/8cd2517ce13dde78ee0f4fdea6a1c8d48eae8d7c
CNN) 駐留米軍の撤収が進むなかアフガニスタンで支配地を拡大し続ける反政府勢力タリバーンは14日までに、前日に陥落させた西部の要衝ヘラート市で現職や元職の州知事、情報機関「国家保安局」の責任者やアフガン軍の軍団司令官らがタリバーン側に加わったと主張した。 この中には、ヘラート州知事や中央政府の閣僚も務めた経験を持つ著名な軍閥指導者のムハンマド・イスマイル・カーン氏も含まれた。タリバーンが公開したビデオ映像には、同指導者がタリバーン戦闘員のそばで話す姿も映っていた。 ヘラートは国内第3の都市。タリバーンの報道担当者は13日、記者団に同州政府の内務省幹部や数千人規模の治安部隊もタリバーンに合流したと述べた。  814
==https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3
ターリバーン、または自らを「アフガニスタン・イスラム首長国」と称するターリバーンは、アフガニスタンにおけるデオバンド派のイスラム主義運動・軍事組織、国際テロ組織であり、現在、国内で戦争、テロを展開している 。2016年以降、タリバンの指導者はハイバトゥラー・アクンザダである
== Wiki

だがそれを我々西側の庶民が目撃したのなら、我々の世界はもう真っ当な人間たちが支配層上層には位置しておらず、ひたすら自らの利益利権と、そして抱え持つ自尊心と権威と経歴を守るためだけに、絶対多数のほぼ全ての人類に騙しをしかけ続けるという答えが出ることになる。

それを何の疑問も持たずに受けていた庶民、つまりわたしや貴方たちの責任は相当に重い。 何故それらの悪逆を通り越した搾取の動きに、支配コントロールの動きに気づかなかったのか。 どれだけ馬鹿を通り越したうすらバカの低能だったのか。 これを知って、そして何としても自分を改変していかなければならない。 行動を変えなければならない。 それが出来ないのなら地球は動く。

わたしはその観点で西ノ島新党における巨大な噴火活動の再開( 814あたりにその予兆が報道された。これから島が更に拡大するだろう) …こうしたものを見ている。 人間のことは人間に任すという最終決定が下された。 だから人間は自分たちのこのどうしようもない世界を見つめて、その構造の不備を、不具合を、非合理なところを見つけて、それを改善する行動をとらなければならない。

成功しなくても、その行動をとり続けるという強い意図を、企図を持ち続け、自分の世代で出来ないのなら次の世代に渡すということのきちんとした動きを行い続けるのなら、恐らく地球はそれを一定の範囲で評価する。 ある程度の時間の延長や、出来る範囲の介助などを行う。

しかし何も気づこうとせずに、ぼんくらウスノロの侭に、ただ受け取る、ただ甘受するという座標から一切移動しないのなら、それは、そんなバカたちに地球表面上に生存されても地球にとっては損害しかないのだから、それらを速やかに消し去る、処分する。 これをやるだろう。 そう捉えている。

最後の舞台が本当に中央アジアから中央に移動しそうだ。 各国の思惑が山ほどあるにしても、結果としてこれらの動きは止められない風に見える。 その中で我々はどうあるべきだ。


  ま、平静、冷静であろうと努力することだわな


----
終了
----


  • [2337]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月14日(土)23時25分24秒
 
――――――――――
2021・814土曜(令和三年)
――――――――――

中国製のワクチンを何度も打っても何の効果もないことは、当の中国政府が一番よく知っている。 だからこれらのワクチンは単純に彼らのプロパガンダの道具として使われるだけになっている。

下の記事などにおいてはそれらの接種数が多いという事の宣伝。 それは分るのだが、その回数そのものすら嘘である可能性が髙いので、正直彼らの座標から出るコトバは全て廃棄したうえで、他の西側機関の調べた( それでもウソが多いが) 数字をもとにあれらの座標を認識する努力をそれぞれがするべきだという。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/65a514e075500961aeebe95647cc0e85cdb04e2a
【北京共同】中国政府は13日、中国本土で新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した人が約7億7700万人に達したと発表した。12日までの集計。昨年時点の人口(約14億1178万人)の半数を上回った。 内訳は明らかにしていないが、中国製ワクチンを2回打った人が大半とみられる。ワクチンの種類によっては1回で完了となる。 接種の累計回数は18億3245万回となった。
==

だからヒューマンライツウオッチが発表した( 英語圏だけのようだが、和訳を探したがなかった) 中国の全ての37省についてのデルタ型の蔓延からの、数十万人の死亡の発生、これはあり得ることだなとは思う。 ただし、この報道も今は西側から出ているプロパガンダ的色彩があるかもしれず、それらの全てを信じるわけにもいかない。 今の世界はこんなに面倒くさい事になっている。

ただ中国がほんの一人でも患者というか、陽性者が出たとたん、街ごと、住居区域ごと完全に封鎖してしまう動きを取るのを見ていると、恐らく我々がデルタだと認識しているものではなくて、デルタ型から更に進化したチャイナ型とでもいえるものが今中国内部を席巻しているのではないか… とどうしても考えてしまう。 彼らにはワクチンがないから、こうした都市封鎖、地域封鎖しか処方がなく、罹患した患者が治るか、死んでその死体から外にウィルスが飛び移れないような状況になればそれで問題の解決だ、と彼ら自身が決めているので、恐らく膨大な死者が出ているのではないかと思う。

中国では水害にあった被災者が寝袋( 実は遺体袋だった) …を見つけて、暖を取ることも含めてその中で寝ていたら、その袋ごと焼却炉に入れられそうになって、間一髪で暴れて助かったという事例が先週報告されていた。 だから「 生きたまま焼却、または埋める処理」 に遭遇してそのまま死んだ人間も相当いるだろうなあと判定する。

==https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20210813/pol/00m/010/006000c
望京には、中国電子商取引(EC)最大手、アリババグループの本社機能の一部が置かれるなどIT大手のオフィスが建ち並ぶ。そのため最近は住宅価格の高騰が著しく、封鎖された団地も、2LDKでも日本円で約2億円弱、3LDK以上なら3億円近い価格が相場となる高級マンションだ。 封鎖が決まると、この団地に住む約2500世帯は、団地の外には一切出られなくなった。中国メディアの報道によると、その決定があまりにも急だったので、出前の配達員や家庭教師など、用事で団地内にいた十数人も、そのまま団地内に閉じ込められたそうだ。  毎日 814
==

ただこの都市封鎖というか、都市封鎖に近い動きは「 アリババグループという、習近平体制に批判反抗的であり、明らかに江沢民勢力と繋がっている人間集団」 らに対しての制裁、いやがらせ、見せしめの可能性もある。 だからこの記事においては、確かたった一人の陽性患者が出たから今回の封鎖の動きになった、という風に説明しているが、陽性患者などおらず、ただ政治的な見せしめのためにこうした封鎖をやっている可能性もある。 それくらいに中国における権力闘争は本当に激化しているのだ。

今の中高生の庶民階層は、心の底から習近平路線を支持している。 それは日本に留学を希望する学生らへの聞き取り調査を行っている人物がツイッターなどに書いていた情報。 恐らく本当だろうと思う。 江沢民、胡錦涛のこの時代で中国の中では格差が強烈になった。 差が開くばかりで更に固定化されていった。 そうした動きから真っ先に取り残されていったのが庶民階層になる。

ただそれらの留学希望の中高生たちが、農村戸籍なのかどうかに関してはこれらの情報発信者も分からなかったのだろう、触れていなかった。 ただ農村戸籍の連中で留学などという選択肢は基本ないので、恐らく都市戸籍の、両親は普通の何処かの企業勤めの子供たち、ではないかと思うが。

==https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121000187&g=int
モスクワ時事】ロシアで核戦争などの非常時に大統領らの空中作戦指揮所となる政府機から機器が盗まれる事件が発生し、内務省は9日、捜査を開始したと発表した。「終末の日の飛行機」とも呼ばれる同機の情報は最高機密とされる。ペスコフ大統領報道官は「非常事態」と述べ、再発防止策を取ると表明した。  2020/12/20
==https://www.detroitnews.com/story/news/local/michigan/2021/07/29/radioactive-material-missing-michigan-nrc-says/5411807001/
放射性物質がミシガン州に向かう途中で行方不明になったとNRCが発表 米国原子力規制委員会(NRC)の報告書によるとオハイオ州の企業からミシガン州に送られた放射性物質は目的地に到着しなかった  デトロイトニュース
==

我々が中国のこれからの暴走の可能性を見ながらしかし、その背後では上の様な核物質の紛失であるとか、兵器管理に関連する何かの機器が盗まれたりなどという動きが起きている。 それらの背後には普通に考えて武器商人だとかテロリストだろうとみる。

わたしは少し前までは、つまり武漢ウィルスが出てくる前までは、これからのテロは放射性廃棄物だとか使用済み燃料だとかを粉末にして、それを散布する、または通常爆発物に混ぜて周辺環境に四散させる、汚い原爆、これが主流になると思っていた。

今はウィルスばかりに目がいっているが、放射性廃棄物を大量破壊兵器として使ってはならないという国際取り決めは、厳密の厳密に言えばない。 わたしはそう判定する。 核拡散禁止条約を隅から隅まで読んではいないが、あれらに具体的な核テロに関わる詳細な文章はなかったと思う。

そして放射性物質散布なども、実に使い勝手がいいのだし、少人数で実行可能だから、これからの主流になるとわたしは捉える。 今アフガニスタンがタリバンに完全に占領されようとしているが、そのタリバン勢力などがこれからそれを真っ先に使いそうな予感がある。 売る奴がいるからだ。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77305.html
米バイデン大統領は11月、世界の民主主義国のリーダーを集めた首脳会談「民主主義サミット(Democracy Summit)」を12月9、10日の2日間にオンライン上で開くと発表した。 同盟国との絆を強化し、中国への牽制を本格化する動きとみられる。本会議には台湾が出席する可能性があり、中国側が猛反発することが考えられる。  サミットには民主主義国の首脳、市民・慈善団体、民間部門の代表などが参加する予定で、「権威主義への対応」、「腐敗の追放」、「人権尊重」の3つの主要テーマについて議論する。  大紀元 814
==

この動きも「 台湾=江沢民勢力の牙城」 …を守るための動きなのだと一旦モデル化というか仮説を立ててみると、今の民主党政権とやらの連中が、本当は何を目指しているのかが見える。 彼らは江沢民勢力の関連企業などに投資を山ほど行っている。 だからその自分のカネを守らせるために国軍を私的に運用し、更に政治的に見える表現を行っているに過ぎない… のかもしれない。

ただ、今の動きはどうも明らかにバイデン達とやらの手を離れて、米軍の一部の勢力、そして地底政府米国愛国派=右派、の連中が全体を動かしている風に見える。 勿論それらのハンドリングをとられたままではいられないので、欧州と中国( 江沢民勢力) と深くつながった、ガーファやらビッグテックやら、そしてマスコミ極左たちが変動要因として近づいたり離れたりしているのだろうなあと思う。

824に武漢のウィルス研究所から漏れたか漏れないかということの報告書が出る予定。 1週間ほど遅れる可能性はあるが、その文面でこれからの米中の動きが大きく見えるという。 ただアングラ情報だが、うさん臭いが、826において米中における大きな動きがあるという情報が出ている。

裏で結局握ってしまうのかねえ~ と棒読みで言っておく。 そうなると米国は完全に西側陣営の長であることを事実上止めたに等しいから( 勿論表面は全くそう取られない動きになるが) …我々の日本としたら、奪われている状態の米国を切り捨てることなんてどうせ出来ないが、しかし新たなグループ作りをしておかないと本気で危ないな、とわたしはどうしてもそれを思ってしまう。

地球が開く前には、扉の前のゴミをたくさん片付けておかないといけない。 どうしても。 だからこれからそれを我々は目撃することになるのだろう。 わたしはそう判定している。


  地球が開始する日


----
終了
----


  • [2336]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月13日(金)23時58分55秒
 
――――――――――
2021・813金曜(令和三年)
――――――――――

中国でダムの無断放流が続いている。 事前告知をすると地方の行政、つまり共産党の責任の追及を住民らから行われる可能性がある。 だから彼らは夜間に無断で放流する。 地方の行政府に強制執行権を与えたから、ある意味以前よりは遙かにハードルが低い。 なので広範囲な水害の動きは、その地域における軍事基地か、共産党関係者の持ち会社、工場などを守るか、又はダムそのものを守るためにどんどんと放流されているようだ。

ちなみに今は三峡ダムの事が全く話題にならないが、どうやら流入量が放水量を超えた状態だ… というのが813の情報。 ただし今どうなっているかは不明。 中国は本当に情報を隠ぺいしている。 後は、これらの情報発信を行っていた関係者が忙しいのか武漢肺炎にかかったのか、数値の更新が出たり出なかったりしている。

そして下の湖北省の動きは近くの湖南省にもつながっており、そこから先には三峡ダム。 だからこの情報だけでも何となく何かが起きているのは分る。

==https://www.ntdtv.com/b5/2021/08/12/a103188839.html
湖北省随州市は、8月12日の早い時間に突然の大雨に見舞われ、柳林小鎮が最も重要であった随州郡の多くの町や村に洪水を引き起こしました。 ビデオは、通りが急速に浸水し、いくつかの店が水没し、水位が2階に近いことを示しました。 現在、地域は水と電気を遮断し、町の中心部での通信は遮断され、町への道路も遮断され、一部の人々は流されましたが、具体的な犠牲者は不明です。 湖北日報は、随州市の141の貯水池が溢れている間、Suixian郡のHuantan貯水池が水門を開いていたと報告しました。  大唐人 812
==

水害によって密状態が発生し、その状態で、菌保有者の人間の肉体を苗床として武漢ウィルスが変異をしているのではないかというのがわたしの見え方。 武漢ウィルスは他の国でもあったが、病院などにおいて密接につながっている空間で変異しやすかった。  たしかそれは初期型、つまり武漢型と言われたものから英国型に変異した時に報告が出ていた。 それらの性質が変わっているとは思えない。

ヒューマンライツウオッチが、812の報告なのだと思うが、中国の37の全ての省において武漢肺炎デルタ型が猛威を振るっており、今までで数十万人が死亡したが、中国政府はそれを隠ぺいしていると非難があった。 ただしそれらの報道が政治的なものかもしれず、そのまま鵜呑みにすることはできない。 しかしそれを踏まえてやっぱり大量の中国人たちが武漢肺炎によって死亡しているだろうという事。 そしてわたしはそれらはデルタ型ではなくて、変異した「 チャイナ型」 ではないかと疑っている。

デルタ型からラムダ型に変異しているが、それが今やイオタ型だ。 変異するたびに伝染力と致死性が強まっている。 ただしそれらはワクチンを世界に普及させ続けたいという思惑の元に流されている加工されたウソ情報かもしれないので簡単に飛びつかないほうがいいだろうという。

==https://www.rfi.fr/cn/%E4%B8%AD%E5%9B%BD/20210812-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%96%AB%E6%83%85-27%E4%B8%AA%E9%AB%98%E9%A3%8E%E9%99%A9%E5%9C%B0%E5%8C%BA-139%E4%B8%AA%E4%B8%AD%E9%A3%8E%E9%99%A9%E5%9C%B0%E5%8C%BA?ref=tw_i
中国当局は11日、江蘇省、湖北省、湖南省、河南省、雲南省、浙江省に分布する、輸入された20例、地元で確認された61例、無症候性感染症11例を含む、81例の新しい冠状動脈性肺炎が確認されたと報告した。中国は本日、現在の9つの高リスク地域と27の中リスク地域を発表しました。これまで、中国本土には27の高リスク地域と139の中リスク地域があります。 今日の中央通信社の報告によると、江蘇省揚州での地元の新しいクラウンウイルスの流行は最近深刻であり、地元の地域はいくつかの地域で流行のリスクレベルを調整しました。高リスク地域と27の中リスク地域。これまで、中国本土には27の高リスク地域と139の中リスク地域があります。 27の高リスク地域は、雲南(1)、江蘇(10)、河南(13)、湖南(3)に分布しています。 さらに、江蘇省49、河南省39、湖南省25、四川省2、湖北省8、雲南省5、山東省3、海南省2、福建省を含む12の省に139の中リスク地域が分布しています。北京に2つ、上海に2つ、内モンゴルに1つ。
==

そしてこの武漢ウィルスすらも、彼らの国内における権力闘争からの動きの結果かもしれないことは言った。 習近平側は江沢民側を叩き潰すために経済装置の各種を法制度の改変と人事の発令によって破壊しているのだし、水害においては、江沢民勢力の牙城の省においてはおそらく不作為によってこれらの被害を拡大させる方向に向かわせる。

すこし前に鄭州における工程大学の、その周辺の地下にある地下施設が台湾侵略の為の総司令部であったとの情報があった。 しかしこれらを出していたのが江沢民勢力のスピーカーたちなので、そのどこから何所までが信用出来るかは不明だと言った。

台湾は江沢民の牙城である。 一旦こう捉えると今の中国の国内で何が起きているのか。 そして米国におけるバイデンと愉快な仲間たちは大きなところでは江沢民勢力と握っていたのだから、彼らの反中的な態度とは、そのまま反習近平なだけなのであり、実は彼らは今の王朝の習近平を追い落とすための動きを江沢民らと結託して行うことにより、彼らの勢力に投資した自分の、米国の側の、民主党関係者の側の利権を、利益を守ろうとしているだけだ… この解釈はただしい。

完全なる正当なモデルだとまでは言わない。 しかし概ね平易な説明として多くの人々に受け入れられるものだと判定する。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/2a71b17c2c929c0152884d8e7b339bf3c2ef2595
 自由主義国家は、毛沢東を目指すという習政権の増長をたたき潰さなければならないが、仮に習政権が崩壊しても、その後江沢民派が政権を掌握し、米民主党政権とタッグを組むことになるのは日本にとって悪夢以外の何ものでもない。  戦前、民主党のフランクリン・ルーズベルト大統領が日本を執拗(しつよう)に攻撃して「真珠湾攻撃」に追い込み、日系人の財産を没収して強制収容所に送りこむという蛮行を行ったのも、日本が大陸進出という形で民主党の中国利権に踏み込んだことも一因ではないかというのが筆者の考えだ。再び日本が標的になる恐れがある。  要するに、日本は習政権という「前門の虎」と江派という「後門の狼」に挟まれているのではないかという懸念だ。
== 813

しかし罠がある。 それは日本人の我々からしたら習近平であろうが江沢民であろうが、どっちも握ることは出来ないキャラたち、その背後勢力たち、であるということ。 どっちに転んでも人間を奴隷のように支配するという明確な目的をもって現世に生きている人たちだ… という解釈をしているので、これらの上の解説というかそれは、少し甘いというか、結果として日本人を騙すための言説になってしまっているな、惜しい事だ、というのがわたしの判定になる。

ただし米国民主党の連中がこの浙江省財閥の、江沢民財閥の関係者たちと握っているという概念は大体はただしい。 結局それは、中華人民共和国建国というものの本当の歴史を知ろうとしないとそれらの全体像が理解できないだろうという事であり、当時のロックフェラー旗下の米国資本家勢力がどれだけ共産党に肩入れしていたのか、だ。

フライングタイガー隊だったかフライングシャーク隊だったか忘れたが、民間傭兵部隊という名目で米国は日中戦争に大きく参戦していた。 他にもあるが。 だから我々は前の戦争の、本当の意味における利害関係者の露見とその全体理解をしなければならないのである。 でないとずっと騙されたままであり、奪われたままの自分に気づけないまま、そのままで死ぬ。 生贄の系譜だ。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77190.html
米海軍は海兵隊と共同で冷戦以来最大規模となる演習「LSE2021(Large-Scale Ecercise 2021)」を実施している。演習は17のタイムゾーンにまたがり、米海軍の5つの艦隊と、海兵隊の3つの海兵遠征軍が参加する。最新の戦術とテクノロジーを検証し、グローバルな脅威に対応する能力を強化する狙いだ。南シナ海に基地を建設し、台湾への武力侵攻をも辞さない中国共産党への強いメッセージとなる。演習は16日まで。 米海軍と水陸両用部隊の共同演習は、冷戦時期の1981年に行われた「Ocean Venture NATO」以来で、実に40年ぶりとなる。この期間に兵器や戦術が大きく発展しただけではなく、米国にとっての最大の脅威も、旧ソ連から中国共産党に変わった。なお、米軍の公式発表では仮想敵国について言及はない。  大紀元 813
==

だからこの動きも「 江沢民勢力の牙城の台湾を守るために米軍を動かしているバイデン政権」 という風に読みかえればまた違った見えたかになる。 しかしわたしはそこまでバイデンなる人間と彼を押し上げた米国の金融支配勢力、つまりウォール街の一部の勢力が、米軍にそんなに強い影響力を持っているとは思っていない。

勿論軍産などの力もあるだろう。 しかしそれだけで米軍の全体を好き勝手な方向に動かせるとは、これは少しマンガじみた考えだ。 大きな組織は大統領を自称するあれらのじーさんがどれだけ彼にとって都合のいい命令を出してもいう事はきかない。 というか今思い出したが、バイデンは今でも足にGPSをはめているという話だ。 本当かは知らない。 それらが事実なら実際に力を動かしている行動の主体者は軍の中の誰か、それらの集団ということになる。

米中が今の時点でどちらも敵なのだ… という設定を真だとするのなら、まずは米国の中の日本の味方勢力を探すところからしないといけないのだし、更に今の米国の状況を自国にとって不利益だから何とか事態を改善していきたいと思っている第三国を探す必然がある。 だから日英が接近しているのは当然であり、それらの流れにインドと豪州が今のクワッドよりももう一段階深い関与でこれから出てくるとわたしは捉えている。

インドのNATOとの急接近、これを誰が水先案内人をしたか。 わたしには日英にしか見えていない。 わたしはそんなに遠くない将来に、クワッドとNATOの包括的な色々な協定が結ばれるだろうし、それが結ばれることが両地域における自由主義陣営の側の利益になると両方の支配層が考えてそれを行動に移すだろうと判定している。

だからこの大きな動きの最初の種を世界に埋めてそれらの芽を出させた安倍首相と麻生首相と、実は菅首相のこのラインは、既存の世界のことかもしれないが、人類史の安定にとってものすごい大きな貢献をしている。 そういう。 だからこれらの巨大な功績の前に、日本の、世界の、特に儒教圏域からの非論理的な批判の、非難の数々に付和雷同するような馬鹿たちは、ただの後天的知的演算障がい者にしか見えていない。

彼らは人類の世界に何の貢献もしていない。 これからもしない。 ずっと。

そういう新たな知見を獲得すれば同じものを見ていても解答が変わってくる。 それらの答えがより合理的で機能的で効率的なものになるように人間とは生きている。 それを各人が目指す。


  行動を伴う智慧こそがカギなのだ


----
終了
----


  • [2335]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月12日(木)23時55分20秒
 
――――――――――
2021・812木曜(令和三年)
――――――――――

イベルメクチンの有効性、服用量など
https://flccc.net/flccc_alliance-i-maskplus-protocol-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9ejapanese/

世界の支配層たちが直近の利益と、あとは彼らが勝手に構想しているのであろう人口削減に関しての行動、そして恐怖をベースとした行動支配、つまりワクチンパスポートの人類への強制という動きに向けて邁進中だ。 しかしそれらの思惑は恐らくそんなに上手に実現しない。

それは今の現時点の地球という領域における動きの基本総則が「 たくさんの座標があって、それらのどれか特定の小さな座標が伸びあがる事を許さない」 という流れになっているから、とわたしは勝手にとらえている。 つまり善悪だの白黒だの勝手に自称する様々な勢力=座標、があるだろうが、それらの誰かが独り勝ちすることは許されていないと言える状況の発生が恐らく起きている。

それは人類領域に大きくエネルギーをため込むための動きだ… と勝手に規定することは出来るが、勿論わたしには全く分からない。 人間ごときが今起きている現象を、それぞれに都合のいい物語として解釈するのは結構だが、実際にはそれは水面というものを見ているだけであり、それすらどうせ間違っているだろうが、その奥底でどういった激流の変化が起きているかはどうせ分からないのだ。 それらを踏まえてこれからの混沌の未来を捉えたとき、2015年の春ごろに降ろされた新しい黙示録… これらの周辺情報から発信された内容すらこれから変化する可能性があるということだ。

そして今の時点でヨハネの黙示録などはその多くが廃棄されているだろう… にも拘わらずこれらの概念を人々に投げつけて、結果としてコントロール支配を仕掛けている勢力は一体どっちの側に立っているのか、これを理解する必然がある。

==https://jp.sputniknews.com/covid-19/202108118614508/
米ニューヨーク市保健局とコロンビア大学メールマン記念公衆衛生学部の専門家は、新型コロナウイルスのイオタ変異株は感染時の致死率を上げる可能性があるとの見解を示した。査読前の論文がmedrxiv.orgに掲載された。  研究チームは、ニューヨーク市で2020年11月から2021年4月までに収集された疫学データを分析。他の新型コロナ変異株と異なり、イオタ株は致死率を上げ、年齢45-64歳のグループが感染した場合に46%、65-74歳が感染した場合に82%、75歳以上が完成(原文ママ)した場合には62%上がることが確認された。  スプートニク 812
==

これらの変異体の情報が、本当の事なのか、または人々を恐怖の状態に陥れ、混乱状態を継続させ、その事でワクチンを永久に打たなければならない体制へ向かわせる布石なのか、または人々が躍起になってワクチンを打つことによって、ウィルスの側が生存選択圧力というものを受けて、自らの体を変えていったのか、これを冷静に見極める必要がある。

イベルメクチンを万能薬だとはいわない。 インドでは相当効いたようだが、南米ではそうでもないという報告があった。 しかしこれらの報告はアビガンの使用特許をとった中国が流しているウソである可能性もある。 何故なら直近においてイスラエルでは、そのイベルメクチンをベースにしたかような、RNA転写阻害薬剤とい言えるケミカルからなる治療薬が、これが相当効いたという報告があったからだ。 人種や環境による違いなのか、正直分ってはいない。 しかし概ね効く。 そしてイベルメクチンやアビガンなどは基本的に代謝によって外に出ていく。 これが一番重要だ。

MRNAはずっと肉体に残る。 これがどのような動きをするのか人類は本当の所は分かっていない。

==https://www.epochtimes.jp/2021/08/77100.html
中国教育省は2日、全国の農村や少数民族が暮らす地域の幼稚園で、すべての教育を標準の中国語「普通語」で行うよう求める通知を発表した。中国共産党の少数民族に対する同化政策が背景にあるとみられ、中国共産党の一党支配をさらに強固にするのが狙いとみられる。 この通知は、政府の公式ウェブサイトに掲載されたもので、「就学前の子供たちの普通語を強化することに重点を置く」とし、今年の秋学期から実地される予定。  大紀元 812
==

世界にウィルスを使ってのホロコーストを仕掛けた中国が、国内においては「 中国は単一民族の人々からなる国家である」 というフィクションを現実化するための、実際的な他民族言語の禁止、廃棄に向けての動きを強化し始めた。

背景にあるのは、単一民族の中国人が毛沢東思想によって国家建設に成功し、習近平思想によって経済的大繁栄と武漢ウィルス於ける世界で唯一の完全な克服を果たした国家… 人類の全ての頂点に立つ国家、という概念の普及、そこからの多くの中国人たちにこれからの世界に向けての謀略、戦争、これらに強制的に参加させるための社会空気の醸成、こういう言い方をする。

==http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/11/2021081180051.html
中国と対立してきたバルト三国のリトアニアに対して、中国政府は自国の大使を召還すると10日、明らかにした。中国はまた、リトアニア政府にも駐中国大使を呼び戻すよう要求した。このため、大使級の両国関係が代表処レベルに格下げされる、あるいは断交につながる可能性があるとの見方が出ている。  中央日報 811
==

だからそれらのファシストに一番反応するのがやっぱりユダヤのリトアニアになるのだし、この上の動きの悪手だなと思えるのは中国がリトアニアを完全敵視して、こうした排除を強めていくと、これからの世界の流れ次第では簡単にリトアニアに追随する他の国家が出てくるのを急速に呼び込んでしまうというそれ。 まず他のバルト三国であり、更にポーランドあたりがそうなる。 しかしポーランドは今中国との経済的なつながりが切れると国内の整備もままならない。

彼らが中国人や北朝鮮人の労働者の輸入をやめる算段がついたのなら、そうした反転の動きもある。 しかし現実はそんなに簡単なものではない。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/76793.html
2021年6月下旬にピュー研究所が発表した調査報告書によると、世界17か国の先進国のうち大多数の15ヵ国で前回調査に引き続き中国に対する否定的な意見が際立つ結果となった。 ピュー研究所が実施した欧州、インド太平洋地域、北米一帯の1万8,850人を対象とした調査の報告書には、「調査対象の大半の先進国における大多数の回答者が、中国に対して広範にわたり否定的な見方を示した」と記されている。 また、アナリスト等の見解によると中国共産党(CCP)が範囲を拡大して自国の宣伝活動を強化しているにも関わらず、ほぼすべての調査対象国において中国に対する見方が過去最低水準またはその近辺に留まっている。  大紀元 812
== https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77185.html
報告書によると、スパモフラージュはコンピュータで生成された「架空人物」の大規模なネットワークを使って、中国共産党のプロパガンダを宣伝し、西洋、特に米国の信用をおとしめようとしている。ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブなどで最先端の人工知能(AI)によって生成されていたボットが利用されている。 報告書は、いくつかのユーザーアカウントは、他の人が所有していたアカウントをボットが乗っ取ったもので、中国共産党のオンラインプロパガンダ作戦を実行するために使われていると指摘した。 CIRは、ソーシャルネットワーク上で使用されている特定のハッシュタグにパターンを見出し、中心となるアカウントのコンテンツやハッシュタグを後押しする複数のアカウントを発見した。CIRは、コメント、リツイート、「いいね!」の比率が「非常に不自然」であると指摘した。
==  大紀元 812

そして中国は上の動きなどを通じて、特にネット世界に有名中国人とでも言えるものを作る為に腐心してきた。 中国が売り出そうとしている外国人、そして日本の中で活躍しているとされる中国人が、やたらとキチガイじみたイイネだとかフォロワー数を獲得することにおかしさを感じない人間は、そろそろSNSから足を洗った方がよい。

ユーチューブにみられるような、フォロワー数の人造増加と再生数の増加による、収入としてユーチューブから多額な金銭を受け取る人間たちが、それらの入金されたカネを中韓などの関係各機関、人間集団に振り込んでいないかを真面目に調べたらいい。

SNS空間におけるイイネだとかフォロワーは既に、カネの為か支配コントロールの為にあるもの。 だからわたしはこれらの概念にこだわっている人間をまるで腐った何かを見る風な目線で認識している。 わたしはこれらの概念の背景に全く気付こうとしない「 自ら知性を捨てた馬鹿たち」 が本当に嫌いだ。 自分の行っている作業行動が、それらの情報発信者の支配コントロールに直結しているだとか、その背後勢力の道具となって使われているという察知が全くない馬鹿たち。

しかし彼ら彼女たちは自分が賢いだとかいいひとだとか、これを本当に思っている。 処置なしだ。

この現実世界は人間支配のコントロール手法に充ちている。 少し前は権威と常識とやらで。 今はこうしたSNS空間などにみられる、見えない形での支配、そしてそこからの奪い盗りが標準仕様になりつつある。 それらから抜けよ、とわたしは言う。 でも誰も抜けないが。

人間ごときが何を想起して認識して思考して行動してもそれはたかが知れている。 全ては間違っていると大きな力によって決めつけられる。 しかしその中にも、真実をつかもうとする方向性というものを保持しようとするのなら、その様なこころの種を持とうとするのなら、この宇宙においては本当の本当はサイズや距離や時間などは無いのだから、それらの情報単位は必ず伝わるし保持されるし更新される。

自分一代で全てが解決すると傲慢の海に溺れている人ばかりだが、そこから離れるためにはどうするべきなのかをそれぞれの個人の、それぞれの違うやり方で模索していくべきだとわたしは勝手に主張するのである。


  傲慢と耽溺と拘泥の海から抜けよ


----
終了
----


  • [2334]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月11日(水)23時56分32秒
 
――――――――――
2021・811水曜(令和三年)
――――――――――

中国の水害が想像を超える程のものの様だ。 しかし情報が本当に出ていない。 これらの情報の拡散は、テンセントを没収している中国共産党、または人民解放軍の内部からの何かの手引き、統制の緩めている部分がなければ本来外に出ることはあり得ない情報だから、内部における江沢民勢力と習近平勢力の暗闘が激しくなっているというのが見える。 またこの二つの勢力を互いにく合わせて両方とも弱体化させて、自分が新たに浮かび上がろうという第三の勢力も中国にはある。

だから様々な内部抗争が、これが激化している。 昨日に採用した中学生がワクチンを投与したら即座に気絶してそこから死亡したという動きなどは、本来は絶対と言っていいほど出るはずがなかっ他情報になる。 ということは、共産党の全体の統制がやっぱり緩んでいるか、または共産党という組織の内部における仲たがいの拡大、これが強まっていると捉えてよい。

現場の検閲関係者は最終的な決済を必ず上司にあおぐ。 中国は全てそのシステムになっている。 だから上の方で対立が強まると、それらの最終判断が遅れる状況が生まれ、現状維持という部分がどうしても出る。 以前弁公室の何課だったか忘れたが、国家の為に忠誠を誓うような、内政の取り締まりに関わる大量の国民への逮捕の動きをやっていた部署があるのだが( 8課だったかな) 、これらのボスが政変によっていきなり逮捕投獄されたことがあった。

それ以来、国内統治に関わるような部署においても、責任回避のために全力を尽くす動きが強まっている。 そういうものが未だに続いているのだなというのが何となく見え隠れする。

==
鄭州市の空撮写真 水害遭難車両4000台以上
https://www.youtube.com/watch?v=qNH8cDq_a9U
ーーー
四川省で豪雨 またもや通告なしの放水で深刻な水害
https://www.youtube.com/watch?v=CqmHBDwEZPQ
==
腸へい短鎖脂肪酸 ? Treg@Immune_Power
四川省で豪雨 またもや通告なしの放水で深刻な水害
https://youtu.be/CqmHBDwEZPQ  事前通告なしで複数のダムが放水。 日本もこれに近い状況になってきた。 大手メディアは何の役にも立たなくなってきた。
https://twitter.com/Immune_Power/status/1425233444087361540
==

鄭州のトンネルは最終的には中で26000人が概算で水死したとされる。 これは市内の地下鉄の犠牲者を含んでいない。 それを足すと恐らく本当に4万人に近い数が一気にこの世から消えた可能性がある。 勿論中国政府は一切を報道していないので推測するしかない。 今は燃やさず埋めているのでそれらがどうなっているのかを物的証拠からの見地で読むことが出来ない。 恐らく砂漠地帯に持っていっているだろうなあと思ってはいるが、そこまで運ぶのが燃料代がかかるということで、もっと近い場所かもしれない。 中国の場合、それらの遺体を家畜のえさにするという事すらやりかねないので、これから彼らの国があらゆる病原体に充たされる状況、これが近づいているのではないかとわたしは想起している。

四川省では昨日の段階でおよそ100万人が被災したとされている。 しかし中国は勿論何も発表しない。 これも上流のダムを無断放流したことからの人災のようだ。 そして地方政府に行政強制執行権を与えたということの表現が恐らく今回の人災だから、これから似たような事例が山ほど出る。

わたしは台山の原発は相当に深刻だと判定しているので、これらの地域における強制執行からの住民への銃撃… それらが現実化するのも近いと見ている。 これも想起の一つ。

==https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210810/k10013192521000.html
中国政府は、新型コロナウイルスの1日の市中感染者がおよそ半年ぶりに100人を超えたと発表し、
当局は人の移動の制限を強化しています。 中国の保健当局は、新型コロナウイルスについて、無症状や海外から入国した感染者を除き、9日に新たに全国で108人の感染が確認されたと発表しました。 市中感染者が100人を超えたのは、ことし1月24日以来、およそ半年ぶりです。 中国では7月以降、市中感染が拡大していて、政府の発表では、これまでに17の省や自治区などで感染が確認されています。 その多くが、感染力が強い変異ウイルスの「デルタ株」とみられ、当局は夏場の観光シーズンに、人の移動で感染が拡大することに警戒を強めていて、不要不急の用事で地元を離れないよう、各地で通知が出されています。 NHK 810
==

市中感染者がたった100人でこんなに大騒ぎするわけがない。 もっと多い。 それが1万人か10万人かは分からないが、もうそういうレベルだろう。 水害において住んでいる所を追い出された住民たちで、本貫が他の省にある人々は、どうやら集団で移動しているようだ。 しかしそれらの集団が本当に移動できたのかは知らない。 恐らく全土で交通網における封鎖が行われているから。 これらの情報も一切出てこないので分からない。 しかし中国なら必ずそれをやる。

彼らは武漢ウィルスとの共存という戦術を採用しない。 これからは知らないが。 それは今度の北京冬季五輪においては「 全世界で真っ先に武漢肺炎を完全に撲滅した偉大な国家中国」 というものが背景のテーマに本当に設置されており、これを実現するためになら、ほんの少しの症状を持つ人間であっても( つまり無症状者であっても) 躊躇なく家屋に閉じ込めて入り口を溶接封鎖するのが今の中国だ。 だから強権はこれから更に強まる。 しかしデルタ型なのでそんな事をしても無意味だ。 事実上の空気感染と言ってもいいほどの感染力をもつのだから。

==https://www.swissinfo.ch/jpn/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9/46858706
WHOは中国で新型コロナウイルスの発生源を特定するよう米国から圧力をかけられている。だが決定的な証拠は今のところ見つかっておらず、ウイルスが武漢ウイルス研究所から流出したとする論文は科学界で批判されている。 これは中国政府が主張するストーリーで、あらゆるメディアで広まっている。論文は確かに議論が分かれているものが多いが、中国はWHOの見解が政治的に操られていると決めつけ、その背後で米国が糸を引いていると批判する
== 811

そして824の予定でこれから米国が自称バイデン政権に武漢研究所から漏れたとか漏れないとかの最終報告書を出す。 それは1週間ほど遅れる可能性はある。 しかし出さない訳にはいかないので内部の報告が玉虫色になるに決まっているが、それは出るだろう。

裏で中国と手打ちをさせないために、81に共和党が、そして83くらいに軍情報部が先手を打って中国が行ったこのホロコーストに関わる立証情報を出してきた。 それらが恐らく相当に効いているのだろうなあというのが上と下の動きになる。

儒教圏域は基本、全てが嘘で出来ている座標だ。 詭道という言葉はそういう意味である。 だから米国から出てきた情報の認識の上書き工作を総出でやってきた。 しかしわたしは不勉強だったので、このスイス情報部発表からの一連の動きは知らなかった。 なんだか韓国程度の情報工作だなあと呆れてしまった。 程度が低い。

こうした情報発信は主に中国国内の中国人を騙すために、外側世界の権威のある人物を創作、偽造して、それらに何かを語らせるという儒教圏域の太古の昔からやってきたやり方の繰り返し。

そしてこのスイス情報部の動きを見ても、あれだけ中国の隠し金庫になっているスイスが、この土壇場で中国を切り捨てる動きをするところを見ても、欧州の複数の名家たち集団は、どううやら本当に中国を切り捨てて、全ての責任を中国に押し付けることに決めたのだな、とわたしは判定した。

== アドレス上に同じ
こうした中国の見方に味方する人物が登場した。ウィルソン・エドワーズと名乗る生物学者で、WHOに務める知人が調査結果を改ざんするよう米国に圧力をかけられている、とフェイスブックに投稿した。 フェイスブックのプロフィールによると、この生物学者はベルン出身のスイス人。WHOに情報源があり、米国が「中国への攻撃」に「執着」していると断言する。この投稿は過去数日間、多くの中国メディアに報じられ、ソーシャルメディアで拡散されている。 だがウィルソン・エドワーズは実在せず、投稿は偽アカウントのものだ。北京のスイス大使館は10日、ツイッターで声明を発表。①ウィルソン・エドワーズという名のスイス人は実在しない②この名前で書かれた生物学の学術出版物も存在しない③このフェイスブックアカウントは数日前に作られたばかりで、「友達」は3人だけ、投稿はこの1件だけであると指摘した。
== 811

最終的には「 中国を台湾に侵攻させる前に、中央アジアから中東に進出させる」 動きに全体の状況を調整し、その結果「 中国とロシアの深刻な対立状況の発生」 を起こそうというのだなあというのが何となく分る。

それがアフガニスタンから米軍が撤退するという意味。 だから中国のイヌコロであったオバマとい人物が撤退するすると言って結局何もしなかったのは、それはつまり大きくは中国を助けた動きなのだったのだなあと、今となってはハッキリわかる。 オバマは裁かれなければならない。 あの政権にいた上層部の大部分は人類によって裁かれなければならない。 それだけの事を彼らはした。

タリバンはずっと昔からウイグル自治区を… つまりは昔は東トルキスタンと言っていた地域 …これをイスラム法の概念における開放、これをずっと仕掛けてきた。 勿論その背後に様々な外国勢力が支援をしていた。 武器弾薬カネ食糧。

ソ連がアフガニスタンに引っ張り出されて崩壊していったように、ウィグルでその導火線に火をつけることに成功したら、中国は出ていかざるを得ない。 あそこにどれだけの石油、核鉱山、ミサイル発射場、軍事基地各種があると思っているのだ。 それらを落とされるわけにはいかない。

しかしウィグル自治区とは、チベットや内モンゴルや北朝鮮+満州、これらのように「 ソ連と直接ぶつからない為の緩衝地帯」 として設定された地域だ。 ソ連が第二次世界大戦の後に、東トルキスタンの政治支配層たちを皆殺しにして、独立機運を持っていた彼らを抹殺して、その全てを中国にやった。 勿論大きな政治密約があっただろう。 チベットはいわずもがなのインドとの緩衝地帯だ。

そういうものに、特にロシアとの直接対決、対立につながるウイグル自治区に今以上の軍事施設を含める軍隊の駐留をおこなっていくと、それはロシアの側は相当に神経質になる。 彼らの国力は衰退する一方だからだ。

だからロシアならどうするか。 更にもっと他の地域に中国を引っ張り出すことも含めて、ウィグルスタンでゲリラ戦争をやらせる。 タリバンと。 しかしそこまでそんなに簡単にはいかないだろうなあとも思う。 この世界は貴方が思っている以上に、それ以上に汚い世界として存在する。 既存の人間が今の精神活動テンプレートを刷新しない限りは無理だ。 戦争を止めるのは。 だから確かにこれから最後の戦場が、舞台が中東になるというのは、この2015年前後だったと思うが、伝達された黙示録の追加情報とでも言えるそれは、確かにその方向に進んでいるのだなと、そう認識しているのが今のわたしになる。 わたしなるもので活動している座標になる。

知ろうとしなければ真実は現れない。 それは多数の可能性の想起の結果出てくることもある。 それを我々はこれから各人の出来る範囲で行う必然がある。 未来方向の復元だ。


  消えたということも察知出来ないまま一方的に消されるのがイヤだったら…


  考えて実際に動け


----
終了
----


  • [2333]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月10日(火)23時57分7秒
 
――――――――――
2021・810火曜(令和三年)
――――――――――

中国で武漢デルタ型の蔓延が激しい。 全ての省においてそれが確認された。 それはこれからの水害によって、そして彼ら共産党が政府伝達の形で全ての国民に強制している、シノバッグシノファームという全く効かないワクチンの接種会場において、誰も 距離を取らない つまり密の状態がどの会場でも発生しており、その上で更に今までただの水だと思っていた国産ワクチンが、不活性型にも関わらず恐らくADEに近いような症状の発生があったのだけれど、それでもこの強行をつづけるのだから、今後も大量の中国人が消えていくというのを示唆する。

中国は北京冬季五輪に向けて完全なるゼロコロナ国家というものを表現するために、徹底的に国民弾圧をしている。 それらの方向性はこれから強化される。 国内のウィルス専門家に敢えて、今の英国が採用している、ウィルスと結果として共存し、重症者と死亡者を出さない社会づくり… これを中央政府が拒否する形で国民に行動を守らせようとしている。

つまりワクチンを、この効かないどころかひょっとしたら危険度が高いワクチンを何が何でも接種せよという国家の進行を強めていくということだ。

==https://news.creaders.net/china/2021/08/08/2384804.html
@lengshanshipin  网友?道:?州一中学生打疫苗当?昏倒并死亡。  2021/8/9
网曝:?州市一中学生打疫苗当?死亡 揚州市で予防接種を受けた中学生がその場で死亡
8日、ネットユーザーは江蘇省揚州市江都区郭村の中学生が、党の予防接種会場で予防接種中にその場で失神し、蘇生できずに死亡した様子を撮影しており、その動画を公開しました。政府当局は、8月から9月にかけて、12歳以上の人民に予防接種を完了するよう要請していました。  地元メディアの報道によると、揚州市政府は「12~17歳の学生への1回目の接種を8月末までに、2回目の接種を9月に完了させ、12歳以上の完全な接種率を9月末までに93%にすること」を要求しています。
動画は揚州市江都区郭村の予防接種会場の入り口で、青い上着を着た学生が仰向けに倒れている様子が映っており、おそらく意識はなく、心臓も動いていませんでした。 中年男性が、倒れた中学生に心肺蘇生法を施しています。 中国嘹望 2021/8/8 ソース中国語 『网曝:?州市一中学生打疫苗当?死亡』
==https://video.twimg.com/ext_tw_video/1424456494557315072/pu/vid/320x564/KrvuoegnNL8xD51l.mp4

この死亡した中学生が免疫不全からの急死を起こしたのかどうかは現時点分かっていない。 ただのアナフィラキーショックかもしれない。 しかし全般的に武漢ウィルスのワクチンは、これを接種すると「 心臓に何かの負担がかかる、または心臓にショックを与える」 とでも言える症状が、これは個人差はあるが発生することが分かっていて、そこからの「 謎の心臓マヒ」 がこれから大量に、信じられないほど大量に人類世界で起きるかもしれないという事を、現時点で我々に何かの座標がこれを告知している… という風に捉えることも可能だ。 わたしは分からないとは言っておく。

ただ我々は、2015年の春ごろに降ろされた「 新しい黙示録」 の存在によって、そしてそれらの周辺の情報発信において、これから謎の心臓麻痺的な動きで沢山の人間が死んでいくということをもう知っている。 それが本当の本当に現実になるかは分からないが、その可能性があるというのを知っている。 これらの中国の動きは、その知ってしまった情報を大きくさせて、現象化する可能性がこれからあるのだよという告知の形には一応なっている。

この人間の世界は「 人間に現象世界における現象の種、種子とでも言える小さな現象をあらかじめおろしておき」 そして 「 そこに人々の精神のエネルギーを集中させることで、エネルギーを注入することによって」 それらの種を発芽させて現象化させる… という風なシステムがあるだろうなあとわたしは勝手に考えている。

人間が自分で不安を想起して、そこに情緒感傷的な座標から一歩も動かない自分のない人びと、利用されるだけの人びとからの搾取した精神エネルギーを注ぎ込むという概念だ。 自分で自分を攻撃している。 人間が自分で自分を攻撃するのである。

それが「 気づかないのなら、無理矢理にでも気づかせる」 という意味、この世界の意味の一つ。

==https://www.afpbb.com/articles/-/3361151
中国ではデルタ株の拡大を受け、局所的な外出制限や集団検査、移動制限が行われている。国営メディアは現在の流行について、武漢で新型ウイルスが初確認されて以来、最も深刻だと伝えている  AFP 810
==黙示録 ラッパ
"小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、わたしは聞いた。 そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。 そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。 彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。"
==

そして下の記事だ。 中国で炭そ菌関連の生物兵器開発をやっていない筈がない。 これらの情報発信は、性別も年齢も、詳しい症例も発表されていない。 だから最初から最後まで嘘である可能性すらある。 問題はタイミングだ。 81に共和党から武漢研究所におけるウィルス作成と漏洩に関連するPDFファイルが出た。 前回わたしはそのアドレスを貼っておいたのであなたも確認しただろう。 あれらは状況証拠という言い方になるので、だから中国はへっちゃらだと主張する向こうの工作員たちがいる。 状況証拠の積みかさねでも日本の刑法は死刑に出来る。 完全黙秘の犯人をそれで死刑判決を出した。 執行されたかは知らないが。

この武漢研究所関連の情報が出たので、中国は脅しの為にこの炭そ菌の情報を、実際の患者がいないにも関わらず出してきた可能性もある。 だから彼らの世界から国家安全部の副部長のドンジンウェイが米国に亡命したという情報は、これでわたしの中ではほぼ決まりになった。

中国の視点で「 自分たちのウィルス研究の内容を米国は全て把握しているに違いない」 という前提での情報工作だからだ、今回の一連の炭そ菌関連は。 ただし、本当に患者がいる可能性はある。 しかしそれは野生動物からではなくて、それこそ漏洩したからそうなった… のかもしれない。

==https://www.yomiuri.co.jp/world/20210809-OYT1T50123/
2021/08/10 08:13  【北京=田川理恵】北京市は9日、肺 炭疽たんそ の患者1人を確認したと発表した。隔離治療中だとしており、性別や年代、症状の程度は明らかにされていない。  発表によると、患者は河北省・囲場満族モンゴル族自治県で発症してから4日後に救急車で北京に運ばれた。市疾病予防コントロールセンターは、牛や羊などが草を食べる際に土壌中の炭疽菌に感染することが多く、これらの動物との接触を通じた感染が一般的だと説明している。この患者も牛や羊と触れた記録があるという。  読売
==

炭そ菌に関しては、第二次世界大戦中、これを研究していない国家はなかった。 化学兵器、つまり毒ガスであるマスタードガスなどが禁止になったので、それらの抜け道を探るために各国は生物兵器の開発を急いだ。 勿論中国も開発している。 彼らは自分たちの開発を日本の防疫部隊、つまり戦場における消毒洗浄を主に活動していた731部隊に罪を着せた。

そしてそれらに加担したのが日本における… 本当かどうか当人に聞いていないから知らないが …統一教会隠れ信者だとされる森村誠一、彼が共産党系の編集者によって渡されたウソの資料で造った「 悪魔の飽食」 になる。 それらに使われた写真などは、これは国共内戦における中国人同士の殺しあいの現場のものだ… とされるが、わたしは悪魔の飽食を真剣に読んだことがないので、それは断言しない。 ただ南京事件のねつ造の仕方と基本構造が同じなので、恐らくそうだと判定する。

==炭そ菌wiki
ヴォズロジデニヤ島  北部はカザフスタン領、南部はウズベキスタン領である。  かつてはソ連がつくった大規模な生物兵器の実験研究所があり、1930年代から研究が開始され、1954年から1992年までの間に開発していた炭疽菌、天然痘、野兎病、ブルセラ症、ボツリヌス菌、ベネズエラウマ脳炎、
ペストなど、40種類以上の各種病原体がここで実験された。  1992年に旧ソ連関係者が去った後、
現地では金目になる物質目当てに略奪が起き、施設が荒らされた事でそうした脅威が外部に流出した可能性が懸念されたが、現在まで続く近辺の住民への健康被害は、それ以前より及んでいるとされる。
==
グリュナード島の実験  1942年にイギリス軍は、スコットランド西岸の無人島であるグリュナード島を徴用し、そこで炭疽菌爆弾による散布実験を行った。  当初の予定では、計画した除染作業によってグリュナード島の汚染は除かれると期待していたが、炭疽菌は芽胞として残存し続けることが判明した。完全な除染を行うには費用がかかり過ぎるとして、除染作業は行われず、40年以上放置された。  結局1986年と1987年に島全体をホルマリンで消毒し、1990年にイギリス政府が安全宣言を出すまで、島全体が、立ち入り禁止となった。その後グリュナード島は元の持ち主に払い下げられたが、それ以降もずっと無人島である。
==

この炭そ菌がソ連解体後のロシアにおいても相当に住人を苦しめていた。 それ以外のウィルスの開発もソ連は山ほどやっていて、それらの研究所におけるシールドが全く出来ていなかったから、人間の移動経路にそってたくさんのロシア人たちが各種の病気に罹患して、そして死んだ。

勿論これらの動きは全て隠ぺいされている。 ロシアにしてもろくなものではない。 彼らはこれをプーチンなる人物の表象アイコンに世界の全ての目を、わたしの様なぼんくらのゴミ、これらの意識を集中させ、プーチンへの認識がそのままロシアへの認識に転換されるように、複雑に多層的にメディア展開を徹底的にやった。 今でもやっている。 その神通力はほとんどなくなっているが。

これと同じことを中国もやっている。 しかし習近平主席を事実上演出している復旦大学の連中、これらのブレーンが、戦狼外交という明らかに間違った戦術を採用しているので、その効果が得られない。 このブレーンの連中も背後に江沢民がいるのではないかというのは以前言った。

==https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210810/k10013192791000.html
中国で、麻薬を密輸した罪に問われ、1審で死刑を言い渡されたカナダ人の被告に対する2審の裁判が行われ、裁判所は死刑判決を維持しました。中国はカナダで逮捕された中国の通信機器大手ファーウェイの副会長の釈放を求めていて、カナダ側に外交的な圧力を加えるねらいもあるとみられます。  810
==

いずれにせよ中国とはこんな国だ。 八路軍のままだ。 自分たちの仲間を釈放しなければ、お前の仲間を公開処刑していくぞ。 これからも。 という脅しを公然としかけてきた。 彼らの内部に余裕がないのだろうなあと推測するが、わたしは人民解放軍における、本当の意味においての旧い将軍たちとその子孫、そして新しく「 試験によって上がってきた士官たち」 の相克がどれほどのものかを把握していないので、これら副会長釈放の動きにおける中国内部の色合いが分からない。

習近平主席だけの視点で言うのなら、副会長が米国に送られて、情報を抜き取られて更に始末された方がいい。 ファーウェイは江沢民勢力の牙城の一つになる。 しかしもう習近平派が中身を入れ替えてしまったあとかもしれないし、この辺はよく見えない。

中国でこれから率先して人が死んでいくのだと仮定したときに、それらの原因を天変地異的なものに求めないのなら、どうしても人為における行動、今回においてはワクチン、これが関係してくるのではないかなあとどうしても思ってしまう。 非科学的であり、世界を印象論で語ってはいけないのだが、しかし、この最後の最後の人類の既存文明の終末の局面においては、そういうものも出てきているのではないかなあ、と思ってしまうのである。 あなたは貴方の真実を探ってそれをつかめ。

出来たらアタマの悪いオレに教えてくれとすら言っておく。 智慧を伝達共有拡散蓄積更新するというのはそういう地道な積み重ねからくるものだ。


  おそれず立ち向かえ


----
終了
----


  • [2332]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月 9日(月)22時59分58秒
 
――――――――――
2021・89月曜(令和三年)
――――――――――

中国の水害が止まらない。 しかしこれらの情報発信は何処から得ているのか。 人民解放軍によるテンセントの接収は終わっていると判断しているが、それがまだなのだろうかとも思う。 ただし、極端に内情に伝える動画に関してはこれは流通が止まった。その様に見る。 だからまだ途中段階であり、これから更に検閲がひどくなっていくのだろうなあと判定している。

==https://twitter.com/NPGEXP/status/1424210691028754434
大瀧順悦 @NPGEXP  四川省にいる友人から連絡がありました。河南省に続き今度は四川省で豪雨と洪水が起きています。友人とご家族の無事を心から祈ります。  友人によると先日の河南省の洪水では、地下鉄とトンネルで子供や女性含め沢山の方々が亡くなってます。  中国政府発表の犠牲者は僅か12人。本当に腐った政府です。
==

沢山の水死者が出ただろう。 中国人は基本泳げない。 学校教育で水泳を教えていないので、恐らく胸のあたりまで水かさが増した状態で転倒でもしたら、そこから水死するとう事例が本当に起きているだろう。 パニックになってしまったらすぐに水を気管に入れてしまう。 人間はそのように出来ている。 だから今の日本の小学校の水泳の授業で、服を着たまま泳ぐ訓練の教科があるそうだが、それは間違いなくただしい。

そして溺死だけではなく、この洪水によって明らかに中国人同士の密状態が出来ている。 だから中国全土のデルタ型の拡散に加速がかかっている。 問題はこれらのデルタがそこから変異するのかどうか。 チリでは最初はデルタだったようだが、内部で使っている中国ワクチンの結果だろうという風に今は言われているが( まだ検証中) 、そこからラムダに変異している。

ラムダに関しての死亡率が9・7%だかあるというのは以前言った。 しかしそれは国内の衛生管理が日本よりはレベルの低い国家だから、日本でそのままその数値を当てはめる訳にはいかないが、それでも3-5%くらいの範囲で強烈な結果が出る可能性がある。

これらの動きに米国のCDCをハイジャックしているファウチたちは、何の戦略も持てていない事が暴露されている。 ゆきあたりばったりで対処しているのだと。 MRNAワクチンの開発者の一人であるマーロウ博士… だったと思うが、彼は「 我々は戦術を大いに転換し、対炎症治療法に主眼をおくべきです」 とハッキリと言った。 87の事だ。 つまりそれはアビガンやイベルメクチンの事をさす。

そして実際に驚くべき成果を上げたという報告があった。 うれしい誤算として予防効果まであったと。 だからわたしはあなたにこっそりとイベルメクチンの個人輸入の事を言った。 今でも品薄なのかは知らない。 全く入ってこないのなら、それを中韓ロシア、そして欧米南米といった連中が買いあさっている。 こうした言い方は出来るかもしれない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/8f10ee0d6587463f9df45f978c787d89a251c2f9
南米チリ政府は5日、中国製薬大手「科興控股生物技術」(シノバック・バイオテック)製の新型コロナワクチンを接種した55歳以上の市民に対し、11日から英アストラゼネカ製を使って3回目の接種を行うと発表した。  チリでは人口約1900万人の約65%が接種を完了したが、そのうち約75%がシノバック製だった。 シノバック製は有効性に疑義があると指摘されており、感染力が強いインド由来の変異ウイルス「デルタ株」の感染拡大を防ぐには、別の種類の追加接種が必要と判断した模様だ。 南米ではウルグアイ政府も、シノバック製で2回の接種を終えた国民に対し、米ファイザー製を追加接種する方針を示している。(リオデジャネイロ支局 淵上隆悠)
==

問題はこの上の記事においても分かるように、中国ワクチンは全く役にたたないのに、それを全世界に売りつけている中国の態度が一切あらたまらない事にある。 カネ目当ては分るが、しかし酷いを通り越している。 そして世界にこの一番最初とされている武漢型の不活性ワクチン、これを展開させるというのは、それらが全く効かないということを彼ら自身が一番理解しているから展開しているのである。 つまり、ワクチン供与という名目のテロ破壊工作だということ。

なので下の記事にあるように、中国国産ワクチンを打った中国人たちが、すっかり安心してマスクもかけず密も守らずいつもと同じような生活をしていたら、あっという間にデルタ型にやられてしまったというのは今の流れ。 そして中国が違った思惑の元に世界に押し付けようとしていた基本基準、つまりゼロコロナからの都市ロックダウンというやり方は、ここに来て完全に間違い、逆効果であると証明されつつある。

しかし彼らはメンツがあるので、その都市封鎖をやめない。 デルタ型は物理的に人間の移動を止めても、ほぼ空気感染、ほぼ物質に付着しているところからの感染というとんでもない伝染力をもつウィルスだから、封鎖している側がアッというまに罹患してしまう。 意味がない。

==https://www.sankei.com/article/20210808-LSTSAGWO3VP7HKW476A4XDTJXQ/
中国共産党の中央規律検査委員会は7日、江蘇省南京市の国際空港で新型コロナウイルスの
感染拡大を防げなかったとして、同省当局が副市長らに処分を科したと発表した。 副市長は重い譴責(けんせき)、市衛生部門の責任者は免職となった。感染拡大は空港スタッフの感染が発端とされ、デルタ株とみられている。 7月20日頃から全国に広がり、市民生活や経済に影響が出ている。当局は処分により各地での防疫対策を引き締める狙いとみられる。 江蘇省によると、7月20日から今月6日まで同省で500人を超える感染者が出ている。  産経
==https://news.yahoo.co.jp/articles/60ca30693c651a3e4ec2a706003c9af0198221f4
[上海 9日 ロイター] ? 中国南西部の四川省で豪雨や洪水が発生し、8万人以上が避難を余儀なくされた。国営メディアが9日に報じた。同省の主要河川では、6日から8日にかけて降った大雨で水位が警戒レベルを超えた。 国営の中国通信社(CNS)によると、省内の6都市で44万人以上が洪水の影響を受けている。
==

だからこれから北京の冬季五輪の開催がどうしても政治問題になるが、西側がボイコットをしなくても、中国の側から白旗を上げざるを得なくなるかもしれない、とは言う。 そしてその動きを上手に利用してバイデン自称政権が、冬季五輪を1年間遅らせるという発表を中国の命令通りにやるかもなあというのが今のわたしの見え方。

代替地開催で中国の選手団が参加するというウルトラCもあるが、それは中国は自分たちの防疫を自分で否定することになるので、まさに面子丸つぶれだからやらないとみる。 これらの動きは824の予定だったと思うが、この日付までにCIAの報告書、これらの内容記述によって大きな方向が決まる。 そしてその内容によって、米国において大体はどういう勢力が優勢なのかというのも分かる。

わたしはバイデン達は徹底的に中国をかばう動きを取りたいのだが、さりとてユダヤなるもの総体を完全に敵に回すことも出来ないだろうなあと、だから今日の時点で6対4で武漢研究所からも漏れたのかもしれないが、決定的証拠がない… とでも言える表現で逃げるだろうなあとみている。

==
Mi2  @mi2_yes
【コロナ対策機能】五輪のコロナ対策が最大の課題だった。大会関係者に約62万4000件の検査を行い陽性者は138人、陽性率は0・02%。海外から約4万3000人の関係者が来日し空港検査の陽性者は37人、陽性率は0・09%。入院した人は3人で重症者はいなかった。 たったの0・02%。
==

東京五輪の、というかこれらの患者数の増減に関してはパラリンピックが終了し、更に3週間ほど経過しないと本当のところは分からない。 しかしデルタ型なのだから、一人無自覚で街を歩くと翌日には即座に本当に100数十名の陽性反応者が出るのだから、今の状況を五輪を開催したからこうなったのだとねじ込む勢力には無理がある。

みなテレビで観戦した。 だから街に出ていない。 路上飲酒とやらをやっている愚かな勢力と、あとは中国人たちが散布したかどうか。 しかし今の時点では中国は日本の中でそれらの散布を行って日本国内大感染を発生させると、国民の総意が一気に反中、そしてそこからの北京五輪の反対の方向とあっという間に移動するので、たぶんやらないんじゃないかなあ、とは言う。

しかし中国人関係者は中国国産ワクチンを打ってやってきているのだから、そういうことをしなくても勝手に周辺にまき散らしている風に思えるが。 彼らは風俗店に殺到しているという話。 ま、これは見てきた訳ではないが。

パラリンピックが終わったら一気に世界が回りだす。 その中から、困難だろうが真実を一つ一つ拾い上げていくのが我々の作業になる。 そしてそれを共有することだ。


  世界の改変は地道な行動の一歩から


----
終了
----


  • [2331]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月 8日(日)23時53分15秒
 
――――――――――
2021・88日曜(令和三年)
――――――――――

中国の全ての省において武漢肺炎のデルタ型の発生が確認された。 一人でも見つかったら翌日には20人くらいの感染が本当にある変異体なので、これは中国当局がどれだけ取り繕っても、彼らの発表のかける百倍ほどをしなければ実数に近づけまい。

なにせ10メートル離れたところをすれ違っただけで感染が確認できている。 明らかに事実上の空気感染の様な形、これがデルタ型。 そしてそれが更に進化して、感染力の強化もさることながら、致死率が9・5%くらいになっているのがペルーで見つかったラムダ型になる。

これらの致死率というものも、恐らくワクチンをどのような形で接種させているかによって大きく統計の数字が変わるものだろうし、肝心の情報として、デルタもラムダもイベルメクチンなどのケミカルの治療薬で相当抑えられるということが事実として判明しているのに、それを人類世界に教えない邪悪さというか、そういうものが、これからの人類の大量死亡を誘発するのかもしれないなと勝手に考えている。 大量死亡しないかもしれない。 こういう言い方をすると、教条的に精神世界情報を信じて切ってしまっている人には悪いが、わたしはお人よしではない。

未来は確定していない。 そしてシナリオですら、一部が大きく書き換わった可能性、これさえある。

==https://www.secretchina.com/news/gb/2021/08/04/980083.html
報告書によると、北京当局は非常に厳格なエピデミック予防策を講じていますが、それでも国内でのCOVID-19の流行の再発を防ぐことはできません。今日、当局は400人以上の地元で確認された患者が17人に広がったと報告しています。州および市町村。 2020年に採択されたエピデミック予防策と同様に、中国共産党政権は、特定の場所で確認された地域の症例が見つかったら、何百万人もの人々に完全な核酸検査を強制し、一部の地域ではクローズドエピデミック予防策を採用します。たとえば、特別な理由がない限り、北京の2,100万人の住民は地元を離れることができず、ほとんどの長距離列車はキャンセルされました。揚州の450万人の住民は強制閉鎖管理の対象となり、国内のすべての空港は市はキャンセルされました。  84
==

いずれにせよ中国はこの状態を最低限121くらいまでに完全に鎮圧しなければならない。 恐らく無理だ。 だから代替え地開催と、1年延期などの動きが出てきて、それらに関連する政治的な工作が相当に増える。 しかし中国はそれでもメンツにこだわって、来年の21( 正確日付は知らないので勝手に決める) の冬季五輪の発表通りの開催を強行するかもしれない。

しかしデルタにせよラムダにせよ、言われているのが21日の経過観察。 しかし余裕をみればほぼ30日は経過観察をとる必要があるので、では21に開催するのなら、選手は最低限11までにその肉体状態を陽性か陰性を判定し、そして陰性だったら21まで事実上の完全隔離の元に移動して、そして感染のリスクを避ける行動をとる必要に迫られる。

彼らはプロの選手が相当いるのだから、そしてスポンサーの関連もあるのだから、それに関わるイベントやCMなどにも出なければならない。 そういうものを基本キャンセル出来るわけがない。 だからそれらに関連する費用を全て中国が弁償するのならともかく、今の中国にそんな余裕はない。

だから複数の視点からしても開催は、少なくとも2022の21の開催は相当に困難だろうとみる。 これはあくまで武漢肺炎の側からの見た視点になる。

==https://www.sankei.com/article/20210808-GXC2C2G6EFPHVEGBEMPIILZJQ4/?outputType=theme_tokyo2020
約6カ月後に迫った北京冬季五輪(来年2月4日開幕)に関し、中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害や香港での民主派弾圧を問題視する立場から、ボイコットや開催地の変更を求める声が米国や欧州で急速に拡大している。8日の東京五輪閉幕を受け、北京五輪開催のあり方をめぐる議論が各国で活発化しそうだ。 バイデン米政権は北京五輪への対応は「未定」としているが、北京での開催を疑問視する声は超党派で広がっており、早急な意思表明を迫られるのは必至だ。  産経 87
==
https://gop-foreignaffairs.house.gov/wp-content/uploads/2021/08/ORIGINS-OF-COVID-19-REPORT.pdf   米国共和党報告書
==

しかし政治的な動き、そして世界のユダヤ人たちが「 北京五輪はベルリン五輪の再現」 と言っているように、ユダヤ団体に大きく喧嘩を売ってまでこれらのイベントに、特に上層部にユダヤがたくさんいる各種企業が賛同できるだろうか。 難しいのではないかなあと思う。

そしてトランプ大統領から政権を強奪した民主党勢力。 彼らがそれでも中国に味方するというのなら( バイデンは今の時点でそれだと見える) …彼ら政治家を支持している米国のユダヤ人集団、各組織体、そして宗教勢力、つまり大票田の組織体がどう動くのか。 大きく反対民主党になる。

それは来年に中間選挙を控えて、今の段階で法改正と郵便投票とドミニオンで何とか強硬突破しようとしている民主党にとって、相当に不利な設定になる。 我々は忘れている。 今月中でアリゾナのマリコパ郡の監査が、公的な発表が出る。 これをもって結果が変えられるとは言わない。 世の中はそんなに甘いものではない。 しかし各州における保存してある紙切れの再集計は、多くの州で行われる可能性が、これは非常に高い。

だから民主党泥棒集団は、トランプ大統領をキチガイの犯罪者、そして彼を支持する人間は全て国家反逆罪的思想を持つテロリストだという印象工作に必死なのであり、更にこれらの監査にぶつけて偽ものの議会襲撃事件とやらの報告書を出す。

そういう動きを静かな米国人たちはどう見るのか。 流石に怒って行動になっていくと判定する。

==https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC13BY10T10C21A7000000/
世界のIT(情報技術)・電子部品で中国依存が一段と強まっている。日本経済新聞が主要な製品・サービスの市場シェアを調べたところ、中国企業が3割超のシェアを占めた品目は液晶パネルや電池部材など15に上った。米政権が先端製品の自国生産強化を打ち出すなどしているが、中国に頼らない供給網構築の難しさが浮き彫りになった。  日経 87
==

今ここで中国のあの独裁専制体制を解体しなければ、人類における物資物品の生産と供給を全て中国にコントロール支配されてしまう。 それはつまり「 中国の命令に従わなければ、あなたの欲しいものは売らない」 という形に簡単になってゆき、それが絶対的になればなるほど、西側世界の中で自分だけは美味しい思いをしようと裏切る国家が出てくる。 中国はそれを国家戦略に採用しているのだから、彼らは牛歩戦術をやめない。 時間稼ぎをやめない。

==
Emmanuel Macron  @EmmanuelMacron  Officiel du gouvernement - France
日本の皆様、オリンピックの成功、おめでとうございます。前代未聞の状況下でしたが、皆で素晴らしい時間を過ごすことができました。私たちはこれを必要としていました。今度は2024年にパリでお会いしましょう!#Tokyo2020  7:39 PM ? Aug 8, 2021
==
開会式に出席したマクロン仏大統領は6日、ツイッターでフランスが続々とメダル獲得を決めたことをたたえ、「フランスに不可能はない。仏代表にとって、東京での素晴らしい一日になった」と発信した。 パリ五輪組織委員会のエスタンゲ会長は6日、東京の組織委が新型コロナ禍に直面しながら「適応する能力を示した」と評価。パリ五輪の教訓として持ち帰りたいと語った。  産経  88
==https://www.sankei.com/article/20210808-R3S2HIDBHNL3JMNP7WYT53TRMQ/?outputType=theme_tokyo2020

だからそれらに対しての西側の動きは、恐らくパラリンピックが終了してから一気に表面化する。 わたしはそう捉えている。 そして中国の味方なのかそうでないのかの色分けが今年の後半に向けて一気に進む。 世界の指導層と分析官たちは秋に行われる自民党からの総裁選、そして総選挙に相当の関心を持っている。

日本という国家の国民の民意を見る。 勿論これはある。 しかしそうではなくて、今回の選挙で中韓の勢力がどれだけ不正選挙を仕掛けてくるのかという事を見ている。 わたしは今回の選挙は米国の軍部だとか国家安全保障省の連中が、こっそりと要員を送り込んでくるだろうなあと漠然と考えている。 今日本を落とされたら米国の、米軍の戦術も戦略も完全に終わるからだ。

高市早苗が文芸春秋の中で総裁選に立候補を表明した。 そして中国の犬であるニカイさん、これはどうでるのか。 菅首相を推すのか、またはウルトラC的な事を画策して小池を立てるのか。 しかしその選択肢は総裁選の前に小池が国政立候補しますという宣言を最低限やっておかないと機能するまい。

だから同じ女性という事のアイコンを使って、恐らく安倍首相が背後にいるだろうなあとは思っているが、しかし証拠がないので分からない。 彼は菅首相を推している。 しかし前の総裁選でギリギリまでその本心を明らかにしなかったので、これはどうなるか本当にわからない。

欧米世界は菅首相とニカイさんの関係をどう判定しているのか。 そして彼らがどうしようもない親中派になってしまっているのなら、どうやって排除するのか。 色々な見え方はある。 勿論こんなことはあてずっぽうであり、真実が何処にあるのか全くわからない。 人間は考える泥。

冬至に向けて人間の世界は一気に攪拌されて動乱の世界に接近していく。 その中では胆力と冷静さがどうあっても必要とされる。 その為には最低限、情緒障害の様な、情緒感傷的に世界を見ることをやめることだ。 計測における世界認識の貴方に移動することだ。 でなければ外からのコトバで簡単にやっぱり再びまたしても、あなたは騙されて奪われる。 それをやめることだ。


  われわれは今、時空境界面の前にいる


----
終了
----


  • [2330]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月 7日(土)23時56分32秒
 
――――――――――
2021・87土曜(令和三年)
――――――――――

わたしはこれらの下の記事の宇宙空間における光点の乱舞とでもいえるものは、それがねつ造の加工動画でない限りは、遊撃手の端末が大量に地球にやってきているのかと思った。 遊撃手が何であるかは今は言わない。 世界の改変が起きている。 それも緊急に。 だから他の世界線にいた数体の遊撃手が( 327とかの) 、様子を見に一旦ここに集まってきた… と勝手に解釈する。

勿論違っている。 真実はどうせ分からない。

==https://tocana.jp/2021/07/post_215676_entry.html
ISS(国際宇宙ステーション)の至近距離にUFOの大群があらわれたのではないかとネットで話題だ。
ISSのライブカメラが撮影した映像に無数の光り輝く未確認飛行物体がとらえられていたのである。
動画を見る限り、短い時間の間にさまざまな方角からそれぞれスピードも異なる輝く飛行物体が次から次へとカメラの前を横切っていく。その意味では編隊を組んで飛行しているわけではなく、それぞれが思い思いに宇宙空間を飛び交っているようにも見える。収録時間内に周囲にはおそらく“数百”の輝く飛行物体があったのだろうと指摘している。最近になってペンタンゴンのUAPレポートが公開されたことに触れている。そして近々、エイリアンの存在がアメリカ大統領によって発表されるのではないかと示唆しているのだ。   https://streamable.com/pxj8hr
==

さて、中国の河北省で地方政府が住民を多数殺害、射殺したようだ。 ただしこれらの情報は中国の中で今起きている事実上の権力闘争ならぬ、権力戦争における加工情報である可能性もある。 だからわたしはあんまり熱量を込めてこれらをあなたに提示しない。

しかし恐らく本当だろうなあと思っている。 それは中央政府が地方政府に強制執行権を与えたという事を以前言ったが、それによって強制立ち退きやら都市封鎖などを地方政府が、つまり県知事だとか市長レベルでそれを判断して実行してよくなったわけだが、その強制執行権に関しては恐らく、反抗するもの、国家反逆者に対しての措置、これも恐らく権限委任されているだろうとみる。

となるとどういうことが起きるのか。 県や市の現場単位の人間が、危険だと思ったらそれらの集団に危険分子のレッテルを貼って、その場で撃ち殺す事も可能になる。 恐らくそうだ。

だからこの動きが本当なら、これから中国全土でミニ天安門とでも言える動きがどうしても多発する。 それは中国内部から食糧が消えていく流れと連動するものになる。 相当荒れていく。 そして相当の人間が死んで消えていなくなるだろう。

==https://mobile.twitter.com/Questio41367501/status/1422750953904611329
会話  翠.夕呀(Tracy)  @Questio41367501
8月2日河北地方政府?挖河堤洩洪,村民奮起反抗,傳多名村民被槍殺!!
https://twitter.com/i/status/1422750953904611329
==

バイデン政権とやらが、間違いなく裏では中国と握ろうとしていて、その動きを察知した共和党と恐らく軍部が先回りして、相当の証拠を上げて武漢研究所からこれらが漏れたという事の発表を先行して行った。 しかしそれは実際は本当を表現していない。

わたしは事故によって漏出したとはみていない。 それは中国共産党が守る最終の防衛ラインであって、ほんとの本当は、彼らがそれらのウィルスを粉末ウィルスの形で米国を含める世界各国に持ち込んで、特に米国に日本に持ち込んでそれらの実証実験を行い、きたる軍事作戦に向けての演習を行い、そして計画通りにそれらの散布をやった… この概念に人類が到達すると彼らは本当に終わるので、何が何でもそこには辿りつかせないための彼らお得意の戦術論「 相手の出方を見てから小出しのやり方を変える」 を忠実に行っているという風にしかみえない。

==https://news.yahoo.com/suspected-sars-virus-and-flu-found-in-luggage-fbi-report-describes-chinas-biosecurity-risk-144526820.html

WASHINGTON ? In late November 2018, just over a year before the first coronavirus case was identified in Wuhan, China, U.S. Customs and Border Protection agents at Detroit Metro Airport stopped a Chinese biologist with three vials labeled “Antibodies” in his luggage.  The biologist told the agents that a colleague in China had asked him to deliver the vials to a researcher at a U.S. institute. After examining the vials, however, customs agents came to an alarming conclusion.
ーーー
ワシントン? 2018年11月下旬、中国の武漢で最初のコロナウイルスの症例が確認される1年余り前、デトロイトメトロ空港の米国税関国境警備局は、荷物に「抗体」というラベルの付いた3つのバイアルを持って中国の生物学者を止めました。 生物学者は、中国の同僚が彼にバイアルを米国の研究所の研究者に届けるように頼んだとエージェントに話しました。 しかし、バイアルを調べた後、税関当局は憂慮すべき結論に達しました。  2020・3・30
==

2019年の9月の頭で武漢の研究所で3人の患者発生があり、その週のうちに中国は研究所をインターネットから切断してスタンドアローン化し、内部のデーターを削除した。 しかし彼らはそれまでの期間に世界中の研究機関や学術関係機関に正規の論文を何本も発表しており、それらも当然削除をかけたが、やっぱり全てを消し去ることは不可能。

だからその部分をサルベージされてつらあわせするだけで終わる。 しかし更にある。 この武漢研究所のデーター削除を受け持った男、人民解放軍の恐らく生物兵器部隊の将校兼科学者の孫立
軍の事は言った。 そもそも彼が豪州に逃がしている奥さんに、自分の安全を守るために( 知り過ぎたら殺される。口封じ) 、暗号化して全てのデーターをメールで送信した。

それを豪州の情報部が全て入手して解析をしたという話はした。 だから2020の3-4月の時点で事の真相はファイブアイズには全て理解されていた。 こう考えるのが正しい。 そして米国亡命したドンジンウェイ。 ここからもたくさんの情報が取れただろう。

==https://gogotsu.com/archives/64999
最近、中国政府は外交部と宣伝機関などを動員してWHOが米軍実験室を調査すべきだと促すなど、この主張をさらに強く働きかけている。 先週、中国外交部の趙利建報道官は、WHOにフォート・デトリック実験室の調査を促し、米軍が2019年に武漢で開かれた世界軍人体育大会に参加した際、中国にウイルスを持ち込んだ可能性を再び提起した。  ゴゴ通 86
==
https://youtu.be/BvvcR-_UWrg  2021・7・27  武漢で造られた
==

だから初期から今の段階に至る全てのウィルス遺伝子構造が分かったのなら、基本中国の言っている発言など全てうそか本当か分る。 そして彼らの言っていることはどうせ嘘。 スパイクたんぱく質をいじるとだとかそういう程度で機能獲得をやめておけばよかっただろうが、どうせそれ以上の事をやっている。 そもそもが人種を選んで死滅に追い込むウィルスだから。 わたしはそう捉えている。

==
本土での流行の状況は、複数のポイントで広がっています。 フルンボイルは市を閉鎖しました。8月5日、内モンゴル自治区フルンボイル市のハイラル区で確認された事件が発生しました。現在、シェンバオコミュニティは管理下にあり、道路は封鎖されています。 (エポックタイムズ)  86
==

そして今日の87の時点で中国全土で武漢ウィルスが大拡散中だ。 それは水害における人の密なども大きく手伝っている。 そしてもう一ついうのなら、この内モンゴルに関しては反中央の地域なのだから、中国はここで様々なウィルス実験を市民に対して行っていた… とわたしは判定している。

黒死病や赤痢だったかな、およそ現代の伝染病ではないようなものが、このモンゴル自治区では定期的に発生していて、大紀元などはおかしいおかしいと言いながら報道していた。 彼らも今になったらもう薄々感づいているだろう。

本当に自然に拡散した分と、中央に対して政治的に敵対するような地域にウィルスを散布する動きと、不作為によってそれらの拡散をほう助する動きが混然一体になっていまの中国のどうしようもない状況を、そしてそれが更に拡大するであろう状況を呼び寄せている。

米国は今22000件の、この武漢ウィルス関連におけるウイルス構造情報を手に入れて、これを解析する為の、中国語が堪能な、そして生物学に詳しい、更に信用できる( 恐らく米国生まれの米国育ち) の人材を軍が募集している。

バイデンなる人物が言ったのは831までだから、それまでにはまとめたいという事の様だ。 しかし本当の結論というか、解析は完了しているだろう。 だから今回のハッキングがどうしたという情報を意図的に出してきた。 しかしどうなるものか。

この武漢ウィルスに関連する米国の側の役者としては、オバマやバイデンやファウチやダザックがどうしても出てくる。 これらの概念をごまかすために16からの議会襲撃やら内戦やら中国への開戦やら、兎に角戦争を発生させようとしていたのが彼ら民主党だ。 そして彼らの背後の軍産。

しかしトランプ大統領はそれらを読み切って一旦下がった。 だから今度は彼らが責任を取る必然に追い込まれてしまった。 そんな事があれらの蛇たちに出来るかなと思う。 だから何としても誤魔化そうとする。 しかしそれをどうするのかが見えてこない。

いずれにしても東京五輪が終わったら、政治的な様々な動きが一気に出てくるだろうと見る。


  始末をつけなければならないのだ。 どうしても。


----
終了
----


  • [2329]
  • (無題)

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 8月 6日(金)23時58分53秒
 
――――――――――
2021・86金曜(令和三年)
――――――――――

米国は去年の段階から中国のこれらの削除情報を引き上げて復元して持っていた。 わたしはそう取る。 それらの解析が終わったからこうした情報が出た、と。

国家安全部の副部長が亡命したのもそれらの答え合わせになった。 だから何回かの儀礼的な動きを経て、中国に対しての、そして中国人とその眷属に対しての人類の反撃が始まる。 しかし格好のいいことを言っては見たが、明らかに今のバイデンと民主党側の泥棒勢力は迷っている。

彼らは本当は中国と手を握りたい。 しかしこれ以上中国と本当に接近してしまうと自分の経歴を失う可能性がある。 だから表面では敵対しながら、裏では互いの台本を交換しあっている。 ブリンケンとヨウケツチが対立をアラスカで演出してみせたが、あれらは全てうそだった。 それはあなたも知っている。 カメラの映っていないところではなごやかに談笑していたところが世界に拡散されている。 わたしもそれを見た。

流石今の武漢肺炎の米国における拡散の原因を全てトランプ大統領のせいにしようと、今でも本当に動いている連中は違うなあ、と棒読みで感心してしまった。 それくらい邪悪な存在にならなければ民主党の議員などにはなれない。 あれらはアメリカ共産党の看板の付け替えだ。

今この瞬間米国に起きている全ての責任は、大きな混乱の責任は、今回の大統領選挙を中国と組んでそれを仕掛けた民主党の側。 しかし彼らは責任を取りたくないので、これらの状況を「 米国をクーデーターによって政権維持しようとしてきたトランプ大統領とその支持者=テロリスト達」 という概念で全て説明しようと、本当にそれをしかけている。

それが軍を乗っ取っているマイクミリーがこないだ出した回顧録の意味だ。 中身が嘘だらけだった。 そして全てをトランプ大統領が企んでいたのだという印象操作だけが詰まっていた。 彼らは今の武漢研究所にカネを突っ込んだのが民主党とオバマとバイデン達だと知っていて、そしてファウチが自分たちの仲間だと理解していて、どうやってこれらの責任をトランプ大統領にすり替えるのかと本当にやっている。 邪悪な、とてつもない邪悪な蛇たちだ。

==https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210806/mcb2108060827004-n1.htm
 【ワシントン=黒瀬悦成】米CNNテレビは5日、米情報機関が新型コロナウイルスの起源を特定するため、中国湖北省武漢市のウイルス研究所で研究されていたウイルスのサンプルの遺伝子情報を含む膨大なデータを入手し、解析を進めていると伝えた。データの中に起源解明のカギとなる情報が含まれている可能性があるとしている。   米情報機関がどのようにして一連のデータを入手したかは明らかにされていない。ただ、ウイルスの遺伝子情報を作成し処理する機器は通常、クラウド形式の外部サーバーと接続しているケースが多いことから、ハッキングによって入手した可能性があるという。(【米共和党が報告書】新型コロナ「武漢の研究所から流出」と指摘)  産経 86
==

しかし彼らの思惑を超えて世界の人々の憎しみは中国なるものの総体に向かい、それは結局あの地に投入するカネを控えなければ自分たちの商品が本当に売れなくなるという懸念から、実際の行動に帰結するながれ、これが恐らく今年の下半期以降に顕著になる。

どうだろう、これからバイデン達は「 武漢研究所からは漏れていない。 中国は怪しいかもしれないが悪くない。 あくまで自然界で発生したものだ」 という結論を出すことがもうわかっているのだが、これがひっくりかるとなると、内部で何が起きているのかになる。

それは地底政府関係者米国支部の連中が、左右両派含めて、自分達の行いを全て中国に押し付ける動きで一致した。 一時停戦した、という事を意味する。

しかし行動の主体者は明らかに中国なのだ。 だからわたしの見え方からしたら、彼らは実はとうに謀略の主戦場にはいないのに、未だに主人のふりを演じ続ける愚かな役者集団に見えている。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/4167f8f7888e185de4318cab4f7fa0067797b96d
 企業イメージを考えれば、「新型コロナ下の東京五輪」よりも、「ジェノサイドの北京五輪」を応援する方が、はるかに打撃が大きいだろう。  トヨタの広告見送りは大企業にとって、五輪といえども「世界の誰もが祝福する広告戦略上の最高イベント」ではないことを証明した。  人権弾圧批判を無視し続ける中国に、世界の逆風は強まりこそすれ、弱まることはない。  といって、中国が方針転換するとも思えない。それは習氏の求心力低下に直結する。欧米は、1936年のベルリン五輪でナチス・ドイツや、アドルフ・ヒトラーが見せた偽装にだまされた失敗も経験している。  東京大会は大半で「無観客」になったが、北京大会は開かれたとしても「スポンサー・ゼロ、観客は動員された中国人ばかり」。そんな無残な事態になる可能性が出てきた。  日経ビジネス 86
==

だから長谷川さんのこの上の解釈が恐らくただしい。 政治的な主張は知らない。 世界に商品を売る大企業にとっては右にも左にも立てない。 その点から考えると、ユニクロの柳井社長とやらは非常にうかつな行動をしていると思う。 彼は中国と一蓮托生でいくと決めたのだろう。 だから彼はそんなに遠くない未来に消えていくだろう。

しかしトヨタは馬鹿ではない。 恐らく中国市場がどれだけ有望で大きなものであっても、少しでも人権侵害と民族浄化の情報が出てしまっているあれらウィグルに関わるのは自社にとってプラスかマイナスかだけで考える、そして行動する。

そしてそれは世界基準における多くの巨大企業たちも同じ結論を採用する。 それはカネを出さない。 関わらないというものだ。 中国の市場は確かに大事だろう。 しかしそれは北京冬季五輪が終わってから再び仕切りなおせばいい。 問題は民族浄化があるとされる中国に協力すると、それは世界のユダヤ人を敵に回すことになる。 そちらの方がよほどデメリットだ。

==https://www.visiontimesjp.com/?p=22587
中国衛河水系の8つの洪水貯留地区が冠水=当局「個人を犠牲にして、国を守っている」
2021年8月4日  中国河南省では川の増水により、7月下旬から下流の重要地域を保全するため、衛河水系の洪水貯留地区に放流し始めました。 中国の河南日報ウェブサイトの報道によると、河南省は7月30日0時に、人口8.94万人の小灘坡という洪水貯留地区に放流し、多くの住民がまた一瞬にして畑や家を失いました。9つの洪水貯留地区のうち8つの地区が冠水しました。 中共当局はこれまでのこの措置について、「個人を犠牲にして国を守っている」というスローガンを掲げて大々的に宣伝しています。 被災した村民は悲惨な境遇に追い込まれています。
==

河南省における大水害は、超大雨の状況で更にダムの一部を爆破決壊させて水を逃がしたことから始まっている。 それらの行動を上の様に「 国家を守るために個人には協力してもらった」 的なイイ話で済ませようとするのが実に中国だ。

それは共産主義国家における、独裁国家における政治宣伝の初歩の初歩。 日本も武漢肺炎初期の時に「 中国に取り残された日本人を現地中国人が助けた」 だとか、「 日本からの支援物資に漢詩で声援が書かれてあった」 だとかあったでしょう。

あれらは説明する必要もないが、全てヤラセだ。 全て中国共産党のテンプレート通りの動きなのだ。 そういうものが、つまり対立からの視線をどうやってそらしていくのかの、対外交策のマニュアルが中国共産党には本当にある。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/76941.html#google_vignette
中国のデルタ株による感染状況は当局の発表よりはるかに深刻だと指摘する声が上がっている
米誌「ナショナル・レビュー(National Review)」は3日、中国のデルタ株による感染状況は当局の発表よりはるかに深刻だと指摘する記事を発表した。 同誌の上級政治記者であるジム・ジェラティ(Jim Geraghty)氏は3日、「中国の感染者数はウガンダより少なく、死亡者数はコスタリカよりも少ないと北京は主張し続けている。しかし、中国は14億の人口を抱える国であるうえ、中共ウイルス(新型コロナ)の発生地でもある」と疑問を呈した。  大紀元86
==
[2021年8月5日の新唐人電視台時間]中国共産党ウイルス(Covid-19)は、中国の武漢から最初に感染しました。より感染性が高く病原性の高いCCPウイルスのデルタ変異体は、数日前に元の状態に戻り、武漢で別の発生を引き起こしました。地方当局は4日、40のコミュニティが閉鎖され、2日に緊急に準備された31,300の検疫室のうち、26,100が4日に使用されたと発表した。 7月の南京デルタ亜種の発生以来、全国の州の半数以上が地元の確認された症例を通知しています。中国共産党国家衛生委員会のスポークスマンであるMiFengは、現在流行している主なウイルス株はデルタ変異株であると述べた。 新唐人 85
==https://www.ntdtv.com/b5/2021/08/05/a103183246.html

しかし今回の水害は、建物から追い出された被災者が一か所に集まるから、簡単に密状態からの武漢ウィルスの罹患、そして患者の大発生に本当になっている。

そして武漢市においては、これらの市民たちにPCR検査での陽性判断、そしてそれらに対してのシノバッグ、シノファームのワクチン接種を未だにやっている。 だから誰も治っていない。 そして国民の多くはこれらの国産ワクチンは当然効果があるものだという認識に立っているから、誰もマスクをしていない。 誰ひとりまともにマスクをしていない。 もっともマスクそのものが物資として街にないのだろうと思うが。 だから患者の数は増えることはあっても減ることはない。

そして中国式ロックダウンは今回のデルタ型以降においては何の効果もなく、物質にもたくさん付着するので、そこからの罹患、そして空気感染による罹患で、都市封鎖がそうなっていない。 封鎖の界隈を監視する警察官が皆武漢肺炎にかかった。

PCR検査をする1100人の武漢市の検査員たちが全て武漢肺炎に罹患した。 だから中国のロックダウンという概念は、病気にかこつけて政府が国民を支配統制するための手段の一つでしかなかったと明らかになった。 しかしこれを言っても何も変わらない。 中国では恐るべき速度で患者が増える。 増えている。 それらが更に毒性の強いものに変異していったら、それはたくさんの中国人たちがこの世界を去ることになる。 まだ分からないが。

86の今日で世界でおよそ概算で430万人が武漢肺炎によって死んだ。 これからも死ぬ。 この原因を作った中国に、初期の時点でそれこそロックダウンと人間の移動の禁止をしていれば確実に今のようにならなかったのに、分かっていてそれをやらせた。 世界にウィルスを拡散する目的で。

だから中国なるもの、その眷属、それらに所属している人間の多くはこれからどうあっても因果応報的に清算を迫られる。 それらが落ち着いたら彼らはどうなるか。

以後、二度とこんなことはしませんという誓いとその証を常に第三者に確認できるような設定の元でしか生きていくのを許されなくなる。 わたしはそう想定している。 在外の中国人たちは、そしてその眷属たちは、この期におよんでまだ、自分は関係ないと本当に認識している。

考えが甘いとしか言えない。 そんなコトバですら表現出来ない程愚かであり傲慢だという。

彼らに死んでしまった数多くの人類の命の、それに対しての清算をさせなければならない。 それをどのような形にして表現させるかは我々の側が決める。 しかしこのままでは済ませられない。 人類が未来に進めない。


  わたしが世界を決めるのだ


----
終了
----



レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. 今後の予定 目次(4952)
  2. 雑感する呼び声(2375)
  3. 漸進、今後さん(1065)
  4. 補足事項 今後の予定 その301~670(575)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成