投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


全ての原発を廃炉に

 投稿者:岩城憲一  投稿日:2012年 9月25日(火)01時57分14秒
  すっかり秋の訪れですね、いかがお過ごしでしょうか?

今夜は、少し前まで月がとても透明で明るかったのですが、今は月が落ち、満天の星空が輝いています。星空を見ていると、こんな美しい地球を原発や戦争などで破壊して絶対にいけないと思います。現代社会を維持するためには電気は大切かもしれませんが、もっと大切なもの失う前に、我々気が付かなくてはいけません。

政府やメディアの報道とは裏腹に、本当は日本の電力は十分足りています。利権やちっぽけな欲望、誘惑、脅しにに負けてはいけません。今こそ人類は地球の一生物としての心を取り戻し、人類が汚してきてしまった地球を少しでも元に戻し、本末永く、美しく輝く地球と共に生きていくことを決心しなければいけないと切に思います。

STONE HIGHは、石とを販売するジュエリーをジャ販売する、ただの小売業ですが、このネットという媒体を使って、今以上に私の考えを発信していく事に決めました。訪れてくれる方には私と異なった考えの方もおられる事は十分承知していますが、どうか、大きな心でご覧いただければと思います。

STONE HIGHは、原発の再稼動に反対し、今後出来るだけ早く、日本と世界の原発を廃炉にしていくべきであると考えます。ご意見やご感想などがございましたら、ご連絡いただければと思います。


これからも、STONE HIGHをよろしくお願いいたします。

9月25日午前1時45分
STONE HIGH 代表 岩城憲一


 

新しい夜明け

 投稿者:岩城  投稿日:2012年 7月29日(日)23時11分31秒
編集済
  梅雨が明け、蝉の抜け殻があちこちで見られ、今年も夏が始まりました。震災後、日本は大きな転換期を迎えているように感じられます。色々ご苦労されている方もいらっしゃるかと思います。それでも、何とか楽しい夏休みにしたいものですね。

石は黙ってそこにあるだけのように見えますが、見ていると触っていると傍にあると、何かを感じさせてくれます。その存在感は小さな生命体にも似ていますが、じっと自分では動かずに時を経てきた強さを感じます。

人が地球上で一番優れているなどという思い違いしていると、真実は見えてきませんね。美しいものが直ぐ傍にあっても、それに気が付かない事は良くあることですが、それは人は目で物を見ているだけではなく、もっと違った所で物を感じているということでしょう。

今のような状況が日本人をどこに向かわせようとしているのか、という事を考えます。本当はもっと素晴らしい世界があり、それに気づかせるために色々な事がおきているとも考えられます。明らかに間違った事をしてりる人間も、その人を見ることによって多くの人が真実に気が付いてくる。という点では存在の意味があるのかもしれません。

しかし、困っている人、訴えている人を見ても、何も考えない感じない振りをしている人たちを見ていると、良い方向へ変えなければと思います。今の日本の状況や政府を見ているとそう思います。

少しづつですが新商品をアップしておりますので、お時間のある時にでも、ご覧いただければと思います。

皆様がよい夏を過ごされるよう、笑顔で暮らせるよう
本当によい世の中になるよう願っています。

これからも、よろしくお願いいたします。

STONE HIGH 代表 岩城憲一
 

(無題)

 投稿者:岩城  投稿日:2012年 6月25日(月)10時27分35秒
  愛され続けているんですね。。

一生愛し続けるんでしょうね。。。笑)

私、百田直樹の小説が好きなんです。
「永遠のゼロ」を読んで以来好きで、
ついこの間は「モンスター」を読みました。

壮絶な、しかし、柔らかく、やさしい、一生が描かれていて、
とても腑に落ちるいい話なんです。
一つの大切なものを選んで生きていく。。。
そんな事が描かれているように思う本です。

オススメです(笑)



 

(無題)

 投稿者:miles  投稿日:2012年 6月24日(日)17時45分48秒
  ご無沙汰しています。
ひさびさにご注文しました。
ストーンハイの「ishi」、うれしいです。。
「きれいですね。・・・     何が美しく   、自分に何が必要とされているか?」
こころ、ひきしまります。

たのしみにしております。

失礼とは  わかりながら
「お墓」・・
ーわたしはやく、父、母を病気でなくしました。
幸い、父が死んでしまう間際に父が自分で母(妻)の
お墓をつくりました。

孫も、息子の結婚も知らず、逝ってしまった・・。
私にとっては、しんどくても、自転車で、バイクで、車で
山にのぼり、話しかけ、報告するのが自分の生き様を
確認することでした。

もう30年近くになります・・笑
 

異次元ツール「墓」

 投稿者:岩城  投稿日:2012年 6月21日(木)15時41分35秒
編集済
  そう、あそこのおじさんいい人なんだよ。

最近読んだ本に、(人と付き合うということは、その人の鋳型を自己の体内に作るようなものだ。
その型に嵌るものは唯一無二で、その人以外には埋める事のできない穴が開くようなものなのだ。)
って、内容の事が書かれていたけど、そういうのってあるよね。

私も最近、さばの写真の前で一呼吸する機会が増えたかな。。

みんな元気でやってますか?夏にでも会えるといいけど、また連絡するね。

そういえば、野菜とか、米とか普通に買えてますか?
私は、二回ほど、東京の友達のところに高知の米と野菜を送ったよ。
みんな喜んでた。必要だったら連絡してね。

 

はか

 投稿者:きんちゃん  投稿日:2012年 6月20日(水)22時15分17秒
  るんちゃんは墓否定派のようだけど、さばの墓参りいってきた。墓守のおじさんがとても良い人でした。そこにさばがいるのかどうかは別としてお墓の前で自分のきもちを清めるというかリセットするというかそんなことをしたかったのでした。よいいちにちでした。
 

これからの行方

 投稿者:岩城  投稿日:2012年 5月11日(金)23時41分26秒
編集済
  しかし、国会議員は馬鹿だなと思う。もしまだ議員をやりたいなら、国民の事を考えた政治をしなければならない。国民の為に政治をすれば、必ずまた政治家をする事ができる。ただ高い地位について美味しい汁を吸いたいだけなら、辞めた方がいい。もうそういう時代ではない。国民は以前より良く見ている。  

みなさん如何お過ごしですか

 投稿者:岩城 留美子  投稿日:2012年 5月 7日(月)19時31分54秒
  最近、投稿がないので、ちょっと書き込みます。
春って気持ちいいですね。鶯の鳴き声やら、虫の鳴き声、サルのわめき声も聞こえてきます。波の音、風の音、雨の音もあったりして、蛙の声も聞こえます。

久しぶりにSTONE HIGHの石をじっくり見る機会があり、改めて、石ってそれぞれに伝わってくる個性があることを実感しました。好きな石ってそれを選ぶ人と似ていたりするのかな?
私も最近は、My Stoneを身に付けたい気持ちになることがあります。

石って、これからもっとその実態が解明されて、今とは違う存在になりそうな気がしています。面白い存在だ~。
 

ネパールの風

 投稿者:岩城  投稿日:2011年10月31日(月)22時45分45秒
  久しぶりにネパールへ行ってきました。15年ぶりです。以前も仕事で言ったのですが、今回は、ジュエリー作りに行ってまいりました。頑張ってよい職人とジュエリーコーディネーターの人を探し出し、ネパールでもレベル高いの美しいジュエリーを作ってきました。そのジュエリーのアップを始めました。石は今までどおり、ミャンマーの石が中心です。

ミャンマーの彫金師も優れた人がおりますが、ネパールは昔から伝統工芸が盛んなところ。石や木の様々な彫刻が町や家を飾り、真鍮や銅など金属を使った繊細で芸術的な仏像作り、また、タンカと呼ばれる綿密な曼荼羅など、本当に手先の器用で想像力の豊かな人の多い国です。腕の良い職人は仕事を依頼されて、海外に出ていく事も多いようです。

ネパールは、銀細工も昔からとても盛んな所です。かつてインドネパールを旅した時に、世界を放浪している旅人が、インドで石を仕入れて、ネパールで作り、それをヨーロッパで売るといい、と話している人がいました。ネパールでは、インド系、チベット系、中国系、山岳少数民族等、その色々な人種の住んでおり、人の顔も様々で。日本人にそっくりな人も多々見かけます。私も日に焼けてくると、田舎ではネパール人と思われ、常にネパール語で話しかけられました。

また宗教も様々で、混ざり具合から、インド人の良くも悪くも大雑把な所が軽減し、日本に近いような繊細な感じがあります。ヒマラヤなど山に囲まれており、冬は-1度位まで気温が下がる気候や風土もアイデアの豊富さと手先の器用さに関係していると思います。まだアップ始めたところですが、これから色々アップしていきます。是非ご覧ください。

STONE HIGH 代表 岩城憲一
 

ネパール

 投稿者:岩城  投稿日:2011年 9月18日(日)17時37分33秒
  ネパールにジュエリーをつくりにきています。伝統の銀細工にモダンな感覚をプラスした美しいジュエリーを作っています。写真は花をモチーフにしたブレスレットです。秋からはミャンマーの石などを使った今までと一味違ったジュエリーをご紹介していきます。  

/32