投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [8]
  • 花輪違紋

  • 投稿者:バチカン
  • 投稿日:2017年 7月16日(日)02時32分31秒
 
元は大陸から伝来し、有職文様の「輪違い」という鎖型に連続した文様から抜き取られたもので、平安時代には車紋として用いられていたが、江戸時代以降、2つの輪を交叉させた文様[3]を特に「輪違」と呼ぶようになったため、それと区別する意味で「唐花の入った輪違」という形状から「花輪違」というようになった。
ちなみに、輪違紋と同様の図案である金輪(かなわ)紋は、五徳の輪を図案化したものであり、輪違紋の輪より細く描かれる。

用例
出雲源氏佐々木義清が自らの紋としたため、その後裔である、隠岐、塩冶、富田、高岡、佐世氏などが用いた。
また全く別流であるが、高氏の高師直や、秋田城介の嫡流である城氏もこの紋を使用している。日向高鍋藩の秋月氏の裏紋もこの紋である。

出典:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%BC%AA%E9%81%95
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%8F%B1


スレッド一覧

  1. ワシントン(3)
  2. ペリー(2)
  3. タモリ(2)
  4. ヒトラー(16)
  5. 刑務所(6)
  6. 西郷隆盛(38)
  7. ダイアナ妃(5)
  8. アルカイダ(1)
  9. 月照(3)
  10. ムガル帝国(3)
  11. マクロン(2)
  12. 吉國 一郎(2)
  13. ヴィクトリア(5)
  14. 朴槿恵(3)
  15. 坂本龍馬(10)
  16. 市丸(2)
  17. エレファント・マン(2)
  18. 花菱紋(9)
  19. ティムール(1)
  20. 日馬富士(6)
スレッド一覧(全45)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成